Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/gloomy.jp-dario/web/tt/blog/class/RSS.php on line 15

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/gloomy.jp-dario/web/tt/blog/class/RSS.php on line 20

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/gloomy.jp-dario/web/tt/blog/class/RSS.php:15) in /home/users/1/gloomy.jp-dario/web/tt/blog/class/RSS.php on line 40
<![CDATA[HEAVEN INSITE's Blog]]> http://dario.gloomy.jp/tt/blog/ ja 60 Chicappa! Blog お花見あずくん http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1676 GKiQw9qaoAApb6X.jpg  いい天気だったのであずさくんと二人でお花見に行ってきました! GKiQ4a8bUAIbcjh.jpg  けつに桜ついてるのオモロ。ついこの間立ち上がったと思ったら、もう早歩きをしています。 GKiU-Z9akAAwegK.jpg  葉っぱを食べ始めたので強制終了です。ありがとうございました。来年は奥さんも一緒に行ければいいなあ。今日の春の嵐で桜も散っちゃったような・・・]]> Tue, 09 Apr 2024 18:51:55 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1676 『ラストパーティ』脚本① http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1675 ラストパーティ 天空の修道院ハルティロード―― 雲を見下ろす高地に建設されているメテオラのような修道院。 修道院の巨大な扉が開く。 長い修行を終えて、若い女性が修道院から現れる。 お辞儀をして送り出す修道女たち。 ロバに荷物を積んで高山地帯を歩いていく女性。 通りすがりの羊飼いが会釈をする。 風を感じて振り返る羊飼い「あれが・・・風の巫女・・・」 ブリジット王国 ローク地方リーズガーデン 小さな小屋のような家に引きこもる男 引きこもり「かんべんしてくださいよ~またですか~ 私はもう冒険はしたくないんだ!ほっといてくれ!!」 村長「しかし勇者様!今度こそ王国の危機です・・・!」 引きこもり「いつも危機だな・・・」 村長「終焉の魔王ハデスがアルバレイクの地底湖に封印されし巨竜、オディオサウルスを復活させたのです・・・」 引きこもり「オス湖のオッシーでしょ・・・? 大丈夫だよ、あれは連中の縄張りにさえ入らなければ危害はない・・・」 村長「市民からクレームが入っているのです・・・! 勇者様・・・ちょっくら退治してきてください!」 引きこもり「やだやだやだやだやだやだ・・・!」 小屋に近づいてため息をつく女性「・・・前と何も変わっていない・・・信じられないわ・・・」 村長「あ・・・あなたは・・・」 女性「風の巫女・・・シルビア・アシュレイよ・・・」 小屋のドアを開けて、ベッドで寝ている中年男性をたたき起こすシルビア。 中年の引きこもり「だ・・・誰だお前は!」 シルビア「誰だって・・・あたしよ、シルビア・・・!」 中年「・・・え?本当にあのシルビアなの?見違えたなあ・・・!すっかり大人の女性じゃないか・・・」 シルビア「あなたは変わらないね・・・ヴィンツァー・・・」 ヴィンツァー「修道院生活はどうだった・・・?話してくれよ・・・」 シルビア「そうだね・・・紅茶でも飲みながら・・・」 紅茶を入れるシルビア 「この戦争は百年は続くわ・・・」 ヴィンツァー「神都も大変だったらしいね・・・」 シルビア「大神官様が魔王に捕囚されちゃったから・・・聖地もハイランドからパーガトリーに移転しちゃったし・・・」 ヴィンツァー「これからは悪魔にお祈りかな。」 シルビア「無神論者はのんきでいいわね。でも、ことは信仰心だけの問題じゃないわ。 各国の王位継承の仲裁役がいなくなったことで、ブリジットのライオンハーテド王が魔界の王位継承権を主張したのよ・・・それがこの長い戦争の始まり・・・」 ヴィンツァー「それで、魔王ハデスが怒っているわけか・・・ どいつも魔王の椅子に執着してるわけだ・・・きみは戦地には・・・」 シルビア「・・・後方支援だったから・・・でも、聖都ハルティロードも野戦病院のあり様・・・ 多くの傷ついた人を見取ってきたよ・・・ 昔は国のために戦えば平和が訪れるって考えていたけど・・・ 王様も魔王も・・・どっちもどっち・・・まるで子どもの喧嘩よ・・・」 ヴィンツァー「馬鹿どもの喧嘩は、はたから眺めている分には面白い。 この村にいるんだろう?」 シルビア「魔法雑貨店の1Fに診療所を開くつもり。」 ヴィンツァー「あのシルビアが開業医か・・・天国のお母さんも喜んでいるよ。」 ティーカップをおいて立ちあがるシルビア「そう。そして次はあなたの番・・・いくわよ。」 ヴィンツァー「どこに?」 シルビア「あなたの就職活動よ。」 履歴書をめくる採用担当者 「あなたの経歴は立派で申し分はないのですが・・・」 ヴィンツァーの隣に座っているシルビア「なら内定ですか?」 採用担当「いや今回はご縁がなかったということで・・・すいません・・・」 シルビア「ちょっとあんた狂ってるの?ここにいるのは王立騎士団最強の剣士よ?」 採用担当「ええ、確かに履歴書にそう書いてありますね・・・」 シルビア「そんな偉人を雇わない手はないでしょう!」 採用担当「そう言われましても・・・ヴィンツァーさんが世界を救ったのは、もう十年以上前のことですよね・・・? それに、そんな偉大な方が入社してしまいますと・・・社員の方も・・・その・・・ やりづらいというか・・・」 興奮して立ち上がるシルビア「それってあなたの感想ですよね!?」 ヴィンツァー「もういいよ、シルビア・・・行こう・・・」 シルビア「だって・・・!」 モンスターハンターギルドを後にする二人。 ヴィンツァー「きみが面接官を狂人呼わばりした時点で、採用の目は消えた・・・」 シルビア「・・・ごめん・・・」 ヴィンツァー「それに、私ももういい年だ・・・昔のようには動けない・・・」 シルビア(彼も仕事を探そうとしてたんだ・・・ でも・・・勇者という偉大すぎる肩書きで・・・ダメだったんだ・・・ そうだよね・・・好きで引きこもりなんてする人はいない・・・) ヴィンツァー「心配しないでくれ。私だって勇者年金だけで食ってるわけじゃない・・・」 シルビア「そうなの・・・?」 コミックマーケットのような会場「HEROCON」 かつての勇者のファンがサイン色紙を持ってブースに並んでいる。 笑顔でファンと握手をする白髪の勇者たち。 老勇者「おお、スナイデル来たか。」 ヴィンツァー「ランスロット卿・・・」 ランスロット「今日はロビンもいるぞ。」 ロビンフッド「リウマチが治った。」 シルビア「・・・このおじいちゃんたちは・・・?」 ヴィンツァー「伝説の勇者だよ!僕らの世代の英雄・・・!」 ランスロット「元な。わしらの全盛期はお嬢ちゃんが生まれる前だから知らんだろう。」 ブースを設営するヴィンツァー「手伝ってくれ。」 シルビア「・・・は・・・はい・・・」 ヴィンツァー「どんな分野にもマニアはいてね・・・サイン会はいいお小遣いになるんだ・・・」 悲しい目をするシルビア ファンに昔話をする老勇者「わしが若い頃は薬草を買うのだけでも苦労したもんじゃ・・・」 シルビア「・・・あなたはその年でもう老人会に入会するの・・・?」 ヴィンツァー「・・・偉大な先輩方の前で、失礼だぞ君!」 シルビア「だって・・・」 ヴィンツァーの前に赤ちゃんを抱いた若い夫婦が現れる。 夫「ファンなんです!サインしてください・・・!」 微笑むヴィンツァー「もちろん。」 妻「この人、小さい頃の夢があなただったんです。」 皮肉を言うヴィンツァー「夢が現実にならなくて本当に良かった。」 夫「1348年のロストミンスターの戦いで巨大な軍馬を退治した話を聞かせてください・・・!」 ヴィンツァー「正確にはわたしは命からがら逃げ回っただけで・・・」 割って入るシルビア「このヴィンツァー卿は剣ではなく、長槍の先を弓矢にして、追い風を利用して怪物の脚を貫いたんです。」 夫「さすが勇者様だ・・・」 妻「臆病なアナタには到底無理ね。」 夫「そうだね・・・」 妻「坊やがくずりだした・・・帰るわよ。」 幸せそうな夫婦を見送る2人。 シルビア「見なさい。あなたが冒険の後もまっとうに働いていれば実現した姿よ・・・」 ヴィンツァー「私は一人が好きなの。」 シルビア「・・・強がりはやめなよ。」 ヴィンツァー「強がりじゃないって・・・!」 その時、スーツの男がヴィンツァーのブースに現れる。 ビジネスマンのスーツはボロボロだ。 ビジネスマン「・・・スナイデル・ヴィンツァーさん・・・??」 ヴィンツァー「え?ええ・・・」 シルビア(不思議な服装の人ね・・・) ヴィンツァー(う、うん・・・) 名刺を差し出すビジネスマン「わたくし、コマキ社の開発部主任、泉良彦と言います・・・」 ヴィンツァー「・・・このカードにサインを書けばいいですか?」 突然頭を下げるビジネスマン「伝説の勇者様!世界を救ってください・・・!」 ひるむヴィンツァー「い・・・いや、それはもう私の力ではどうにも・・・」 ビジネスマン「あなたの世界じゃない・・・私の世界が危機なんだ・・・!」]]> Wed, 03 Apr 2024 19:06:29 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1675 オッペンハイマー http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1674 シーツは入れるな。  アカデミー賞総なめのオッピー鑑賞。クリストファーノーランの映画で一番面白かった。トリニティ実験の話かと思ったら、後半がまさかの法廷もの(厳密には公聴会)!この後半戦がメチャクチャ面白い。  登場人物も私語のみで、ロマンスグレーが素敵なロバートダウニーJr.を始め、基本的に理系のおじさんしか出ない。しかも科学者もどことなく似てる(笑)ハイゼンベルグとか。  本作のテーマは、同じく戦中に重大な軍事的開発を成し遂げたアラン・チューリングの『イミテーションゲーム』というよりは、ジブリの『風立ちぬ』に近い。  あとオッピーのキャラがわりと面白かわいくて、天才だけど嫌味がないのも素晴らしい。威力不明な未知の最終兵器開発はさぞストレスだったろうな。先輩のアインシュタインの立ち位置もよし。  ただ、超面白かったから、別にいいんだけど、2点だけ気になった。 ①3時間は長い。 物語は後半90分くらいででギヤがかかるので、多分後半がやりたかったんだろう。なら私なら前半まるごとカットする。いきなりドカーン原爆実験成功!からやって90分で収める。 ②シーンの構成 いい加減時系列をパズルのようにシャッフルするのやめろ。ノーランおめーよ、『ダンケルク』の時にもやってたけどよ、それ常人の鑑賞者にはつれえんだわ。なんで頭使って映画見なきゃいけねえんだ。  以上。あとは最高。被爆国の日本は見ておいて損はない。]]> Sun, 31 Mar 2024 18:56:46 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1674 『ラストパーティ』登場人物 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1673 Fri, 29 Mar 2024 12:16:50 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1673 漫画制作に動き?? http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1672 Tue, 26 Mar 2024 19:21:48 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1672 あずくん大地に立つ http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1671 GJRLdHTagAA740V.jpg  数歩なら歩けるようになりました・・・!  もう大人の食べるものは何でも食べられるようになり、どんな食べ物にも興味を示しとりあえず完食するという悪食ぶりを見せております・・・!  野菜も何でも食べるし・・・偏食のない子になりそう。最近のお気に入りはスティック状のスナックパンで在庫が切れるとオコです。]]> Fri, 22 Mar 2024 19:53:16 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1671 『青春アタック』第四部制作裏話 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1670 「死せる孔明、生ける仲達を走らす」もやりたかったので、さくら先生は大会の途中で実は重い病気が発覚して、それを生徒には隠して戦い続けるみたいな感じになった。準決勝で、さくら先生とりかぜとのやり取りを書いてたら、思いついた。子どもに声を荒げないさくら先生があの時怒った理由が欲しいなと。  花原さんの母親の芝さんは、もちろん三国志最後の強敵、司馬懿から。そして、なぜちおりは天涯孤独なのか、その経緯の記憶はなぜないのか、花原の両親はどんな人だったのか、華白崎さんの父親は何故すさんでしまったのか、といった第一部の伏線を全回収した。  ちょっと地下鉄サリン事件をギャグマンガで取り上げるのは抵抗があったんだけど、結局80年代から90年代の戦後日本史を三国志をベースにやっているわけだから、あれだけやらないのは逆におかしいということで、もうやってしまった。  ちなみに、私は今も楽しいけど、いや、この前メダルゲームで20万枚ぼったくられて悲しいけど、まあ、人生で一番楽しかったのって高校時代なんだよね。コーくんと漫画の企画考えて、Y氏と一緒に落書きして・・・なので、あの最高の高校時代を振り返るいい機会になった。あんまり過去を振り返らないんだけど、私もじじいになったってことか。  ということで、青春アタックとともに昭和平成を振り返りましょう! 物語で取り上げた時事トピック 64年:東京オリンピックで東洋の魔女が活躍 若かりし破門戸がここでの成功体験を生涯引きずることに・・・ 82年:御巣鷹山で日航機が墜落 鮎原姉妹の親が亡くなる。実は幼い自分はこの時御巣鷹山にいた。もう記憶がないけど。 鮎原姉妹は、なんでも満たされている金持ちなんだけど、親の愛には飢えてて、それで芝さんを母親のように慕っていたという設定。 彼女らは、言ってみればラスボスという立ち位置なんだけど、すっごいいい子にしようってのはあった。あとあまり悪い奴にすると、苗字を借りたアタックナンバー1に怒られるし。 84年:ロサンゼルス五輪 バレーボール女子日本代表は銅メダルを獲得している。 85年:ワールドカップバレーボール 破門戸ジャパンのさくらがソ連との乱闘騒ぎを起こす。史実の結果でも日本は、ロス五輪銀メダリストのアメリカに勝利し、メダルを逃したソ連に敗北している。 86年:ウクライナでチェルノブイリ原発事故 日本を離れた狩野親子が放射線を避けてソ連に亡命することに。しかし、祖国を裏切った母親は暗殺されてしまったという設定。ロシアってこの前大統領選があったけど、まだアサシンが普通に活動しているのがすごい。狩野の殺しのスキルは本当に母親譲りだったんだという。 ちなみに、鉄砲の通販をしている父親は『その男、凶暴につき』のパロディ。 89年:冷戦終結および消費税導入 自販機で10円玉が必須となり、最初はかなりわずらわしかった。 91年:ソ連とバブルが崩壊 これより前はソ連、あとはロシアってト書きにするのがややこしかった・・・ これを読んでくれている、かなっぺさんがバブル崩壊の犠牲者が暴徒になっているという設定に笑ったらしい。 94年:ロシアで第一次チェチェン紛争勃発 漫画の設定だと、小競り合いは93年時点で激化していて、その戦火を逃れて狩野さんが日本に再び逃げてきた。ちなみに首都モスクワも巻き込まれた。 94年:八ッ場ダム建設スタート 作中では栃木県だったが、実際は群馬県の重力式ダム。 95年:コギャルブーム プリクラ、ルーズソックスなど。世界が大変な時にこいつらは馬鹿なのかと思ってた。その大ヒットの特許を理系のコギャルの花原がとっていて、じつは大儲けしていたという設定。 また、鮎原姉が死なせまくった「たまごっち」も本当にヒットした。妹も持ってたし。つーか、鮎原姉はゲームは下手なのか? 95年1月:阪神淡路大震災 海野と狩野が被災。海野の両親が亡くなり、狩野は瀕死の重傷をおう。海野自身は千葉県の織戸高校へ。被災地って、一時的に社会の治安が大きく下がるから、こういう暴行とかレイプとかもあるんだろうな。報道しちゃうと真似する奴がいるからやめてるのかな。 しかし、気の毒なのは狩野さん。チェルノブイリ、チェチェン、阪神大震災という、人災、戦争、自然災害のスリーコンボをくらっている。 95年3月:地下鉄サリン事件 本当に狂った教団だったと思う。小林よしのり先生が殺されなくて本当によかった。しかし坂本弁護士一家は殺されちゃったし、本当に信仰心の恐ろしさを思い知った。華白崎さんの父親が弁護士だったのは最終章でこれをやるための伏線。 実は、乙奈さんの実家を教会にしたのもそうだったんだけど、やっぱりカルト宗教っていうのにするとモロになるので、日本政府が糸を引いていたことにした。この物語はフィクションです。でも、そういうガスがあったら使いかねないのが怖い。 あと、ちおりがバッグをテロの実行犯に返そうとするのは『アンタッチャブル』のパロディ。マフィアの恐ろしさを一瞬で観客に伝えるすごい演出。 96年:体細胞クローン羊のドリーが誕生 これよりずっと前にクローン人間のりかぜちゃんが生まれてるのは、ちょっと無理がありそうだけど、ジュラシックパークも89年の話だしいいや。 96年:アトランタ五輪でビーチバレーが正式種目に 鮎原姉妹との戦いはビーチバレーにしようってのは、もうかなり前から決めていた。第二部くらいの裏話で書いてると思う。 97年:消費税が5%に引き上げ 98年:バレーボールにリベロが導入 物語の舞台。  振り返すと、とんでもない時代に青春時代を過ごしたのな、私。でも、今の若い子って、平成も歴史だからね・・・!時代は令和よ。いや、令和もけっこうとんでもねえな・・・  つまり、この話を作って感じたのは、別に戦国時代じゃなくても三国志はできるってこと。平和な時代なんてないのだから・・・ありがとうございました。 ~おまけ~ カンブリア紀:上武商業高校(埼玉県) オルドビス紀:織戸高校(千葉県) シルル紀:詩留々高専(群馬県) デボン紀:出盆総合病院(群馬県) 石炭紀ペンシルヴァニア亜紀:聖ペンシルヴァニア女子大附属高校(東京都) ペルム紀:減夢学園高校(京都府) 三畳紀:三畳農業高校(栃木県) ジュラ紀:樹羅高校(茨城県) 白亜紀:白亜高校(千葉県) 新生代第三紀暁新世:暁工業高校(大阪府) 新生代第三紀漸新世:霧ヶ峰漸新高校(長野県) 新生代第四紀:神奈川県立第四高校(神奈川県)]]> Wed, 20 Mar 2024 09:18:19 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1670 『青春アタック』脚本㊽百花繚乱 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1669 Wed, 20 Mar 2024 01:44:06 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1669 『青春アタック』脚本㊼一心同体 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1668 Tue, 19 Mar 2024 20:38:38 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1668 『青春アタック』脚本㊻最終兵器 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1667 Mon, 18 Mar 2024 17:39:51 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1667 『青春アタック』脚本㊺背水之陣 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1666 Mon, 18 Mar 2024 10:37:13 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1666 『青春アタック』脚本㊹生殺与奪 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1665 Sun, 17 Mar 2024 19:12:11 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1665 『青春アタック』脚本㊸以心伝心 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1664 Sat, 16 Mar 2024 22:48:28 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1664 『青春アタック』脚本㊷頂上決戦 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1663 Sat, 16 Mar 2024 16:22:26 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1663 『青春アタック』脚本㊶不敗神話 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1662 Thu, 14 Mar 2024 21:27:58 +0900 http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=1662