『風と翼:REVIVE』脚本③

バス停――
金吾「本当に伊賀の国に行くのか?」
カイト「翼さんを助け出さないと・・・」
金吾「そうか・・・道中気をつけるんじゃぞ。」
「え?じいさんは助けに行かないの?」
「わしはここに留まりこの村を守る義務がある・・・」
千代女「なんの役にもたってないじゃない。はは~ん怖いんでしょ」
「わしがじきじきに出陣する相手でもないと言っとるんじゃ」
ため息をつく千代女「いいわ、私がついてってあげる。」
「千代女さんが?」
「あのおじいちゃんよりは役に立つから」
「ふん、勝手にしろ」
携帯電話を取り出す千代女。
「伊賀の国へはコミュニティバスが出てないからタクシー呼ぶね」
「いいんですか?」
「これでもヘッジファンドで稼いでるから。」
「西洋かぶれが・・・」

村の喫茶店からその様子を見るサラリーマン風の男。
「金吾は村を出ませんでした、どうします??」
電話の相手「前回の失敗は彼らを見くびったことによるものだよ。」
「了解しました。待機します。」
「いや~しかしご主人、このご飯おいしいですね~」
「日本一美味しいでしょ。甲賀米コシヒカリだよ」
「実はワタクシ商社をやってまして・・・ここのお米を買い付けてもいいですか?」
「本当かい」
「ええ、とりあえず500トンほどJAの二倍の金額で買取りましょう」
「ちょ、ちょっと待ってくれ!!名刺もらっていい??」
「丹羽と申します――」

タクシーの車中――
千代女「いや~青春って感じだよね」
カイト「え?」
「好きな女の子のために一途に行動できるって」
「そ、そういうわけじゃ・・・」
「私にもそういう時代あったな・・・その翼ちゃんていうのはどんな子なの?」
「・・・。自分のことを自分以上に買ってくれている、そんな子です」
「あら、そんな子は大切にしなきゃダメよ・・・
大人になってからの恋は損得勘定になっていけないわ・・・
まるでナスダックの先物取引のようにね」
「あの・・・ありがとうございます。」
「ん?」
「ついて来てくれて・・・
伊賀の忍者には殺されかけたことがあって、正直怖かったんです・・・」
「ごめんね、うちのお父さんのせいで・・・
今回はだいじょうぶ、私もこれでも忍者の末裔だから・・・」
財布から御札のようなものを取り出す千代女。
タクシーが止まる
「さて・・・ついたわ」

伊賀エージェンシー本部基地――
軍事境界線のような防壁と監視カメラ、見張り台がある。
カイト「ここって本当に日本・・・」
「治外法権ってところかな・・・闇に葬りたい機密情報が日本中から集まっているから。
あの看板は殺傷武器の使用が認められているって意味ね」

USE OF DEADLY FORCE AUTHORIZED

「ど、どうすれば・・・」

?「は~はは!ようこそ我が砦へ!」
警報が鳴ってゲートが開く。
カイト「!!」
千代女「知り合い?」
長門に指を指すカイト「あ、あいつに殺されかけたんですよ!!」
長門「前回の戦いは引き分けたが・・・今度は私が勝つ・・・!」
カイト「嘘つけ、明らかに負けてただろ!」
「卑怯にも3対1で一度に襲いかかってきてな・・・
なので、今度は集団でやってきました」
武装した伊賀忍者が集まってくる。
「相変わらず最低だコイツ!」
「私の獲物は、その小僧だけだ・・・ご婦人は下がっててもらおう」
「下がってください、千代女さん・・・!」
「減俸、停職処分の借りは返させてもらうぞ小僧!」
「俺に言われても・・・」
「一斉射撃用意~!」
「え・・・マジで!?高校生相手にそこまでやる?」

「撃て~~!」
機関銃を乱射する忍者部隊
「式神結界!!」
千代女がその刹那バリアを張る。
銃弾が跳ね返って機関銃を破壊していく。
長門「なんだと!?」
千代女「今よカイト君!」
カイト「野球をなめんな~~!!」
石のつぶてをバットでノックするカイト。
長門の顔面を直撃する。「ぎゃっ!」
忍者たち「隊長!!」

「そこまで!」
その声で忍者たちが攻撃態勢を解く。
「なるほど・・・わが娘が一目置いただけある・・・」
カイト「え?」
百地「風間カイトくんだね?私は伊賀エージェンシー社主、百地丹波」
「もしかして・・・」
「翼の父だ」
長門「おのれ、勝負は終わってないぞ、貴様ら・・・!」
「もういい、長門くん。」
「しかし社長・・・!」
「キミはクビだ。そこのモブのキミ。」
モブ「わたくしですか?」
「明日から隊長をやりなさい。」
モブ「よっしゃ~!」
カイト「・・・・・・。」

カイト「そ、そういえば翼さんは・・・!!!?」
百地「ああ・・・」
カイト「無事なんですか!?」
フランス人形のようなフリフリの服を着た翼が駆け寄ってくる。
「カイトさん!」
「翼さん!!」
カイトに抱きつく翼
「なんでここに・・・!?」
「いきなりいなくなっちゃったから・・・心配でさ・・・
それに手紙に助けてって・・・」
「え?助けて・・・?」
咳払いをする百地。
離れる二人。
「それで私のために、たった一人でこんな危険なところに・・・」
「いや・・・望月のじいさんの娘さんが連れてってくれて・・・
すごかったんだよ・・・まるで魔法使いで・・・!」
「どこですか?」
「あれ??いない・・・」
百地「まあ、こんなところで立ち話もなんだ。ようこそ伊賀の国へ」
Calendar
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト