『ラストパーティ』脚本②

回想
朝のキッチンで二人の子どもの朝食を作る泉ヨシヒコ。
卵を割ってフライパンで目玉焼きを焼く。
ヨシヒコ「イチカ、ランドセルに宿題は入れたか?」
イチカ(長女)「パパ~遅刻しちゃうよ、ごはんまだ?」
ヨシヒコ「シリアルを食べて待ってなさい・・・!」
フタバ(次女)「あたしあけてあげるね!親切でしょ?褒めてくれていいよ!」
袋を開けるのを失敗してシリアルを床に全てばらまいてしまうフタバ。
イチカ「なにやってんのよバカ!」
妹を叩くイチカ。
泣いてしまうフタバ「イチカばかじゃないもん!うわ~ん!!」
ヨシヒコ「喧嘩はよしなさい!イチカ、シリアルを拾いなさい」
イチカ「ばらまいたのはフタバだもん!」
フタバ「食べるのはイチカだもん!」
イチカ「なによ、このバカ!」
取っ組み合いをはじめる姉妹。
泣き出すミナギ(長男)「うわ~」
ヨシヒコ「ああっおしっこしてる・・・!おしめ変えないと・・・」
電話が鳴る。
イチカ「はいもしもし泉です・・・パパ、保育園からだよ。」
ミナギのおむつを替えるヨシヒコ「あとでかけなおすって言っといて!」
フタバ「なんか焦げ臭い・・・」
ヨシヒコ「いけない・・・!目玉焼きが炭に・・・!」



喫茶店に入るヨシヒコ
店内で手を上げるスーツの男。
宮本「こっちだ、専業主夫」
気まずそうに宮本のテーブルに近づくヨシヒコ
「そんなでかい声で言うな。」
宮本「コーヒーすっかり冷めちゃったぞ。」
ヨシヒコ「すまない、保育園の道がこの時間帯は混んでて・・・
で、どうだった?」
宮本「あんたが信頼できる人物で、とりわけ優秀なゲームクリエイターなのは各社に伝えた・・・
しかし、いい回答を得られたのはわずか2社だ・・・」
ヨシヒコ「そうか・・・」
宮本「君に最も興味を示したのはGASEだ。ここは書類選考も通ってあとは役員面接だけだったのだが・・・あんたの古巣の妨害工作が入って御破算だ。」
ヨシヒコ「なんだって・・・」
宮本「コマキ社のOBを入社させるのはどのゲーム会社もためらっている・・・
嫌がらせや苦情が入るからだ・・・」
ヨシヒコ「この際、ゲーム業界でなくてもいい・・・IT企業でいいところはないか?」
宮本「ダメだな・・・元コマキという肩書きはとんでもないスティグマ(古傷)らしい・・・
やっこさん、あんたが重要な機密情報を握って退社したと思っている。
実際のところはどうだい?」
ヨシヒコ「・・・バカバカしい・・・」
宮本「友人に隠し事はよくないぞヨシヒコ。
ブラック企業で有名なコマキでも、一退職者にここまでの仕打ちは偏執的だ。
秘密裏になにか大きなプロジェクトを進めているんじゃないか?
特許もいくつかとっているしな。
例えば、これ。“プレイヤーを臨場感あふれる視聴覚環境に移動させる装置”とは何だ?」
ヨシヒコ「キミは転職エージェントか?それとも産業スパイか?」
宮本「コマキと戦え。さもなければあんたに復職の道はないぞ。勇気を出すんだ、ヨシヒコ。
あんたが立ち上がれば、新天堂へ役員待遇でねじ込んでやる。」
ヨシヒコ「キノコを食べて強くなれって?」
宮本「あんたが知っていることは、弱点ではなく強力な武器にもなり得ると言っている。」
ヨシヒコ「・・・告発しろと?」

喫茶店の他の客が帰る。
ウエイトレス「ありがとうございました~」
すると、扉の看板を「クローズ」にする。

宮本「・・・いや、その必要はない。」
ヨシヒコ「・・・?」
宮本「実はコマキの極秘プロジェクトにほかのゲーム会社も無関係ではなくてね・・・
GASEも新天堂もコマキに多額の出資をしている。」
ヨシヒコ「そんな話は知らないぞ・・・」
宮本「コマキはこの計画に当初の10倍もの資金を投入した挙句、それも枯渇してライバル会社に共同出資を持ちかけた・・・
その際にコマキの井伊会長はなんて言ったと思う?」
ヨシヒコ「・・・“舞浜のネズミを日本から追い出す”・・・だろう?」
宮本「・・・つまり、コマキがやりたいことはゲーム開発じゃない。
テーマパーク事業だ。あたりだろう?
そして、その一大プロジェクトが今、頓挫しかけている・・・
GASEの湯浅専務は資金回収のために慌てて、現地に飛んだらしいが・・・」
ヨシヒコ「・・・だからぼくは最初から反対したんだ・・・
・・・コマキは倒産するのか?」
宮本「君が最後に携わった計画次第だと投資家は読んでいる・・・」
ヨシヒコ「キミが“ドリームワールド計画”に執着する理由がわかったよ・・・
今さらぼくをコマキに戻しても焼け石に水だと思うがね・・・」
宮本「復職はしなくていい。外部のオブザーバーと言った形で一か月だけ戻ってほしい。
報酬は弾む。ひと月で1200万円だそう。娘さんは私学に通えるぞ。」
ヨシヒコ「・・・こたえはNOだ。
誰に頼まれたかは知らないが、君はドリームワールドを知らないからそんなことが言えるんだ。」
宮本「夢の世界なんだろう?」
ヨシヒコ「・・・悪夢さ。」



帰宅するヨシヒコ。
保育園によって帰ったので、ミナギを抱いている。
ヨシヒコ「ただいま・・・」
リビングに入ると、娘のイチカがぼろぼろになって泣いている。
慌てて、イチカに駆け寄るヨシヒコ。
ヨシヒコ「どうしたんだ!?」
イチカ「・・・なんでもない。」
ヨシヒコ「何でもないわけないだろう・・・」
フタバ「パパ、お姉ちゃんはね、給食を家に持って帰ってるのをルール違反だってみんなに言われて、袋叩きにされたんだって・・・あまったコッペパンくらいいいじゃんね。」
イチカ「うるさいわよ、このおしゃべり!」
フタバをぶつイチカ。
ギャン泣きするフタバ「うわ~ん!暴力の連鎖~」
ヨシヒコを向いてイチカ「・・・ねえ、どうしてうちにはママがいないの?いつになったら帰ってくるの??」
ヨシヒコ「・・・それは・・・」
イチカ「フタバの食事を学校給食からくすねてくるのはもう限界よ・・・
私はママの代わりじゃない・・・!家のことは全部パパがやってよ、パパのせいでママがいなくなったんだから!」
ヨシヒコ「それは・・・」
イチカ「だいたいパパは真面目すぎてつまらないのよ。キャンプにも連れてってくれないし。
ママはいろんなところに遊びに連れてってくれたわ。」
ヨシヒコ「バーベキューで火傷したり、川に流されたら危ないだろ・・・」
イチカ「ママがかわいそうに思えてきたわ・・・」
ヨシヒコ「テレビゲームはなんでも買ってあげただろう。それにピアノも。
君たちをおいて家を出て行ったのは母さんだ、僕に当たらないでくれ。」
フタバ「え~んえ~ん」
ミナギ「おぎゃあああ!」
イチカ「うるさい!!泣きたいのはこっちよ!」
ヨシヒコ「わかった・・・ママを連れてくる・・・」
泣き止むフタバ「ほんとに!?」
イチカ「ママは今どこにいるの?」
ミナギをベビーベッドに寝かせて、ドリームワールドのパンフレットを取り出すヨシヒコ「ここだ・・・」
イチカ「でも、この遊園地って計画中止になったんじゃ・・・」
ヨシヒコ「ぼくが退社したあともママが開発を続けていたらしい・・・」
イチカ「ゲーム業界って泊まりがけで開発するのはわかるけど・・・一ヶ月も家に帰ってこないものなの?」
ヨシヒコ「会社の命運がかかった計画だからね・・・」
イチカ「でも、遅くなるって普通は家族に連絡はするでしょ・・・もしかして・・・ママは・・・」
ヨシヒコ「いや、開発プログラマーがテストプレーをすることは普通はない・・・」
イチカ「ママの性格を知ってるでしょう?」
ヨシヒコ「ママは会長の娘だぞ・・・会長が許さない。」
イチカ「あのじいさんなんて簡単に騙せるわよ。
ママはどのエリアを担当してたの?」
ヨシヒコ「可愛い森の動物たちや妖精さんとおしゃべりできるヴィーナス・スプリングスだった・・・」
イチカ「そんな安全な場所にママはいかないわ・・・一番危険なエリアは?」
パンフレットの地図を広げるヨシヒコ
「機械生命体と人類が恒星間戦争をしているメガ・サターン・・・
いや、国民すべてがストリートファイトしている九龍か・・・
猛獣が襲ってくるジャングルツアーズかも・・・」
とあるエリアを指差すイチカ「このバツで消されているエリアは何?」
ヨシヒコ「ああ・・・ここは初期調査であまりに危険だと転送ポータルを撤去したんだ・・・
魔法が存在するとんでもない異世界でね。
なので今のドリームワールドにはないはず・・・」
断言するイチカ「ここよ。」



東京湾上空を飛行する私設ジェット機。
機内でドリームワールドの接続世界の資料をめくるヨシヒコ
「マジックキングダム・・・
14世紀の中世ヨーロッパ社会に酷似・・・
各国は王が統治するが、世界の頂点は神に仕える教皇であり、各エリアの諸侯の権限も強い点で、絶対王政ではなく封建制度であると考えられる・・・
しかし、我々の世界のヨーロッパと大きく異なる点がいくつか存在する。
まず、野生動物に危険な種類が多いということ・・・
彼らは獰猛なだけでなく知能が高いものもおり・・・高度で複雑な社会性を有している。
そのため、多くの街は彼らを防ぐために高い壁やバリケードで囲まれている・・・」
資料には、奇妙な動物のイラストが書かれている。
ヨシヒコ「もうひとつの相違点は、宗教関係者の中には超科学的な現象を発生させることができるという点。
とりわけ原子の状態に未解明の手段で干渉し、温度を変化させることが多く、熟練者の中にはなんと気象条件を変えるものも存在する。
このマジックキングダムで宗教勢力が絶大な権限を持つのはそのためである・・・
しかし幸いなことに、こういった“マジック”を扱える人間は限られており、能力者も相当の訓練を積まなければ、その力を制御することはできない。
よって、我々の世界が科学技術の進歩によって産業革命を成し遂げたように、魔法技術の普及が文明社会に大きく影響を与えるといったことは現時点では確認されていない・・・」
スチュワーデス「そろそろ到着です・・・」
資料を閉じるヨシヒコ「きみ・・・どこかで・・・」
スチュワーデス「喫茶店でお会いしましたよね・・・わたくしドリームワールドのガイドをしております。声優の小田順子です。今回の泉さんの世話係を仰せつかっております。」
ヨシヒコ「・・・宮本め・・・すべて計画してたってことか・・・」
小田「あはは・・・では、シートベルトをお願いします・・・」
ヨシヒコ「きみは今回の件は何か知っているのか・・・?」
小田「私はただの声優ですから・・・」
ヨシヒコ「脚本にないセリフは喋らないってわけか・・・」
小田「ただ・・・戻って来てくださって嬉しいです・・・
泉さんは社員を大事にする方だと聞いてますから。」
ヨシヒコ「だからコマキから追い出されたのさ・・・あなたもいいように使われないように。」

ドリームワールド空港に着陸態勢に入るジェット機。
西洋の城やジャングル、宇宙ロケットなどが建設された島が見えてくる。
ヨシヒコ「本気でオープンさせるのか・・・」
Calendar
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト