オタクが処女にこだわるのには生物学的な理由がある

 ロリコンの話。『不思議の国のアリス』のルイス・キャロルはロリコンとして有名だけど、性的なことはしなかった。ただ幼い少女と交流するのが好きで、キャロルと遊んだ少女は大人になってもキャロルに好感を持っていたことから、そこら辺の超えてはいけない一線はわきまえていたと思われる。
 宮崎駿監督も結構怪しいところあるよね。犯罪さえしなければ容認していいと思うけど・・・

 あとすごいのは、いわゆるアニメや声優オタク。特に第何世代か分からないけど90年代以降急増したタイプのオタク(=ヲタクと記述するらしい)。
 ネットにおけるこの人たちの年齢がちょっと分からないけど、多分30~10代後半かな?そんなひとがアイドルやアニメ美少女キャラ、声優に恐ろしいほどの自意識を注いでいて、ちょっと自分の好きなアニメキャラや声優が処女じゃないのが分かると、ネット上で大暴れするらしいw。

 しかしこの心理ってここ数年で急にぽっと出たのではなくて、昔のアイドルとかのファンも持っていたと思う。
 ただ百恵ちゃん親衛隊の時代と違って現代ではその「心の叫び」をネットに匿名で気軽に書き込めちゃうので、半ば冗談で「うおおおおオレの○○(アニメキャラの名前)が処女じゃなかったあああ!」ってタイプして送信しちゃうんだと思う。

 この王様の耳はロバの耳の井戸的掲示板は誰でも覗けてしまうのがいけない点で、万が一イドの井戸(くだらん)の中をのぞいてしまうと、それはもうおぞましいことに・・・
 なにしろ人気声優が誰かと恋愛経験があったってだけで、オタクのファンの繊細なグラスハートは砕け散り「嫌いになった」「死ね」「殺す」というネガティブなツイートのオンパレード。
 そして皮肉なのは結局声優さんはこういう熱狂的なファンにも食わせてもらっているという事実。
 だから声優がアイドル化した以上「わたしはただの人間だから恋もウンコもするしSEXももちろんやります」という事実は例え事実だとしても、イメージ商売だから言わない方がいいかも。そもそもアイドルって「崇拝すべき虚構」って意味だし。
 それがプロって感じになるのかも。もう声優を取り巻くコンテキストが変化しちゃったから、声優の方も適応しないとなあ。

 「死ね」「殺す」ってネットで書いちゃう人のモラルは疑っちゃうけど、実際それで殺されたアイドル声優は(今のところ)いないと思う。だから井戸の中の言葉はほとんど本気では言っていない(本気じゃないにしても「殺す」は問題だが)。
 とにかく、その事実に対するストレスをぶちまけるのが、掲示板やツイッターしかないんだろうな。昔はノートとかに「馬鹿」とか書いてたんだろうけど。

 ロリコンにしてもアニメ声優オタクにしても、共通するのは過剰な「処女信仰性」。女性にとってこんな気持ち悪い話はないと思う。100人女性がいたら90人くらいは「キモい」って感じると思う。どうだろう?

 それもそのはず、処女信仰はヒトのオスだけに見られる進化心理学的観念。
 男は自分の遺伝子がちゃんと子どもに受け継がれたか、妊娠をする女性と違って確信が持てない。もしかしたらこの女のお腹の中の子どもは、こいつがどっかで浮気して他の男とSEXしてできた子どもかもしれない・・・!そんな疑心暗鬼に陥ってしまう。
 この不安は妊娠をしないオスにしかない。だから男は女が他の男とSEXする「体の浮気」を異常に嫌う。
 逆に女は男が自分以外の女に興味がいくこと「心の浮気」をとても嫌がる。妊娠というしんどい時期に自分の面倒をちゃんと見てほしいから。

 欧米諸国は養子をとる夫婦もけっこういて(そういやアンジェリーナ・ジョリーって養子いるんだっけ?)、養子に対してまるで本当の我が子のように愛情を注ぐから、その点では宗教の為に死んだら処女のハーレム集団を授かることができるイスラム教や、日本のオタクよりは進んでいるかもしれない。

 とにかくヒトのオスの処女信仰は生物学的には仕方がない。でも人間はただの動物じゃない。理性がある。
 自分の遺伝子を確実に残したいかどうかで、好きな声優に対して絶望したり、殺意を覚えるよりも、オレの○○への愛は遺伝子レベルじゃない!心で愛しているのだ!って思った方が、声優もファンもハッピーな気がするんですけど、余計なお世話かなあ。

 俺はオスじゃない!男だ!って。
Calendar
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト