「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」

 俺座ろうか。大将だし。

 超楽しみにしていたので、もう我慢できない!と、公開日の朝に観に行ってしまった。それでも結構劇場が混んでて、すごいな前橋。足利なら、いつどんな映画でもガラガラだからね。ゴジラなんかほぼ貸切だったし。足利が潰れないことを祈るが。

 この撮影に際して動物に危害は加えていませんが笑った。そういう時代なんだろうな(『スリーキングダム』は数多くの馬が死んでると思う)。あと、エンドロールのテーマ曲がかっこよすぎ。
 内容は、原作と微妙に異なるところがあり、原作よりも面白いところと、原作の方がいいところがあった。とりわけ、なぜタイトルが『首』なのかっていうところは原作の方が判りやすいと思う。

 とにかくキャラクターが面白くて、大河ドラマで見たいレベル。『アウトレイジビヨンド』とかもそうだったけど、たけし映画っていきなり終わっちゃうから、え~!もっとこの続きをだらだら見たいって思っちゃうよな。
 
羽柴秀吉・秀長
リアル風雲たけし城だった。大森南朋さんはガダルカナルタカさんのポジションなのだろうか。
「切腹はやりすぎだと思うぞ、兄者」とかw

黒田官兵衛
ちゃんと頭良さそうに見えるのが良い。豊臣兄弟との3人のやり取りが、めちゃくちゃ面白い。家康殿の草履取りのくだりはアドリブ演技らしいが、アドリブって知ってみると一層笑えたw

織田信長
石原信長。明智光秀を振り向かせるためにあそこまで必死とは・・・!ボーイズラブ大作映画としてすごい面白かった。本能寺の変の最期は必見。ざまあとしか言い様がない。

明智光秀
仁義に厚そうだが、実は単なるかっこつけ野郎だったっていうのが、原作に追加されたBL要素によって強調されているのが良い。

荒木村重
すげ~面白かったwエンケンさんの全力の演技・・・!!

徳川家康
もう家康にしか見えない。映画だと思ったよか登場シーンがなくて残念。この家康で今年の大河を見たかった。

曽呂利新左衛門
原作では狂言回しで、この人が成功した晩年の秀吉に話す小噺が『首』って言うんだよね。なので、最後に突然、キム兄と大竹まことさんを相殺させちゃったのはもったいないと思った。そこだけは、原作の勝ち。
でも、お守りのでんでん太鼓の描写から、もしかしたら生存している可能性もある。続編を願う。

難波茂助
ということで、秀吉と同じ百姓の彼がどうして秀吉のように立身出世できなかったのか、そこらへんが曽呂利師匠の不在で映画版ではわかりにくかった。

 でも、戦国時代の戦争の描写はすごいリアルで、生々しかった。あと、主君間の忠義とか、切腹の作法とか、そういう時代劇では美談として描かれるような、あるあるネタを徹底的に冷笑対象として描いているのは、たけしさんならではだなと思ったり。
 ひとつだけ残念なのは・・・これを毎週見てえ・・・!!
Calendar
<< February 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト