わが家の歴史

 さんざんテレビで宣伝してたんで見ました。久しぶりですよね、フジテレビのドラマに三谷さんが帰ってくるのは。連続ドラマでは「合い言葉は勇気」以来じゃないかな(あ「HR」があったか)。

 しかし「福岡県ってあんなに有名人いるんだ」って、これ見たほとんどの人が思ったんじゃないでしょうか・・・もうエノケンやらムツゴロウやら、ちょこちょこ「これが後の・・・」って感じで著名人がカットインしてきて、正直煩わしさを覚えたほどですが、ラストの「八女家と高倉健を乗せた汽車は・・・」っていう爆笑ナレーションでどうでもよくなりました。

 『ザ・有頂天ホテル』並に出演者が豪華な本作、そもそも誰が主人公なのかさっぱり分からなかったのですけど、どうやら柴崎コウさん演じる長女みたいですね。
 この柴崎さんの長女が、三谷幸喜さんのドラマのキャラとしてはニュートラルなので(けっこうまともな性格のしっかりした人)、本作の印象が他の三谷作品よりも大人し目になって、家族で安心して見れるようになっているんだと思います。三谷さん今回は結構セーブしましたね。

 このドラマでもっとも魅力的なキャラクターは、私は何を隠そう西田敏行さん演じるオヤジだと思うんですけど、あの娘を信頼しているのか、それとも自分の利をとっているのか解らない、情けない権威0%のオヤジ感は最高でしたね。
 自分の娘が、実業家の愛人になるかもしれない時に「素晴らしいことじゃないですか」は無いだろ(笑)。
 男権が強そうな九州福岡の夫婦なのに、あのドラマでは、奥さんの方がずっとクラシカルで男らしいですもの(そして頑固w)。
 結構三谷さんの描く「父親」キャラって、あんな感じで情けなかったり、どこかぬけたお人よしだったり(小千葉道場の千葉定吉)、または嫌われもの(高級フランス料理店「ベルエキップ」の先代オーナー)ばかりで、厳しく威厳のある父親を描かないのは興味深いと思います。
 というか、「そもそもそんな父親なんて現実にはいないよ。強いのはいつも女」っていうアンチテーゼなのかもしれませんが・・・

 脇を固めるキャラクターも三谷ファミリーと言われる俳優と言うよりも、今旬で若者に人気のありそうな若い俳優、女優を連れてきましたね。これぞ三谷ファミリー!っていう人は(近藤勇をやらせたら日本一の)阿南健治さんくらいじゃないかな。演技上手いなあ。
 正直、堀北真希さんの次女は、クールなキャラとか紹介されていたので、馬鹿な家族を呆れながら突っ込む毒舌キャラかと思っていましたが(「総理と呼ばないで」の賄さんみたいな)、ちょっとインパクトが弱め。第二夜以降に期待しましょう。
 あと三谷さんはどうしょうもない利己的かつ我儘な女性、いわば小悪魔タイプを出すことがありますが、まさか長澤まさみさんにそれをやらせるとは・・・

 いわゆる三谷的ネタや三谷ワールドも今回は抑えめな感じがしますが、唯一三谷さんらしいなと言うのは、あの胡散臭さ2000%のビジネスを持ってくる退役軍人の高田純次さんですね。
 彼がお父さんに持ってくる「髪の毛から醤油製造ビジネス」や「博多にアジアゾウ誘致計画」などの怪しげな話は、「ベランダで飼えるウシ」や「カラーヒヨコ計画」に通じるものがあります。
 というか高田さんって『アイスエイジ2』でも胡散臭いものを売りつける気象学者のアルマジロの役やってたんですけど(しかも吹き替えが結構巧くて、最初高田さんって分からなかった)、それを三谷さんが見て今回のキャスティングに繋がったとか・・・はないか。
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト