イヌについて

今日の「テレビタックル」は、珍しく政治でなく、どちらかというと行政、ペットブームの闇の部分を扱っていました。
 昔は、タックルって超常現象とか、しょうもないのも含めて、多岐にわたるテーマを扱ってたんですよね。

 イヌというのは、不思議な動物です。祖先はタイリクオオカミで、ガチンコで戦ったら人間よりもずっと強力なプレデターにもかかわらず、4000年も前に人間の味方になってしまった。
 私は、今日の人間の繁栄(?)の陰には確実にイヌの存在があると確信しています。イヌという最強レベルの動物が、戦力になってくれたからこそ、ぶっちゃけ、哺乳類としては戦闘力はいまいちな人間(昔は人間て、よくヘビやワニやオオカミに食べられていたんです)が安全に生活できるようになった、と。
 一般的には「火」と「道具」が人間の繁栄をもたらした、と言いますが、「イヌとの(不平等な)同盟」も付け加えた方がいいですね。

 しかしなぜイヌともあろう方が人間ごときの味方になってくれたのでしょうか?同盟が結ばれた初期は、今よりもずうっと人間はイヌに感謝しても足りないくらい感謝していたはずです。クマやオオカミがいる森で野宿するときに、奴ほど頼りになる相棒はいないでしょうから。

 例えば、イヌってワンワンと吠えるじゃないですか。あれって明らかに人間への適応行動ですよね。狩りをする際に吠えちゃったら、獲物に場所を気づかれちゃいますから。
 狩りの獲物の大体の場所を、ああやってあえて吠えることで人間に知らせようとしているんですよね。
 おそらくイヌの方も、己の利益を考えた上で「人間についたほうが、いろいろ面倒みてくれるし、お得だ」と思って打算的に判断し、結果的に今の悲惨なペットブームの関係があるんでしょう。
 そう言った意味でイヌは選択を見事に誤った、馬鹿な動物だといえます。しかしイヌを責められません。
 それはイヌはおろか、人間でさえ、4000年後に「近代合理主義」という強大なシステムが、創発的に生まれるということを予測していなかったからです。

 何10万頭も、殺処分される愚かな愛玩動物――イヌ。私は彼らを可哀そうだとは思いますが(殺し方が最高に残酷なんです!炭酸ガスで殺すというのは、おそらくこの世で最も苦しい死にかたです)、まあ選択を誤ったイヌも馬鹿だよな、と傍観しています。
 なぜなら彼らがもし革命を起こすならば、人間様なぞ真っ二つ、あっという間に殺せてしまうほど、イヌは強いからです。
 でもリチャード・ドーキンスの利己的遺伝子説によれば、イヌの選択も一応アリなのかな?イヌという種族の遺伝子は確実に人間によって残されていますからね。

 よってドリームボックスの悲劇の本当の原因は何か?ブリーダー?、ペットショップ?行政?飼い主?それともイヌ自身?・・・どれも違います。
 それは近代合理主義のような大きなシステムです。
 
 飼い主の意識を変えるって言ったって、大多数はイヌにとって良い飼い主でしょうし(そう信じたい)、馬鹿な飼い主は少なからず出てきてしまいます。
 こういう社会問題について、いつも思うのですが、「責任は誰だ?」と不毛な魔女狩りをするんじゃなくて、システム自体を見直すべきです。レヴィ=ストロースを読むべきです。
 だから大ナタをふるって(日本はこれが馬鹿なほどできない)システムさえ改良すれば、ドイツのように、殺処分ゼロも可能なんです。

 救いなのは「ダメな飼い主に罰金をするという法を作れ」と、社会制度に対して三宅先生が提言をしてくれたことですね。
 この問題に関しては、ビートたけしさんと仲のいいサイエンスライターの竹内薫先生も著書で熱く取り上げています。竹内先生は、この問題に対して、民主党政権にかなり期待をしているようですが・・・

 あと、狂犬病の予防接種をしない飼い主は、本当に馬鹿だと思います。今回はバカバカ言ってて文章が汚いですが、本当に馬鹿。狂犬病をよく知らないとしか言いようがない。
 ちなみにあれは哺乳類限定でなく、温血動物なら、どんな動物も可能性があるそうですよ。
Calendar
<< February 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト