ブリューナク号修正

 なんか最近超朝型になっちゃってもう眠いです。せっかく今日の日テレのゴールデンは6時から所さん尽くしなのに、もう力尽きそうです。「笑ってこらえて」は久々に見たけど、やっぱ面白い。この番組って頑張っている人の人間模様を描くのが本当に上手いですよね。70歳の振り付け師の人は、本当に動きにキレがあって若々しくて奇麗で・・・確かに化け物w。
 あとこの番組でしか見たことのない、所さんの隣りの女性アナウンサーが照れ屋と言うか引っ込み思案なところがけっこう可愛い。
 私「スーパーモーニング」の赤江アナとか、「モヤモヤさまぁ~ず」の大江アナとか、日曜日の朝の関口宏さんの番組の眼鏡のアナウンサーとかも好きだけど、この人もいい。
 タレントのようにガンガン前へ出るタイプのアナウンサー(主に8の女子アナ)もいるけど、芸能人の引き立て役に回るアナウンサーもいいですよね。というかそれが本来の形か。
 あれ?もう眠くてどうでもいいこと書いちゃってるな・・・女子アナの誰が好きだなんてどうでもいいよ。

 今日はkenkoさんが以前に「見たい」と仰ってくれた『ラスト・パーティ』をサイトに公開するために、本編に登場する軍馬の顎の下を修正していました。
 ウチの実家はそもそも競馬関係の仕事をしていて、親曰くウマの顎の下は筋肉で盛り上がっていて中央はかなり隙間の様なへこみがあるそうなんです。
 マジかいってことで確認しようとしたのですが、なかなかウマって横から見た写真しかなくて顎の下の資料がネットでも見つからず・・・結局上野動物園に行って本物のウマで確認してきました。本当にそうなってたw。
 動物が好きといながら、ウマについてすらあまりに無知なのが恥ずかしいのですが、馬の顎の下なんてなかなか気になったりしませんよね。
 で、一応顎を直したのですけど、これで自然なのかはよく分かりません。いいのかなこれで・・・かなり不安。そもそもこの軍馬は高さ3メートルもある恐竜並の大きさの架空の軍馬なので、そこを突っ込まれたらもうおしまいです。

 もっと言えばこの漫画中世イギリスをモチーフにしながら時代考証がかなりいい加減で、中世の騎士が新聞読んでますからねw。
 いやこの漫画を描くにあたってめちゃくちゃ中世の事は調べたのですが、ファッションや生活などが結構地味で、どうせ描くなら面白くしちゃえとルネサンスよりも前の時代なのに、それ以降の服装や建築様式も取り入れちゃってます。すいません。わざとです。下手すりゃヴィクトリア朝も混じってますからね。めちゃくちゃだ。だから架空の国にしたんですけど・・・
 一応モデルになったのは、百年戦争開戦ギリギリのイングランドですね。当時イングランドは北にあるアイルランドと結構戦っていたんですよ。
 この戦いあたりでイングランドはでっかい弓を使った「長弓戦術」って言うのを編み出して、百年戦争ではフランス軍をボッコボコにします。この快進撃でフランスをほとんど占領しちゃいますからね。その後一時休戦したりして、最後はジャンヌ・ダルクとか出てきてフランスに形勢逆転されちゃうんですけど・・・
 主人公の元勇者ヴィンツァーは、KO氏が命名したんですけどオランダ系です。なんでオランダ人がイングランドの傭兵やっているの?って感じですが、これは実際にもあったことらしいです。

 とりあえず『ドリームワールド』も全編公開したことだし、次はこの『ラスト・パーティ』をアップしたいと思います。
 でもなんか二年前に描いた『ラスト・パーティ』の方が『ドリームワールド』よりも絵が巧い感じがしてへこむなあ・・・『ドリームワールド』なんて『ラストパーティ』の五倍近く時間かけて丁寧に書いたつもりなのに・・・時間かければもっと巧く書けるって言うほど単純でもないんだな・・・あ~あ。なんか上達しなくなっちゃったなあ。まあ上達はいいけど、今の画力を維持はしたいなあ。
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト