ドラえもん のび太の恐竜2006

 「面白い度☆ 好き度☆」
 
 恐竜映画で恐竜が手抜きでどうする!喝!

 ドラえもんの声優陣が一斉入れ替えになって初めて作られた映画版。映画版第一作の「のび太の恐竜」をリメイクして新生ドラ映画の誕生を高らかに宣言しようと思ったのだろうけど・・・う~ん・・・今更感が・・・でも企画としては悪くないのかな?
 「のび太の恐竜」と言う作品を知らないちびっ子は楽しめると思う。でもほとんどのドラえもんファンはこの名作を知っているから、なかなか厳しい。

 もともと話はとんでもなくよくできている。この話を基にスピルバーグ監督は『E.T』を作ったし、映画版の『ジュラシック・パーク』で、野外で飼育されていたティラノサウルスがなぜかヴィジターセンターのエントランスに現れて、ヴェロキラプトルと戦って大暴れするラストシーンありますよね?
 あれ原作にないどころか映画版でも当初は無かったシーンなんです。あのヴェロキラプトルを放り投げてこちらに向き直って吼えるティラノサウルスのポーズは『のび太の恐竜』の原作184ページと全く一緒なので持っている人は調べてみてください。スピルバーグ監督のオマージュなんですね。古畑任三郎でした。

 で、このリメイク版は、偉大な原作に臆したのかほとんど物語が同じなんです。せっかく21世紀に新しく作リ直すんだから、時代性を取り入れて大きく変えちゃってもいいと思うんだけど・・・
 で、何を変えたかって言うと、登場する恐竜を時代設定に合わせたってだけ。まあ恐竜マニアをうならせようとしたのかもしれぬ。そんな気もする。
 私がこの映画をあえて見ようと思ったのも、今のアニメの高い画力で本作の恐竜をどうリメイクするんだろう?っていうのがあったから。
 しかしひどい。恐竜をテーマにした映画で恐竜の絵を手抜いてどうするんだってくらいひどい。適当。手抜き。これなら私がスタジオ乗り込んで代わりに描いてやりたいよってくらいひどい。もう恐竜どうこうじゃなくてアニメ作品としても客をバカにしてない?ってくらいひどい。
 特にティラノサウルスが草食恐竜に襲いかかるシーン・・・動画枚数が圧倒的に足りない。こんなんでいいの?動きがカクカクのサーチ状態。
 ティラノサウルスの顔も間抜けで全然怖くないし。なんなのこれ作った監督。本当にやっつけ仕事。なめんじゃねえ。喝ですよ喝!
 例えば萌え美少女アニメの美少女をちびまる子ちゃんの冬田さんみたいな画風でお前ら描くって言うのかよ。

 で、舞台は一億年前の白亜紀の北米だから、原作は間違ってブロントサウルス(ジュラ紀の恐竜)をティラノサウルスは襲っていたけど、ちゃんと白亜紀の竜脚類のアラモサウルスに変えてやったよ・・・ってか。ぬるいわ!
 そんな時代考証の部分をいくら修正しようが、肝心の恐竜の絵があれなら焼け石に水だ!むしろドラえもんのオールドファンは、今はなかなか見れないオールド復元(ティラノサウルスがカンガルーのように立っている)の恐竜を見に来ているかもしれないだろうが!
 全長が絵を見るに推定100メートル近くあるブロントサウルスが白亜紀にいてもいいじゃないか。ステゴザウルスがいてもオーニソミマスがいてもいいじゃないか!そんな事言うなら、一億年前にはティラノサウルスいないからね?(ティラノサウルスはもっと後で絶滅直前の時代に登場した)
 もう物語をほとんど一緒にするなら、いっそ恐竜も古く懐かしい感じで出せばいいのに、この中途半端さ。プテラノドンをケツァルコアトルスにしたからなんだってんだ。

 そもそものび太の恐竜って言うけどピー助は恐竜じゃない。有名な話だけど。あれならニワトリを育てた方が恐竜って言えちゃう。
 なんで恐竜じゃないフタバスズキリュウを使ったかって言うと、当時日本で発掘された恐竜ってあまりいなくて、図鑑に載っているのは海生爬虫類のフタバスズキリュウか、旧日本領から発掘されたカモノハシ竜ニッポノサウルスくらいだった。
 まあ他にもキタダニリュウとかモシリュウとかサンチュウリュウとかいろいろいたんだけど、部分的な化石しか見つかってなくて、全体像が大体わかっているのは上に挙げた二つくらいだった。おそらくは。
 だからもし今F先生が「のび太の恐竜」を思いついたら、福井県でかなり保存状態のいい恐竜が見つかっているから、ピー助はイグアノドンの仲間のフクイサウルスになったのかもしれない。
 二足歩行できるフクイサウルスなら、白亜紀の冒険シーンではフタバスズキリュウ以上に大活躍できると思うけど、白亜紀に行く前の現代のシーンで、公園の池にネッシーのごとく隠すことができないから、やっぱ無理か・・・
 でも公園で飼育する前にスモールライト使えばいいよね。でもでかくなりすぎて飼いづらくなるって言うペット問題をやろうとしたのかな?

 余談ですが、ドラえもんは勿論、F先生の著作全般に詳しいマロさんが「万能加工ミニ工場」のシーンがなくなっていて残念って言ってて大爆笑だったんだけど(あああったなそんなの!ってw)、確か「一億年前ってどれくらい昔か?」ってドラえもん先生が説明するシーンもカットされてましたよね。
 あのシーンはブロントサウルスをアラモサウルスに差し替える以上に教育的でいいシーンだと思うんだけどな。あれを見れば絶対人類と恐竜が同じ時代にいたなんて思わないだろうから。
 とってつけたように最後にスピノサウルスなんて出すなら(しかもあいつ北米にいねえよ)万能加工ミニ工場と一億年前の講義シーンを入れてやってほしかったよ。

 最後に一言。恐竜ハンターの声をやった船越英一郎さんだけは超よかった。あっぱれ!この人はうまい。声優向きの声だと思う。『カンフーパンダ』の時も思ったけど、声優上手い芸能人って俳優中心に結構いるよね。
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト