天使と悪魔

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」

 呼んだのはそっちだぞ…?

 随分前に録画したものを昨夜やっと鑑賞。ネーム作業が立て込んでてなかなか見れなかったのですが、その後風邪ひいちゃって暇ができたもので(暇って言うのか?)。
 そもそもこういう機会がなきゃ観ずに処分しちゃった可能性もあった。けっこう重い映画だからね。重いって言うのは見るのにエネルギーがいるってことね。ウンチクの情報量が多いのは前作で知っているので。

 …で、結論からいって見てよかった~!って感じ。前作よりもよくできている!『ダ・ヴィンチ・コード』は後半にちょっと蛇足なシーンがあって「最後余計だよなあ」っていう印象が今もあるのですが、こちらはよくまとめられている。構成力が高い。
 まあそこそこ長い映画なのは変わっていないんだけど、家で寝っ転がってビデオで見る分には問題ない。私は映画館で見てないからね。あとけっこう途中停止して冷麺食いに行ってたりしたしwちょっと邪道な鑑賞だったかもしれないけど。

 まあ基本的な物語の構造は前作を踏襲している。ただ前回の事件は今作と何ら関係ないので前作を見なくても全然OK。そういう意味で「ダ・ヴィンチ・コードの続編!」と言うけど「同じシリーズの別エピソード」として考えよう。

 さて相変わらず図像解釈学の専門家ラングドン教授が、ルネサンス期の美術品やベルニーニのバロック建築から宗教的意味合いを見出し謎を解いていくが、これって謎を作る方(犯人)も解く方(ラングドン)も何と言うか趣味的だなあっていつも思うw

 例えば四大エレメントにちなんだ場所で一人ずつ犯人は人質を殺していくんだけど、この意味合いってもはや犯人にとってリスキーなだけで、一部の宗教に詳しい人しかわからないような気もする。なんというか犯人の勝手な自己満足って言うかwこれをやられて悔しがる人は何人いるんだ?みたいな。
 まあ、カトリック教会に対する挑戦なんだろうけど(本当は違うのだが)、それを解くのが結局教会関係者ではなくプロテスタントの国の大学からやってきた学者さんなわけで、なんともいろいろ残念だ。

 ただこのシリーズの「イコノロジー」の評価は難しい。漫画を描いていると昔の芸術もサブカルと同列に見てしまうがこれは誤りなんだよね。気をつけてはいたが無意識にそう見ていたことを反省。
 文化は文化。サブカルはサブカルって普段から言っていたのに情けない!これじゃオタクと変わらないじゃないか。
 どういうことかって言うと一瞬でもラングドン教授の分析をただの深読みだろって嘲笑してしまったことを反省しているわけです。
 でもそれはルネサンス芸術を現代のサブカル等の文脈で考えているだけであって、時代性を無視してしまっているバカっぽい見方だ。宗教が「力」を持っていた時代の芸術と今の文化はまったく異質なのは当たり前だろうが。
 ルネサンス以前は科学よりも教会が力を持っていたし、科学と宗教が本当に分離できたのはついこないだ(20世紀初頭くらい)のことだ。

 この映画に出てくるラファエロの作品はポパーどころかベーコン(スコラ哲学をメタ的に批判)の登場よりも100年ほど古いわけで、現代人が科学を信じるがごとく宗教的な意味合いは重要視されていた。つまり彼らは真剣に作品に「意味」を込めていた。ケレンミなんかじゃない!
 だからラングドンのうんちくは今の感覚では「こじつけ」や「鑑賞者の勝手な主観」のように思えるが、しっかりとした学術的な説得力があるのだ(※作中の解釈がどれだけ実際の研究と合致しているかはともかく、学術的なアプローチ方法としてね)。「魔法少女まどか☆マギカ」なんかを考察しているのとはわけが違うのだよ。

 ちなみに「現代人はもはや科学を信じてない」って言うのは大ウソね。昨今原発問題とかでそういう人がいるけど。携帯電話を「悪魔の箱だ!ああおそろしい・・・!」とか喚いて否定している奴っていないでしょう?
 ただ「科学」と言えば、この映画って芸術文化や歴史のうんちくは強いが科学は専門外なのかすごい大味なのねw反物質爆弾とか平気で繰り出してくるしw

 あの女性科学者もリアリティがないよね。肩書きが「生物物理学者」って・・・量子力学に歴史に医学も研究しているって・・・そんな人いるのか。
 それに生物物理学ってそもそもああいう学問だっけ?かつて「実はティラノサウルスは体の構造上、まったく走れません!」って得意気に発表して、結局大恥かいた研究チームが生物物理学を名乗っていたような。まだ未発達な学問なんだろうが、やっぱりあの女性科学者は、ぱっと見、素粒子の理学的研究をやっている人っぽいぜ。小柴的なw

 とはいえ反物質爆弾の爆発で空が宗教画みたいになるシーンは正直理屈抜きで心奪われてしまった・・・悔しい!美術を大学で選択しちゃったからなのか・・・
 くそ~かっこいいじゃねえか!ラングドンのミッキーの腕時計もな!(ウソだよ)
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト