死刑制度と核兵器

 2010年の世論調査で死刑制度に賛成する人は全体の85%で過去最高の結果らしいです。秋葉原の無差別殺傷事件などの凶悪事件を受けての流れらしいのですが、私個人としては死刑制度は反対です。終身刑を作るべきだと思います。

 死刑制度には主に二つの意味が考えられます。
①凶悪事件の抑止力 
②理不尽に殺された人の遺族の復讐のため
 ちなみに凶悪犯を再び世の中に出さないのならば、終身刑でもいいんで割愛です。
 さて①は、あまり意味がないと思います。(本気かどうか知りませんが)「死刑になりたい」と言って犯罪をする人もいますし、大それた凶悪犯罪する時点でそれなりの覚悟はできているから、やる人はやると思います。
 ひかり市母子殺害事件を考えてみると、考えるべきは②の方だと思います。遺族は犯人を殺したいほど憎いから、それを司法と行政機関が代行するってことですけど、遺族の中には殺したいほど憎いけど、更生して欲しいという人もいるし(カメラの前の公的な発言だからそう言ってるだけで、そういう人も内心は殺したいと思う)、そこは「遺族が死刑かどうかを判断する」って言うのはどうなのでしょうか?
 大切な人を奪われた遺族が、凶悪犯の生殺与奪、最後の審判をする方が、法律に素人の裁判員が裁くよりいいと思うんですけど。そうしたらみんな死刑ってなっちゃうか。
 でも日本って江戸時代とかに仇討制度とかがあったわけで、死刑賛成ならそれくらいやってもいいと思うんですけど。

 で、ここまでが死刑を前提にした話なんですけど、そもそもフーコーの言うように監獄とは、犯罪者を更生させ、健全な社会に戻す「再生装置」なので、執行されたらどう考えてもシャバに戻れない死刑はその定義に反するということ、そして最大の理由は冤罪がどうしても発生しちゃうんじゃないか、ということです。
 よってもし死刑を執行しちゃった後でその人が冤罪ってわかったら、警察、検察、裁判官、裁判員、法務省の責任者も死刑になるのなら、別にいいです。
 身勝手な犯罪にしろ、法的な制度にしろ、人を殺すというのはそれくらい重いことだと思います。

 功利主義に基づく暴力装置はほかにもあって核兵器もその一つだと思います。核抑止力とか言いますからね。
 他国に侵略したがる攻撃的な国に核兵器を持たせるのは、とても恐ろしいのですけど、なにをもって「その国は核を持ってよろしい」と判断するのかが解りません。
 北朝鮮は韓国や日本の人を拉致していた危ない国だから、核を持っちゃだめってことなのでしょうけど、拉致は最近やっていない気もするし(表沙汰になっていないだけ?)、北朝鮮にとってはあの問題は、小泉総理の訪朝の際“終わった”話なのでしょう。

 アメリカが核兵器を日本に落とした(しかも市街地)のと一緒で、もう過去のことをうじうじ蒸し返すな!って言いぶんなんでしょうね。北朝鮮にしてみれば。
 もちろん拉致被害者の方のことを考えれば終わったわけではないし、原爆症の人だっているんですからアメリカの大量虐殺を厳しく今も抗議すべきだと思うのですけど、北朝鮮に比べて、アメリカを批判するのって結構腰が引けてるんですよね。
 アメリカだってイラクにしてみれば、今だってかなり侵略的な国だろうし、中国だって民族問題で少数民族を平気で殺してしまう恐ろしい国です。
 その二つが核兵器を持っているから、なんか説得力に欠けるんですよね。「危ない国は核を持つな」は。「あんたらの方が危ないよ」って。
 また、他の国だっていつ攻撃的な国になるか分からないし。

 そもそも(死刑を含む)法律と核兵器はちょっと似てます。ホッブスはルールがないとみんなが己の自由のもとバトルロイヤルをしてしまう(万人の万人に対する戦い)と考えましたけど、私が考えるに我々日本人は確かに法治国家に生きていますが、何かの振る舞いを決定するときに、これは法律に引っ掛かるかな?なんていちいち考えていないと思うんです。
 それよりも「これは相手に失礼かな?」とか「これは常識だろう」などと自分の道徳やモラルに照らし合わせて考えていると思います。
 だから法律がなくても集団にモラルがあれば、社会は安定化するだろうし、バトルロイヤルは起きないんじゃないか。

 じゃあ法律は全く必要ないのか?ってことですけど、「すっごいまれな異常事態」に対応するために、あらかじめ法律というマニュアルを作っておいているんじゃないでしょうか。その時、あたふたしないで対処できますからね。
 よってハイチ大地震は異常事態を想定したルールが無かったから、混乱しちゃったんだと。まあ通常も治安のアベレージは低かったみたいですけど。
 つまり法律も核兵器も、ほとんど来ないだろうけど100%来ないとは言えない異常事態に対する掛け捨ての保険のようなものだと思います。
 なんか火星人みたいなのが地球に襲来した時に、すごい兵器持っていた方がやりあえるかもしれないですし。これだって100%無いとは言い切れませんからね。
Calendar
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト