VS海龍神~最後の聖戦~

 一度でいいから見てみたい。5ケタのオーシャン出てるとこ。歌丸です。

 ってことで、ついにあの伝説の企画「オーシャンジャックポットチャンス2500枚スタート」が復活!最後のイベントから10ヶ月弱・・・な・・・長かった・・・昔はよくやってたんだけど、ついに経営者が変わって打ち切りになったのかと思ったぜ。
 そして、私はこの時のためだけにメダルバンクの預金を増やし続けていたといっても過言ではなかった。
 4倍のオーシャンジャックポットを出せば10000枚以上が確定するハイリターンなイベント、当然飲まれてしまうリスクも相当なレベルを覚悟しなければならないと、半年間、溜めに溜めたメダルは86000枚。
 これを、内部が腐ってやがる早すぎたんだ、と誰もが忌み嫌うステーションにバカ入れし、ペイアウト率の振れ幅を大きくさせ、お腹パンパンになった海龍神に吐き出させるという、フォアグラ的な大作戦を実行!(このフォアグラ作戦は高額ジャックポットを連発する常連さんのプレイスタイルから思いつきました)

 かくして、人類VS機械のデスマッチの火蓋が切って落とされたのであった・・・

赤コーナー:挑戦者TRIC
tric.jpg
121ポンド。特技は恐竜のフィギュアを買って散財。
TRICというeパスカードの登録名の由来は、初代eパスはガンシューティングゲームのランキング的にアルファベット4文字しか名前が登録できず、じゃあジュラシックパークの恐竜のコードネームがアルファベット4文字だしそれでいいやと高校生の頃何気なく入力してしまったため。

青コーナー:チャンピオン海龍神
海龍神.jpg
10372ポンド。特技は八百長抽選・・・じゃなかった、白化した珊瑚礁の再生能力。
2分以上戦いがもつれるとバテて回転速度を落とす傾向があるが、最後の力を振り絞って100に入れてくるという、誰もが涙を飲んだ正真正銘の海の化け物。

ルール説明
①長いこと大きなジャックポットが出ていない&スロットが当たらない&メダル落ちが悪い&下部のゴミ箱に入ったメダル(つまり横穴が飲んだメダル)がパンパンな地獄のステーションを探す。

②そこにメダルバンクの全財産をオーシャンジャックポットが出るまで投入する。しかし、内部があまりにも改善したり、ほかの色のジャックポットで大きな当たりが出た場合は、そのステーションでのバトルは終了。

③海龍神が5桁を吐き出すか、メダルバンクのメダル87000枚が0になるか、もしくはイベントが終了したら決着。ちなみにメダルバンクが尽きたら即引退という、橋本真也的な戦いでもある。

初日
イベント開始の開店直後に10000枚が出たという伝説を聞きつけ夜に来店。開店直後っていうのが怪しいな、出した奴の名前も常連では知らないし、実はスタッフなんじゃないのかという一抹の不安がよぎったが、この店には今まで散々いい思いをさせてもらったじゃないか、と、そんな邪念は般若心経を唱えて払拭しました。

このゲーセンで青に強いと言ったら3番ステーション!ってことでなんとなく3番に決めました。3番ステーションは昨年秋にオーシャンジャックポットを連発させていただいたゆかりのある台なのだ。その節はお世話になりました。

オペレーション:フォアグラ決行!!

・・・・・・。
全然スロットが当たらない!ノーボーナス30連発!!普段なら半泣きで帰っているが、これはむしろいい兆候。さらになんとか入った超確変でノーボーナス30が出たとき、高額オーシャンは現実味を増しました。
もう、10000枚のオーシャンしか狙ってないため、ライオンとウシは今日はアウトオブ眼中。やつらのジャックポットチャンスも消化試合みたいなもので、むしろこいつらが出てしまうと10000枚が遠のくと、外れろ~と心の中で祈る逆転現象が発生。もう何がなんだかわからなくなってきました。

で、2時間ほどそんなドМプレイを続け、ドル箱2箱2000枚ほどを飲ませたところで、流石に精神的にも肉体的にも消耗をしてきました。つーか単純に疲れる。
まずわかったのはここまでボロ負けしても、メダルはなかなか減らない。ここらへんで、私のメダルゲーム引退はないなとちょっとほっとした。
でも、マジでなんも当たらない台に次々とメダルを投入し続けるのは、あまりにも単調すぎて作業的というか、工場製機械工業というか、一体オレは腕のどこの筋肉を鍛えているんだろうと虚しくなってきたが、ここでやめてしまうと次に座る人の養分でしかないので、もうあとには引けないという(だからボロ負けした人が止めた後の台って当たることが多いんだな)。
とはいえ、お腹すいたなあ、やっぱ帰ろうかなあ、別に明日でもいいよな、とか『走れメロス』みたいな展開に。これは海龍神とのではなく、自分との戦いなのかとフォアグラ作戦の本質を悟りました。

ほいで粘りに粘った結果・・・
オーシャン×2(6212).jpg

2倍で出た。

いや、それ、その、でかいけど、違うから!いつも出るやつだから!!!
バカ入れが足りなかったようです。

ERTaD6cUYAA2NCy.jpg
その直後、おまけでウシもついてきたけど、この抽選マジで最速で終わったな。絶対電磁力で吸い込んでいるよな。

てことで、3番ステーション不本意な結果で陥落・・・!!結局1000枚くらい減らす結果に。

で、もうマジで疲れたので帰ろうと思ったんだけど、なんか6番も腐ってんじゃね?と思って帰り際に500円入れたら・・・

ERTaLOiUUAAVWwa.jpg

1倍が出た。

いや、まあ、うん。これで損失はほとんどなくなったが、合計10000枚近く出てちょっと減ったってのは恐ろしいゲームよ。ペイアウトの割合は綺麗に90%くらいなんだろうな。それでもかなり良心的だが。てことで、初日は私の敗北でした。

2日め
今度は4番ステーションにバカ入れ。しかし、初日と違うのは、2日目はどのステーションも全体的に内部がいい。これが吉と出るか凶と出るかはわからない。

内部がいい.jpg
ジャックポットチャンスにバシバシ行ける上、トリニティWINやグレートクリスタルハンターも連発!挙げ句の果てにはレジェンドモードも・・・!

ミリオンJP.jpg
このゲーセンで初めて当たった。
フィーチャープレミアム2番ステーションしか当たらないゲームだと思ってました。

ERahTNNU8AECPci.jpg
ウシが頑張ってしまったため、4番は陥落!
しかし、これでもまだ内部は悪化しない!なんと4時間くらい確変!確変がもはやノーマルスロット化しているという。しかも各色のトリニティルーレット(ピザ)もすぐにJPに行くため、やめるにやめれない状態に・・・

そんな時、ふらりと現れたおばさんが5番ステーションに座り、あっさり天然レジェンドモード・・・!

嫌な予感がするぞ。

普段メダルゲームをやらないそうで(人生3回目だそうです)、ゆっくり少しずつメダルを入れるため1時間以上も続くレジェンドモード!増えていく終了!ジャックポットチャンスでリセットし、かいくぐるおばさん!!

ついには青がオーシャンジャックポットチャンス以外すべて終了に!!
それでもオーシャンジャックポットチャンスに入れる驚異のおばさん!!!

すごい嫌な予感がするぞ、まさか・・・!

隣の奇跡.jpg

出た~~~~!!

伝説は本当だったのだ!スタッフしか出してねえだろと少しでも疑った私に天罰が下ったようだ。
こういうことがおこるからメダルゲームは奥が深い!!
かくいう私も最初にこういうことが起こり(短時間で3色全て出た)すっかりはまってしまったからなあ。
その後、おばさんはレジェンドモードを17ラウンドも継続させ、「これってすごいことなんですか?」という名台詞を残して帰られました。

まずいぞ、一気にだるくなってしまった。

一瞬、帰宅の選択肢がよぎったが、このサービスデーに唯一スロットがズタボロな6番ステーション(知り合いが絶望しながら私のメダルでやっていた)の存在を思い出す私。
そこで、未だに確変で大当たりを続け、ジャックポットチャンスにも行きまくっている4番をあえて捨て、やぶれかぶれで6番に移動(帰るというので譲ってもらいました)。
もう4倍は取られちまったし、昨夜みたいにせめて1倍は出るだろ、よければ2倍をとって帰ろうと、2個オーブを落としたとき奇跡は起こった。

オーシャン9,999.jpg

・・・え?

もう撮影するスマートフォンを持つ手が震えてしまった。ピントが合ってないのが申し訳ない!

オーシャン×4(10372).jpg
オレは勝った・・・!あの海の化物に勝った~~!!!
吐き出せっ・・・・!おまえが喰らってきた・・・・破産者の・・・・・・・・!金っ・・・・!命っ・・!魂っ・・・・!希望・・!絶望・・!そのすべて・・・・吐き出せっ・・・・!

ERahUaNU0AAQzii.jpg
・・・吐き出し時間がめちゃくちゃ長い。
ここら辺になると手の震えも収まり冷静に鑑賞。5桁のフィールドWINだと数字がちょっと縦長になるんだ、へ~・・・とかいろいろ感動。

海龍神顔.jpg
よく見るとシャチホコみたいな顔だな。

戦後処理
5桁のジャックポットで一体何枚増えたのでしょうか?結果発表!

ERY32LzU8AQdWmn.jpg
ドル箱6箱弱って感じでした。ここまで積んだのはグラウンドジャックポット9500枚以来の出来事。

グラウンド9500.jpg
こんときもすごかった。

メダルバンク.jpg
結果的に減った。でも、全然破産の危機でもなかったな。
預けメダルが3000枚くらいある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。責任は取れませんが・・・!

追記:3日め
最終日ってことで普段見ない人も含めてステーションは満席!(私はマーブルフィーバーやってました)
ERctClyUUAQQx7Y.jpg
戦いは結果的にすごい荒れた。
4倍の海龍神を2頭まとめて倒すというエイハブ船長のようなとんでもないおばちゃんや、フォアグラ作戦を伝授してくれた師匠も危なげなく10000枚をゲット(ホントこの人に敵う気がしねえ)。
店内ジャックポットランキングは一日であっさり抜かれてしまいましたが、イベント中に×1、×2、×4のすべてを出した男は私だけだと思うので悔いはない。
また昔みたいに毎月このイベントやってほしいなあ。まあ、個人的にはウシのアウト穴封鎖イベントとかがいいんだけどね。
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト