秋のゲーム事情

 なんか朝はすっかり涼しくなりましたね。公務員試験も残すは県職員のみ!私はお絵かきしたりゲームしてます(小学生か)。

フォーチュントリニティ3
EiCRb_QU8AEe4R2.jpg
一度に6000枚増えたかと思えば、1500枚まるまる飲まれてしまうなど、相変わらず波が激しい。混んでいて競争率が高い休日はだいたい負けてしまうので、最近は、空いている平日だったり夜にやってます。わりと連休明けの夜とかに出るかな。

カラコロッタ
Ehd22YZVgAEjKc8.jpg
とにかく「トーテムぐんぐん」が面白い。この前とうとう400メートルを超えるトーテムが完成し、2000枚も増やすことができたが、基本的に100mも積めないことが多い。そのためか、常連さんたちのあいだでは、このゲーム極めて人気がない。つーか、あのゲーセンで好んでこれを選んでいるやつ、おそらく私だけ。
ただし、トーテムは崩れちゃえばそこが引き際になってわかりやすいので、ダラダラ長くのめり込んで破産ということがないのが救い。あとアウトの入り方とかが回収期だと本当に露骨なので、そもそも引き際がわかりやすくもある。
ちなみに、今までずっとスターの意味がわからなかったんだけど、おととい、常連さんが同じゲームを複数選んでいるのを見て、「それどうやるんですか?」って聞いたら「アニマップ開放してないんですか?」って謎のワードを言われて、そこでやっとスターの使い道が判明したという。
ほいで、なんとスターを150個集めると、「トーテムDONDON」という全国のトーテムファン必見の隠しゲームが出せることが判明し、とりあえずこいつのアンロックという新たな目標ができたのであった。

クイズマジックアカデミー
このゲームももう長いよな。なんか久々にやったらシリーズが変わっていて、私のアニマル検定や地学検定のSランクとかが消滅、さらにまたもや最底辺のフェアリー組に編入されていて、シーシュポスの神話感が半端なかったんだけど、なんか、みんなで協力するモードとかが増えていて、これが結構面白い。※ルネサンスの詩人ペトラルカをペラトルカを打ち間違えた挙句、メガホンで仲間に嘘の答えを知らせてチーム全員不正解に導いたのはこの私です。深くお詫び申し上げます。
しかし、時間帯のせいなのか自分以外のプレーヤーがみんな「黄金賢者」とか「白金賢者」などのガチ勢で、さらにガチ勢は自分の苦手教科(サブカル、スポーツなど)が得意な場合が多く、対戦時にはなかなか勝てない。つーかミノタウロス組から一気に、出題レベルも難しくて、こんなゲームごときに勉強が必要になってくる。
とはいえ、自分もこういう仕事をしている以上、並みのプレーヤーには知識で負けられねえというプライドがあるので、9人対戦では、45点でぎりぎり優勝することができました(なんてレベルが低い戦いなんだ)。
つーかさ、けっこう答えは知っているんだけどさ。タッチパネルが反応しないんだよ。1秒を争うスピード戦なのに、そりゃねえだろっていう。特に、行きつけのゲーセンは「ん」が押せません。ガチ勢とかはMYタッチペンとか持ってそうだよな。

ダライアスバースト
久々に操作性のあるゲームをやってみたくて数年ぶりにシューティングゲームを手を出したんだけど、2面で後ろから敵が突っ込んできて戦死。つーか、反転なんてコマンドあったっけ??
長らく、操作性ゼロのメダルゲームをやっていたからか、反射神経がドードー級に退化し、あのスピード感に反応できなくなってしまった。つーか、細かい敵や弾が多くて目が痛い。よく、こんなもんでラスボスまで行けたものよ。ちなみに、行きつけのゲーセンでは600円入れると、残機無限モードになって、心さえ折れなければ理論上はGTまで行ける。心さえ折れなければ。グッバイ・マイ・アース!
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト