『不思議の国のアリス』のキャラクターについて

 『アリス・イン・ワンダーランド』関連記事、第4弾。ここまで引っ張ったのは『アバター』の「ガイア理論」「バイオフィリア仮説」以来ですね。

 前にも書いたのですが、『不思議の国のアリス』の面白さは所謂「内輪ネタ」で、ファンじゃないと分からないものが多いと思います。
 そこで映画に出てきた『不思議の国のアリス』キャラの元ネタのようなものを、かいつまんでまとめてみようと思います。※この解説は私の主観が多少含まれている可能性があります。ご了承ください。

「アリス・リデル」
 いわずもがな。主人公です。彼女はリデル家三姉妹の次女で、大学構内でルイス・キャロル(=数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジスン)と出会います。
 カメラオタクのパイオニアであったドジスンは、その後もリデル三姉妹と度々遊び、彼女の写真を残しています。意外だと思うかもしれませんが、実は『不思議の国のアリス』当時の8歳のアリスさん、ダークブラウンのショートヘアが似合う女の子で、ルイス・キャロル自身が手掛けた挿絵ではちゃんとショートになっています。

 いわゆる我々のイメージする「アリス」は、著名な画家ジョン・テニエル氏の挿絵のイメージで、テニエル氏はてっきり「アリス」をブロンドのロングヘアの女の子と勘違いしてしまったようです。
 さらに『不思議の国のアリス』は出版当初、ぶっちゃけあまり売れませんでした。英国でのヒットは、その後のテニエルの挿絵によるものが大きく、まさに内容ではなく絵で売れていったという、「漫画は絵じゃねえ!内容だ!」と息巻く私にとっては大変耳の痛い話であります・・・

 ちなみにお父さんは、映画のような実業家ではなく、なんと学校の校長先生。このお父さんはめっちゃエリートで、ギリシャ語辞典の編纂や、ヴィクトリア女王の旦那さんの宗教の相談役も務めていました。これはパブリックスクールが「スコラ哲学」の思想の下、つまりキリスト教と大きく結びついていたわけで、特にアリスの時代(=ヴィクトリア朝)の教育は「THE禁欲」。とても厳しいものでした。

「リデル家三姉妹」
 アリスの兄弟は男女合わせて10人いて、姉のロリーナと妹のイーディスは『不思議の国のアリス』の作中の挿絵でも、かの有名な「ジャムタルト裁判」の陪審員を務める鳥の役で登場しています。アリスに比べてなんとも・・・な扱いかもしれませんが、これはいわゆる言葉遊び(ダジャレ)で、姉ロリーナはインコ(英語でローリイ)、妹イーディスはワシ(イーグレット)となります。
 彼女らがドジスンにお話をせがまなければ、穴に落ちた後の展開を全く考えていなかった(!)という即興の作り話『不思議の国のアリス』は誕生しませんでした。

「アヒル」
 コーカースレースなどのガヤとして登場。このアヒルはルイス・キャロルの友人「ロビン・ダックワース」氏です。まさに友情出演ですね。

「ドードー」
 私が大好きなキャラ。『アリス・イン・ワンダーランド』の造形はピカ1でした!
 ドードーは、簡単なことも、わざと難しい言い回を用いて喋るキャラクターで、これは英国中流階級のスノッブを皮肉っていると考えられています。
 ドードーは自身が取り仕切るコーカースレースを優勝したアリスになんと優勝賞品として「“アリスの(!)”指抜き」を贈呈しました。めちゃくちゃな野郎ですw。
 アニメ版の偉そうなイメージはけっこう原作の雰囲気を捉えていたのではないでしょうか。
 Yukiko T.さんが指摘するように、あれはルイス・キャロル(=ドジスン)自身がモデルなのでは?という説があります。ドジスンは吃音癖があり、かしこまった自己紹介の時には、どもって「ドドド…」と言ってしまったらしく、そこから「ドードー」と。
 ちなみにドードーは架空の鳥ではなく、無人島のモーリシャス島に生息していたハトの仲間です。映画『アイスエイジ』でもいい味出していましたが、実はついこないだ(=17世紀)まで生き残っており、リョコウバトと同じく人間によって滅ぼされました。人懐こかったため、こん棒でぶたれたとか言う説もありますが、人間が島に持ち込んだ犬や家畜に殺されてしまったようです。
 長年の悠々自適な無人島ライフで、飛ぶのをやめて翼を退化させたドードーは、敏捷な彼らの牙から逃れることができませんでした。

「チェシャ猫」
 『アリス・イン・ワンダーランド』では人気が高いようですが、そもそも「チェシャ」とはなんなのでしょうか。これは「チェシャ州(チーズの名産地)の猫」と言う意味(クルミ=チェスナッツの樹の上の猫と言う説もあり)だとされています。
 あのニヤニヤ笑いは写真オタクのキャロルが笑顔の子どもの写真を撮るとき、チーズを出した逸話が元ネタと言われています。そう、なんと「ハイ、チーズ!」はここから来たとか。
 チェシャ猫の面白いところは徹底した「傍観者」であるという事。敵か味方か分からない不気味さがあります。私が好きなシーンは、ハートの女王がチェシャ猫の首をはねよ!と命令するシーンです。その時チェシャ猫は、頭を残し体が消えていたので「陛下!この猫どこが首か解りません!」と処刑人が狼狽するのは笑っちゃいました。

「マッド・ハッター」
 いかれ帽子屋には実在のモデルがいたという説は根強く、オックスフォードに店を構え、シルクハットを磨く水銀でいかれた帽子屋さんがモデルだとか、常にシルクハットをかぶり、「ミスタービーン」のような「目覚まし機能付きベッド(時間になるとベッドから落とされるw)」などを発明した、いかれた家具屋「セオフィラス・カーター」氏がモデルだとも言われています。

「マッド・ティーパーティ」
 ヴィクトリア朝のイギリスを語る上で、お茶はかかせないでしょう。アメリカに対する「東インド会社」の紅茶の強引な安売りが、見事に裏目に出た「ボストン茶会事件」や、英国植民地のインドが茶の産地になった事はあまりにも有名です。
 ここで皮肉っているのは私は「マナー」だと思います。イギリスの食文化は味が乏しい反面、マナーがすごいといいます(実際味付けは、かなり乏しいです。素材の味を大切にしてるとも言えますが・・・)。
 三月ウサギの家の前でのお茶会はマナーもへったくれもありません。パンカスのついたナイフをバターに戻すわ、しまいには出席者の一人ヤマネをティーポットになぜか入れてしまいます。アニメ版では、(これもなぜか)最初からポットに入っていましたが・・・
 東京ディズニーランドで売っているお茶会のオルゴールは秀逸だと思っています。

「ヤマネ」
 『アリス・イン・ワンダーランド』では涙の洪水の「ネズミ」と一緒のキャラにされていましたが、原作のヤマネは「眠りネズミ」だけあって昼間は常にうとうとしています。
 お話をせがまれると、目をこすりながら「糖蜜の井戸に住む三姉妹」という突っ込みどころ満載な話をしてくれますが、アリスのように即座に突っ込んで話の腰を折ってはいけません。ヘソを曲げていじけてしまいますw。
 彼が歌うマザーグースの「キラキラお星様」の替え歌「トゥインクルトゥインクルリトルバット」という曲は『アリス・イン・ワンダーランド』でも歌われましたが、この曲のコウモリはオックスフォード大学の「バーソロミュー・プライス教授」の愛称が「コウモリ」だったことに由来しているそうで、まさに私の『トカノマン』ばりの「内輪ネタ」。こんなの解るわけないだろw。

「カラスと書きもの机のなぞなぞ」
 ジョニー・デップ演じる帽子屋も出題したなぞなぞ。答えが気になった方もいると思いますが、これは三谷幸喜さんの作品の「赤い洗面器の男」と同じ「マクガフィン」で、答えはありません。そもそもアドリブで作った話なので、けっこう適当なんです。
 しかし「これではあまりにひどい」という事で、キャロル自身再版時の改訂で解答例をいくつか出しています。「カラスも机もnote(鳴き声、ノート)を出します」とか「nevar(=
never)の逆がraven(カラス)」とか、そんな解答です。
 この手の言葉遊びは続編『鏡の国のアリス』で「鏡文字」「カバン語(複数の言葉を一つの言葉としてくっつける。「ツルピカ」とかそんな感じ)」とさらに高度になり、英語が出来ないとついていけませんw。 

「グリフォン」
 『アリス・イン・ワンダーランド』では登場が見送られましたが、この怪獣はオックスフォード大学の寮の紋章にもなっている「学問の象徴」として作中登場しています。
 パブリックスクールをはじめとする当時の英国の英才教育はとっても厳格で、『ロッキングオン』編集者のスズキアカネさんによれば、異性を彷彿とさせるならばピアノの脚の脚線美すら封印したそうです。ひええ。
 そんな厳格で由緒正しきグリフォンに、まあ見事に破綻した教育事情を語らせるのは、キャロルにも何か意図があったんだと思います。
 私はこの章が最も好きで、「読み方(Reading)と書き方(Writing) 」を「這い方(Reeling)と悶え方(Writhing)」とか、英語のダジャレだらけのゾーンは絶句しますw。「社会」→「醜怪」「理科」→「美化」とか和訳した人、本当にお疲れ様でした・・・

「モックタートル」
 グリフォンの相方キャラですね。ウミガメの体に仔牛の頭と言うシュールな造形は見事。これは当時のレストランが高級料理「ウミガメスープ」と言いながら、ウシの肉を使っていたことに由来しています。つまり食品偽造問題のメタファーです。昔からあったんですね。
 彼は「時間割は最初に10時間あって、一日ごとに授業数を割っていく、だから、じ・か・ん・わ・り♪」とかほざくんですけど、アリスの「じゃあ11日目は?」という的確な突っ込みを見事にスル―してくれますw。

「ハートの女王」
 これは言うまでもなく英国の階級社会のメタファーでしょう。「アッパークラス」という上流階級(ようは王侯貴族)は、ほんの一握りで1000人もいません。
 いわゆる英国紳士は「ミドルクラス」と言われる階級なのですが、ミドルクラスは日本の「一億総中流」のイメージでとらえてしまうと誤解が生じます。彼らはイギリス人口の30%ほどで、ほとんどが労働者階級(著名なサッカー選手やロックスターはこの階級出身)なのです。
 ちなみにイギリスでは労働者とミドルクラスは一杯吞みに行くパブも、読む新聞も違うと言います。ただサッチャー政権時の話なので今もどうかはわかりませんが、多分現在もあまり変わってないと思います。イギリスって「己の分を知る」と言うか、そういう国だと思いますw。

 最後に参考文献の紹介を。『概説イギリス文化史』(ミネルヴァ書房)は、読みやすくてかなりお勧めです。
 これさえ読めばメイド喫茶だって100倍楽しめると思います。すいません嘘です。
Calendar
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト