舛添さんは離党を想定していたのか

 舛添要一さんと言ったら、descf氏の漫画で召喚された際には、バリア魔法などを操り主人公を助け、「市川由衣が見たい」と言ったら彼女に女装もしてくれる、強く優しいキャラが印象的ですが・・・(descf氏悪乗りしすぎ!でも市川由衣さんと舛添さんは顔立ちが似てると言ったのは私)
 なんでも「今、総理に一番なってほしい人」だとは知りませんでした。誰が言ってるんだろう・・・?
 でも総理になるには第一党(与党)の党首にならないといけないわけで、自民党を離党しちゃったら総理になれないと思うのですが・・・
 そもそも舛添さんは谷垣さんを批判し、谷垣さんの後任として自民党総裁になりたかったんだけど、党内の風向きが意外にアゲンスト、向かい風になっちゃったのは予測していなかったのかもしれません。
 本人は「谷垣じゃ総裁はダメだ!執行部刷新!」と言ったら、周囲が「そうだ、そうだ!」と言ってくれることを期待したんだと思うのですが、それが若手にすら賛同が得られなくて、離党、新党立ち上げになっちゃったような気がします。

 こうなると「総理になってほしい人ランキング」から大きく順位を下げるのは必然です。世論は「現状で総理になる可能性がある人の中で、総理になってほしい人」を投票するわけですから党内に基盤を失い追い出されちゃった人じゃ、ちょっとイメージも下がるんじゃないか?
 舛添さんは形だけでも「いまは自民党が最も苦しいとき。私が谷垣さんを命がけで支える!」とか振舞った方が好感度は上がっただろうに・・・
 でも党の中は一体どうなってるんだろう?そんなに執行部は融通がきかないのかなぁ?傍から見てると、過去最高に何でも相談できる雰囲気のような気もするけど。

 鳩山総理といい、谷垣さんといい、なんだかんだ言って優しそうですからね。
Calendar
<< July 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト