私なら『借りぐらしのアリエッティ』でゴキブリの生き様を描く

 私はジブリアニメって一度も映画館で見たことなくて、この「アリエッティ」もおそらく見ないと思うんです。それはストーリーの8割がブログで分かってしまうから。
 「映像(だけ)のジブリ」と言われるだけあって(?)ストーリーは今回も比較的単純で、というか『ハウルの動く城』や『崖の上のポニョ』のように破綻していないだけまだましとかなんとか。

 あらすじは、屋敷の床下に住む絶滅危惧種「小人」のアリエッティ一家が人間のものを借りて生活しているというだけの話で、人間に見つかるとトンズラしなければいけないという、お決まりといっちゃお決まりのパターン。

 で、ここで疑問が二つ。
①なぜ小人は人間に見つかるとその家から逃げ出さなければならないのか?
②借りぐらしと言っているけど、小人たちは別れ際に今まで借りていた人間の所有物をちゃんと返してくれるのだろうか?(角砂糖とか厳しいぞw)

 で、この疑問の解答の私なりの推測がこちら。
①人間に「おいどうやら気持ち悪い生物がうちにいるぞ!」と駆除されるから逃げ出す。
②おそらく借りたものは返してくれない(映画見た人解答求む!)。

 この答えをふまえるに・・・アリエッティはゴキブリの擬人化なのではないだろうか?という結論が導き出されるわけです(おいおい!)。
 
 観に行かれた方のブログの記事を見る限り、そんなメタファーのある映画ではないようですが(そりゃそうだ)、ゴキブリの生き様を描く作品でも面白かったと思うのです。
 私はそんな話を高校生の時考えて友達に話したところ「やめれ!」と怒られましたが、実際その数年後にピクサーは害獣のネズミを主人公にしたわけですから、今は前例があるしイケるんじゃないかと(今思えばすごい映画だなレミー)。

 家に勝手に「借りぐらし」するゴキブリを私たちが気持ち悪いと思うのはなぜか?このような憎悪の感情に理由はあるのか?
 なぜゴキブリは家にいるだけでスリッパで虐殺される必要があるのか?ゴキブリに権利はないのか?
 ゴキブリの住んでいるところに勝手に家を建てたのは人間の方ではないか?しかしそんな人間の生活に適応して進化しているのもゴキブリ(人間の家に現れるタイプのゴキブリね。森林にすむ種類もいる)なのではないか?人間が滅びたら人間の生活に適応し依存していたゴキブリも被害を受けるのではないか? 
 ゴキブリを「地球に借りぐらしする人間」に変換できるように物語を構成、演出すれば、作中で描けるテーマは盛りだくさんだぜ!

 ゴキブリゴキブリうるさいですが、彼らがあそこまで嫌われるのは「形がグロテスクだから」というのはあります。やっぱり。
 アリエッティは小さいながらも可愛い人間の女の子の姿をしているわけで、人間は自分とあまりに形態が異なるものには不快感を持つわけです(脚のないヘビとか)。

 でも、本当にそれだけなのか?それを実験する作品が小人がゴキブリのように人の家に出没する『借りぐらしのアリエッティ』でもいいわけです。
 つまりいくらアリエッティが可愛くても、その存在を一度知ってしまったら、やっぱり自分の知らないところで彼らが勝手に「借りぐらし」しているのは、不快に思うのではないかと。
 だってプライベートもへったくれもないじゃん!連中はゴキブリと違って小さな人間。知性があるわけで、自分が隠しておきたいすっごい個人的な秘密をどこかでこっそりのぞかれて「こいつこんな趣味があるわよ」なんて「サザエさん」のようにアリエッティ一家の夕食の話題にされてたら、気が狂うこと請け合い!
 
 つまり最初は偶然出会った小人を可愛いと思い「いつまでもうちで借り暮しをしていなよ」と快諾した少年が、だんだんどこかに潜んでいるアリエッティの目を常に意識するようになってしまい(気軽に屁もこけないし、エッチなビデオも見れない)、とうとうおかしくなって小人の駆除に向かう切ないラブストーリーでもいいわけで(おいおいおいおい!)。

 しかしゴキブリって本当に向こうの立場からしてみると、かわいそうっちゃかわいそうだよ。だって連中も私たちに不快な思いをさせたくてあんな形になっているわけじゃないんでね。
 もし彼らにアリエッティのような知性があったら殺すのもためらっちゃうんだけど、やっぱり昨日スリッパで撃破しちゃった。それでこの記事のネタ思いついたんですが。

 ちなみにアリエッティがゴキブリの話だったら「小人は滅びゆく種族なんだ」という少年のセリフは大間違いです。なにしろゴキブリは二億年以上も繁栄している種族なわけで、人間が滅んでもずっと子孫を残していくでしょう。それこそ地球が終わるまで。

 ゴキ!お前らの未来は明るいぜ!(なんだ今回の話)
Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト