こんな理系は嫌だ

 今回は、随分前にvicさんのブログでちょっとした話題になった?理系男子について。

 『理系の人々』っていう理系男子の日常を描いた漫画を読む。

 漫画を読んでここまで腹が立ったのは初めてだ。

 なんじゃ、このキャラ。本当にムカつくわ~。自分の落ち度を適当な理由つけてごまかしたいだけのへ理屈野郎。フーリエ変換とか言えば、馬鹿な奴は屈服すると思ってんのか。
 この作者の人は、自身がシステムエンジニアらしいんだけど、「こいつ=理系」って普遍化されちゃうのはまずいんじゃないの?
 ただのフィクションとして楽しめって言われても、エッセイ調にまとめてあるので、多少誇張しているけど、理系の人々って基本的にこういう思考ルーチンの人なんだって思われても仕方ない。実際私はそう思った。

 そしてもし自分が女だったら、こんな人と付き合いたくないな~と思ったんだけど、これは「理系がうんぬん」じゃない。理系男子として描かれる(しかもちょっとイケメン)こいつの人間性の問題だろ。
 これはオタクで理屈っぽくて、どうしようもない嫌な奴がたまたま理系だったってだけで、理系だろうが文系だろうが、はたまた政治家だろうが、小難しい単語を言ってスノッブきかせたい野郎はいくらでもいる。

 中学生の頃からこういう奴を論破したいがために、自分も色々議論の仕方を考えてきて、この手の奴の最大の弱点「専門外の人への要約」を武器にノートを使って本をいろいろ作ってきた。
 スノッブ野郎は、基本的に要約を嫌う。自分の言っていることを分かりやすく説明しちゃうと、化けの皮がはがれて「な~んだそういうことか。大したこと言ってないじゃん」になるのを恐れているわけ。
 またスノッブをしたいだけで、ただ難しい言葉を使っていて深く追及されると、上手くこたえられず逆切れしたりする。うちの大学にいた。
 だから知識があろうが、理系だろうが、やはり人間性なんだと思う。

 これを『理系の人々』って出してしまうのが怖い。これでGOサインが出るってことは、やはりこれが大多数の理系の人の実態なのか。

 ならば理系の人々はメンドくせえ。

 こういう人と付き合える女性は、あれだね。器が大きいんだね。理系の理屈にいちいち付き合っていないんだね。はいはい屁理屈屁理屈って。大人な女性じゃないとこんな奴腹が立って付き合ってられないよ!
 こんな男にはなっちゃいけない・・・
Calendar
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト