領土問題は国内法じゃなく国際法じゃないのか

 尖閣諸島で中国の漁船と海上保安庁の巡視艇が衝突した問題、中国の人すごい反日デモやってるけど、尖閣諸島を日本の領土だとすれば、領海侵犯した上に海保の船にぶつかってきたアグレッシブな外国の船を逮捕して、国内法で裁いているということになる。治外法権なわけでこれは問題ない。

 問題は尖閣諸島を中国が日本の領土だと思っていないところ。中国って今すっごい勢いづいているから、政治的にグレーゾーンの領土を「おまえのものはオレのもの」とごり押ししちゃえばもらえるんじゃないか?って中国政府は絶対思っている。
 そもそも沖縄だって日本のものじゃない!って発言はまさにその表れ。それくらい大きく出れば少なくとも尖閣諸島くらいはくれるんじゃないかって。

 近年中国の軍事力は、アメリカも一目置くほどものすごい増強されているから(アメリカもすごいけど・・・)仮に日本と喧嘩になっても勝てる確信があるのだと思う。しかしこれがOKになっちゃうと帝国主義の再来だよね。
 いや中国だって戦争はしたくないだろうけど、兵器さえ持っていれば自国の発言力は強くなるだろうと考えている。暴力をちらつかせて日本をカツアゲしようとしているわけだ。

 しかし尖閣諸島にしろ、こういう政治的にグレーな領土をパトロールする時は海保ももっとうまいやり方があるんじゃないかって思う。なんかVTRを録画しておくとか。してたか。
 そしてそんな詳細な資料も、中国は「でっち上げだ!」って言うこともできるし、中国の都合のいいように改ざんして人民に公開することもできるのか。
 じゃあネット上にあげるってのは?それもだめか。中国ってグーグルも出ていっちゃうほど情報規制するし、そもそも民主化してないんだよな・・・

 ・・・というか前原さんは「国内法で粛々と裁く」って言っているけど、こういうトラブルはまずもって国際法じゃない?
 こういう時の為にあるのが国連なんじゃ。なんで国際司法裁判所に訴え出ないんだ?国連ってそんなに役に立たないの?国連にいっぱい資金援助している国に有利な判決を出すとか??いやそんなこともないでしょ。
 国内法ではなく、国際法に則って裁判で一回とことんけりをつけた方がいいのでは?この判決で仮に尖閣諸島が日本の領土だって決まれば、今回の中国のやり方は国際的な信用を失うだろうし、逆もまたしかり。その時は謝罪して逮捕した船長をかえしてやればいい。
 
 ちなみに尖閣諸島って中国と台湾と日本がそれぞれ自分のものだって主張しているけど、個人的には、親日の国の台湾あたりになっちゃってもいいんじゃない?だめ?
 台湾なら日本に資源を分けてくれるような気もする・・・そんな台湾すら中国は自分の国の一部だ!と侵略しそうで怖い・・・
 中国って政治的にはいろいろあれだけど、本当は経済的にすっごいお世話になってるし、中華料理とか私好きだから、なんとかならないものか。民主化すればいいのに。
Calendar
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト