個人ブログを音読するマスコミはけっこう無神経

 なんか事件があると、その事件の当事者の人となりを報道するためにプロフやらブログが公開されてしまい、その文面をナレーターに音読されてしまうことがある(声色変えるな!w)。Aさんは生前ブログでこんな事をつづっていた・・・って。

 あれは一応親などに許可をとっているんだろうけど、犯人にしろ被害者にしろあれを分析して、その人の人間性ってどこまで分かるんだろうか?それよりも無関係な視聴者のいやらしい覗き見趣味な気がする。

 大体個人ブログなんて、あとから読み返せば「あちゃ~」って恥ずかしいこと書きつづっているもんだし、若い人の「彼女といれてオレめっちゃ幸せ」なんて記事は、いずれ本人が恥ずかしくなって絶対「消したい過去」になると思う(実際その内消すだろうし)。それをマスコミが大々的に公開しちゃうって、自分なら死んでも辛いなあ。

 もし自分が事件に巻き込まれて死んじゃった時、マスコミはこのブログを見るわけだけど、最後の記事が「一億総ニヒリスト時代」なわけですよ。
 それで番組制作者が「これだ!」って断定して、ナレーターが「被害者は社会に絶望していたのだろうか」とか言っても困っちゃうよね。
 たとえそれが真実とはまったく無関係でも、人ってどんなに単純でも因果関係を作りたがるからね。

 マスコミに言わせれば「不特定多数が見る可能性のあるブログをやっている以上それ公開してもいいはずだろ」ってことなんだろうけど、まさか自分の個人的なつぶやきばかりのブログが、マスコミに大々的に報道されるとはみんな思って書いてないんだから、クラスメイトの無神経で嫌な奴が「お~いこいつ、○○にラブレターなんて書いてやがるぜ~」「やめろよ~かえせよ~」ってみんなの前でそのラブレター音読しちゃうようなことと変わらないと思うんだけど。
Calendar
<< January 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト