ライブこそオレの原点

 以下どうでもいいツイート。ただのヘタレ的言い訳なんで受け流してください。

 最近漫画製作の進みが遅い。とにかく遅い。まあ絵については史上最高に難しいことをやろうとしていて(画力ないのに・・・)、一コマのデッサン?を仕上げるのに何時間もかかっちゃうからなんだけど、それ以上にこのモチベーションの低さったらなかった。作業がなかなか進まないから、やる気がなくなったって言うのもあると思うけど。

 とにかくサイキックウサギの「ホワイト」とか可愛く描くには、眼の位置とか大きさとかを相当意識しないと、可愛くなくなっちゃうから(あのキャラは可愛くないとリアリストなセリフとギャップが出ずに面白くないキャラ)あんな線の少ない奴の方が『クオリア』の笹峰さんよりもずっと難しいわけです。ホワイト一匹描くのに2時間かかったりしているコマもある。

 なにかを作るにはやっぱり刺激が必要で「こんなのを自分も作りたい!」って思うような漫画やアニメや映画も最近は別にないし(というか見ていないし)、テンションが上がる曲とかもなかった。

 でも最大の理由は、漫画を定期的に友達に読ませていなかったことだと判明!

 やはり週一で進行状況をチェックしてくれる編集者のような人がいないと、なかなか漫画を描く気が起こらない。
 自分は漫画を自分一人で描いてて満足するような、絵を描くのが三度の飯よりも好きなタイプじゃないので、常に読み手のリアクションという刺激がないと、どう作業を進めていいか分からないんだよな。
 それだけに目の前で、友達が自分の描いた漫画を読み、笑ったりしてくれるライブ感こそが、必要だったわけです。つまりテレビのバラエティよりも、寄席が好きな芸人タイプ。八時だョ!全員集合型。

 うお!今懐かしい光景がフラッシュバックした!(なんでも人間って精神的に弱っている時って自分の子どもの頃とかノスタルジックなものに逃げる傾向があるらしい。まさにモーレツオトナ帝国)
 K氏なんかは知ってると思うけど、そもそも中学時代は、自分の机を囲むクラスメイトに漫画を描く様子を眺められている中、その場しのぎでネームを切っていた!あれこそがオレの原点・・・!

 descf氏もこのタイプだと思うけど、友達が自分のギャグで笑うのを見るのはやはり最高。モチベーションモリモリ。
 少なくても週二。できれば週一で友達に目の前で漫画を読んでもらうのが望ましい。来週あたりKO氏空いてないかな?彼の指摘が一番編集者然としていて、効果的なんだけどな。会うのが久しぶりすぎて漫画以外の話で盛り上がりそうだけどね。

 どうでもいい追記:今日友達に「伊勢谷友介(大河ドラマの高杉晋作役のひとです)に似ている」って言われた。あまり「誰かに似ている」って言われたことない顔なのに。着流し着てないのに。 確かに頬がやつれちゃっているところ(だけ)は似ている(伊勢谷さんは病気じゃないだろうけど)。
Calendar
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト