17.1831年12月27日 イギリス デボンポート

 さてフィッツロイ艦長はダーウィンの利発さに好感をもち、「ちょっと心配だけど、なんとかなるだろ」と彼を航海に同行する博物学者として採用する。
 ダーウィンは艦長と共に航海に必要な物資を買出し、1831年9月14日デボンポートの港で、初めて自分が乗り込む「ビーグル号」を目にする。
 ダーウィンはビーグル号を見て即座に思った。

 想像よりちっちゃ!!

 ダーウィンはヘンズローへ手紙で「先生!74人乗りこむにはこの船は狭すぎます!」と書いている。
 ビーグル号は木造帆船で全長27メートル、大砲が10門装備された軍艦だ。前回の航海で船体は相当痛み、それを補修するのに予想以上の時間がかかった。この時マストの数も二本から三本にグレードアップさせている。
 修理に時間がかかったため、当初の出港予定10月を二カ月もオーバーし12月10日にいよいよ出港・・・・・・と思ったら天候に恵まれずすぐに港に帰還。
 その後12月21日にも出港したがこれもやっぱり駄目で結局12月27日の午後、船出に適した風が吹き、4年10カ月に及ぶ大冒険の旅が始まった。
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト