芸能界特技王決定戦TEPPEN

 この番組すっごい面白かった。芸能人って多趣味な人が結構いるけど、趣味のレベルを超えてセミプロみたいになっちゃった芸能人を集めて、どの芸能人がその分野で一番得意なのかを決定する番組。
 私はピアノは見逃しちゃったんですけど、剣道がすっごい面白くて、スポーツってなんか理屈抜きでかっこいいなあって思っちゃった。まさに闘う男たちだよね。
 男ってやっぱり敵と戦うことによって一番輝くと言うか、もうドラゴンボールとかを見ているようで、一体誰が一番強いんだ?ってわくわくして目が離せなかったよ。こういうところに女は惚れちゃうんだろうなあ。
 今男が情けないって言うけど、それは男が輝くような機会が少ないからって気がする。情けないことに男って暴力をやっている時が一番かっこいいんじゃないの?
 だから戦争はいけないって言うのは分かっているけど、戦争とかが起こって初めて女は男に惚れるって言うのもあるかもしれない。
 人間って結局ただの動物だから、理性で暴力や戦争はいけません!とか考えながらも、体は暴力的なものに反応してしまう。
 スポーツと戦争を同一視するのは飛躍だ!とか言われそうだけど、重なる部分も絶対あるよ。あの真剣に戦う怖いくらいの気迫の男たちを見ていたらそう思った。

 これで絵画とかをやったらどうなるんだろう?とか思っていたら、腕相撲の後本当に絵画をやってくれて、本村弁護士が驚異的なデッサン力を見せつけてくれた。
 でもやっぱ絵画はスポーツ的なかっこよさは無かった。おそらく勝ち負けがはっきりしないからだろう。審査員が判定するのも難しいよね。漫画家の江川達也先生と山田五郎さんが「むずかしいなあ~」って点数決めてたけど、本当に難しいよ。
 なんでもフィギュアスケートとかは機械的にこれができたら何点とか決まっているらしいのだけど、ファインアートまで行っちゃった現代の絵画はそういった共有化できる判断基準があまりないから、どうにも主観になっちゃう。
 ダチョウ倶楽部のリーダーは遠くの背景をくっきり書いちゃって「空気遠近法(水墨画などで遠景はぼかす手法)ご存知ない?」って山田さんに言われていたけど、それを知っていたりやったから上手いってことでもないだろう。
 審査員は古今東西の絵画技法を知っていなきゃいけないんだろうけど、それが仇となって絵の観方が狭くなってしまうって言うことはないのだろうか。「この技術を知っているとは!」とか「難易度の高い人間の指をここまで描くとは!」とか・・・それはそうなんだけど、それはかなりディープでオタク的なものの見方になっていないかって気もする。そういった非常に細かいポイントを見る人は一般人では少ないぞって。
 絵に疎い一般人なんてぱっと見の印象で決めちゃうだろうし、そのぱっと見の印象のすごさはすっごい細かい所の技巧から来ているって言うのにはなかなか気付かないものだからね。
 
 だから絵画ってスポーツのように目の前にライバルがいるわけじゃないから、まあ強いて言えば審査員との戦いなのかもしれないけど、ちょっと隙を見せたり手を抜いたら敵に負けちゃう剣道とは違い、手を抜くのも、逆にめちゃくちゃこだわるのも自由。
 だからかなり自分との戦いな気がする。それに、いくらこだわっても「自己満足」って言われちゃう可能性もあるし・・・孤独な世界なんだなあ・・・
 実際あんなにデッサン力のある本村弁護士が、感情内向的な画風を持つしずちゃんに負けたからねw。
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト