教員が保護者を提訴

 埼玉県の小学校教員が保護者のクレームで寝れなくなったってことで裁判所に訴え出たらしい。そもそもの発端はクラスでケンカが起きて、それを仲裁した先生の対応がこの保護者には気に食わなかったようだ。それでずっとその先生を連絡帳で批判していたみたい。
 さらには先生が給食のとき児童の背中に触れただけで警察に被害届を提出・・・ここまでいくとちょっとモンスターペアレントかもしれない・・・まあ先生の方にも非があったかどうかはニュースだけじゃ分からないから、報道が先生に有利でちょっとフェアじゃないんだけど・・・
 でも背中に触れただけで警察に被害届なんて出すかなぁ?もし真実なら私なんて授業中ふざけている愉快な奴ビシッってやっちゃってるから起訴されちゃうよ。

 おそらくこういう風な事件が起こる原因の一端は、マスコミの教員(=税金で食ってる公務員)叩きにもあると思う。でも本当にどうしょうもない変態の先生もいて事件を起こすんだからしょうがない。
 モラルのない小学校の先生は自分が実習中にもいて「こいつ偉そうに教育を語っているけど、俺たちが裏でやってること暴露したら教員できなくなるぞ」って言うくらいの人は意外といる。
 ここまで自分を棚に上げれる無神経な奴じゃないと、ただでさえ風当たりの強い教師は務まらないんじゃないか、とも思ったんだけど、なんかスッキリはしないよね。この事実は政治家も一緒か。
 
 問題は教育現場のいざこざを裁判で争うようになっちゃったことだよね。これが一番異常だと思う。教育委員会や学校側とかは和解を求めたんだけど、保護者の方ははねつけちゃってもう法廷で争うしかないのか・・・
 一番可哀想なのはこの児童だよね。クラスの雰囲気も悪くなって「おいあいつの親って○○先生と裁判やるんだぜ」ってなっちゃうと、優等生タイプの子たちはその保護者の子どもをいじめちゃう気もして怖い。ここまでのことを想像して双方は法廷闘争を選択したのだろうか?
 
 だからここでの解決法はやたら裁判をしない社会にする、もしくはいっそ裁判の敷居を思いっきし下げることだと思う。
 なんか日本って改革とかのせいでアメリカ型訴訟社会になりかけているから、もう裁判を気軽にできるスポーツ化しちゃった方が早い気もする。
 で、陪審員を近所の人を呼んできてやらせれば、最終的にはこれは「裁判」じゃなくて、かつてあった「地域の人々のつながり」になるんじゃないか、さらに、こういう民事裁判の場合は罰金刑とかじゃなくて、スポーツだから試合終わればノーサイドって。

 ・・・う~ん・・・そんなんで済むならとっくに和解してるか。
Calendar
<< January 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト