『スクールオブジェイル』制作裏話

 随分前にサイトにアップするって宣言してそれっきりだった『スクールオブジェイル』をついに公開しました。ついに・・・って言っちゃうと大作漫画っぽいですけどただの短編です。
 それも少年漫画の編集者に「君はもっと女の子がたくさん出てくる漫画を描いた方がいいよ」と言われて「う~ん、じゃあ現代の秘境女子高の話でも書くか・・・」とかなり適当に考えた企画です。

 実はこの話の元ネタって二割ほどは私の経験で、まず私は男子校と言うものに通っていたんです。男子校って言うのは女子高の逆で生徒が男子だけの高校です。
 私男子校って全国に普遍的にあるものだとずっと思っていたのですが、大学のジェンダー論の講義で「そんなジェンダーに反するものはほとんど現代には残っていない!」という事実を知り驚愕した覚えがあります。な・・・ないの?

 で、私ちょっとだけ高校生の頃生徒会長をやっていたことがありまして、ウチの生徒会は近所の女子高の生徒会となぜか定期的に交流しなければならず、すっごい嫌だった覚えがあります。なんだったんだあのイベント・・・
 例えば私たちが女子高の門を入ると、女子高生が校舎のベランダから「あ、男がいる」みたいな感じでニヤニヤしながらこっち見てるわけですよ。これがなぜかすっごい恥ずかしい。
 普段全く女性のいない世界で生活しているわけですから、周りがすべて女性の逆転した世界の居心地の悪さったらなかったわけです。
 よって男子のみんなは「女子高なんて羨ましい」とか思っちゃダメ!アニメの女子高じゃなくて現実の女子高なんだから!そんな教訓をふまえてこの漫画のプロットを練りました。

 そういえばここ数年のアニメってなんか生徒会モノって言うのかな?生徒会が強大な独立権力を持っている設定の奴って多くない?なんで生徒会ごときが学校を裏で動かしてるねんみたいな・・・そんな馬鹿馬鹿しい設定をギャグじゃなくて真剣にやっているのがすごいよなあって。
 あの設定って何なんだろうね?アニメのクリエイターに元生徒会出身者が多いとか?暇で暇でしょうがない人はぜひこの謎を解明してほしい。
 ただ権力って言えば、確かに生徒会って毎年会計が部活動の予算を分配するから、女性にモテそうな運動部の部長が一年に一回、女性に見向きもされない地味な生徒会の連中にぺこぺこするんだよね。あれは面白い光景だなって思った。この時だけは立場が逆だぜ、見たいな。

 まあそう考えるとハーバード大学ほどではないにしろスクールカーストと言うかヒエラルキーはどこの学校でも発生するかもしれない。
 私はこの漫画でそれをかなり極端に描いたけど、この前『ソーシャル・ネットワーク』を見たらあながち間違ってなかったからね。女子高のスクールカーストの方がなんか怖いって感じしませんか?妹が女子高に通っていたから聞いてみようかな。
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト