『80日間宇宙一周 CRIMSON WING』制作裏話

 やっと非常勤講師の最初の一週間が終わって時間が取れたので、この前アップロードした脚本『80日間宇宙一周 CRIMSON WING』についていくつか。
 本当は書き上げたその日に、こういうのって書いちゃったほうがいんだよな。時間が経つと熱も冷めちゃうし。基本的に脱稿直後はテンションが変に感じにハイになってるからね。まあ冷静にしみじみ振り返るのもたまにはいいか、と。
 でも私って自分が書いたものの内容を忘れちゃうから、時間が経つと「あれ?なんでこんなん書いたんだろう?」ってなっちゃうんですよ。案外読んだ人のほうが細かいディティールは覚えてくれていたり。

 私が基本的に読み切り作品ばかりやって、長い話をやらないのもそのためなんですが、キャラの描き方は愚か、こいつどんな性格だったっけ?とかはよくありますし(あっちゃダメなんだけど)、ちょっと期間があいた時に一番忘れやすいのが、それぞれのキャラが現時点で抱いている「思い」。
 人間の感情っていうのが一番繊細で、ドラマ表現の肝になる部分だから、このシーンの時点ではこのキャラの感情の熱量はどれくらいなんだっけ?っていうペース配分とか微妙なコントロール感覚を忘れるのは痛い。
 これを失敗するとキャラに人間味が出なくて、読んでいる方もしらけちゃう。つまり「こんな奴いねえよ」になってしまう。「ゼハートそれはねえよ」とか。

 さらに、最近の私はあまり登場人物を極端に記号、類型化しないから、主役格のキャラって物語が進むにつれて性格や思想が変わっていくんです。成長ですね。
 そのRPGのセーブデータ(ぼうけんのしょ)のような複雑な情報を全部覚えきれるわけないから、これまでのおはなしと矛盾が出ないようにするので必死です。
 「あれ?こいつ前にこんなことあったのに、それはいいの?」とかw読者のツッコミが飛ぶ前にさんざん自分で何度も読み返して自分でツッコミ入れて確認&修正しています。
 その作業が今回は一番印象に残っているのかも。

 ということで今回の土星編。前にも言いましたがすっごい難産でした。で、今回のテーマはズバリ「原点回帰」と「許し」。
 まあほかにも伝えたいテーマは今回に関してはかなりたくさんあって、こっちが「伝えてえんだ!」って熱い気持ちはすっごいあったんですが、それをセーブすることを心がけましたね。「抑えろオレ」ってw

 実はそこまで強く伝えたい感情がある方が表現ってうまくいかないんですよね。どこか客観的に見れてないと作品が独善的で独りよがりなものになってしまうし。
 親や先公のお説教みたいな作品なんて、読んでいる人も楽しめないし、うんざりしてしまう。大事なのは読んでいる人を楽しませながら、お説教をお説教と思わせないテクニック。

 ただやっぱりこの4作目は私の作品の中でもかなり「お説教臭い」というか「かなり説話(昔話)的かつ寓話的」というか、「教訓的な田代漫画此処に極まれり」というか・・・
 ということでこの作品に、私が現時点で人間や世の中に対して思っていることをほとんどぶつけたので、今はかなりすっきりしています。
 エンターテイメントの形をギリギリ壊さないでなんとか言いたいことは言えたからね。もうこれが自分の最後の作品になってもいいや。

 一ヶ月かけて何十回も書き直したのは正直辛かったけれど、一応納得のいく形に作り上げることができたから。本当気がつけばノートが土星編のアイディアで全部埋まってるんですよ。
 土星の世界観は天王星編で決まってたし、伝えたいメッセージもあったんですが、これを娯楽の形にするのが結構難しかったんだろうな。
 ですから本編は難しいこと考えず「ああ楽しかった」って思ってもらえればそれで十分です。ありがとうございます。

 とはいえ、マロさんいわくシリーズで最もシビアな話ということですし、確かになんというか、明るく爽やかな海王星や天王星のお話とは毛色が違う、ちょっと暗くて重い話になってしまいました。
 それはある程度意図していて、もう4回もやったら新しいことはできないから、いっそ一作目の雰囲気に戻そうって思ったんです。そろそろ「原点回帰」の頃合だな、と。
 で、あらためて一作目読み返してみたら、けっこう重い話なんですよね。ミグもライトもかなり重い原罪背負っちゃってるなあって。
 で、これをもう一度やるにはどうすればいいか。

 そこで私が考えたのが、かつてのミグとライトが出会った頃のような雰囲気(二人のキャラが噛み合わない)を他のキャラクターにやらせればどうだろう、そしてそれを見たミグとライトが一回り成長し、どんなにバックボーンが違う人間でも分かりあえることだってあるということを教えたらどうだろう、ということ。
 で、そのセリフを言わせるのはミグだなっていうのは早い段階から決まっていた。そしてライトのライバルを出すっていうのも。

 今までのゲストキャラクターって海王星ではルヴェリエ王子、天王星ではアリエルで、どっちもミグやライトよりもずっと若く、はっきり言って扱いやすかったんですが、それで三度目はないなってことで、今回同世代のキャラをメインのゲストにしよう、と。
 んで一作目のミグとライトよりもゲストキャラのカップルの対立の溝を深めてみようかって。

 じゃあどうするって言ったら、一作目でミグはコミュニスト(全体の奉仕者)みたいなことを言うし、ライトはリベラルですよね。
 ならミグよりガチガチな社会主義者と、ライトよりももっとリベラルな資本主義者を出せばいい。で、互いに敵対どころか主義主張、信仰の違いで命を狙っているのはどうだって。
 でもこれ、あの二人がどう止めるんだよとも思いましたが、そこはあとで考えればいいやってw

 ガンダムの富野監督は後後ストーリーが展開していくにつれて使える、最初の時点ではあまり重要でない余計な設定をバラバラと配置するのがうまいと言われていますが、オレもなかなかのもんじゃないかって。
 ミグを凌ぐ共産主義者は「緋色の旅団」がいるし、ライトを凌ぐほどリベラルな奴は天王星編で出てきた「サーペンタリウス」がいるじゃん!ってw

 はっきり言ってサーペンタリウスなんて、こうやって使うなんてアイドル編では全く思ってなかったからね。ミグが所さんの歌が好きな設定も歌をテーマにしたアイドル編で役に立ったし。
 やっぱり「無駄」って素晴らしいな。ランダムドリフトの重要性を説いた中立進化説は正しかったよ!
 あとここまで読めば一作目でなんでライトがピカールの司法取引にあそこまで頑なに応じなかったかもわかりますもんね。ノーベルとダイナマイトを例にして、ひょうひょうとかわしていましたが、こういうことがあったのかって・・・w

 ライトで思い出したんですけど、この4作目がちょっと暗くてシビアなのは1~3作目まで絶対的なポジティブキャラだったライトが初めて弱さを見せたからなのかもしれない。
 ライトって機械仕掛けの神様的なところがあったから、そのライトがネガティブな感情を見せるのって新鮮だった。今回のライトは初めて感情的になるもんね。怒るし、泣くし。
 ライトに暴力を振るわせたのも初めてかもしれない。いやキャロット軍曹のお尻を電気棒でつついたりはしてたけどw
 でもいずれライトが悲しんでいるのを、今度はミグが励ましてやるっていうのは絶対やりたいと思っていた。

 ライトってさ、今までの少年漫画のヒーローみたいに暴力で敵をやっつけて、か弱い女性を救い出すマッチョな男じゃないんだよ。
 人種、思想関係なく、出会った人にはできる限り力になってあげたいってやつで、敵とも仲良くなろうとしちゃう。まあそれくらいの博愛主義者じゃないと冥王星でミグとも仲良くなれなかった気がするし・・・
 それが悪く出ちゃったのが海王星と天王星のクライマックス。実はライトどっちも女性を傷つけているんだよね。これは私も書いてて気になった。ミグはナッシュに瀕死の重傷を負わされるし、アリエルは暗殺のターゲットになって狙撃されてしまう。
 かつてのヒーロー漫画ならヒーロー失格だ。全然ヒロイン守れてないんだから。

 よく自分が愛するたった一人の女の子のためなら、世界なんてどうなってもいい!っていう展開があるけれど、私はそれはあまりに無責任だろって思う方なんですよ。
 たった一人を笑顔にするために世界すら変えていけばいいんじゃないかって、そんなスタンスをライトに与えたんですよね。
 だからこそ、かつてレオナの為に最強の戦闘機を作ったことに対してライトは複雑な気持ちでいる。あれは「愛する人さえ帰ってくれば世界がどうなってもいい」の典型だから。
 その呪いのようなものの象徴としてミラージュっていうのを出したんですよ。あ~でも戦闘機が好きな人にも楽しんでもらえてよかった。
 私も久しぶりに満足しているので新しい話はもう当分いいかな。中学校で若手を育てますw

 ふむなさんには航空機における貴重な知識を分けていただいて大変助かりました。この場を借りてお礼を申し上げます。
Calendar
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト