『恐竜大陸サウラシア』脚本⑨

ジュラシックピット。
「第1試合!ステゴサウルス18500ポンド!対するはモノクロニウス!16000ポンド!」
「さあ500ドルからかけてくれ!」
「もうすぐ賭けは閉め切りだ!」
恐竜トレーナーがホルスターから薬莢をピットに投げつける。
割れた薬莢から恐竜が現れる。
「おおっとモノクロニウスかなり入れ込んでます!」
「どちらも気合十分・・・!それでは試合開始!」
ステゴサウルスが突進するモノクロニウスにむけて尻尾をふる。
尻尾の攻撃をまともに食らいモノクロニウスのフリルの一部が吹き飛ぶ。歓声。
怒り狂ったモノクロニウスは大きなくちばしでステゴサウルスの首にかみつく。
観客「やれ~ぶっころせ~!」

ジュラシックピットVIP席
カーネギー「どうです?ミセスブラウン。あなたには最高の席でショーを楽しんでいただきたいと思いましてね
この商売は間違いなく当たりますよ。ここ以外に闘竜場ジュラシックピットはニューヨーク、サンディエゴ、ロンドンにも建設を予定してましてね・・・」
アニー「おとなしい恐竜を錯乱状態にして殺し合いをさせるなんて・・・これは神に対する冒涜です」
カーネギー「いいや違う。連中はもともと私たちの時間軸には存在しない動物だ。存在しないものはどう使おうが知ったこっちゃない。トラやサイを戦わせるよりもずっと健全ですよ。」




フィリップ「!こ・・・こいつって・・・」
サーカスのアンガトラマ
フィリップ「おめえじゃねえか~!」
リズリー「あ、サーカスの!売られてこんなとこに来たのね・・・」
団長「いや~なんだかしらんが出れるようじゃな!」
リズリー「あ・・・グレゴリー団長!!」
団長「お・・・お前たち~!!」
コープ「誰?」
フィリップ「なに団長まで身売りしてんだよ!」
グレゴリー「だってお前がいないとショーにならないんだもん」
フィリップ「やっとわかったかこのオレのスター性・・・」
グレゴリー.「また空中ブランコをやっておくれリズリー」
フィリップ「おいハゲ」
リズリー「ほかの恐竜は?」
団長「2フロア下にいる。こいつらいかれてやがるぞ、ショーとはいえあんな過激なことを動物にやらせるとは、命を愛するわしとしては許せん・・・」
リズリー「ええと・・・いこうフィリップ」
フィリップ「おうよ」



VIP席に慌てて飛び込んでくるスタッフ。
スタッフ「会長大変です!Bエリアで恐竜が檻から逃げてます!」
カーネギー「ばかもの!さっさと戻さんか!?種類はなんだ?」
スタッフ「サーカスで使われていた恐竜共でして・・・」
カーネギー「あああのろくな戦力にもなりそうにないバカ恐竜か。なら殺しても構わん。
今は大事なときなんだ。絶対客の安全は守れ!」
スタッフ「は!」
アニー「フィリップ・・・」



サーカスの恐竜を逃すフィリップ
バッカーのスピーカーのハンドルを回すフィリップ
草食竜が誘導される。フィリップ「よーし逃げろ逃げろ~!」
銃撃するハンター「待てー!」
「げっ撃ってきた!」
リズリー「恐竜に当たっちゃう!」
銃で応戦するコープ
コープ「早く恐竜を逃がせ!!」

フィリップ「あ、あれ??」
リズリー「どうしたの?」
フィリップ「なんか胸がもぞもぞ・・・なんだ?」
胸のポケットから薬莢を取り出す
フィリップ「あ、これって・・・ティラノサウルスを撃った時の空薬莢だ」
コープ「!お、お前薬莢にヒビが入っているじゃねえか!」
フィリップ「おかしいな。俺別に何にもしてねえけど」
コープ「早くそいつを捨てろ!!」
「なんで!?」
「貸せ!!」

フィリップから奪った薬莢をハンター達の方へ投げるコープ
薬莢が割れて中からティラノサウルスのオスが現れる

「!!」
サーカスの恐竜が猛スピードで逃げていく
ハンター「ティ・・・ティラノサウルスだああああ!!」
銃撃するハンター達に襲い掛かるティラノサウルス

フィリップ「どうなってんだこれ!?」
リズリー「逃げないと・・・!」
コープ「そうか・・・薬莢の中にずっと閉じ込めておくことは出来ないんだ!」
コープ「そうなると・・・早く知らせないと大変なことになる!フィリップ!オレは会場の客を避難させる!!お前はアニーを救え!!」



VIP席
「会長!恐竜搬入通路にティラノサウルスがあらわれました!!早くショーを中止して観客を避難させてください!!」
カーネギー「なんだと!?どういうことだあああ!!!」
ライフルを掴むカーネギー「ええいディノトランス弾でもう一度捕まえればいいだろうが!もういいわしがやる!!お前も来い!」
アニーを強引に引っ張るカーネギー
アニー「きゃあああ」



ジュラシックピット
「さあそれでは第二試合です。今度は血湧き肉踊る肉食竜対決!」
ゴガア(ティラノサウルスの咆哮)
大歓声
ピットにティラノサウルスが入ってくる
観客「ティラノサウルスだあああ!」
Tレックスコール
係員が逃げ出す
ざわつく観客「?なんか様子がおかしいぞ・・・」
トレーナーにかぶりつくティラノサウルス
会場内が悲鳴に包まれる
トレーナーを荒々しく振り回しトレーナーが持っていた薬莢を散乱させるティラノサウルス。
会場内に散った薬莢が次々に割れていき恐竜たちが放たれる。

会場は大パニック。警報
ハンター「なんだこりゃああああ!!」
「皆殺しにしろ!!!」
ライフルを撃ちまくるハンター。
鞭のような尻尾を振り回して会場の柱をへし折るアパトサウルス。
巨大な足でハンターを踏みつぶす。
ハンターたちを追いまわすパキケファロサウルス。パキケファロサウルスの頭が銃弾をはじく。
「弾が効かねえ!」頭突きでつぶれるハンター。
オルニトミムスが素早い身のこなしで次々に人間たちを追い抜いていく。
基地をあきらめ逃げ出すハンター「駄目だああ!数が多過ぎる!ここは壊滅だ~!!」

避難通路に太っちょの鳥のヒナのような珍妙な恐竜がつったっている。
銃を向けるハンター「どけ!ペンギン野郎!殺すぞ!」
キリンのような首をかしげるノスロニクス「くけ?」
腕を広げると巨大なかぎづめが現れる。ハンターをひと薙ぎにするノスロニクス。
「ぎゃあああああ!」

観客に突進してくるパキケファロサウルスの群れ
リズリーが乗ったブラキオサウルスが体を盾にして食い止める
「頑張って!」

「早く逃げろ!」
観客を出口に誘導するコープ。

逃げる観客と逆走するフィリップ「アニー!どこだ!」
フィリップを見つけ叫ぶアニー「フィリップ!」



カーネギーの博物館
カーネギーに捕まっているアニー
博物館に入ってくるフィリップ「アニー!」
カーネギー「お前のせいだ!お前のせいでわしのビジネスはめちゃくちゃだ!」
フィリップ「俺が知るかよ恐竜のことなんて!俺だけじゃねえあいつらは誰の思い通りにもならないんだ!」
カーネギー「だがまだ終わったわけじゃないぞ・・・まだワシのコレクションは残っている」
フィリップ「そんな危ないもんとっとと捨てたほうがいいぞ!」
カーネギー「黙れ!これは誰にも渡さん!」

ムスサウルスが隙をついてカーネギーの薬莢のボックスをくすねる
カーネギー「貴様!返さんか!!」
ボックスを抱えるフィリップ「お前初めて役に立ったぞ!」
「アニーさんを離せ!さもなきゃこいつは下に捨てる!」割れたガラス窓から薬莢の箱を吊るすフィリップ
博物館の下のピットではティラノサウルスが暴れている
アニー「フィリップ・・・!」
カーネギー「そうか・・・ならお前も取りにいけ!」
ピットにアニーを放り投げるカーネギー
フィリップ「!」
アニー「きゃああああ」
フィリップ「アニー!」
箱を放り投げピットへ飛び降りるフィリップ

ピット
下でブラキオサウルスが二人をキャッチする
リズリー「落としたわよ」
フィリップ「リズリー・・・」
ピットの奥からティラノサウルスが接近してくる
リズリー「前より怒ってる・・・!」



博物館
カーネギー「わしのコレクション・・・!」
フィリップが投げた薬莢のケースは壁に当たり中身がばらける
「はああ!スーパーサウルス、エパンテリアス・・・!」
椅子の下に転がっていくティラノサウルスの薬莢
「ティラノサウルス・・・!捕まえた!」
薬莢にヒビが入る
「な・・・?」
薬莢を捨てるカーネギー
薬莢から出てきたのはティラノサウルスの子供だった
カーネギー「は~・・・お前か・・・」
窓の外から叫ぶフィリップ「おい早く逃げたほうがいいぜ!」
カーネギー「うるさい!こんなやつ敵ではないわ!」
フィリップ「後ろ後ろ!!」
子供を蹴飛ばす「くピピー!」
カーネギー「いいか!お前のハッタリに乗るほどわしは」
背後から母親のティラノサウルスにかぶりつかれるカーネギー「ぎゃああああ」
カーネギーを咥えながらピットの方へ歩き出す母親。
ピットの方から父親が突進してくる。
カーネギー「やめろおおおお!!!」



第五鉱区にサイレンが鳴り響く
バッカー「アニキ!保安官を呼んできた!あとは公務員に任せましょう!」
シェリフ「まだ恐竜に食われてない悪党は全員逮捕だ~!」



壊滅する第五鉱区
コープ「結局またティラノサウルスの巣に戻ったってことか・・・」
アニー「私・・・残りの資産をすべて売却して鉱山労働者の給料にします。きっと・・・あの人が生きていたら、きっと同じことをしたと今は思えるから。」
フィリップ「そうか・・・」
アニー「そしてラムとここで恐竜を保護する活動をするつもりですわ」
コープ「柄じゃないがな」
フィリップ「いや案外似合ってるぜ」
アニー「フィリップ・・・ありがとう。」

リズリ―「フィリップ・・・」
フィリップ「ん?」
リズリ―「よかったらサーカスに戻らない・・・?
それとも・・・そんな小汚い所似合わないか・・・」
フィリップ「・・・契約しだいだな。」
リズリ―「え?」
フィリップ「お前と一緒にやりたい。」
手を握る



数年後
「ヘルクリークサーカス」のテント。
団員「よってらっしゃい!みてらっしゃい!空中ブランコに曲撃ちショー、猛獣使い・・・!ここでしかみられない曲芸ばかりだよ!」
テントに客が集まっている。立ち見もいる大盛況ぶり。
アクロバットショーのリズリ―。
銃を早撃ちするコープ「オラオラオラオラオラオラオラ!!」
大歓声が上がる会場。
団長「・・・どこでスカウトしてきたんだあの曲撃ち師・・・テクが半端ねえ・・・」
「さあそれでは空中ブランコ、曲撃ち芸とお楽しみ頂いた次はいよいよ我がサーカスの目玉・・・!恐竜使いミスター・フィリップ・バックランドの猛獣ショーです!」
生意気なガキ「ママ、あいつまた懲りずに魚しか食べない恐竜で猛獣ショーやるみたいだよ。」
観客「もうネタばれてんぞーフィリップ!」
観客「なんでそいつが目玉なんだー!いい加減そいつをひっこめろ団長!」
地面が大きく振動する。ステージにティラノサウルス・レックスの巨体が現れる。
失禁する生意気なガキ。
微笑むリズリ―とアニー。
フィリップ「イッツァショータイムだ・・・!ヒ~ハ~!!
おわり
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト