96条改正について

 安倍総理が憲法96条を改正するって言ってる。憲法96条っていうのは、中学校の公民でみんなが習う憲法改正の手続きの部分。
 各議院の総議員3分の2以上の賛成で憲法改正が国民投票にかけられ、その過半数の賛成で憲法が変えられるというルール。
 これはとにかく厳しくて、小泉さんの時の有事法制とかガイドラインの時、ちょっと憲法9条改正に動いたんだけど、結局日本はまだ一度も憲法改正――国民投票を行ったことがない。
 最高法規である憲法がそんなホイホイ変わっちゃ危険だっていうのがあるんだけど、この憲法が作られてから随分経つのに未だに一字一句バージョンアップしないで使っているのは、いくらなんでも時代遅れなんじゃないかっていうのもある。環境権とかは書かれてないし。

 安倍さんはもう少し、憲法を改正しやすくするため、まずこの96条を改正しようとしているらしい。これはルール(憲法)の枠組みの中でルール(法、条例)を作る立法機関のシステムそのものにメスを入れちゃうわけだから、今のこの人気に乗じてじゃないと二度とやれないことなのかもしれない。それくらい大きなことだ。
 で、この96条改正が、国民の基本的自由を侵害している!という人もいるんだけど、なんかそこに、私はロジック上の疑問というか違和感を感じる。
 確かにこの動きは個人的には危険な気はする。でも96条改正っていうのは結局憲法が変えやすくなるってだけで、憲法改正の際に国民が自分の意思を直接的に示せるチャンスも増えるんじゃないか?って気もする。

 安倍さんなんかはおそらく、96条を改正して、公共の福祉を強調した規制の厳しい憲法に変えていくつもりだろうけれど、それを採用するかどうかを全部国民の判断に丸投げしようとしている。
 つまり、それ(憲法96条改正案)自体は国民の自由が制限される・・・ということではなく、むしろ逆で、国民の自由をどれだけ放棄するのかを国民自身が選択する自由が増えるってことなんじゃないだろうか。
 このロジックはかなり周到で、安倍さんはリンカーン並みにこずるいというか、プラットフォームを押さえちゃえば勝ちという現代社会をよく見ていると思う。
 国民投票という直接民主的な国民の自由が増えることによって、結果的に社会は不自由になっていくという・・・もちろん安倍総理の改憲案に嫌だったら国民投票で反対すればいいから、やっぱ国民次第ってことなんだろ。

 で、ここからは私の個人的な立場。私はこの安倍さんの96条改正には反対です。確かに一回目は、上記のロジックが通用すると思うけど、もしこの改正案が通って「96条すら変えれるぞ」っていう前例ができたら、96条を一度緩めてから不自由な憲法を作って、そのあと96条を再び元の厳しい改憲手続きに戻すことだって可能になってしまう。
 そうなれば、国民の改憲の自由は一過性のもので、いくらでも政府は締めつけを厳しく出来てしまう。これは怖い。

 また96条の解説として、この手続きで憲法を変更してもいいけれど、三大モットーの「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」は絶対覆しちゃダメっていうのがある。
 で、その暗黙の了解にだって手を伸ばすことができるってこと。96条を変えられるってことなんだから。この三本柱すら挿げ替えれるようになる(可能性が大いにある)というのはやっぱ衝撃的だ。
 安倍さんは確かに人柄が良さそうだし、実体経済かどうかわからないけど株価も上がっている。そういった結果を出しているのは正直政治家としてすごいと思うけれど、これに関しては反対(・・・というかもともと安倍さん支持じゃないんだけど)

 ただね、ある種、感心はしてしまうよ。やっぱり。こういう知能犯的なやりかたはすげえなあって。頭いいなあって。私が好きな漫画の黒幕タイプだもんね。ピカール博士とか深未今日子博士みたいなw
 とにかくね、今の大衆って短絡的だから、目先の自由をホイって与えて自由にさせた気にしちゃえば、長期的にはガンガン手綱引けちゃうってことなんだよね。
 モバゲーみたいなソーシャルゲームも一緒だけど、結局本人は自分の意志(=自由!)で使っていると思っているけれど、おもいっきし絡め取られているよっていう。
 それくらいプラットフォームを制するっていうのは、すごいことだし、節操の問題としてこれに手をかけるのは卑怯なんじゃないかって気もするんだ。

 自由を奪い取るためにまず自由を与えてやるっていうのはね。
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト