高等学校学習指導要領解説公民編覚え書き

改訂の要点
習得した知識、概念や理論などを活用し、持続可能な社会の形成という観点から課題を探究させ、政治や経済についての見方や考え方を身に付けさせるという従前の構成を引き継ぎ、一層の充実を図ることとした。
その際、グローバル化や規制緩和の進展、司法の役割の増大などに対応して、法や金融などに関する内容の充実を図るとともに、国際政治において文化や宗教の多様性についても理解させることとした。

公民科の目標
広い視野に立って、現代の社会について主体的に考察させ、理解を深めさせるとともに、人間としての在り方生き方についての自覚を育て、平和で民主的な国家・社会の有為な形成者として必要な公民としての資質を養う。

政治・経済

基本的性格
現代の政治、経済、国際関係の動向や本質を把握させ、それらに関する客観的な見方や考え方を深めさせて、平和で民主的な国家・社会の有為な形成者として必要な公民としての資質を養うことを基本的性格としている。

今回の改訂では、グローバル化や規制緩和が進展し一層の変化が予想される社会において、日本人としての自覚をもって国際社会で主体的に生きること、持続可能な社会の実現を目指すなど、公共的な事柄に自ら参画していく資質や能力の育成が求められていることに留意した。

目 標
広い視野に立って、民主主義の本質に関する理解を深めさせ、現代における政治、経済、国際関係などについて客観的に理解させるとともに、それらに関する諸課題について主体的に考察させ、公正な判断力を養い、良識ある公民として必要な能力と態度を育てる。

内容とその取扱い

現代の政治
現代の日本の政治及び国際政治の動向について関心を高め、基本的人権と議会制民主主義を尊重し擁護することの意義を理解させるとともに、民主政治の本質について把握させ、政治についての基本的な見方や考え方を身に付けさせる。

民主政治の基本原理と日本国憲法
日本国憲法における基本的人権の尊重、国民主権、天皇の地位と役割、国会、内閣、裁判所などの政治機構を概観させるとともに、政治と法の意義と機能、基本的人権の保障と法の支配、権利と義務の関係、議会制民主主義、地方自治などについて理解させ、民主政治の本質や現代政治の特質について把握させ、政党政治や選挙などに着目して、望ましい政治の在り方及び主権者としての政治参加の在り方について考察させる。

法の意義と機能
紛争の防止や利害対立の調整や解決。

民主政治の本質
世界の主な政治体制と関連させて扱う。比較政治の観点。

現代政治の特質
国民世論の形成がマスメディアによって大きな影響を受けていることや、政党政治や選挙、国民の政治意識や政治行動の特徴などの具体的事例を取り上げる。

日本国憲法における政治機構の概観
・日本国憲法が、基本的人権の尊重、国民主権を基本原則とする点で国民国家の枠を超えた普遍性をもっていることに気付かせる。
・公正な裁判のためには司法権の独立が必要であることを理解させる。

政治の意義と機能
・個人あるいは集団の考え方や意見、利害の対立や衝突を調整したり解決したりすることにより、社会の秩序を維持し統合を図る機能があり、普遍的に存在するもの。
・政治には強制力があること、国家は一定の領土内において物理的な強制力を合法的に独占していることを理解させる。

法の意義と機能
・人間の行動を規律する社会規範の一つであり、国家による強制を伴う点で道徳や慣習など他の社会規範と異なる。
・個人あるいは集団の権利を擁護するとともに社会の秩序を維持する機能を有している。
・国民の代表者からなる議会が社会の統一的な意思決定として法を定めている。
・国民には法を遵守する義務がある。

基本的人権
・人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果として確立されてきた。
・人間が生まれながらにしてもつ権利として現代の普遍的価値となっている。
・自由・権利はその内容について不断に吟味しつつこれを保持していく必要がある。

現代政治の特質
・全世界で民主主義がほとんど唯一の正統な政治原理として承認されるようになった。
・価値観の多様化、利害対立の複雑化により政府による利害調整に対する国民の期待が増大。
・民主主義の下で政治参加が重視。
・行政国家(福祉国家)、官僚制
・大衆民主主義、マスメディアの役割、政治的無関心
・議会政治は、対話を通して相反する意見や利害を調整し、共存の可能性を見いだす。
・民主主義(多数決の原理)は、少数者の権利や意見の尊重が必要。

・憲法改正手続における国民投票や地方自治における直接請求権など、投票以外にも多様な政治参加の道があることを理解させる。

現代の国際政治
国際社会の変遷、人権、国家主権、領土などに関する国際法の意義、国際連合をはじめと
する国際機構の役割、我が国の安全保障と防衛及び国際貢献について理解させ、国際政治の特質や国際紛争の諸要因について把握させ、国際平和と人類の福祉に寄与する日本の役割について考察させる。

・文化や宗教の多様性

・軍縮や核兵器廃絶などに関する国際的な取組

現代の経済
現代の日本経済及び世界経済の動向について関心を高め、日本経済のグローバル化をはじめとする経済生活の変化、現代経済の仕組みや機能について理解させるとともに、その特質を把握させ、経済についての基本的な見方や考え方を身に付けさせる。

現代経済の仕組みと特質
経済活動の意義、国民経済における家計、企業、政府の役割、市場経済の機能と限界、物
価の動き、経済成長と景気変動、財政の仕組みと働き及び租税の意義と役割、金融の仕組みと働きについて理解させ、現代経済の特質について把握させ、経済活動の在り方と福祉の向上との関連を考察させる。
マクロ経済の観点を中心に扱うこと。「市場経済の機能と限界」については、公害防止と環境保全、消費者に関する問題も扱うこと。また、「金融の仕組みと働き」については、金融に関する環境の変化にも触れること。

経済活動の意義
・経済活動は分業と交換に基づき人間生活の維持・向上のために行われるもの。
・「何をどれだけ」、「どのような方法で」、「誰のために」生産すべきか。

国民経済と国際経済
貿易の意義、為替相場や国際収支の仕組み、国際協調の必要性や国際経済機関の役割について理解させ、グローバル化が進む国際経済の特質について把握させ、国際経済における日本の役割について考察させる。

現代社会の諸課題
政治や経済などに関する基本的な理解を踏まえ、持続可能な社会の形成が求められる現代社会の諸課題を探究する活動を通して、望ましい解決の在り方について考察を深めさせる。

現代日本の政治や経済の諸課題
・少子高齢社会と社会保障
・地域社会の変貌と住民生活
・雇用と労働を巡る問題
・産業構造の変化と中小企業
・農業と食料問題

国際社会の政治や経済の諸課題
・地球環境問題
・資源・エネルギー問題
・国際経済格差の是正と国際協力
・人種・民族問題と地域紛争
・国際社会における日本の立場と役割
Calendar
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト