ベイマックス

 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」

 ベイマックスもうだいじょうぶだよ。

 クリスマス如何お過ごしでしたか?3年前のクリスマスは漫画制作、おととしのクリスマスは『あなたが死んだら私は悲しい』が家に届き、去年のクリスマスは経済学の勉強。なんか近年ぱっとしてないので(いつもか)今年は仕事帰りに映画を観てきました。
 
 もう恒例だからネタバレじゃないよね?スタン・リーが出てくるシーンが一番面白かったw内容的にはマロさんおススメのアニメ映画『アイアンジャイアント』と『Mr.インクレディブル』を足したような感じ。特撮モノとか小さい頃ハマった人にはたまらないんだろうけど、私はまあまあだったな。『Mr.インクレディブル』も私ピクサー作品の中ではそこまでなんだよ(^_^;)
 なんでなんだろう。バイオレンス的だからかな。そう、ベイマックスって日本のCMは割と詐欺で冴えない少年と優しいロボットのほのぼのハートウォーミング映画ではない。普通のマーベル映画。
 そしてここ最近、私は普通のマーベル映画に食傷気味なんで、もう展開がほとんど予想できちゃってさ、予想できるくらいにマーベルのメソッドってしっかりしているとも言えるんだけど、もういい加減飽きちゃったよ、というか。前半過ぎたら、なんかもう、どうでもよくなっちゃって「ベイマックスもうだいじょうぶだよ」でした。
 で、なんで最近マーベル映画に乗れないんだろう?って思ったんだけど、ここんところ悪役に魅力が足りない気がする。超強い!っていうのはわかるんだけど、ただそれだけ。で、印象に残らない。キャプテンアメリカ2なんてテープになっちゃったゾラ博士は覚えているんだけど、キャップが結局どこの誰と戦っていたのはもう忘れた。ソー2もガーギャラも同じく。
 その点アベンジャーズはロキ様という濃い人がボスだったから、楽しかったんだけど。バトルものをやるなら絶対的に悪役って重要だと思うよ。

 ディズニーが手がけているから『シュガーラッシュ』くらいの面白さなのかなって思ったら『パシフィックリム』くらいだったっていう。私本当にロボットを見て奮い立つ気質じゃないんだと思う。そういう人と大きな隔たりがあるよ。
 パシリムで思い出したけれど、この映画って良くも悪くも日本のアニメや漫画のコンテキストを取り入れちゃっていて、ここら辺の評価は人によるだろうな。
 私は『アベンジャーズ』の時はキャラの立たせ方が日本っぽくてすごいなって思ったんだけど、だんだんハリウッドが日本のサブカルをリスペクトしすぎて日本のサブカル作品と変わらないもんを作ったらどうしようって思うようになってて、それは日本のサブカルがすごい好きで、アメリカとかがそれをマネするな!っていうわけじゃ全然なくて、むしろその逆。
 日本のしょうもないお決まりのコンテキストを変に取り入れすぎると、せっかくのアメリカ映画の格式が崩れちゃうよっていう心配(^_^;)私は日本よりもアメリカの作品の方が好きだから。 
 最近だと外国人が萌え風のイラストを描くようになってきてるじゃん。私は萌えが世界に認められたんだ!って喜ぶべきことじゃないと思うぜ。文化の多様性がならされちゃっているってことかもしれないから。オレたちが向こうのアメコミみたいな画風や内容ができるか?って言ったらそうでもないし。
 まあ、サンフランソーキョーがアキバとかじゃなくて上野や新橋っぽかったのは評価!アキバの電気街っぽいのは『カーズ2』のTOWKYOで一度やったしね。

 ということで等身大アイアンジャイアントって言っとけばだいたいOKな映画でした。ラストの展開も一緒だもんな。
 最後にクリスマスでラブラブしているカップルの写真を貼り付けとくよ。

unnamed.jpg
 ※撮影後スタッフが美味しく頂きました。
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト