デッドプール

 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」

 なんというか、アボカドと腐ったアボカドがヤったような顔だな。

 う~ん(^_^;)ポスターがけっこうキャッチーで期待値が上がりすぎてしまったようだ。もっとメチャクチャな内容かと思ってたので拍子抜け。普通じゃんか!っていう。
 これまでにないアメコミヒーロー映画という触れ込みだったけれど、わりとこれまでにあるアクション映画。
 つーか、どことなく『アントマン』とキャラや物語構成がかぶるんだよな(個人的にはアントマンの脚本の構成の方がずっとうまい)。ほいで、『マチェーテ』とか『キックアス』的な最近流行りのバイオレンスを加えたんだろうけれど。
 だから、新しかった部分って、せいぜい冒頭のキャストとスタッフ紹介かな。「出演:イギリス人の悪役」「ティーンエイジャー」「監督:ギャラが高いだけの役たたず」みたいな。
 たとえばさ、第4の壁を破壊できる能力とかいうけれど、これって古畑任三郎もできるし、日本のコンテンツではそんなに目新しいものでもないわけじゃん。
 さらに、このメタ的なギャグをやる以上はさ、もう全力でコメディ映画に振り切るしかないわけよ。
 だって『鏡の国のアリス』のアリスや、『ソフィーの世界』のソフィーよろしく、自分がコミックのキャラって認識しているなら、もうその世界の出来事は“劇”に過ぎないわけで、そしたら最後、どうやってもハラハラドキドキはないわけじゃん。ああ、結局みんな演技なんだねっていう。
 だから、これをやるなら、シリアス要素は全て捨てる、全編ギャグで行くんだ!という覚悟がないと、単にしらけるだけなわけです。
 それなのにこの映画は、中途半端にラブロマンスとかシリアスな葛藤とかを中盤の回想でダラダラとやっているから、どっちつかずというか、あちゃ~振り切れなかったなあっていう印象。

 他のXメンを出す予算がないんだろ。

 まだいたの?もう帰りなよ、眼帯つけたサミュエル・L・ジャクソンとか出てこないからさ。


 こういうネタ嫌いじゃないんだけどさw
 結局、こういうネタの扱い方って日本の方が慣れているよね。とんねるずのタカさんやノリさんが「ダーイシ」とか「湊部長」とか、視聴者には第4の壁で隠されていた番組制作陣の真似をしたりさ、漫画だったらガモウひろしさんや小栗かずまたさんといった同じ雑誌の連載陣をネタにした少年ジャンプの『幕張』とかさ。ちょっとオタクくさくなる上、かなり諸刃の刃だから私自身はこういうメタで毒のあるやつは漫画ではやらないんだけど。
 それに、実際、この前やってたアベンジャーズのアニメあったじゃん(ディスクウォーズ)。あれでたまたまデッドプールが出てくる回を見たんだけど、あっちのほうがずっとくだらなくて面白いんだよ。で、それを期待しちゃったっていうのもあるんだよな。
 つまりさ、デッドプールって、主演より脇役として扱ったほうが全然いいっていうね。『みどりのマキバオー』のベアナックルみたいなやつじゃん(笑)
 主演になりたいんだけど、メインキャラに「お前うざいよ、あっちいけよ」とか「お前が出てきちゃうと段取りがおかしくなっちゃうから困る」とか、邪険に扱われてこそ輝くキャラなんじゃないかって。
 それが、この映画だと逆にXメンサイドに「仲間になれ」って勧誘されているもんね。いったいコイツのどこがよくて勧誘してんだってことで、Xメンの銀色タンクトップおじさんの方がキャラが立っちゃってたもんなw
 だから、本編のデッドプールにそういったうざさがなかったってことが残念だったな(ちなみにポスターにはあった)。普通に悩める二枚目っていうかさ、そういうの違うだろっていう。

 というかさ、ちょっと意地悪な拷問をされたとは言え、末期ガンで死ぬしかなかった俺ちゃんの命を、あの悪役のドクターは助けたとも考えられるから、「オレの顔をこんなにしやがって」みたいな恨みがちょっと弱いんだよね。もっと不死の存在になったことによる恐ろしさや狂気を描いても説得力が増しただろうし、むしろ、もう一度彼女に会えたんだから感謝しろよっていうか。感謝した上でバキューンって殺しちゃっても面白いわけじゃん。
 とにかくもっと突き抜けて欲しかった。なんかキャラが消化不良だったよ。あ~あ、もったいないというか。宣伝負けだなというか。
 いやいや、確かに笑えるところもあったんだけどさ、思い返すと、それって大体デッドプールのギャグじゃなくて、同居人の婆さんとか、バーのマスターとか脇役が発したギャグなんだよね。でも、それってダメだろうっていう。
 不謹慎路線なら、『ブラックアダー』とか、ローワンアトキンソンのブラックコメディの方がずっとハラハラするもんな。もっとデッドプールはミスタービーンのように悪気がなく無関係の市民を殺しちゃっても良かったと思う。

 惚れればあばたもえくぼ。

 あばただらけだ。


 こんな弱音を吐いてないで、デッドプールよイギリスへ行け!子どもや老人、身体障害者をいじめてこそのクソ無責任ヒーローなのだ。
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト