ジュラシック・ワールド/ドミニオンの予告について

 なんか、予告動画がユーチューブにアップロードされてたけど。

 とりあえず、ギガノトサウルスは本当に出るっぽい。動画を見た感じだと、白亜紀にギガノトサウルスに敗れたティラノサウルスの血液からクローン再生されたのが、ジュラシック・パークのメスのティラノサウルスで、現代で同じくクローン再生されたギガノトサウルスと出会い、白亜紀の雪辱を晴らすという・・・
 製作者いわく、彼女(Tレックス)のストーリーも完結させる予定らしい。

 これの、何が面白いんだ?

 もはや、SFでも何でもねえし。マイクル・クライトンが絶対書かないであろう、空前絶後に頭の悪いシナリオ。
 ティラノサウルスとギガノトサウルスは時代や地域が全然違うから、時代考証的にそんな戦いは不可能とか、そういうマニアックなツッコミをしたいんじゃないんだよ。

 フツーにつまんねえんだよ。

 前作(これも駄作だった)で、人間社会に恐竜が逃げ出しちゃったから、ドゥーガル・ディクソン的なシミュレーションをやるんだと思ってたら・・・
 そもそもクライトン先生って、一部の読者には人間ドラマとかヘタとか言われてたけどさ。正直、SFにあざとい人間ドラマって要らなくないか。
 科学的知見に基づいた、斬新な視点や着想とか、思弁性とか、センスオブワンダーみたいなのが面白いジャンルであってさ。
 ティラノサウルスがギガノトサウルスに積年の恨みを晴らすとか、マジでどうでもいいから。

 そうか!そもそもジョン・ハモンドのジュラシック・パーク計画も、このティラノサウルスが現代でギガノトサウルスを打ち倒すための、壮大かつ運命的な伏線だったのか!感動した!!とか、なんねえから。
 
 は~、もう勘弁してほしいよな。レジェンダリー潰れてくれねえかな。

 ちなみに、今月はちょっと見たい映画もあるので、すっごい久々に映画館行く予定です。本当にコロナ騒動でめっきり映画館って行ってなかったからな。
 今までは娯楽の選択肢に確実にあったのに、いつの間にか消滅してたからな。
Calendar
<< October 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト