座頭市

「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」

 いくら目ん玉ひん剥いても見えねえものは見えねえんだけどなあ。

 ずっと見たいと思ってたんだけど、たけし映画でこの作品だけはツタヤでいつも借りられてて、結局今になっちゃった作品。

 つーか、軍団のガダルカナル・タカさんがここまで主要キャラだとは思わなかった(笑)テイストがメチャクチャ西部劇で面白かったです。
 ネタバレになるけど、樋浦さんが真の黒幕で、このパロディを『龍三と七人の子分たち』でやってたのか!と納得w(樋浦さんは仕込み刀のステッキのイチゾウ役。)

 たけしさんのリアルなケンカの哲学である、決着は割とあっけなく決まってしまう、が、時代劇の殺陣にも存分に表現されていて、すごい新鮮だった。
 ハリウッドのアクション映画みたいに、ダラダラ殴り合いもしないし、「これで終わりだ」「死ねえ!」とかダラダラおしゃべりもしないぞっていう。ここら辺も、西部劇の決闘っぽくてかっこよかった。
 二流の演出家は、浅野忠信さんとのバトルは尺を長くとっちゃう気がするもんな。

 カラコロッタでボロ負けした時、今後はインチキ賭場の殺陣を脳内再生したいと思います。DJペンタはみじん切りです、ありがとうございました。今年の秋の『首』も楽しみだぜ!
Calendar
<< April 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト