ダイ・ハード4.0

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」

 マクレーンが野沢那智じゃねえ!

 劇場版ではちゃんと野沢さんだったらしい。やられたっ・・・!テレビでタダで見ようとするとこういうことになるのね。
 あの情けない声で「ちくしょ~」「くそ~」「いてえ~」ってぼやくのが私の中ではダイ・ハードなんだけど・・・
 まあダイ・ハード自体私は『1』しか見てないし、その『1』も「ベトナム(戦争)を思い出すぜ~(笑)」ってやたらテンション高いおっさんの乗ったヘリがテロリストに撃ち落とされて、マクレーンの方にぶつかってくるシーンくらいしか覚えてないや。
 あとはひたすら「ちくしょ~」「くそ~」「いてえ~」ってぼやいているイメージ。しかしあのベトナムオヤジは面白かったなあ。

 で、『ダイ・ハード4.0』なんだけど、最近の映画ってなんでこんなに長いんだろう?いくら面白くても疲れちゃうんだよな。
 映画会社や映画館の方も、一つの作品の上映時間が短い方がお客の回転率上がっていいだろうになんでこんな長いんだ?(今はシネコンがあるからそこまで支障が無い?)
 それにハリウッドって作品ではなく商品として割り切って映画を作るから、無駄なシーンなんてバシバシカットしていくって言うのに・・・はっきりいって『2012』もこの映画も、きれるところはあったような・・・
 二時間半~三時間が映画の基本的な長さになったら嫌だなあ。私は90分が一番好き。アニメ映画サイズ。

 追記:調べてみたら『ダイ・ハード4.0』って上映時間は二時間だった。すっごい長く感じたのはドラマ性が少なくアクションがてんこもり過ぎたから?

 まあでもごろごろしながらテレビで見る分にはいいんだけどね。すっごい集中して見ているわけでもないし。
 特にトンネルのシーンとエレベーターシャフトのシーンは秀逸!よくまああんなアクションシーンのコンテをきれたものだ。ああいうスピーディなアクションはどうやっても漫画では表現しきれないから「すごいなあ」ってただびっくり。そして笑った。
 特に自動車でエレベーターに突っ込むって、何がしたかったんだマクレーン・・・

 ただ後半、自分の娘が敵にさらわれて助けるって言う展開が、もう相変わらずの王道パターンで既視感がすごかったけどね。でもああするしかないんだろうね。あれをアメリカの大衆は求めているんだろうね。よっ待ってました!って。

 それとマクレーンって、ダーティハリーのような敵を問答無用でバカスカ殺す血に飢えたデカって感じじゃなくて「くそ~」って言いながら、自分の身を守るためにしょうがなく武器を使う刑事なんだね。
 冒頭から「意外とこの人は直接的に敵を撃ち殺さないな」って思ってて「撃ち殺す場合は自分も殺されかけてる場合だけだな、それは正当防衛で仕方がないな」って思って見ていました。
 だからやってることはパトカーでヘリを叩き落としたりと、かなり超人的なんだけど、その哲学は意外とまともなのかなって思った。

 でも最後の最後で敵側のハッカー(丸腰)を問答無用で撃ち殺しちゃうんだよねマクレーン。
 あれは違和感があったなあ。あの眼鏡のハッカーもなんか見た感じ敵のボスに「オレの言う通りにしないと殺すぞ」と脅されてやっている感じがして、こいつはいつ「お前は用済みだ」って言われてボスに消されちゃうんだろうってドキドキしていたのに、まさかマクレーンがあっさりぶっ殺しちゃうなんて・・・
 あそこはダーティハリーとの違いを貫いて欲しかったな。銃で殴って気絶させるとかあるじゃん。他にもやり方が。

 あと敵のボス「ガブリエル」に魅力がなくて、恋人の女性格闘家に比べてかなり印象が薄かったのは痛かった。
 今回のボスってそんな腕っ節が強いタイプでもないし、仲間や部下を大切にするような悪のカリスマタイプ(例えば「核ミサイルを発射されたくなければ刑務所に服役している俺の仲間を釈放しろ!」とかいうボス)でもなかった。
 じゃあ頭脳戦が得意なキレモノタイプなのか?って言うとそれもいまひとつ。こいつって設定上ではFBIとかで名の知れた技術者らしいんだけど、こいつのエンジニアとしてのすごさも良く分からなかった。技術的なことみんなあの眼鏡の人や部下にやらせてたし・・・戦闘機の無線もあの眼鏡なしではままならないカッコ悪さ。

 そもそもシステムエンジニア時代の「アメリカのインフラを管理するコンピュータネットワークのセキュリティがぜい弱だよ」という自分の主張が国家に認められなかったという、かなり個人的な恨みで犯行を起こすって言うのもなんというか・・・まだ工事現場のおっさんを襲いながら世界征服をうたうショッカーの方がカッコいいっての。
 歴代大統領の演説をパッチワークして作った犯行声明のビデオもやたら趣味的で「もっとニクソン使いたかったな」ってこいつらは一体・・・

 ・・っていうか、なんでみんなあんなカリスマ性のなさそうな奴についていったんだ?それが一番の謎だよ!
 
 最後に面白いなあって思ったのが登場人物の配置。主人公と相棒はかっこ悪いハゲオヤジとSF映画オタクのハッカーなのに、敵側が美男美女のカップルって新しいなあって思った。
 もうそのキャラ配置の新しさだけに感心しちゃって「いいアイディア見つけた!」って大満足なのでした。これ後で私もパク・・・参考にしよう。主役がダサいおっさんで、敵が美男美女・・・メモメモ!
Calendar
<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト