クレームへのクレーム

 最近精神を病んで休職する学校の先生が多いらしい。教員評価制度が導入されたからとか言われているんだけど、これ教員に限ったことじゃなくて、生徒もサラリーマンもみんな精神的に厳しい世の中ってことだよね。なんでこんな自殺多いんだろうって思うから。

 確かにこの世って、ある種偽善で成り立っていて、自分とあまり関係ない人を無慈悲に切り捨てながらも、こずるく生きていかなきゃいけないところがあるから、本当に優しくて生真面目な人は理論上自殺する。生きるってことはそれだけで罪を背負っているし、その上で居直っていなきゃやってられない。
 植物や動物を品種改良して自分たちの食糧に作りかえ、みんなの地球をバシバシ汚して、間接的に他の国の人を見殺しにしているんだから、それでハーバード大学のマイケル・サンデルのように「正義だなんだ」っておこがましい。
 
 今の世の中って、そんなどうしようもないのが人間だって言う前提をふまえずに、他者に要求する人間の理想像がすっごい高くて、それで悩んでいる人が多いんだと思う。
 でもそういう風に人を厳しく批判している奴だって大抵ろくなやつじゃないんだから「じゃあお前は何様だよ」って思えばいんだけど、真面目な人は考えちゃうんだよね。

 これはクレーム全てを批判しているわけじゃないんだけど、要求する水準があまりに高いのは問題だと思う。
 プロは、素人の批判に対して「じゃあお前がやってみろ」って言い返しちゃ絶対ダメっていうのがある。でも心の中では大いに思っておいた方がいい。じゃないと精神的に潰れちゃう。
 学校の先生に対する保護者のメチャクチャなクレームも、内心「お前が自分の子どもを家でしつけねえからだろ」くらいに強かに突っ込みを入れといたほうがいいと思う。

 もっとラディカルに言えば個人に対する誹謗中傷や批判は、その人の向上にとって何の意味もないと思う。
 私は何年か前までは、漫画でもいちいち編集者をはじめ読み手の指摘をしっかり聞いて、それを作品にちゃんと取り入れていた。
 だから理論上は、読み手の――少なくともそれを指摘した人にとっては、満足がいく作品になるはずなのに、なぜかいまいちつまらない。指摘した人も「あれ~?おかしいなあ」って言っていたりする。
 つまり読み手の指摘って言うのはほとんどの場合あてにならないってこと。その指摘が的確ならば、その人自身が漫画家になって面白い漫画を作れるはずなんだ。
 だから私はいい感想しか真に受けないようにしています。モチベーション維持のためにもなるし。三谷幸喜さんも誹謗中傷が嫌だからネットは見ないらしいし。

 じゃあクレームは全部スルーなのかよ!ってなるけれど、有効なクレームはシステム批判だ。
 つい私たちは個人主義の悪影響で「責任者探し」をしてしまう。でもそこで叩かれる個人は一見責任者っぽいだけでただのスケープゴート(もしくはそのシステムの問題を象徴する事例)である場合が多い。だからそういった問題が起こるようなシステム全体を認識し批判しなければならない。
 最近の漫画がつまらなくなったって思うなら作者個人を叩いても仕方がない。編集部や出版体制、また読者の方にも何か構造的な問題があるのだろう。
 作家個人に何かメッセージを送りたい場合は、逆にめっちゃ応援して気分良くさせて「よ~しじゃあ、もっと面白いの描いてやるぞ!」って誘導しよう。そうしたほうが面白い漫画が読める確率は作者個人を叩いた場合よりも上がる。
 学校教育の質が下がったって言うのも、先生個人の指導能力の問題もあるけど、そういう未熟な先生をベテランの先生がちゃんと一人前に育ててサポートするような組織体制が無いのが問題なのだろう。
 
 民主主義において国民の批判意識はとても大事なことなんだけど、どうもそのベクトルが弱い方向に向かってしまう。本来は権力への監視なんだけど。
 人間って根性無しの臆病ものだから、強いものに面と向かって批判はできずに、自分が優位に立ったところで居丈高にそして過剰に批判する。
 ネットはそれを助長しているところがあるし、そういった弱い立場の人の不満を吸い上げれば民主主義はうまく機能する気もするけど、ネット上の私的なぼやきや悪口、不満を、公的な「批判」に昇華させ、さらに「建設的な代案」にするのは一体誰がやればいいんだろう??
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト