ガラパゴス諸島にカエルはいない

 カエルどころか哺乳類すらほとんどいないんですけど。

 『進化の存在証明』第9章は大陸移動説及び、マントルプルームテクトニクス(マントルの対流によってプレートが新陳代謝をしながら移動していくこと)です。
 日本は複数のプレートの上に乗っかった「地震大国」なので、地震のメカニズムも中学生の理科でしっかり習いますけど、この本の書き方から考えるに、アメリカだと日本に比べて地震とか少ないから(その代わりハリケーン)地学の常識を知っている人も日本に比べて相対的に少ないのかな?という気もします。
 つまり第9章は中学生の内容なんです。

 大陸移動がなぜ進化と関係があるのかというと、もちろんダーウィンが進化論の着想を得た「ガラパゴス諸島」との関連でしょう。
 ガラパゴス諸島は火山活動でできた島で、大陸から900キロも離れており、レンスキーのバクテリアの実験を思い出してくれればわかるように、生物を大陸から隔離して進化の実験をするにはもってこいの場所です。
 ある生物を大陸から隔離し、クローズドサークルに閉じ込めると、独自の進化がはじまり、いわゆる「固有種」が生まれると言う証拠を確認できる島はガラパゴス諸島の他にも、大陸移動によってアフリカから独立したキツネザルの島マダガスカル、ドードー鳥のいた島モーリシャス、そしてちょっと大きいですが、恐竜時代には大陸から独立したオーストラリアが挙げられます。
 ただし面白いのがガラパゴスとオーストラリアの違いです。オーストラリアが恐竜時代の大陸の哺乳類を、オーストラリア大陸独立の際にごっそり持っていって、その後、オーストラリアの哺乳類が独自の進化を遂げたのに対し、ガラパゴスはオーストラリアに比べてはるかに新しくできた島である上、ホットスポットによって海底から隆起した火山島で、大陸から独立したわけではありません。
 つまりオーストラリアには絶えず何かしらの動物がいたのですが、ガラパゴスは500万年前の火山活動で海上にひょっこり姿を現した時には、無人島どころか「無生物島」だったということになります。

 そうなると必然的に「じゃあ今ガラパゴスにいる連中はどうやって絶海の孤島まで来たのか?」という問いが生まれます。この問いの答えが「流木漂流説」で私は中学校の頃からこの説を爆笑しながらも(イグアナが流木に乗ってハラハラしながら海を漂っている姿を想像すると気の毒だけど、笑える)「なんかうさんくさいなあ」と思っていました。
 確かにイグアナは木の上で生活しており、乗っていた木がたまたま洪水などでへし折れ、そのまま海原へ運ばれ1000キロに及ぶ大航海を開始する可能性も否定できませんが、でも普通に考えて生きてあの島に漂着できる可能性は奇跡としかいいようがありません。
 しかしドーキンスが「お腹に赤ちゃんを身ごもったメスのイグアナ“たった一匹さえ”たどり着けば、ガラパゴスのイグアナの独自進化はOK!」と説明してくれて、私も納得しました。それならそこまで不思議でもないか、と。
 ドーキンスは「ガラパゴス諸島にはカエルがいないのは、浸透圧の関係で海水で直ちに死ぬ両生類にあの航海は不可能だったからに違いない」と説得力ある解説を続けてくれます。なるほどなあ~。

 そう考えるとガラパゴス諸島は、爬虫類と鳥類のパラダイスであるのも不思議じゃありませんね!
 砂漠にさえ生息する爬虫類は「乾燥に強く」、呑まず食わずで長い航海を生き延びられるのです。鳥類だって元は恐竜、爬虫類のように排便の際には極力水を捨てないように白い奴(尿酸)を排泄します(鳥はオシッコをしない)。
 よって爬虫類と鳥類は「長旅(=漂流)に非常に適した動物」であると言え、人間が入植する前のガラパゴス諸島には哺乳類は存在していなかったとすれば、全ての謎が解けます。
 だから現在ガラパゴスに生息する哺乳類、ネズミやヤギは人間が船で連れてきちゃったに違いありません。問題はガラパゴスアシカなんですけど、彼らは別に海を泳げば何とか来れなくも・・・ない?
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト