マダガスカル2

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆ ババア 計測不能」

 君に会えるのを支えに毎日頑張れた。

 シリーズ物のたどる宿命みたいなものなのかもしれないけど、たいていの場合1(第一作)が一番テーマ性がしっかりしていて、2、3と進むにつれ最初に明示したテーマがボケるという印象がある。
 もちろんそれが全てというわけではなく、例えば『トイ・ストーリー』の三部作だとそれぞれに異なるテーマを与え、どの作品も完成度の高いものとなっている。
 でも、やっぱりそれは稀な話で、普通はジュラシックパークシリーズになる。つまり劣化していくと。

 1というのはそう言う意味で続編が決定されていないから、とりあえず1だけでちゃんと完成させてしまおうと構成をするわけ。
 最近ではハナからシリーズ物の企画もあって、例えば『ハリーポッター』や『指輪物語』『アベンジャーズ』関連作品などがそうだけれど、普通は一回勝負。だから1って大抵、シリーズで最も完成度が高い。

 で、この1が完成度の高い作品であればあるほど2は辛い。2は辛い。
 みんな1の感動を期待しているけれど、もうそれは1で一回やっちゃっているわけだから、実は同じ感動なんてできるはずがない。同じことやったって「またか」になって驚かないわけ。
 さらに全く別物の映画を作るわけにもいかないから、結局中途半端なものになってしまいがち。

 じゃあどうすれば面白い続編って作れるんだろう?って考えた時、やっぱり方法は限られていて、①前作で描ききれなかったキャラクターの内面を深く掘り下げる方法か、②設定や舞台、状況を大きく変えて同じキャラクターを放り込んでみるか、くらいしかないと思う。
 主人公以下登場するキャラクターを全部取っ替えてもいいんだけど、それは広い意味で①になるかもしれない。つまり主体を変えるか客体を変えるかしかない。
 で面白いことに①をやるには②を変えるのが効果的なんだよね。結局客体によって主体は影響を受けるわけだから。

 この方法(住む世界が変わるとキャラも変わる)は『マダガスカル』は1作目からやってて、それが作品のテーマにもなっていたから当然の判断だったんだと思う。
 で2の冒頭で早速マダガスカルから脱出してしまう一行。

 もう『マダガスカル』じゃない。

 そして次なる舞台はアレックスたち本来のふるさとアフリカのサバンナ。マダガスカル以上に野生の王国といってもいい舞台設定だが、1で描かれた弱肉強食のシビアな部分は2では丸投げされ、この大陸では肉食獣も草食獣も仲良く自然保護区で暮らしているという設定。
 1のメインテーマであった部分をすっかりなかったことにして2を作っているあたり、やっぱり能天気なアニメだよw

 じゃあアフリカはなんの心配もない動物園並みの楽園なのかというと、今回は人間たちとの対立を持ってきた。自然保護区の外では密猟者がうろついていて出たら最後殺されてしまうというのだ。
 そんなライオン以下すべてのサバンナの動物が恐れる人間のエリアをまるで通り魔のようにジープを奪って移動するペンギンズ。
 しかしその被害者の中には前作でアレックスをノックアウトした、あの恐るべきおばあちゃんがいた・・・!

 おいで、子供達。あたしらニューヨーカーだろ?
 食べ物が欲しけりゃ美味いホットドッグ屋をあさってきた。寝床が欲しけりゃ高層ビルを建ててきた。水が欲しけりゃでかいダムを作ろう!
 あの街でやれるならやっていけるさ、どこだって!


 なんとこのおばあちゃん、元ガールスカウトでアフリカのサバンナに取り残されてもたくましく文明を作り、その結果アフリカの自然を大きく変えてしまう。
 このあたりすっごいコミカルだけどなかなか示唆的で、実際ケニアか何かの野生動物保護区では現地の人が農業のための用水路を建設したせいで、動物たちの方へ流れる水が枯渇し多くの動物が乾きに苦しんだという。いやこの問題はまだ現在進行形なのか。
 そう考えると人間の存在っていうのはなかなかの原罪なんだなあ、と思う。人間側から見ればおばあちゃんほど頼もしい人はいないんだけどね。

 さてアフリカで本来あるべき場所へ戻った4頭。しかしその現実は弱肉強食設定がなかったことにされたとは言え、なかなか厳しいものだった。
 歌と踊りが好きな平和主義のエンターティナー、アレックスは群れのリーダーになるために暴力的な決闘をする羽目になるし、自分が個性的で才能あふれるシマウマだと思っていたマーティは自分レベルのシマウマが何万頭もいることにショックを受ける。さらに病弱なキリンのメルマンは忍び寄る自身の死の恐怖に凹み、ええと、カバのグロリアだけはジャグジーで山寺宏一と楽しんでました。

 ここら辺のアレックスたちが立ち向かう新たな問題は、彼らの友情の再確認というテーマとなかなかマッチしていてとっても上手い。
 ただ1といい、せっかく設定や内容は素晴らしいんだから、もうちょい真面目にやればいいのに『マダガスカル』ってよくも悪くもちょけちゃうからあと一歩で感動作じゃないんだよな。そこが好きなんだけどさ!
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト