セデック・バレ

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」

 お前らに文明を与えてやったのに、反対に我らを野蛮にさせおって。

 腰が抜けた。映画でここまで衝撃を受けたのって『ジュラシック・パーク』以来!いや、『オーケストラ!』以来かな。いやいや『アイアンマン2』以来かも・・・(※思い返すと割りとある)まあいいや。とにかくとんでもない映画だった。
 もう映画冒頭から「出草・・・首狩りのこと」という不穏な解説が出てくるんですが、その期待は裏切りません。あんなに首なし死体が出てくる映画は他にないぜって。
 もう筆舌尽くしがたい、凄惨な映画なんだけど、その反動だかなんだが知らないけれど、画面がやたら美しい。下関条約あたりの台湾ってあんなイスラ・ヌブラル島みたいなところだったんだってびっくり。アバターだよ。台湾でアバターやるとこうなっちゃうんだよ。

 しかしこれって、「文明VS野蛮」って図式の映画ってことになっているけれど、見てると「おせっかいVSおせっかい」の戦いって感じがした。
 首を切るって、現代人の私たちにはえらい残虐な行為に見えるし、あんなギャングの抗争みたいに、部族(社という)どうしで始終殺しあっていたら、早々どっちかが全滅しちゃう気がするんだけど、ああいう風習がついこないだまで残っていたっていうのは、経済学的にどう言う合理性があったんだろうって非常に興味深い。ピーター・リーソンの次の本のタイトルが決まったよね。『首狩りの経済学』ですよ!
 ・・・って冗談は置いておいて、だから、台湾の人にとっては首狩りが日常で、日本人の横暴さに堪忍袋の緒が切れた台湾の人たちが、運動会で集まっていた日本人を民間人、女、子供問わず血祭りに上げるんだけど、その時に「君らも一緒に祖先の家に行こう」って言うんだよ。
 つまり彼らなりの親切心で首を狩っているわけ。これがもう胃をギュッとなった。この双方の哲学のとんでもない隔たり。

 もちろん自分だって首を切られて死にたくないし、仕事柄、教え子にリンチされてメッタ刺しに殺されたくないなあ(学級崩壊の最終形態だよね)とかは思ったんですが、それ以上に辛かったのは、自分たちも思い上がった親切心で、考え方の違う人に、こういうひどいことやってるんじゃないかっていう後ろめたさ。
 そういう意味で、やっぱり台湾にとって日本は加害者なんだよ。歴史っていうのはそう言う意味ですごいナイーブな問題なんだよなあ・・・結果論でしか言えないというか。
 幸いなのは、今の台湾の人が今の台湾を愛し、今の台湾の生活に幸せを感じていてくれているなら・・・ってところなんだろうなあ。親日的だしね。
 でも、もしこの教条性の違いによる衝突がなかったら・・・つまり化外の地――台湾を大きなお世話で侵略しなかったら、今なお彼らは首を狩って殺し合っていたのだろうか・・・なんか、すっごい複雑・・・
 ポストモダニストはそれぞれの伝統文化を相対化し、どれも尊重するというけれど(多元文化社会)、この首狩り文化を残すべきだったか、いろいろ考えたほうがいいよね。

 まあ、ここまでの哲学というか死生観の相違って、そうそうないし、結局この惨劇は日本が台湾をほっとけば良かったってなるのがね。共存なんて綺麗ごとで、秩序の維持には支配、被支配の関係が底板にならざるを得ないというか。
 本当は住み分ければいいんだろうけど、それでも同じ地球に住んでいる以上、そう言う人とどうやって争わずに共に生きていくかを、やっぱり考えないと、こういうリアルマチェーテが勃発するってことで。
 ただ、この映画でわかるように、支配する側がよほどの横暴、無礼をしないと、こういう破滅的なことは起こらないっていうのもわかる。あの吉村ってやつがバカなんだよ。なんか神経が細い体罰教師みたいなやつなんだけど。
 やっぱり、体罰はよくないよ。あまりに人権を踏みにじったら、ああいうとんでもない報復に合うっていうことなんだよね。体罰防止研修とかにこの映画見せたらいいんじゃないかなあ。

 最後に一言。セデック・バレっていうのは「真の人間」っていう意味で、敵の首を狩った男や、布を織る女は顔に一人前の証として刺青を入れられるんだ。
 んで、男性の刺青はファンタジーっぽくてかっこいいのだが、なんで女性のほうはだっふんだなんだろう・・・いや、あの文化を馬鹿にしているわけじゃないんですが、あの顔を見たらやっぱり志村さんが脳裏に浮かんでしまって・・・(^_^;)
Calendar
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト