パワポ職人への道

 いよいよゴールデンウィークですね。私も軟禁11連チャンなんですが、もう授業が放送大学スタイル確定なので、色々とコンテンツを急ピッチで作っているところです。
 つーか、放送大学って幕張に住んでいた時よく写ってたけどあんまり授業が面白かった試しがないから、あのクオリティなら勝てそうだなっていう(失礼)。
 要はおじいさん(多分高名な学者)が一方的にダラダラぼそぼそ喋っているだけで、インタラクティブ性がないっていうのが最大の問題な気がするんだけど、そこらへんは学校現場、特にレディネスに関わる小学校低学年なんかでは子どもがレスポンスを取れないのは死活問題なので、ズームやチームスといった会議アプリを使ってなんとか双方向でやっていこうと動いているっていう。
 
 で、自分なんかもそういう形で授業をやる流れっぽいんだけど、どうしても会議アプリだと先生が授業をしているウィンドウの大きさや、全画面表示しても解像度的に、板書がよく見えないのよ。
 板書&ノートスタイルを王道とする私にとって板書が見えないのは大問題で、じゃあ、もうひとりの先生をティームティーチング的に付けて(板書を見せるときはアップにしてもらうなど)カメラワークさせようといった人的な余裕もなさそうなので(ワンオペ)、とうとうあんなに馬鹿にしてた、授業じゃなくてプレゼンのツールだろと学習効果を評価していなかったパワポのスライドをひたすら作り続けるハメになっています。

 で、ゴールデンウィーク明けに作らなければならないスライドは、日本史、生物学、地学、経済学の4講義分で、こんなもん4人の高校教師がそれぞれ1~2年かけて教える量であるため、かなりの地獄。
 もちろん全て終わるわけもなく、ついに我が家のパソコンにもパワーポイントを導入(奥さんにもらった)、休日返上でパワポ職人になることを誓ったのであった。
 て、ことでパワポをいじってみて感じたことをまとめてみました。

①授業準備の時間が10倍になる
ひとつの授業で使うパワポを作るのに、一般的な授業の準備時間の10倍くらいかかる。もっと言えば、ひとつの単元で10時間以上かかった例もあり、放課後に明日の授業のパワポをちゃちゃっと用意しようなんて気軽な真似は決してできないことがわかった。授業がスタートする前に分かってほんとによかった。
何がかかるかって、まず効果的なスライドのレイアウトやアニメーション、素材集めが大変だし、で、わりと自由に作れるから、こうすればもっとわかりやすいなと、のめり込んじゃうときりがなかったりする。

②視聴覚効果が高い
パワポって基本的にはデジタル紙芝居と考えていいと思うんだけど、スライドの途中に動画が入れられるのは本当にいい。今年からは理科で実験が封じられてしまったんだけど(設備がない)、そこは動画でカバーできそうだな、と。
あと歴史なんかも、普通の授業だとサイズのでかい偉人の肖像画を黒板に貼り付けて、板書スペースが減ってしまうとか問題があるんだけど(それにああいう教材を教室まで運ぶのが結構大変)、これがパワポだと色々書き込んでごちゃごちゃするようならスライドを切り替えればいいから、あまり板書スペースといった制限を考えなくていいっていうのは強いね。
それと、ネタ的なことやりやすいよね。ビジュアルで笑わせやすいというか。すべると悲しいけど。やりたくなるよね。

※挑戦例
スライドの例①.jpg
スライドの例②.jpg
スライドの例③.jpg

③パワポを板書させればいい
パワポをプレゼンではなくデジタル板書と考えれば、みんながメモをとるまでスライドを変えるのを待ってあげればいいから、従来の形の授業もできるんだよね。
やっぱり、授業内容をノートに取るって時間はかかっちゃうかもしれないけど、効果的だと思うんだよ。漢字も覚えるし。
あと、私、そんなに字が上手じゃないから、情報の送信面でもパワポのフォントは助かる。先生が板書している時間、生徒が暇っていうこともなくなるしね。
さらに、これはパワポの特徴ではないんだけど、オンライン授業のいいところはさ、放送終了後にアーカイブ化されるじゃん。
だから、授業の進行がちょっと早くて、リアルタイムで置いてかれちゃった場合も、アーカイブのファイルで一時停止とか押しながら、自分のペースでもう一度復習できるんだよね。これはリアルタイムの対面式授業にはない大きな恩恵だと思う。

④一度作れば2周目が楽
これがあるから、正気を保って一日中、家に引きこもってパワポ職人しています。

 ・・・て、ことで、まとめると、あれれ?なんかいい点しかないぞ。短所といったらやっぱり授業準備に膨大な時間がかかるくらいか。
 でも、これ本末転倒だよな。つまり授業って時間をかければいいものが作れるってことだろ。なのに、学校の先生が授業準備や教材研究にかけられる時間ってほとんどないわけじゃん。
 本当に今回のコロナウィルスは教育のあり方をあらためてゼロベースで考えるいいきっかけを与えてくれたと思うよ(新年度の開始時期を変えるとか)。
 自分も含めて、忙しくて時間がないという言い訳で、保守的なことを繰り返し、新しい技術を拒絶し、授業のクオリティを向上させることを怠ったんじゃないかっていう反省はあるよな。まあ、これは現場だけの問題じゃないけど。まず財政面でやりたくてもやれないしな。新しい技術やれって言ってもハード面が支給されてねーし。オレ達歩兵には装備が黒板とチョークしか与えられなかったんだっていう。
 でも、今回の状況はさすがに、設備がないので何も手を打てませんでしたじゃ済まないわけじゃん。近年稀に見る、生徒指導も学級経営も部活動も行事準備もなく、先生が本業である授業の準備に専念できる千載一遇のチャンスなんだから、いろいろトライするしかないよ。

 て、ことで最後に進捗状況を。

日本史
明治~戦後史の近現代史は完成。

経済学
全6章未着手!(市場原理、金融政策、財政政策、景気変動、国際経済、日本経済)

生物学
全9章のうち5章分完成。残るは遺伝、発生、進化、生態学の4章。

地学
全5章未着手!(大気圏、気象学、岩石、地震、天文学)

 あれ・・・15章分もある・・・どう考えても15日以上かかる(※与えられたゴールデンウィークは11日)・・・考えてはいけない!

陽のあたる教室

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」

 高校時代のぼくは学校から逃げ出したかった。先生も同じ気持ちだったなんてね。

 コロナウィルスが良くも悪くも風邪でも絶対に休めない働き方に一石を投じている昨今、働くことの本質をすごい考えさせられる映画に出会いました。というか、これテレビで断片的に見た記憶があったんだけど、すっかり内容を忘れてた。
 教師モノの洋画ってことでマロさん一押しの『今を生きる』みたいな感じなのかなって思ってたら、どっちかというと内館牧子さんの『塀の中の中学校』に近かったという。というか、内館さん、この映画からキャラのインスピレーションを得たんじゃないかって感じ。
 つまり、若い頃から生徒第一で突っ走り、定年ギリギリで自信をなくす金八先生と対極的で、このホランド先生は作曲家という自分の夢の踏み台というか、当面生活していくための腰掛けのつもりでなんとなく教師やっちゃいましたパターンで、プライベートを犠牲にするのが当然な日本の教育界では大顰蹙を買いそうな人物なんだけど(で、定年ギリギリで教師に生きがいを見出す)、私も個人的には学校教育に全てを捧げますっていう人物しか採用されないんだったら、けっこう思想的にやばいことになりそうだし(だから多様性や柔軟性がいつまでたっても育成できない)、なんか「この先生やる気ないけど肩の力が抜けてて癒されるなあ」っていう先生の方が私は好きだったりする。教師ヅラしてこないというか。

 つーか結果的にそんなモーレツ社員や企業戦士しか働けなくなっているんだとしたら、その労働環境の方を早急に見直すべきだと思うしね。まあ、見直さないんだろうけど。コロナでもインターネット授業とかやれないだろうしな。インフラがないもん。それでよくプログラミング教育とかうそぶいてるよな。
 これはコロナウィルスで必死に働いている医療現場の人もそうで、ああいう人たちの労働環境を「自分で選んだ仕事なんだから辛くても耐えるのは当たり前」とか「弱音を吐くのはプロとして甘え」とか、あろうことか、院内感染している可能性があるから差別しようとか、本当にこういう聖職ハラスメントってマジで愚かっていうか、私はわりと性善説を信じている人間だから、そんなこと本気で発言するやつって絶対に全人口の1%もいないと思うんだけど、その1%未満のバカにも人権があるから、一応言い分を聞いちゃって、それでシステムに大きなダメージが出ちゃうっていうのは、現代社会の大きな問題だと思うよ。
 全世界の医療関係者にナイチンゲールやシュバイツァーを求めるのはあまりにも残酷だよ。

 なんか話がそれちゃったけど、とにかくホランド先生は教師という仕事や生徒の人生よりも、自分の夢の方が大事な人で、もっと言えば、家族よりも自分の夢が大切な、愛すべきドリームエゴイストなわけよ。
 ネットの記事とかだと、ホランド先生は妻が妊娠したことを喜びアパートから一軒家に引っ越すとか書いてあるけど、断言してもいい。違うから。
 (あ~あ、教師の仕事で多忙な上に、さらに子育てでオレの作曲時間が減っちまうよ・・・)みたいな心の声だだ漏れだったから。本当、自分もプライベート第一主義者だから分かるよ。大人になりきれてないんだよね。文化人崩れなんて得てしてそういうもんだけどな。
 だから、すごい感情移入できるわけ。幸い、今の自分は割とプライベートも仕事も満足してて、なんか人生をRPGに例えるとレベル99になっちゃって、なんか目標がなくて、ここが人生のピークであとは落ちるだけだなって憂鬱になってたりするくらいなんだけど、やっぱり今でも漫画とか描いているからね。周りにももう一度プロ目指したらどうですか、とか言われるし。今はけっこう時間があるしね。
 
 でも、この映画ってそこで終わっていなくてさ。あれなのよ。『フォレスト・ガンプ』でもあるのよ。なんか生徒一人ひとりの交流あっさりだな、あのクラリネットが吹けない地味子のくだりとか超駆け足だなって思ってたら、作中カバーする時間軸が長いのよ。半生記だったのよ。
 で、葛藤しながら、自分の夢と折り合い付けようとするのよ。自分がやりたいこと、夢を叶えることだけが人生の目的なのかっていう。
 その葛藤ボルテージが最高潮になるシーンが、あの淀川長治さんも怖かったというバス停のシーンなわけ。あれはすごいシーンですよ。ホランド先生の年齢的にも夢を叶える人生最後、かつ最大のチャンスなわけだからね。
 あのシーンが怖いのは、あのシーンに至るまでにおいても、ホランド先生はそこまで教職に人生を懸けました!オレが本当にやりたいことは音楽教師でした!作曲の夢キッパリ諦めます!っていう感じでもないからだろう。惰性でなんとなく続けているけど、まあまあやりがいもありますっていうふうにも見える描き方をしているからだよね。あそこ下手な人だと、もっと「作曲家<教師」ってやっちゃった上でバス停やるもんな。
 
 で、惰性でたった一度の人生をなんとなく教師にかけてしまったホランド先生に、『ジュラシックパークⅢ』の教頭が、「もう学校教育は読み書きそろばんだけでいいわ。芸術教育いらないわ」っていう某総理的な発言をして、皮肉にもそこで嫌々やっていたはずの教師の日々が自分にとってどんなにかけがえのないものだったか気づくという。
 本当に、最後までホランド先生はプロ教師なんかじゃないんだけど、それが逆に胸を打つっていう。歴史に名を残す作曲家にもなれなかったし、言ってみればごく平凡な人生なんだけど、歴史に名を残せなかった人達はみんな不幸なのかっていうとそんなことないよっていう暖かい話だからこそ、見ている人の救いになるんだと思う。
 「教師は学生に知識を与えるだけではなく、その知識をどう用いるか、そのコンパスにならなければならないの。」と作中で校長先生がホランド先生をたしなめる。

 そのコンパスは別に偉人でも、グレートティーチャーでなくてもいいってことなんだ。

がんばれゲーセン

 とうとう全国に戒厳令が出てしまい、レジスタンス的に細々と営業していた地元のゲーセンも営業停止!
 私も2週間ほどゲーセンラマダンをしていたんだけど、最終日ってことで最後の感謝&応援ってことで、少額だけどフォーチュントリニティ3に課金してきました。
 3密が危険とか言うけど、もうゲーセン、貸切状態だから(深夜に行きました)。歴戦の猛者が7人くらいいただけだから。客よりスタッフの方が多いからね。
 で、ゲーセンって絶対に電気代も食うだろうし、客もいないのに店を開けるのは損失だけでしかないじゃん。
 主な利益ってクレーンゲームくらいだろうし。それをやるような若いカップルやファミリーがいないからね。で、歴戦の猛者もバンクのメダル使って金落とさないし。
 て、ことで、本当にこの国難をしのいで欲しいってことで、フォーチュンファンディング!※最終日前日(4000円)と最終日(1000円)に計5000円を課金。私の経済力ではこれで限界突破ボーナス(涙)。

最終日前日
土用の丑の日並みにグラウンドジャックポットチャンスデーでした(内ジャックポット2回)。
EVun1bfU8AE0Gxw.jpg
珍しくコンスタントに限界突破ボーナスがついた。

グレートクリスタルハンター.jpg
内部がよく、ジャックポットが出る前でもけっこう増えた。

EVzp5nUUMAAEf8N.jpg
EVuoLR8U8AEbwE2.jpg
貯まる陣地ボーナス(無期限)と、客がいなさすぎて開催されないミリオンジャックポット。

最終日
課金するといきなりオーシャンジャックポットチャンス。2倍の200枚で400WIN。つーかボールがほどよく汚れてきて抽選が粘るようになった(たのしい)。
EV0J23iUEAAXamj.jpg

その後、ステーションチャレンジでやっぱりオーシャンジャックポットチャンス。
EVzqBEkUYAA6QYB.jpg

またまた、ステーションチャレンジでオーシャンジャックポットチャンス。まっさらの状態でスナイパー。
EVzp__AVcAEM0Jo.jpg

またまたまた、ステーションチャレンジでオーシャンジャックポットチャンス。まっさらの状態でスナイパー。まさかの連チャン。しかもまた4倍(400枚でした)。ここら辺で、今夜の設定の異常を感じた。

またまたまたまた、ステーションチャレンジでオーシャンジャックポットチャンス。まっさらの状態でスナイパー。そして4倍。私はもちろん動画撮影を試みた。
営業停止ジャックポット.jpg

20200417_215014.jpg
EVzprVRUEAAIK6J (1).jpg

まさかの営業停止ジャックポット。

エンディング.jpg
最後の夜がエンディングって熱い・・・!ありがとうフォーチュントリニティ3!そしてゲーセンの配慮・・・!

エンディング②.jpg
ここ、ちょっと感動的で好き。そして見切れているハニワ。

そして筐体の全てのメダルが枯渇し・・・そのままセンター払い出し機が閉まった。

まだメダルあるのに閉まっちゃう.jpg
(え・・・残り2000枚・・・)

20200417_220502.jpg
フィールド払い出しになっちゃった。

そこで思ったのだ。最終日だから筐体のメダルを空にする設定にしたのか、と。配慮というか、運営上の設定だったんだな、と。結果的に接待みたくなってたけど。

EV0J1brVcAI_Vdm.jpg
その後は、センター払い出し機が使えなくなり(!)、内部の設定が異常に良くなり(サイドランプ青でも確変突入連発)、要は入れた分をしっかり返し、内部にメダルを溜め込まないようになっていました。

で、そのあと、内部のメダルを空にする必要がないパティシエッタやシャドウプリンセスに600枚ほどしっかり飲まれて・・・閉店!(最終的に75000枚になりました)

ありがとうゲーセン!お互い生きていたらまた会おう!
EV0I1JrU0AEuvHk.jpg
EV0JURFVcAEJCZj.jpg

全人類軟禁生活

 の様相を呈してきましたね。お元気ですか。

 何年か前に配信か何かで、ニートや引きこもりって社会から白い目で見られるけど、じゃあずっと働かずにやってみていいよっていう状況になったら、絶対辛いっていう話をしたと思うんだけど、それを痛感している人って多いんじゃないかなあ。
 あれは、もう一種の特性というか、才能みたいなもんで、こんな罰ゲームみたいな境遇を自らやりたい人なんていないんだからってことで、今後は同情や共感もされるんじゃないかなあ。
 で、私もわりと引きこもれる口なんだけど、やっぱりずっと家の中にいると、さすがに寝すぎの頭痛的なものが出てきて、感染は免れるかもわからないけど、けっこう別の要因で不健康になる気がするよな。あと、このだるさはニート生活によるものなのか、それとも感染したのか・・・けっこうややこしい気がする。

 あと、マスクね。あんなもん予防に対して効果がないって話なんだけど、感染予防してますという意識高い系のアピールアイテムとして消費されてて、未だ品薄という。
 しかもさ、軟禁生活と似たような話なんだけど、マスクして行動するとけっこう呼吸が苦しくて、心肺機能に負担がかかるよな。やっぱり、むしろだるくなるという。
 
 最後にもう一つ。日本はほかの先進国と逆行してて、国民に経済的な支援する前に経済活動の自粛を要請するという、国民一人ひとりの人生をあえてメチャクチャにするような企画を出しているけど、こういう時こそベーシックインカムをイチかバチか導入してみる千載一遇のチャンスだと思うんだけど、どうなんだろう。
 このタイミング逃したら、人類史的にも、もう当分は試す機会ないぞって気がするんだけどなあ。
 マスク×2プレゼントとか、オールスカイルーレットでオーブ×2と変わらないというか。もっといいアイディア出なかったのかよって思いが止まらないよな。
 よく、不特定多数の人が触ることが危険って言うのなら、なんか触ったことで逆に消毒ができる、アルコールがにじみ出る手袋とかって作れないのかね。それなら、ちょっと支給して欲しいんだけど。

追記
 つーか、奥さんが言ってたんだけど、450億円であの防御面積に不備がありそうなマスクを配るより、その予算で国営のマスク工場作れそうだよな。富岡製糸場的なやつ。
 あと、オンライン授業がいよいよ現実味を帯びてきて、マイクロソフトが全国の学校に対して手引きとか公開してるけど、こういう非常時は携帯キャリアーも配慮して通信制限を期間限定でとっぱらってくれないと、学習環境に格差が出ちゃうよな。
 学校の授業が全部ユーチューブみたいになるっていうのは、ちょっと面白いとは思うんだよ。私もかつて、ユーストリームとかやってたからね。教師よ、ユーチューバーであれ!

メダルゲーム史上最大の敗北そしてゲーセンラマダン決行

 コロナウィルスで世間が震撼する中、なぜか強行されたオーシャンジャックポットのイベントだったが、4倍は出ずとも、まあまあメダルは増えて・・・

EUwuHNLUwAEWYiZ.jpg
EUwuGJPUMAAXY6I.jpg
EU6okFiUwAEWu6D.jpg

 バンクのメダルは85000枚にまで増加。調子に乗った私は、とうとうあの悪魔のマシンに手を出してしまったのである・・・

EUwtWu7UEAIexaO.jpg

 フィーチャープレミアム!!

 完全内部のどう考えてもヤバイ、ベット系スロットゲームだが、ミリオンジャックポットが多発するので出来心で回してしまったら・・・

EUwt-oOU4AA0fsS.jpg

 開始10分で4000枚増加。なんじゃそりゃ~~!!この、プッシャーゲームを長時間やるのがバカバカしくなる大当たりは!!
 いやいや、冷静に考えればこの逆もありうるわけで、勝ち逃げしようと思い、その日は撤退。

 だが、翌日(昨夜のことです)、気でも狂ったのか、今後はコロナウィルスでメダルゲームなんてやってられなくなる未来も考えられるな。もう、イベントも終わっちゃうことだし、メダルバンク使えるだけ使い切ってみるかと、ユーチューバーでも早々やらない100枚ベットでタワー・ド・パティシエッタをぶん回すという愚行を繰り返し、89000枚が69000枚にまで大激減!
 60000枚代なんて半年くらい見てないので、さすがに腰が抜けた。マジで、こいつ全部飲み込むぞ、と。

 つーか、ハイベットにした途端、内部が回収期に入るのやめてほしいよなあ。あと、今になって冷静に考えると、回収期の判断ポイントってあって、まあ、最初はオートで回しちゃったから気づかなかったってあるんだけど、ダブルアップチャンスでディーラーに負け続けると、回収期だよな(通常はわりと勝てる)。でも、ハイベットでこんなゲーム二度とやらねえと、ギャンブルの恐ろしさを知りました。

 それは、血を吐きながら続ける地獄のぷよぷよですよ!(しかも操作不能)

EU168x7U8AMqnBs.jpg
※その「あと3段」が絶対崩れないタワー。

 つーか、今後はゲームセンター自体も控えたほうがいいな。緊急事態宣言出ちゃったし。過去の事例を振り返れば、ライブハウスやスポーツジムでクラスター感染したわけだろ。ならパチンコやゲーセンって絶対パンデミック不可避というか・・・ちょっと考察してみよう。

リスク①換気が悪い
つーかゲーセンってなぜか薄暗いよな。窓がでかくて外光をふんだんに取り入れた店舗ってあまり聞かない。

リスク②人が密集している
特にパチンコやスロットはとなりのお客と近い。フォーチュントリニティはどうなんだろ。向かいのプレーヤーとは中央抽選器をはさんでいるから飛沫はブロックされそうだけど。

リスク③お年寄りが多い
だから、自分以上に高齢者のプレーヤーが命知らずというか。さすが戦争を知っている世代は違うなっていうか。

リスク④客が長時間いる
やめられないんすよ。

リスク⑤メダルをみんなが触る
これがどう考えても最大のリスクだよな。まず、コロナどうこうの前に、ずっとやってると指が黒くなるくらいメダルって汚い。一体何の汚れが指に付着してるのか謎だけど。オレたちのアカなのかなとか。想像もしたくないけど。
で、このメダルにウィルスが付着したら、これを不特定多数のプレーヤー(とスタッフ)が触っちゃうわけだから、スポーツジムと同じ末路になるよなあ、と。
じゃあ、メダルを直接触らないフィーチャープレミアムや、内部循環系のマーブルフィーバーやシャドウプリンセスやってればいいのかっていうと、やっぱりリスク①~④はあるからなあ。

 しかし、コロナウィルスって終息する気配が未だになさそうなのが憂鬱になるよね(個人的には2009年の新型インフルエンザみたいにレギュラーメニューになるような気がする)。
 感染者がインフルエンザみたいにダウンせず、無症状で動きまわれちゃうってのが本当に悪質だよ。初代SARSや4年前のアフリカのエボラ出血熱なんかは、対岸の火事でまったく興味関心無かったもんな。あれだって多くの犠牲者が出たのにね。
 まあ、グローバル化に一石を投じるウィルスだよな。だから、グローバル化を見直そうとかいう安易なコメンテーターもいそうだけど、そうじゃなくて逆にグローバルなレベルで、こういう時に各国が足並み揃えてどう対応するかのガイドラインを作ったほうがいいと思うよ。
 やべえなって思ったら即座に出入国規制できるようにするとか。WHOなんかは絶対に今回の事態をデータベース化して教訓にしてくれるだろうし、中国の研究者もゲノム解析とかワクチン研究をすごいやってくれているらしいしね。
 WHOの対応が遅かったんだよ、とか、中国人コウモリ食ってんじゃねえよ(コウモリが原因かも未だに確定してないしな。センザンコウ説がにわかに出てきたし。まあ、中国人ってセンザンコウも食ってそうだけどな)、とか今さら批判してもどうにもならないわけで。まあ、家にいて暇だからネットで発信しちゃうんだろうけど。もう、応援するしかないよ。
 まあ、幸い私は家に引きこもってできる趣味が多いので、今後はメダルバンクの更新にだけ行くようにします(つーか、ゲーセンもメダルの有効期限無期限延長にしてくれよ)。

 追記:フォーチュントリニティ3はMY陣地ボーナスを無期限延長にするそうです。9番ステーションに崩されちゃったけどな!
Calendar
<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277