黒執事問題について

 そんな問題があったなんて初めて知ったけど、つまりは『黒執事』っていう漫画(なんかボーイズラブっぽいすごい狭い世界観のお話)の作者に対して「私は原稿を違法ダウンロードしてただで読んだのですが楽しかったです」って感想を直接送りつけてくるファンの人がいて、その作家がそんなファンを「それは泥棒だ」とか「それを作るにはお金がかかるんだから買ってくれ。私たちに死ねって言うのか」とかかなりきつく批判したようです。

 しかし岡田斗司夫さんが「ひとり夜話」で言っていたけど、この作者もプロになる前は少なからずユーチューブなどでタダ見していたと思う。ただ岡田さん曰く、少し前までは、無料で動画を見ることのちょっとした罪悪感があった。でも今のファンはそれすらない。モラルが低下している!と作者は考えているらしい。

 岡田さんはこの問題の本質は、ネット社会に上手く適応しきれずに未だ前時代的な流通システム(印刷、出版、小売=書店)にしがみつく出版社がそもそもダメなのだとして、ネット社会、メディア共有社会へのいらだちをこの『黒執事』の作者に代弁させているとしたら、それは悲しいことだと言っています。

 確かに漫画家がそれを読んでくれるファンを批判するなんて今まで聞いたことが無い。違法ダウンロードは、書店で万引きと本質的には=のような気もするけど、ネットの世界ではいろいろグレーゾーンがあるし、例えばその著作権がグレーなところで素人がその作品を宣伝するのに一役買っていたりするから(コミックマーケットの二次創作のように)メーカーによっては黙認したりするし、対応が統一されていない。
 ただこのグレーゾーンを完全にレッドゾーンにするのか?と言えば誰もそんな事しないだろうし、もはやできない。それは作り手や送り手ですら、別の分野では受け手なわけで、グレーゾーンの恩恵を受けていると思う。
 それともプロになったら、ばっさりと著作権の鬼と化し、ユーチューブで曲なんて聞かなくなるのかな?それなら漫画の後ろに、この漫画を描くにあたって影響を受けた参考文献欄とか載せるべきだと思うが。

 私は漫画家の経済的なゆとりのなさって出版社がもうすこし何とかしてやるべきだと思う。例えば専属契約結ばせたら、漫画家の家計を苦しめるアシスタント費とかを出版社側が負担したり、資料の収集は編集者がやるべきとか。高級なお店で接待する経費が落ちるなら、アシスタント費くらい出してやればいいのに。
 今の漫画は絵のクオリティのアベレージがとんでもなく高いし、どう考えてもアシスタントなしでは一週間で19枚なんて描けないんだから、そんな莫大な仕事を強いるならば、出版社が作家の面倒を見るのも必要なんだけど、そんな文句を仮に作家が言ったら「あ、そう。まあお前の変わりなんていくらでもいるよ」とか言われて出版社に切られてしまう恐怖がある。だから、そういった出版形式に対する文句を漫画家はなかなか言えないんだと思う。
 んで、その怒りを違法ダウンロードをするファンにスライドさせているのだとしたら本当に悲しい。結局作家の才能を安く買いたたいているのは、出版社である可能性だってあるのに。

 宮本拓海さんという動物イラストレーターの人がブログで「恐竜図鑑のイラストの質が低いのは、イラストレーター本人の腕のせいもあるけど、その復元図を書くのに必要な資料を編集者が集めてこないからだ」と言っていました。
 そういえばドラマ化もした野球漫画は甲子園のベンチの裏の描写を描くのに、アシスタントにカメラを持たせて甲子園に取材に行ってもらったとか聞きましたが、それは編集者がやるべき仕事なんじゃないのだろうか?
 でも編集者は編集者ですっごい仕事がきついのも知っていて、三日も会社に泊まり込んで働く編集者の人の愚痴を聞いてたら、オレなんかの打ち合わせのために時間取らせるのが悪く思えてきちゃって、出版社にいきづらくなっちゃったりした・・・

 とにかくこの問題は出版社が変わらなければどうにもならないと思う。どう変わるべきかのヒントを岡田斗司夫さんは示してくれたけど、まず作品をネット上に挙げて、その反響が大きかったものを書籍化、アニメ化すればいいというもの。
 そうすれば出版社も、人気が出るかどうか分からない新人の漫画をリスクを冒して莫大な費用がかかる雑誌に連載させることもなくなるし、ネットでの流通はほとんどタダみたいなものだから、そこで浮いたお金でアシスタント費を出してやるとかいろいろできると思う。
 そもそもかさばるし、ゴミになるあの厚い漫画雑誌は、どんどんなくなって、雑誌に当たるものは電子配信に置き換わり、人気のあるものは雑誌にならずにいきなり単行本化だと思う。
 
 また人気のある漫画は電子データならば岡田さんの言うようにプロテクトがかけれるだろうし、本というマテリアルになったらスキャンされてネットで出回っちゃうんだから、映画と一緒で電子配信(映画館)の後に、単行本(DVD、ブルーレイ)で本当のファンに買わせればいい。
 そしてそのファンの数が多ければ、そのメディアはネット上で出回るだろうけど、単行本になるまでに結構たくさん稼いでいると思うし、逆にマニアックでコアな作品はあこぎな値段で売れると思う。
 これは本当にひどい話だけど、専門家しか買わないような本って価格が5000円~10000円だったりして、すごいびっくりするんだよな・・・

 結論:そのうち漫画は雑誌を飛び越して、ネット配信から直接単行本になると思う。

ゲームバイキング方式について

 今日はデータ保存用DVDを電機屋に買いに行きがてら、めずらしく自転車で近所をぶらぶら。『イッツアドリームワールド』の原稿をコンビニで縮小コピーしたり、ゲームセンターで「ロストワールド ジュラシックパーク」をやったりしました。

 うちの近所のゲームセンターはなにを考えたのか、「一時間500円でフロアのゲームやり放題」のゲームバイキング方式とかになっちゃって、descf氏は不満みたかったようですけど、この方式ってやりたいゲームが空いていたらけっこうお得。
 逆に混んでいて自分がやりたいゲームができなかったら地獄。そのゲームが開くのを待っているだけで時間が終わっちゃう可能性が・・・
 とりあえず一人で一時間コースで遊んでいたんですけど、「ロストワールド」は全クリできたし「ギターフリークス」もやりたい放題で、500円で1500円分はやったと思う。空いていればけっこうお得だということが判明。

 しかし「ロストワールド」は下手になったなあ。相変わらずデイノスクスで食らっちゃうし、ディロフォサウルスにも一発食らって、挙句の果てにパキケファロサウルスに二回ダメージ受ける始末。トリケラトプス救出イベントと、マメンチサウルスのウンチを止めるイベントはサクセスしたのが救い。
 まあ時間内でコンティニューし放題だから、お金は気にしなくていいんだけど、スコア的にはコンティニューするたびにボーナスポイントが半分にされていくのでかなりきつい。

 そういえば「ロストワールド」を親子連れがプレイしていて、それが終わるまで待っている間「ギターフリークス」やってたんですけど、「ほしふり」とかそんな名前の曲がけっこう良くて、プレイしてみたんですけど、ギターの音がうるさすぎてボーカルがほとんど聞こえない・・・
 バナーを選ぶときに流れるサビはいい感じなんですけどね。

 とにかく結構気分転換できました(今日の記事は日記ぽいぞ)。最後に映画『紀元前一万年』のDVDが450円で売ってたんですけど、すっごい悩んだ挙句買いませんでした・・・買った方が良かったかな??

オレ基準論争

 ハーバート・リードが言うように、人間は対象をカメラのようにそのまま映す存在ではない。その対象が漫画でも映画でもなんでもいいけれど、少なからず人はその作品に自己を投影してしまう。

 その作品が「面白い」と感じた人は、その作品のいいところを積極的に見つけようとしてくれるし、難点があっても「そこは気にならなかった」とか「逆にそれがいい」とか言って温情してくれるけど、その作品が「つまらない」と感じた人は、だんだんその作品のネガティブなところばかり気になっちゃって、結果的に「あらさがし」をやっていたりする。

 私の大学の先生は美術鑑賞が専門だったけど、鑑賞というのは受動的で一方的なものでなく、実際はもっと能動的でクリエイティブな活動だったりする。
 その作品が超好きな人が、勝手に作品を深読みして作者の意図せざるメッセージやテーマ性を見出してしまうことはけっこうよくある。
 絵画論の世界なんかそんな気がするもの。作家はとうの昔に死んでいるんだから、どんな意図でその作品が描かれていたかなんてわかるわけないだろ。

 そもそも人間には、どんな人にも多かれ少なかれ創造力があるし、じゃないと社会の中でコミュニケーションなんて取れない。
 人間が何気なく行なう「会話」って、生物学的にはかなり高度な行為で、無意識的に相手の反応を想像しているからスムーズにできるけど、自閉症の人とかはそれが苦手だったりする。
 
 ちょっと話がそれちゃったけど、つまり同じものを見ているはずなのに、人によって感想や意見が違うのはそのためで、ここで興味深い点は、その作品に対しての結論が「面白かった。好き」でも、「つまらなかった。きらい」でも、それは作品そのものを論じているのではなく、オレ基準の作品像を作り上げ、それを語っているということ。

 そう考えれば、映画の感想のコメントで意見が衝突しあうのも頷けるし、自分が作ったわけでもない人の作品をファンがあそこまで弁護するのは、もはや“その作品自体”を弁護しているのではないんですよね。
 ファンが弁護しているものは、その作品を見て自分が形成した”オレ基準の作品像”、もっといえば”自分自身”を弁護しているわけであって、それを否定されれば嫌な気分になるのは当たり前。まるでその映画を自分が作ったがごとく、愛着を持ってしまうんだから。

 そもそも感想や評論を人に伝えるということは、それはそれでひとつの「表現」であり、「作品」。だから漫画の同人誌などでよくある二次創作なんかに近いのかもしれない。
 映画鑑賞でもなんでもいいけど、ホビーな世界、ディープなオタクの世界の特徴ってそこかもしれない。その対象が好きすぎると、マニアはオレ基準のイメージを形成し、それにしがみついてしまう。

 私は、そのような「オレ基準」を批判しているわけではなくて、それを前提として理解すれば、脊髄反射的反論や感情論にもならないと思うんだけど、やっぱり難しいか。

 人間が対象に自己を見出してしまう性質は先天的なものかもしれない・・・

水戸黄門  第4部 第10話 あの紅が憎い 天童

 うおおおおおおおおお!!水戸黄門の最高傑作!!DVDに録画すればよかった!

 水戸黄門第4部って、ラストシーンで殺陣をやってその後「しずまれ~い!」って格さんが印籠出して「はは~」っていう王道パターンがまだ確立されてなくて、いろいろなパターンを実験的に試みているのですが、その中でもこの回は異色中の異色!
 なにしろ開始15分で天童藩(現在の山形県)の殿様に会って、黄門自ら印籠をポンと投げて正体を明かしてしまうのだ!

 あらすじはこんな感じ。紅花で有名な天童藩は、現在深刻な財政危機に陥っていて、その借金16万両を近江の商人に肩代わりしてもらっており、藩主以下みんながこの中川家礼二さん似のあきんどに頭が上がらない。
 このあきんどは番頭にやくざ者を置いていて、ヤクザは不作で質の悪い紅花を百姓から買い叩き、借金のカタに娘もさらっていってしまう。
 百姓の娘「お菊」の恋人である村の青年は、百姓たちを集めてレジスタンスを組織しようとするのだが、なにしろ藩主も商人の言いなりなので百姓たちも泣き寝入り状態。

 我らが黄門は、商人に買われた娘たち、また天童藩の財政を救う為立ち上がろうとするが、なんとうっかり八兵衛をはじめ、助さん格さんですら今回ばかりはどうにもならないと黄門に協力しない!なにしろ藩の借金は16万両!
 とりあえず黄門は、唯一の協力者である風車の弥七にヤクザに捕まった背年を救出させるが、そこで弥七は近江の商人に「借りた金は返すのが当たり前」「商人が儲けるのは当たり前やないか」「今世の中でえばっているのは殿さまでも2本差しでもない。銭や」と論じられ言葉が返せない・・・
 黄門の下に戻った弥七は「あいつだって間違ったこと言ってるわけじゃねえんだ」「あっしはね、少なくとも日野屋の方が筋が通っていると思いますがね」と報告。えええ!?では本当の敵は?と言うところで黄門一行はヤクザでも商人でもない謎の勢力に銃撃される。

 普通だったらこの商人を懲らしめて終わると思うけど、今回ばかりは本当に黒幕が最後まで読めず事件が入り組んでいて、ちょっとしたミステリードラマなのだ!
 責任をとって藩を幕府に返上しようとする殿様。黄門は一体天童藩をどのように救済するのか!?最後の最後まで目が離せない名作!絶対のお勧めです。

 今週の名言:へっ役に立たねえから役人って言うんだよ!

領土問題は国内法じゃなく国際法じゃないのか

 尖閣諸島で中国の漁船と海上保安庁の巡視艇が衝突した問題、中国の人すごい反日デモやってるけど、尖閣諸島を日本の領土だとすれば、領海侵犯した上に海保の船にぶつかってきたアグレッシブな外国の船を逮捕して、国内法で裁いているということになる。治外法権なわけでこれは問題ない。

 問題は尖閣諸島を中国が日本の領土だと思っていないところ。中国って今すっごい勢いづいているから、政治的にグレーゾーンの領土を「おまえのものはオレのもの」とごり押ししちゃえばもらえるんじゃないか?って中国政府は絶対思っている。
 そもそも沖縄だって日本のものじゃない!って発言はまさにその表れ。それくらい大きく出れば少なくとも尖閣諸島くらいはくれるんじゃないかって。

 近年中国の軍事力は、アメリカも一目置くほどものすごい増強されているから(アメリカもすごいけど・・・)仮に日本と喧嘩になっても勝てる確信があるのだと思う。しかしこれがOKになっちゃうと帝国主義の再来だよね。
 いや中国だって戦争はしたくないだろうけど、兵器さえ持っていれば自国の発言力は強くなるだろうと考えている。暴力をちらつかせて日本をカツアゲしようとしているわけだ。

 しかし尖閣諸島にしろ、こういう政治的にグレーな領土をパトロールする時は海保ももっとうまいやり方があるんじゃないかって思う。なんかVTRを録画しておくとか。してたか。
 そしてそんな詳細な資料も、中国は「でっち上げだ!」って言うこともできるし、中国の都合のいいように改ざんして人民に公開することもできるのか。
 じゃあネット上にあげるってのは?それもだめか。中国ってグーグルも出ていっちゃうほど情報規制するし、そもそも民主化してないんだよな・・・

 ・・・というか前原さんは「国内法で粛々と裁く」って言っているけど、こういうトラブルはまずもって国際法じゃない?
 こういう時の為にあるのが国連なんじゃ。なんで国際司法裁判所に訴え出ないんだ?国連ってそんなに役に立たないの?国連にいっぱい資金援助している国に有利な判決を出すとか??いやそんなこともないでしょ。
 国内法ではなく、国際法に則って裁判で一回とことんけりをつけた方がいいのでは?この判決で仮に尖閣諸島が日本の領土だって決まれば、今回の中国のやり方は国際的な信用を失うだろうし、逆もまたしかり。その時は謝罪して逮捕した船長をかえしてやればいい。
 
 ちなみに尖閣諸島って中国と台湾と日本がそれぞれ自分のものだって主張しているけど、個人的には、親日の国の台湾あたりになっちゃってもいいんじゃない?だめ?
 台湾なら日本に資源を分けてくれるような気もする・・・そんな台湾すら中国は自分の国の一部だ!と侵略しそうで怖い・・・
 中国って政治的にはいろいろあれだけど、本当は経済的にすっごいお世話になってるし、中華料理とか私好きだから、なんとかならないものか。民主化すればいいのに。
Calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270