漫画業界はやっと黎明期を抜けた?

 今大手の漫画出版社が、所有する漫画のブランドや著作権を守ろうと運動を起こしているようです。
 これは共有ソフトなどで違法に著作物がダウンロードされるのを防ぐため、締め付けを強化するというものですが、大変失礼ですが個人的な意見を言わせてもらえば「そんなことに苦心している暇があったら作品のクオリティをあげてくれ!」と思います。
 言うまでもなくプロの漫画の著作権は作家ではなく出版社に帰属しています。そしてデジタル化の流れによって、その著作権が脅かされようとしていることも解ります。

 しかしかつてブックオフなどの中古の本屋を漫画業界が批判したことがあったのですが、ブックオフを叩く前にすばらしい作品を提供し続けていれば、ちょっとやそっと中古書店で漫画が循環しても余裕なわけで、そういう意味で「あれれ・・・今の漫画業界って余裕がないのかな?」と感じました。
 面白い漫画は絶対発売日にちびっ子が買ってくれますよ。

 そう、この問題どことなく美術教育削減問題と重なる部分があって(自己弁護、美術教育の必要性のプレゼンテーションに徹してしまい、授業の質の向上まで気が回らない)、今漫画業界は漫画が売れないことを深刻に悩んでいて、著作権の締め付けをしているのかな?と。
 おそらくジャンプ黄金期(=少年ジャンプが週に600万部以上売れた時代!)に、違法ダウンロード作品があっても集英社は黙認したはずです。逆に宣伝になってくれるし余裕余裕♪と。
 これはジャンプ黄金期の集英社が、当時盛んだった二次創作の同人活動(プロの考えた既存の漫画のキャラを勝手に使って同人誌を作ること)を「著作権違反だ!」とうるさく言わなかったことから私は想像するのですが、現在のように著作権にすがりつきピリピリする状況は本気でやばいのかな?と思うのです。

 そもそも日本における「漫画」は、「鳥獣戯画」「北斎漫画」など言う気になれば言えますが(線でフラットに絵を構成する手法は本当に今の漫画のスピリットと共通していると思う)、現在の形の枠組みは言うまでもなく漫画の神様=手塚治虫さんの功績によるものでしょう。
 手塚氏の時代、漫画と言ったら「スウィーツで例えると(なぜ?)駄菓子(まずくはないけどとにかく安い)」のようなメディアで、良くも悪くもどことなく素人くささの残る「赤本」でした。

 その後、高度経済成長期に伴い漫画業界も発展多様化(アニメとのタイアップ戦略など)するのですが、この発展期は漫画という媒体が非常に叩かれた時代でもあります。つまり「漫画を読むと馬鹿になる!」というわけで、漫画はこのような世間のイメージと戦い、いわゆる「反骨精神」で良作を生み出していった熱いメディアだったと私は認識しています。
 小林よしのりさんは、この時代に「漫画の守護者」として、漫画を馬鹿にする世間の風潮と戦われた先生で、今なお先生の漫画の端々に反骨の精神がうかがえるのはとても興味深いです。
 さらにこのように淘汰圧が上がると、適応度の高い優れた漫画が選別されるので、漫画のクオリティはPTAのおばさんの思惑とは裏腹に高まったと思います。
 そしてジャンプ黄金時代でまさに漫画業界はピークを迎えたのです。

 で、何が言いたいかと言うと、漫画が大好きな人には大変怒られそうですが、もともと戦後生まれの現在の形式の漫画は、サブカルチャーであり崇高なものではないと見なされてきた、ということです。これは純然たる事実です。
 しかしこの風潮は現在明らかに変わった。麻生総理すら漫画が大好きで、日本が自動車、ハイテク技術と共に誇る重要な「文化」として一般的に認知されるようになったのです。

 つまり漫画家や出版社が著作権に対して結構無頓着だったのも、もとがサブカルチャーだったので既得権益を守ると言ったエスタブリッシュメント的発想がなかったのでしょう。
 そう考えると、現在の漫画業界が著作権を守る動きに出ているのは、とうとう日本の漫画がサブカルチャーと言うポジションを脱し、黎明期を抜けたということなのでしょう。
 これから漫画業界は日本が誇るハイカルチャーとして、現在の地位の存続と腐敗化の防止を試みなければなりません。
 そして漫画業界がそうなってしまったのを、私は「嬉しい:ちょっと好きな人が遠くに行ってしまった感=3:7」くらいで感慨深く感じています。
 ・・・ってお前は漫画のなんなのさって感じですが。

ノマド・ワーキングから“人間”を捉えよう

 半導体技術の急速な進歩によって携帯電話もパソコンも小型化し、とうとう「スマートフォン」なるものまで登場しました(よくしりませんが)。
 これらの小型ハイテク機器は、私たちの生活に大きなパラダイム転換を迫るでしょう。それはこれらの機器が「情報」をあつかう情報端末だからです。
 西部邁氏は人間を「情報の集合体」と捉えています。この意見を私は「うまい比喩だけれどやっぱり人は情報じゃなくて動物だろ~」と思っていました。
 しかしこれは生物学的にも単なるアナロジーではなく、リチャード・ドーキンスは大ヒットベストセラー『利己的な遺伝子』において生物を「情報を受け継ぐもの」と定義し、私たち一般人の生物に対する見方を大きく変えました。

 そう考えると、現在の情報化社会は、これまで遺伝子だけが担っていた情報のリレーを、これまで以上に簡素化、ハイスピード化していると言えます。
 この変化を歓迎するのか、問題視するのかは私にはちょっと判断がつかないのですが、たとえば「ノマド・ワーキング」。これは「遊牧民的仕事」という意味で、おそらくドゥルーズ=ガタリかなんかが好きな人が考えた言葉なんでしょうが、持ち運びできるパソコンを持って、会社ではなく喫茶店などをはしごして仕事をする労働形態のことなんだそうです。
 こうなるとスカイプなどで会議もできちゃうし、会社のでかいビルという「箱」のレーゾンデートルがどんどんなくなっちゃうような気もするのですが、私はネクタイをびしっと締めて職場に行かないと、やはりどうも働いている気にならないので、会社のビルはなくならないとは思います。少なくとも当分は。

 たとえば漫画業界。打ち合わせは出版社でも行いますが、親密になると何かおいしいものを食べさせてくれますw。
 最近は出版不況で経費が落ちるか解りませんが、私は「値段の書いてないお店」で漫画の打ち合わせをしたがあり、高校出たての当時の私は、びびりまくって打ち合わせどころじゃありませんでした。
 正直ああいうところが「漫画家ってどうも遊びの延長っぽい仕事だなあ・・・」って思ってしまうのですが、その「イメージ」と裏腹に労働状況は極めて過酷で、漫画家は朝夜関係なく机に向かい続けるのです。
 特に最近の漫画は絵の水準が上がり、アシスタントを大勢抱え(しかもアシスタントの給料は原稿料などの収入から作家が出す!)みんなで一日中絵を描いても締切ぎりぎりという有様です。
 これは凄いレベルの絵の漫画に囲まれている現代の読者の目が美術評論家のようにやたら肥えてきたということかもしれませんが(これとよく似た話がアニメの「作画崩壊!」と騒ぐ現象。手を抜けない状況なのです)、私は違った見方をしています。
 大人が漫画を卒業せずに読み続け、目が肥えているわけであり、子どもの読者は今も昔も変わっていないという説です。
 おそらくネットなどで漫画、アニメ、映画などを批評している人たちは私も含めサブカルから卒業できない「うるさ型ピーターパン」であり、大衆の総意の代表では決してないと思います。私はオタクなのです。

 で、話を戻しますが「ノマド・ワーキング」も漫画家と同じことが言えるのです。実は仕事の効率化スピード化によって労働時間が短縮され、プライベートな時間が増えると思いきや、労働時間は変わってないと言うのです!
 つまり一見便利で使い勝手のいい情報端末は、同じ時間においてこれまで以上に膨大な仕事を現代人に要求するようになったというわけです。
 このことは「産業革命に匹敵する、変化のスピードの過渡期に私たちは生きているのだ」と考えることができます。しかし産業革命直後、ロンドンは汚れ、富裕層は都市郊外に移り住み、知識人は悲観的になりましたが、なんだかんだ言って最終的には適応しちゃいました。そしてストレス型社会になりました。

 それをふまえると、これらの変化は最終的には私たちの肉体にも変化を要求するだろうと予想されます。一日中寝なくても健康な体。病気にならない体。近い将来ガンは確実に完治する病気となるでしょう(なんでもガンはインフルエンザと同じように予防接種で倒せることが解ったとか!)。
 私たちの肉体がどれだけ、この情報の変化に適応できるか?この情報スピードVS動物としての肉体の仁義なき戦い。もはや漸進的な遺伝子プールの更新など、人間には待てません。

 その科学力を武器に環境はおろか自分自身の生き方すら変えてしまう「ハイスピード型情報伝達媒体」それが人間という種の正体だと思います。

デッドストームパイレーツ

 うおおおおおおおおおお!おもしれええええええ!!

 バンダイナムコゲームス「デッドストームパイレーツ」は、プレーヤーが超連続速射機能付き「黄金の銃」を駆使して、『パイレーツオブカリビアン』丸出しの骸骨の海賊からお宝を頂くアミューズメント用ガンシューティングゲーム!

 正直ゲームシステムは、SEGAの「ロストワールド」などとほとんど同じ(巨大生物はサイトを撃って攻撃を凌ぐ点など)で、私はてっきりSEGAのゲームかと間違えたほどなんですが、新たに加わった「舵取り」が熱い!
 この舵取りと似たアクションは「レッツゴージャングル」などで試みられていましたが、今回は単純に右と左のどちらかに船を動かすのではなく、なんとアクションゲームのように自由操作が可能!洞窟でのトロッコの操作や、嵐の海で敵艦を振り切るのは迫力満点です!

 また「ガンシューティングゲームもここまで来たか」ってくらい風景の映像も美しいし、カメラさばき(・・・って誰が撮ってるんだw)も秀逸!本当に海賊仲間と冒険している感覚になります!
 ちなみに我らが海賊団はプレイヤーを含めてたった5人!某少年漫画誌の海賊団のほうがまだ多いんじゃないか!?あっち6人くらいはいるだろ!

 このゲーム、人生でやったゲームの中でベスト5に入るのは必至で、全クリをしようとしたのですが、店が閉まっちゃって泣く泣く「?ステージ(=おそらく最終ステージ)」の一歩手前で冒険を断念。ランキングは27位でした。

 みとれ!次こそ海賊王に俺はなる!

ダ・ヴィンチ・コード

 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」

 意外と手堅かった(?)芸術&歴史ガジェット。

 私は大学で美術教育を専攻したのですが、この『ダ・ヴィンチ・コード』がブームの時は「最後の晩餐に隠された驚愕の真実・・・!とか煽ってるけど、どうせトンデモ説だろ」と見もせずに馬鹿にして(流行っているものが嫌いなあまのじゃく野郎)、大学で美術史の専門家である團先生に「あれって専門家から見てどうなんですか?」と聞いたら、何も言わず苦笑いだったので、これでスルーが決定づけられました。
 しかし今日テレビで初めてこの映画を見て、先生の苦笑いの意味が解った様な気がします。それはこの映画の解釈がトンデモだからではなく、けっこうありがちな仮説の一つだから、専門家からしてみれば「別に何も新しい話じゃないだろ」ってことだったんだな、と(実際はどう思っていたか解りませんが。多くを語らない先生だったので)。
 こういう話が好きじゃないと、詳しい人にとってはいくらありがちな説でも一般人は知りませんからね。

 で、この映画・・・やっぱり小説向けの話だと思う。もしくは浦沢直樹さんの『MASTER KEATON』の大長編。謎解きの際に語られる歴史ウンチクが、けっこう矢継ぎ早で(しかも挿入される中世の映像が何気にすごくてそっちに気を取られちゃうw)、だんだんついていけなくなってきます。
 これ、世界史が好きな人、もしくは原作のファンじゃないと、チンプンカンプンだと思う。93年の『ジュラシックパーク』じゃないけど、「この映画が流行った時、ちゃんと筋を理解していた人ってどれくらいいたんだろう?」と気になります(失礼な・・・)。

 私はこの映画は「今見てラッキーだった」と思います。それは二年ほど前に中世の騎士を取り上げた漫画を描くことがあって、十字軍とか騎士団とか本を借りたり取り寄せたりして、いろいろ読んだんです(編集者の受けが「読者には難しい」とあまり良くなく、作品自体がお蔵入りになったので、もうほとんど忘れちゃいましたが・・・)。
 これを公開当時見てたら、もう確実に映画館で寝ていました!

 で、赤十字の原型を作り「病院(ホスピタル)騎士団」ともいわれる、かの有名な「聖ヨハネ騎士団」ではなく「テンプル騎士団」とかもってくるのはけっこうマニアックだと思います(そうでもない!?)。
 「テンプル騎士団」とは「聖ヨハネ騎士団」が慈善救護活動を主にこなしていたのに対して、十字軍遠征によるヨーロッパの治安の悪化を何とかするために設立された、巡礼者の警護団体です。
 初代総長はお爺さん騎士のユーグ・ド・バイアンさんで、友達と「ちょいとわしらも聖ヨハネ騎士団みたいなのやってひと花咲かせんか?」と1118年に始めたのですが、最初はとにかく貧乏で一頭の馬に二人乗るほどでした。
 しかし地道な活動が功を奏し、当時「戦争はしない」という建前を言っちゃったものの、正直ならず者の襲来や、異教徒の弾圧を何とかしたかったキリスト教会のニーズに収納家具のようにぴったり合っちゃったテンプル騎士団は、後に軍事活動も引き受けた聖ヨハネ騎士団と同じく大いに栄えることになります。
 重要なのは、彼ら騎士団の領地は国王管轄じゃなかったので税金を払う必要もなく、その資金はどんどん膨れ上がり、なんと銀行も営んでいたとか。

 この映画のもう一つの鍵となる組織が「シオン修道会」だと思うのですが、これは聖杯伝説に関係があるとされる秘密結社で、この秘密結社の総長(設立者ではない)をユーグ・ド・バイアンが務めていたことから、テンプル騎士団との関係が取りざたされています。
 ただ科学者のダ・ヴィンチやニュートンもシオン修道会の総長をやっていたのかどうかは私はよく分かりません。詳しくないです。

 こういった説明を映像とセリフで数分で説明するのは、観客に予備知識がない限り、おそらく不可能だと思うのですが、映画にしてはけっこう善戦してたんじゃないでしょうか。
 『ジュラシックパーク』のDNAと恐竜のクローンの再生方法の説明並に結構頑張ってた!DVDとかなら巻き戻せるしw。

 でもとにかく私はキリスト教に詳しくないので、ジャン・レノ演じる警部や、白髪の殺し屋(目が青いからアルビノではないと思う)、そして彼の親の僧侶(司教)の関係が整理できず、どことどこが揉めているのかこんがらがっちゃいました。
 ジャン・レノはあの司祭の何なの!?手下??でも「裏切ったな!」とか「利用された!」とかよく解らないし・・・ミステリィ・・・
 またイエス・キリストは神ではなく、単なるホモ・サピエンスだったという内容は、キリスト教の信者さんなら衝撃的なのかもしれませんが、私には心のさざ波すら来ませんでした。
 逆に「キリスト様の子孫21世紀に警官やっとるでw」とちょっと面白かったです。

 そもそも最初のルーブル美術館の館長が、死ぬ間際やたら手の込んだダイイングメッセージを残すシーンから突っ込みどころ満載だったんですけど(こんな暗号を血で描く余裕あるなら、病院行けたぞw)、歴史ミステリーとしてはなかなか良くできていて、映画版でこれならば原作はもっと凄いんだろうな、と思いました。
 私は美術にあまり興味がないので読まないと思いますが・・・(えええ!?)

ハリーハウゼン→ティペット→ミューレン

 映画『タイタンの戦い』が3D映画でリメイクされているそうです。「ショウビズカウントダウン」ではナレーションの人に「ヒットはしているものの、本国の批評家に“映像だけはすごいが話はかなり大味”と酷評されています」と紹介されていたので、ちょっと期待はできない?
 しかし最近ギリシャ神話系の話、多いような気がします。進化論音痴のアメリカでこのように文化面から神の存在証明をされてしまうと、まったく科学も打つ手ないぜ~って感じですが、別にそこまで深い意図はないんだろうな。
 ただ今アメリカっていろいろ変革の時期であるような気もするから、超自然的存在に憧れを持ってしまうのだろうか・・・日本も宗教が流行る時って大体社会が混乱してますからね。平安時代にしろ、鎌倉時代にしろ。

 で、昔の『タイタンの戦い』って私小さい頃、怪物の動きのあまりの気持ち悪さにトラウマになった映画なんですが、あの怪物のアニメーションを手掛けたのが、『恐竜データブック』でもその名を輝かせている恐竜映画の大御所レイ・ハリーハウゼンです。
 あの技術はNHK教育テレビの「ニャッキ!」などで用いられている「ストップモーションアニメ」なのですが、これは静止した粘土のキャラクターを少しずつ動かしながら、アニメのようにコマ撮り撮影していく、とんでもなく大変なアニメの手法です(「ニャッキ!」は神業!ただ小学生の頃やってた初期の話の方がブラックで好きだったw)。

 あれから2,30年で、映像はずいぶん進歩したな~って感じですが、なぜハリーハウゼン氏のアニメーションが気持ち悪かったかと言うと、あんな動き実際は存在しないからなんだと思います。
 大学の先輩に頂いた『RIVEN』というゲーム(有名ゲーム『MYST』の続編)があるのですが、このゲームの世界に浸った時も『タイタンの戦い』のトラウマが戻ってきて、とても怖くなりました(ただこのシリーズ結構好きです。『EXILE』のメインテーマとか最高!)。
 つまり『タイタンの戦い』のストップモーションも『RIVEN』も「動きにブレがないんです」!これが気持ち悪い。

 その後フィル・ティペットという大先生が「ゴーモーションアニメ」という技法を確立してくれるのですが、これはあの伝説的映画『ジュラシックパーク』に採用されるはずだった技法で、コンピュータ制御されたラジコンのようなミニチュアをカメラで連続撮影するわけです。
 このティペットが手掛けた「ゴーモーション版ジュラシックパーク」は、最終的にデニス・ミューレンらのCG技術が採用されたためお蔵入りとなりましたが、DVDの特典映像として見ることができます。
 これは、今のCG映像と比べれば見劣りするのは仕方ありませんが、それでも動きの付け方が秀逸で、『ジュラシックパーク』の恐竜の映像にゴーモーションが不採用となり「これで私も恐竜と一緒で絶滅だ」と落胆していたティペットは、結局ゴーモーションで培ったミニチュア模型に動きをつける技術を活かし、CG恐竜の演技を監修してくれました。

 この人の動きの技術がいかに凄かったかは、ティペットがスタッフから降りた続編『ロストワールド ジュラシックパーク』の恐竜の動きが、ちょっと前作と比べるとインパクトがないな、と感じることからも解ります(少なくとも私はそう感じました)。
 そして『ジュラシックパーク』シリーズから決別したティペットは『スターシップ・トゥルーパーズ』でアラクニドバグズを大暴れさせます!

 ・・・で何が言いたいかと言うと、いくら技術が進んでもその裏には職人魂があるというわけで・・・とにかく今回の『タイタンの戦い』には動きの「ブレ」はもちろんあるだろうし、30年で動きの不気味さはかなり無くなったなあ・・・という気持ちです。
Calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267