『ターミナル・マン』

 そこまで長い話じゃなかったので数時間で読めちゃいました。

 今回作者のマイクル・クライトンが取り上げたのは脳科学とコンピューター。私は生物学が好きなのですが、いまいちピンと来ないのが、この意識や精神と、脳をはじめとする神経系との相関性。
 もちろんそれを否定しているわけでは全くありません。茂木健一郎さんのように、「クオリアうんぬん」と、科学から観念――哲学の方向に行きたいわけでもないです(私は脳科学者の茂木さんが、その理屈が“科学”と言うにはあまりにも曖昧な為、いまいち好きではありません)。

 結論から言って、私は頭が悪いので正しくこの科学を理解するのが難しいのです。作中でこんな件があります(文庫版270ページ)。

 現代(※とはいえこの作品が書かれたのは1971年であることを留意してください)の電子計算機、たとえば、第三世代のIBMデジタルコンピューターの価格は、数百万ドルにつく。それは莫大な電力を消費する。広い場所を占領する。そのくせ、最大のコンピュータでも、アリの脳と同程度の回路数しか備えていない。人間の脳の容量を持つコンピュータをつくろうものならば、巨大な摩天楼になってしまうだろう。
 
 40年経った現在のコンピュータは言うまでもなく、この当時とは比べ物にならないほど容量が大きくなり、それと反比例するように機器の大きさは小型化しています。
 93年の『ジュラシックパーク』時でさえ、恐竜のCGを計算するコンピュータは、一部屋つかって筺体の群れが占拠していました。

 これは量子力学、半導体工学、そしてナノテクノロジーの研究進歩によるものですが、作中出てくる、患者に埋め込んだ精神制御超小型コンピュータはまさにその「はしり」であり、クライトンは、電気自動車といい、GPSといい、衛星携帯電話といい、いつも30年近く先の時代を行っちゃってますw。

 私は精神と神経の境界は不可分だと思っていて、だから「フロイトが神経症、ユングが精神病を主に手掛けた」と言っても、その違いが明確に理解できません。
 というか、説明を聞いても納得できません。それは「神経症」と「精神病」という日本語の言葉が悪いと思います。
 
 たとえば、本書に出てくるコンピュータによって精神制御を受けることになる患者のベンスン氏は、医学的には「精神病」です。
 コンピュータの研究者の彼は、交通事故がきっかけで側頭葉を損傷し、「発作」的に普段の意識がなくなり、狂暴な振る舞いをするようになってしまいました。
 ややこしいのは、このように神経系に物理的な異常があって起きる場合、それは「精神病」で(うつ病や多重人格もこっち)、特に脳に異常がないのに不安感や緊張感、圧迫感などに襲われるのが「神経症」だということ。
 ・・・これって逆の方が解り易くないですか?(ただ最近は研究が進み、この二つに大きく分類することはあまりない。あくまでも便宜上。)

 この作品の面白い点は、人に危害を与える精神的発作を制御するために「心臓発作と同じく機械で直そう」と医師に「心のペースメーカー」を組み込まれた患者が、そのペースメーカーに“よって”殺人を起こしていくことです。
 このくだりがとっても怖い。相変わらずクライトンは、どこまでが実際の研究か分からないようなリアルなSFガジェットで、読み手をゾッとさせるのが巧いです。

 どういうことかと言うと、「電撃嗜好者(=エラッド)」という発想があって(130ページ。本当にある考えか分からないけど)、これは覚せい剤に手を出した人が薬への依存が止められないように、脳への電気刺激の際に生じる快感に依存しまうことを言うそうです。
 覚せい剤が何故やめられないかと言えば、あれは本人の意志の弱さでは決してなくて(一回目は意志の弱さと好奇心の強さだろうけど)、お腹がすいたらご飯を食べるし、お腹痛くなったらトイレに行くし、眠くなったらベッドに入るのと同じで、覚せい剤の脳への刺激が、本能行動に匹敵する動機づけになってしまうからです。
 で、それと同じくエラッドの実験では、金魚、モルモット、ネズミ、猫、ヤギ、イルカでも電撃中毒症状が確認され、ネズミは寝食を忘れヘロヘロになるまで、電気刺激のレバーを押し続けたと言います。

 ベンスン氏の脳に埋め込まれた「心のペースメーカー」精神制御チップは、発作の前兆が起こると、それを察知して脳に電気刺激を送り、発作を相殺させるようになっています。
 しかし相殺の際の電気刺激の快感の虜となったベンスン氏は、その電気刺激をわざと起こさせるために発作の回数を増やそうとするのです。

 ここから面白くなるぞ!とう感じですが、実はラストはちょっと失速気味で(内緒だよ!)そこらへんは『緊急の場合は』と似ています。ただちょっと地味なだけで、十分楽しめます。なにより設定が面白過ぎて飽きさせません。
 逆にナノマシンの話の『プレイ』は後半のアクションパートを過剰に描きすぎて白けちゃったということもあるので、それよりはましかな。う~ん、リアルなSF小説で娯楽としても面白いって難しいですね。
 やっぱり『ロストワールド』と『タイムライン』はすごかったなあ・・・

 あとはコンピュータと脳の相違点の言及は知っていても面白かった。カントは『純粋理性批判』で人間の認識に限界を設けたけれど、今の科学はすごいですからね。「ア・プリオリなんてぶちこわせ!」と脳を研究しちゃってます。
 人間は人間のことを完全には分からない。自分の背中や体内が見れないのと同じだ、と言う話もありますが、人間にはコンピュータが遠く及ばない「想像力――イメージする力」があります。だから鏡や内視鏡、レントゲンをこしらえちゃうわけです。
 現在の脳の研究は面白く、私も『超音速ソニックブレイド』というロボット漫画でいくつかネタを取り入れたくらいです(ホンダのBMIブレイン・マシン・インターフェイス=意識で機械を動かす研究など)。
 ただ意識と記憶の喪失が我々の「死」と呼ぶものならば、脳の構造が完全解明されて、コンピュータやバイテクによる「デバイス」で意識の代用が効いてしまうと「死」を乗り越えられちゃいますよね。
 いずれ死を選択するような時代になるかもしれません。いや、本当に。

 お勧めキャラ:24歳のコンピュータの天才ギャハード。冒頭の「天才だが若く、礼儀知らずの変人」という、キャラ紹介とはことなり、意外と埋め込み手術反対派の精神分析医ロス先生(この人がほとんど主人公格)にとって頼りになるサポート役でナイスでした!好き。

クライトン尽くし!

 塾の帰りに古本屋で、マイクル・クライトンの『大列車強盗』『ターミナルマン』『ジュラシックパーク』『失われた黄金都市』を購入。
 この中には、友達に貸して帰ってこないのもあるのですが(『ジュラシックパーク』なんて何回買ったんだ・・・)、『大列車強盗』と『ターミナルマン』は未読なので、見つけた時はかなり嬉しかったです(本当は『ライジング・サン』を探しに行った)。
 特に『ターミナルマン』は、物語の大筋だけは知っていて「いかにもクライトンらしいスリラーだな」と、とても見たかったのですが、かなり初期の作品の為どこにも売っておらず(図書館にもなく)現物は今日初めて見ました。ありがたや~。
 で、そのことに浮かれててA氏にせっかく頂いた図書券を使うの忘れてました・・・

 佐倉統さん、リチャード・ドーキンスの後は、マイクル・クライトンを堪能したいと思います!

高校の範囲まで切り込んできますね

 私は塾で中学校の国語、数学、理科、社会、高校の現代文、生物などを個別指導で教えているのですが、なかにはすごい子がいて、私にバシバシ鋭く高度な質問をぶつけてきてくれます。
 いや、いろいろ親しく聞いてきてくれる人はかつてもいたんですけど、今回の子は過去最高レベル。すごい頭がキレる子で、かつて高校レベルの数学の質問をぶつけられ当惑した思いがあります。

 中学生の理科で細胞分裂を教えたのですが「植物の根っこは細胞分裂がさかんですが、その観察に適している場所はどこでしょう?」という問題で、解答選択肢が「A:根っこの根元部分(上の方)」「B:真ん中」「C:根っこの先端部分(下の方)」とかだったのですが、「B」と解答したんです。
 で、「細胞分裂は根の先の方がよく観察できるよ」と言ったら、「この問題のイラストでは細胞分裂の様子をクローズアップしている部分は、根の先っぽじゃない。それなのに何故根の先端なんですか?」と質問。
 この問いの切れ味の鋭さは驚きましたね~すごいところに注目しているな、と。

 これは「ちゃんと理由を説明した方がいいな」と「ここらへんは高校で詳しくやるんだけど・・・」と一応前置きして「根っこの最先端・・・これは根冠っていうんだけど、これは土を掘り進めるため、スコップのように固くなっていて、ここは細胞分裂しないんだ。細胞分裂をするという事は細胞の赤ちゃんを作るってことだから、そんな生まれたての細胞にこんなガテン系の仕事はさせられないでしょ?」とかそんな感じで解説(怪しい~・・・汗)。
 「で、その上が根端分裂組織って言って、スコップの柄の部分を伸ばしているんだ」みたいに言ったら、納得してくれました。ちなみに「根端分裂組織」とか専門用語は実際には使っておりません。

 あまり調子こいて高校の生物の内容をペラペラしゃべると上司の人に「あまり難しいことを話し過ぎないでください」って注意されてしまうので(前の予備校はこれでクビになったw)、生徒の知的好奇心と自己保身の間で折り合いつけてます・・・
 質問する本人は結構目を輝かせて聞いてくれるから、ついウンチクりたくなるんですけどね・・・別に授業に関係ない話ではないし。

 あと「植物細胞って葉緑体持っていないのもあるんですか?」という質問もすごい破壊力。このまま好奇心をなくさないでほしいなあ・・・
 あ、答えは「あります。」葉緑体は光を受容する緑の色素体で、例えば玉ねぎの表皮の細胞にはありません。玉ねぎは根なんで。
 もちろん色素体の分化「うんたらプラスト」の話は割愛。またクビになるから・・・(とはいえ今の塾は7年お世話になっています)
 あと葉緑体が無くても光合成をする生物もいます。ここらへんは「バイオロジー」ですこしふれました。

クライトンもアリス好き?

 これはどうでもいい覚え書きなのですが、マイクル・クライトンの『ジュラシックパーク』っていくつか『不思議の国のアリス』のネタがあるなあ、とふと感じたんで。

 たとえば、ジュラシックパーク運営当局と契約でトラブルがあった、システムエンジニアのデニス・ネドリーが「ライバル会社バイオシンに恐竜の胚を売りつけてやろう」と、パークのセキュリティシステムをシャットダウンさせるオブジェクトが「ホワイトラビット」ですし、そのライバル会社の産業スパイが「ルイス・ドジスン」(ルイス・キャロルとその本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジスン)、また数学者イアン・マルカムは自己紹介で「しかもアリスの帽子屋のようにいかれてるw」というセリフがあります。
 それにプロコンプソグナトゥスの標本をグラント博士の発掘現場に郵送したコロンビア大学の女性研究員の名前がそのままアリスだった!

 探せば他にもいろいろあるかもしれません。クライトンの引用の進化系は、最後の作品『NEXT』の喋るオウム「ジェラール」のセリフだと思いますが、『ジュラシックパーク』も色々小さなネタが面白いですね。

 『アリス・イン・ワンダーランド』の物語の中庸さ(悪く言えば物足りなさ)は、規制に厳しいディズニーの体質のせいだ!という意見がありますが、実はクライトンもディズニーは批判していて、ウォルト・ディズニーの暗黒面を描いたのが、金もうけ主義のジュラシックパークの創始者ジョン・ハモンドと言うキャラクターらしいです。

『不思議の国のアリス』のキャラクターについて

 『アリス・イン・ワンダーランド』関連記事、第4弾。ここまで引っ張ったのは『アバター』の「ガイア理論」「バイオフィリア仮説」以来ですね。

 前にも書いたのですが、『不思議の国のアリス』の面白さは所謂「内輪ネタ」で、ファンじゃないと分からないものが多いと思います。
 そこで映画に出てきた『不思議の国のアリス』キャラの元ネタのようなものを、かいつまんでまとめてみようと思います。※この解説は私の主観が多少含まれている可能性があります。ご了承ください。

「アリス・リデル」
 いわずもがな。主人公です。彼女はリデル家三姉妹の次女で、大学構内でルイス・キャロル(=数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジスン)と出会います。
 カメラオタクのパイオニアであったドジスンは、その後もリデル三姉妹と度々遊び、彼女の写真を残しています。意外だと思うかもしれませんが、実は『不思議の国のアリス』当時の8歳のアリスさん、ダークブラウンのショートヘアが似合う女の子で、ルイス・キャロル自身が手掛けた挿絵ではちゃんとショートになっています。

 いわゆる我々のイメージする「アリス」は、著名な画家ジョン・テニエル氏の挿絵のイメージで、テニエル氏はてっきり「アリス」をブロンドのロングヘアの女の子と勘違いしてしまったようです。
 さらに『不思議の国のアリス』は出版当初、ぶっちゃけあまり売れませんでした。英国でのヒットは、その後のテニエルの挿絵によるものが大きく、まさに内容ではなく絵で売れていったという、「漫画は絵じゃねえ!内容だ!」と息巻く私にとっては大変耳の痛い話であります・・・

 ちなみにお父さんは、映画のような実業家ではなく、なんと学校の校長先生。このお父さんはめっちゃエリートで、ギリシャ語辞典の編纂や、ヴィクトリア女王の旦那さんの宗教の相談役も務めていました。これはパブリックスクールが「スコラ哲学」の思想の下、つまりキリスト教と大きく結びついていたわけで、特にアリスの時代(=ヴィクトリア朝)の教育は「THE禁欲」。とても厳しいものでした。

「リデル家三姉妹」
 アリスの兄弟は男女合わせて10人いて、姉のロリーナと妹のイーディスは『不思議の国のアリス』の作中の挿絵でも、かの有名な「ジャムタルト裁判」の陪審員を務める鳥の役で登場しています。アリスに比べてなんとも・・・な扱いかもしれませんが、これはいわゆる言葉遊び(ダジャレ)で、姉ロリーナはインコ(英語でローリイ)、妹イーディスはワシ(イーグレット)となります。
 彼女らがドジスンにお話をせがまなければ、穴に落ちた後の展開を全く考えていなかった(!)という即興の作り話『不思議の国のアリス』は誕生しませんでした。

「アヒル」
 コーカースレースなどのガヤとして登場。このアヒルはルイス・キャロルの友人「ロビン・ダックワース」氏です。まさに友情出演ですね。

「ドードー」
 私が大好きなキャラ。『アリス・イン・ワンダーランド』の造形はピカ1でした!
 ドードーは、簡単なことも、わざと難しい言い回を用いて喋るキャラクターで、これは英国中流階級のスノッブを皮肉っていると考えられています。
 ドードーは自身が取り仕切るコーカースレースを優勝したアリスになんと優勝賞品として「“アリスの(!)”指抜き」を贈呈しました。めちゃくちゃな野郎ですw。
 アニメ版の偉そうなイメージはけっこう原作の雰囲気を捉えていたのではないでしょうか。
 Yukiko T.さんが指摘するように、あれはルイス・キャロル(=ドジスン)自身がモデルなのでは?という説があります。ドジスンは吃音癖があり、かしこまった自己紹介の時には、どもって「ドドド…」と言ってしまったらしく、そこから「ドードー」と。
 ちなみにドードーは架空の鳥ではなく、無人島のモーリシャス島に生息していたハトの仲間です。映画『アイスエイジ』でもいい味出していましたが、実はついこないだ(=17世紀)まで生き残っており、リョコウバトと同じく人間によって滅ぼされました。人懐こかったため、こん棒でぶたれたとか言う説もありますが、人間が島に持ち込んだ犬や家畜に殺されてしまったようです。
 長年の悠々自適な無人島ライフで、飛ぶのをやめて翼を退化させたドードーは、敏捷な彼らの牙から逃れることができませんでした。

「チェシャ猫」
 『アリス・イン・ワンダーランド』では人気が高いようですが、そもそも「チェシャ」とはなんなのでしょうか。これは「チェシャ州(チーズの名産地)の猫」と言う意味(クルミ=チェスナッツの樹の上の猫と言う説もあり)だとされています。
 あのニヤニヤ笑いは写真オタクのキャロルが笑顔の子どもの写真を撮るとき、チーズを出した逸話が元ネタと言われています。そう、なんと「ハイ、チーズ!」はここから来たとか。
 チェシャ猫の面白いところは徹底した「傍観者」であるという事。敵か味方か分からない不気味さがあります。私が好きなシーンは、ハートの女王がチェシャ猫の首をはねよ!と命令するシーンです。その時チェシャ猫は、頭を残し体が消えていたので「陛下!この猫どこが首か解りません!」と処刑人が狼狽するのは笑っちゃいました。

「マッド・ハッター」
 いかれ帽子屋には実在のモデルがいたという説は根強く、オックスフォードに店を構え、シルクハットを磨く水銀でいかれた帽子屋さんがモデルだとか、常にシルクハットをかぶり、「ミスタービーン」のような「目覚まし機能付きベッド(時間になるとベッドから落とされるw)」などを発明した、いかれた家具屋「セオフィラス・カーター」氏がモデルだとも言われています。

「マッド・ティーパーティ」
 ヴィクトリア朝のイギリスを語る上で、お茶はかかせないでしょう。アメリカに対する「東インド会社」の紅茶の強引な安売りが、見事に裏目に出た「ボストン茶会事件」や、英国植民地のインドが茶の産地になった事はあまりにも有名です。
 ここで皮肉っているのは私は「マナー」だと思います。イギリスの食文化は味が乏しい反面、マナーがすごいといいます(実際味付けは、かなり乏しいです。素材の味を大切にしてるとも言えますが・・・)。
 三月ウサギの家の前でのお茶会はマナーもへったくれもありません。パンカスのついたナイフをバターに戻すわ、しまいには出席者の一人ヤマネをティーポットになぜか入れてしまいます。アニメ版では、(これもなぜか)最初からポットに入っていましたが・・・
 東京ディズニーランドで売っているお茶会のオルゴールは秀逸だと思っています。

「ヤマネ」
 『アリス・イン・ワンダーランド』では涙の洪水の「ネズミ」と一緒のキャラにされていましたが、原作のヤマネは「眠りネズミ」だけあって昼間は常にうとうとしています。
 お話をせがまれると、目をこすりながら「糖蜜の井戸に住む三姉妹」という突っ込みどころ満載な話をしてくれますが、アリスのように即座に突っ込んで話の腰を折ってはいけません。ヘソを曲げていじけてしまいますw。
 彼が歌うマザーグースの「キラキラお星様」の替え歌「トゥインクルトゥインクルリトルバット」という曲は『アリス・イン・ワンダーランド』でも歌われましたが、この曲のコウモリはオックスフォード大学の「バーソロミュー・プライス教授」の愛称が「コウモリ」だったことに由来しているそうで、まさに私の『トカノマン』ばりの「内輪ネタ」。こんなの解るわけないだろw。

「カラスと書きもの机のなぞなぞ」
 ジョニー・デップ演じる帽子屋も出題したなぞなぞ。答えが気になった方もいると思いますが、これは三谷幸喜さんの作品の「赤い洗面器の男」と同じ「マクガフィン」で、答えはありません。そもそもアドリブで作った話なので、けっこう適当なんです。
 しかし「これではあまりにひどい」という事で、キャロル自身再版時の改訂で解答例をいくつか出しています。「カラスも机もnote(鳴き声、ノート)を出します」とか「nevar(=
never)の逆がraven(カラス)」とか、そんな解答です。
 この手の言葉遊びは続編『鏡の国のアリス』で「鏡文字」「カバン語(複数の言葉を一つの言葉としてくっつける。「ツルピカ」とかそんな感じ)」とさらに高度になり、英語が出来ないとついていけませんw。 

「グリフォン」
 『アリス・イン・ワンダーランド』では登場が見送られましたが、この怪獣はオックスフォード大学の寮の紋章にもなっている「学問の象徴」として作中登場しています。
 パブリックスクールをはじめとする当時の英国の英才教育はとっても厳格で、『ロッキングオン』編集者のスズキアカネさんによれば、異性を彷彿とさせるならばピアノの脚の脚線美すら封印したそうです。ひええ。
 そんな厳格で由緒正しきグリフォンに、まあ見事に破綻した教育事情を語らせるのは、キャロルにも何か意図があったんだと思います。
 私はこの章が最も好きで、「読み方(Reading)と書き方(Writing) 」を「這い方(Reeling)と悶え方(Writhing)」とか、英語のダジャレだらけのゾーンは絶句しますw。「社会」→「醜怪」「理科」→「美化」とか和訳した人、本当にお疲れ様でした・・・

「モックタートル」
 グリフォンの相方キャラですね。ウミガメの体に仔牛の頭と言うシュールな造形は見事。これは当時のレストランが高級料理「ウミガメスープ」と言いながら、ウシの肉を使っていたことに由来しています。つまり食品偽造問題のメタファーです。昔からあったんですね。
 彼は「時間割は最初に10時間あって、一日ごとに授業数を割っていく、だから、じ・か・ん・わ・り♪」とかほざくんですけど、アリスの「じゃあ11日目は?」という的確な突っ込みを見事にスル―してくれますw。

「ハートの女王」
 これは言うまでもなく英国の階級社会のメタファーでしょう。「アッパークラス」という上流階級(ようは王侯貴族)は、ほんの一握りで1000人もいません。
 いわゆる英国紳士は「ミドルクラス」と言われる階級なのですが、ミドルクラスは日本の「一億総中流」のイメージでとらえてしまうと誤解が生じます。彼らはイギリス人口の30%ほどで、ほとんどが労働者階級(著名なサッカー選手やロックスターはこの階級出身)なのです。
 ちなみにイギリスでは労働者とミドルクラスは一杯吞みに行くパブも、読む新聞も違うと言います。ただサッチャー政権時の話なので今もどうかはわかりませんが、多分現在もあまり変わってないと思います。イギリスって「己の分を知る」と言うか、そういう国だと思いますw。

 最後に参考文献の紹介を。『概説イギリス文化史』(ミネルヴァ書房)は、読みやすくてかなりお勧めです。
 これさえ読めばメイド喫茶だって100倍楽しめると思います。すいません嘘です。
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275