『風と翼:REVIVE』脚本⑪

「なるほど・・・分析通りの実力ってわけね・・・」
振り返る二人。
結界が解け薬草園に入ってくる織田信長。
「しかし、ぼくは欲しいと思ったものは必ず手に入れる・・・」
カイト「信長・・・!」
翼「この土地はあなたには渡さない・・・!」
誰かに呼びかける信長「娘はこう言ってるけど、どうします?」
百地「・・・もう諦めろ・・・」
翼「!?お父さん・・・!??」
カイト「信長に捕まったんじゃ・・・」

陰鬱な表情の翼「違う・・・はなからこの二人はグルだったんだ・・・!」
カイト「え・・・?」
百地「ビジネスパートナーだよ・・・」
信長の兵が、銃を突きつけて金吾と千代女を連れてくる。
翼「頭領・・・!」
カイト「千代女さん・・・!!」
千代女「カイト君、うちのお父さん大怪我してるの・・・!」
血を流す望月「痛いよ~」
カイト「え・・・!!」
百地「勝負は付いた。
この土地は我々がもらう。」

信長「くっくっく我々・・・?
いやあ違うでしょ・・・私の土地でしょ」
百地「なに?」
信長「キミはこのボクと対等な立場だと思ってたのかい?
キミの薬に分ける土地なんて1ヘクタールもないです。
全部、核兵器の燃料にするんだ・・・」
百地「信長、話が違うぞ・・・!」
信長「残念だけど、君の奥さんは戻って来ない・・・」
百地「・・・・・・!」
翼「・・・?」
カイト「・・・もしかしてコード;リバイブって・・・」
信長「君ら忍者ってのは、本当に恐ろしいよ・・・
優秀で勤勉で忠実で、戦闘能力は抜群・・・しかし腹の底が読めない・・・
君らが結託して裏切る前に手を打たなければ・・・
だからここでまとめて滅ぼすことにしました。」
信長に襲い掛かる百地「おのれ・・・!」

とっさに翼を人質に取る信長。
「どんな人間も家族に危害を加えればたいてい操れる・・・君はそう言ってたよね?」
百地「うっ・・・」
信長「よくこんな汚いことできたもんだなって思ってたけど、なるほど確かに効果的だ・・・」
百地にピストルを撃つ信長。
倒れる百地。
百地に駆け寄ろうとする翼「お父さん!!」
カイト「翼さん行っちゃダメだ!!」
信長「伊賀忍者の首領もあっけないものだねえ・・・
じゃあ残りの忍者諸君も、この土地の養分にでもなってもらおうかな」
瀕死の百地「・・・娘だけは・・・翼だけは助けてくれ・・・」
信長「ふうん、奥さんと同じ名前をつけたんだ・・・哀れだね。
さて、今夜は総理と会食の予定があってね。ちゃっちゃと済まそう。」
銃を構える信長の兵たち。
「カイトさん・・・」
震える手でカイトにしがみつく翼。
千代女を見るカイト。
札をすべて奪われたらしく首を振る千代女。

その時――戦車が突っ込んでくる。
長門「まだ戦いは終わってねえ~~!帰ってきたぜ~~!!」
蹴散らされる信長の兵たち「うわああ!」
長門「喰らえオラ~~!」
見境なく主砲を連射する長門。
バックホウやブルドーザが爆発する。
信長「なんだ、あのキチガイは!やめさせなさい!!」
長門を取り押さえる兵士たち「は・・・!」

すると、ヘリコプターのローター音が聞こえてくる。
信長の携帯が鳴る。
電話の丹羽「お館様!ただちにそこから脱出してください!」
信長「あのヘリは・・・?」
丹羽「マスコミに嗅ぎつけられました・・・!」
“本能寺テレビ”とボディに塗装されたヘリの軍団。

信長「誰がタレ込んだ・・・?」
ニヤリと笑う百地「・・・あんたが忍者を蔑んでいるのも知ってたさ・・・」
百地に銃を再び向ける信長「・・・・!」
しかし銃口を下げる。
秘書(蘭丸)「いけませんお館様!どこにマスコミのカメラがあるかわかりませぬ!
やつらこそ最も恐ろしい忍者(すっぱ)です!ここは堪えてください!
さあ、参りましょう!」
リムジンに誘導される信長。
蜘蛛の子を散らすように撤収していく信長軍。

乗り残される忍者たち。
きょとんとするカイト「助かった・・・?」
駆け出す翼「お父さん・・・!」
百地を手当しようとする翼。
カイトがケースを開けて明智からもらった薬を取り出す。
カイト「翼さん、これ・・・!」
百地「その必要はない・・・」
薬を拒否する百地。
「すまない・・・
最後にお前に伝えておきたいことがある・・・
実は、母さんはお前を産んですぐに亡くなったんだ・・・病気でね・・・」
翼「・・・離婚したんじゃ・・・」
力なく首を振る百地。
「お前に似て美しく、優しい女性だったが・・・
体が弱かったんだ・・・
私は妻の死を受け入れられなかった・・・だから・・・
甲賀忍者の医術を求めて、この土地を訪れた・・・」
翼「え・・・?」
百地「しかし、秘術で死者を生き返らせることを、望月金吾は許さなかった・・・
そして私は彼と決別し・・・信長と手を組んだ・・・」
カイト「それがコード;リバイブ・・・」
百地「ファイルを見たんだな・・・その通りだよカイト君・・・」
カイト「あの写真は翼さんじゃなくて、奥さんだったんだ・・・」
翼「なんで本当のことを教えてくれなかったの??」
百地「お前を悲しませたくなかったんだ・・・お前はいつも言っていた・・・お母さんはいつかきっと帰ってくると・・・」
首を振る翼「違う・・・あなたは私に自分の趣味を押し付けようとした・・・可愛らしいピンクのワンピース、たくさんのぬいぐるみ・・・それは全て、お母さんの好きなもの・・・
でも・・・私はお母さんの代わりじゃないよ・・・」
百地「まったくだ・・・お前のことなんか考えてなかったのかもな・・・
お前の言うとおりの最低の父親だ・・・」
翼「でも私のたったひとりの父親です・・・」
おろおろするカイト「は、早く薬を使わないと・・・死んじゃうよ・・・!」
百地「その薬を使うのは私じゃない・・・」
震える手で金吾を指差す百地。
百地「思い返せば、先生が言っていたことが全て正しかった・・・」
金吾「たわけが・・・わしはもう長くはない・・・」
目を閉じる百地「いや・・・長く生きてくれなければ困ります・・・翼を・・・
これからも見守ってください・・・」



こうして伊賀の乱は終わった・・・
尾張財団の総帥、天才実業家と謳われた織田信長は、本能寺テレビによって数々の狼藉が生中継され、大炎上、経団連の会長を辞任、尾張財団のトップの座からも引きずり下ろされた。
次期会長には羽柴秀吉さんという庶民派で、人あたりが良さそうな叩き上げの社員が任命された。


ニュース番組のカット。“清須会談決着!”のテロップ。

そして・・・
たったひとりの女性を一途に思い続けた男は、結局自分の命すら失ってしまった・・・
でも・・・もし仮にオレが翼さんを失ったら・・・


平穏な毎日に戻った望月村。
金吾と千代女と仲良さげに暮らす翼を忍者屋敷の縁側から眺めるカイト。
経済誌を読みながら千代女
「だから、おならを出すには食物繊維を食べればいいのよ」
翼「今日から根菜中心の食生活にしましょう」
金吾「いや、それではくささが出ないんじゃよ・・・」
翼「くささって絶対に必要ですか?」
金吾「武器にならんじゃろ!」
微笑むカイト。
翼「どうしました、カイトさん・・・」
カイト「いや、三人を見ていると、本当の家族みたいだなって・・・」
翼「カイトさんには本当の家族があります・・・
ねえ・・・そろそろ仲直りしませんか・・・?」
カイト「・・・・・・。」

自宅に帰るカイト。
心配そうに駆け寄ってくる両親。
「どこへ行ってたの!?心配したのよ!」
カイト「ちょっと、織田信長を倒しにね・・・」
おしまい

『風と翼:REVIVE』脚本⑩

村の周りを旋回するピックアップトラック。
明智「そこら中ヒトマル式戦車とバックホウでいっぱいだ・・・!
とても村の中には入れないよ。」
翼「信長の目的はわかります・・・」
風間「薬草が生えているあの花畑・・・!」
翼「実は秘密の裏道があるんです。
明智博士、ここで下ろして下さい」
明智「了解。」

車を降りる二人。
翼「いろいろとありがとうございました。」
明智「とんでもない。
あの土から核爆弾作れることを発見しちゃったのに、こんなことしかできなくて申し訳ない。科学者ってそういうものなのよ。」
風間「望月のじいさんたちが心配だ、行こう・・・」
明智「ああ、ちょっと待ったヤングメン。これをあげよう。」
薬品の入ったケースを取り出す明智。
「例の薬の最後のサンプル。もし死んじゃうくらいのケガ人が出たら使ってね。
ただし一人分だよ。」
薬受け取る翼「かたじけないです・・・」
「もしお互い生きて帰れたら、世間に伝えて欲しい。織田信長に逆らった一人の科学者がいたことを・・・そして、私も伝えよう。勇敢な二人の若者がいたことを。ではさようなら。」
走り去るトラック。
頭を下げる翼。

せまい獣道をかける翼、それを追うカイト。
翼「はあはあ、あの場所だけは・・・!」
花畑を戦車が蹂躙している。
重機が花畑の土をすくって次々にダンプに乗せていく。
ショックを受ける翼「!!そんな・・・!」

戦車に乗ってご機嫌な長門「は~はは、つぶせつぶせ~!」
風間「またあの野郎だ・・・!」
長門の前に飛び出す翼。
翼「もうやめてこんなこと・・・!」
長門「は~はは!やはり来たか!待っていたぞ!!この前の決着がついてなかったな!今度は全然まとめてかかってきていいぞ、トムとジェリーのように踏み潰してやるから。」
風間「美しい自然をなんだと思っているんだ!」
「黙れ小僧!そういうことを言う奴に限って都会生まれなんだ!
いいなづけも職も失った私は、もう何があってもくじけない!120ミリ砲を喰らえ!!」
主砲をためらわず撃ってくる長門。
「翼さん危ない!」
カイトが翼に飛びかかる。
遠くの茂みが炎に包まれる。
「ひ・・・ひどい・・・」
「よくぞかわした!第二弾装填!」
「あのやろう、自暴自棄だ・・・!」
「私に作戦があります・・・
まだ走れますか?」

翼とカイトが真逆の方向へ逃げていく。
長門「二手に分かれたか・・・しかし戦車はどちらにも攻撃ができる!
愚かなり、風と翼!!」
カイトの方へ猛進してくる戦車。
「は~はは、走れ走れ~!」
砲塔を進行方向の後ろに回して逆方向の翼を狙う長門。
「最近の女の子は国産戦車の射程も知らないのかね!
10キロ先は楽々撃破よ!」
カイトに追いついていく戦車。
翼にロックオンをする長門。
長門「私と諸君の長い戦いもこれまででござる!」
翼「今です!」
カイトがとっさに横に向きを変えて飛ぶ。
戦車は勢い余って、その先の崖を下ってしまう。
機体の向きが変わり上空に放たれる主砲。
長門「あ~れ~!!!」
カイト「やった・・・!」
崖の下に叫ぶ翼「二度とこの村に来るなバカ~~!!」
カイト「・・・・・・。」
我に返る翼「あ、すいません・・・」
微笑むカイト。

『風と翼:REVIVE』脚本⑨

望月村――
重機や戦車が望月村を取り囲む。
ラウドスピーカーで呼びかける織田信長
「え~望月村の皆さん、こんばんは。織田信長です。
おとなしくこの村の土地から1時間以内に退去しなさい。
でないと、この村はモバイルストライクになります。」
信長側に寝返った長門「あいつらは決して降伏しませんよ、我が主、信長様・・・」
「そうなの?」
「ええ。バカだからです」
「・・・で、君は誰?」
「あなたの下僕、長門守です。以後おみしりおきを・・・」

村役場――
助役「村長・・・!」
村長「とっととこんな村はくれてやろう!!」
助役「そうですね・・・!」
金吾「馬鹿者!!」
村長「望月さん・・・!」
金吾「お前たちは甲賀忍者としてのプライドはないのか!?
捕虜になるより誇り高い死を選ばんか!」
村長と助役(・・・なら、なんで自分の荷物をまとめてるんだろう・・・)
金吾「くそ~こんな時に翼がいてくれたら・・・」
千代女「なに情けないこと言ってんのよ男どもは・・・」
百地「加勢するぞ甲賀忍者の諸君・・・」
伊賀忍者の生き残りが集まってくる。
「!!」
千代女「え・・・?」
金吾「キサマ・・・!」
百地「お久しぶりです先生・・・」
金吾「なにが先生じゃ!守銭奴め!伊賀の忍びの手など借りんわ!」
千代女「今はそんなこと言ってる場合じゃないわよ!」
百地「その通り・・・今は伊賀と甲賀が手を組むとき・・・」
金吾「わしはだまされんぞ。おまえは大嘘つきじゃ!」
千代女「確かにあなたらしくない。会社は捨ててきたの?」
百地「信長の本当の目的はこの土地だ・・・
ここを守らなければ我々忍者の勝利はない・・・
結界はどれだけ張れる?」
千代女「甘くみないでちょうだい。村の半分はいけるわ」
百地「よろしい。では、もう半分は我々が守ろう。
村長は民間人を村中心部に避難させてください。」
駆け出す村長「はい・・・!」
金吾「なんでおまえが仕切るんじゃ!!」



腕時計を見る長門「・・・そろそろ一時間ですが・・・どういたしますか信長様。」
信長「じゃあちょっと早いけど、やっちゃおうか。」
長門「戦車隊前へ!望月村を焦土と変えるのだ!!撃てい!!!」



望月村へ至る山道を駆けるカイト。
「はあはあ・・・セスナを壊すんじゃなかった・・・!」
車のクラクション。
カイトの横に明智が運転するピックアップトレーラーが止まる。
「!」
翼「カイトさん乗って!!」
「翼さん!やっぱり生きてたんだ!」



車内――
翼「そうですか・・・父が信長に・・・」
風間「ごめんね、間に合わなかった・・・」
翼「いや、謝らないでください・・・」
明智「彼は何者?」
翼「伝説の忍者の風間カイトさんです。
カイトさん、こちらは科学者の明智博士です」
明智「どうも。」

風間「・・・つまり、あの土地から核兵器ができるの!!??」
明智「ええ。つまり日本も核保有国となるんだね」
風間「そんな他人事のように・・・」
翼「だから望月村は絶対に信長に渡しちゃいけない・・・!」
明智「それはいいけど・・・ねえねえ何か聞こえない・・・?」
風間「砲撃してる・・・!」



結界で戦車を防ぐ千代女。結界用の札を並べていく。
「これは長丁場になりそうね・・・」
百地「篭城戦か。食料はどれくらいある?」
村長「それが備蓄米のほとんどを丹羽という商社マンに売ってしまったんです・・・」
助役「ええ、言い値ですべて買ってくれて・・・」
村長「あれは儲かった♪」
千代女「馬鹿ね!札束で腹が膨れるの?これは言ってみれば兵糧攻めよ!」
村長「そんなこといったってどこも地方行政は苦しいんだ!」
百地「こんな時に内輪もめはやめたまえ!
村長、信長がこの村を狙う目的は何だと思います?」
村長「いや、全然・・・」
助役「もしかして、北西部の薬草園では・・・?」
百地「薬草園?」
村の地図を広げる助役。
助役「はい、この場所は古くから甲賀忍者が薬に使う特殊な薬草が生えているんです・・・」
百地「どこら辺ですか?正確に教えて下さい」
村長「ここです・・・」
百地「ここか・・・」

無線機を取り出す百地。
「例の場所がわかりました。座標はAの113です、信長様・・・」
「!!」
千代女にシュレッダーの鉤爪のような刀を突きつける百地
「それでは、その場所の結界を解いてくれるかな・・・」
千代女「今は伊賀と甲賀が手を組む時じゃなかったの・・・?」
百地「冗談じゃない・・・私は都会派なんだ。」
千代女「そう・・・」
百地「さあ、結界を解け。」
千代女「それはできないわ。私はこの村が好きなの。」
百地「そうか・・・私たちは気が合っていると思っていたが・・・残念だよ」
千代女の首に向けて刀を振るう百地。
その刹那、望月金吾が刀で百地に斬りかかってくる。
ぎりぎりでこれをかわす百地。
千代女「お父さん!!」
金吾「言ったはずじゃ・・・こいつは絶対信用するなと・・・!」
百地「その太刀筋・・・危うく見切れないところでしたよ・・・」
金吾「あたりまえじゃ、誰がおまえに刀を教えたと思っておる・・・」
百地「しかし、私はあんたを越えた・・・!」
金吾を切りつける百地。
千代女「お父さん!!」

伊賀忍者が押し入ってくる「おとなしくしろ!」
手を挙げる一同。
倒れる金吾「無念じゃ・・・屁さえ出れば・・・」
百地「最後の忠告だ。
このハゲじじいを殺されたくなければ、薬草園の結界を切れ。」
千代女「・・・私の負けよ。」
結界の札を取る。
金吾「ば・・・バカ娘が・・・」
千代女「孫の顔を見るまで死ねないんじゃなかったの?」

『風と翼:REVIVE』脚本⑧

回想
忍者学校幼稚園の先生
「今日は母の日です!そこでこの企画!
お母さんの絵を描きまっしょいのコーナー!!」
子供の頃のつばさ「・・・・・・。」

「パパ・・・なんでつばさにはママがいないん?」
「それは・・・パパとママはちょっと喧嘩しちゃってね・・・
ママは出てっちゃったんだよ・・・」
「じゃあ、仲直りすれば帰ってくるんだよね・・・?」
「つばさ・・・」


「うう・・・」
謎の地下研究施設で目を覚ます翼
「い・・・生きてる・・・??」
遠くで機材を点検している白衣の男。
明智「おめざめだ。」
「あなたが助けてくださったんですか・・・?」
「そだよ」
「ありがとうございます・・・」
「あいつらとキミが互角にやりあってるのを見てたら、つい応援したくなっちゃってね」
「あなたも織田信長の手下なんですか?」
「不本意ながらね。僕の名は明智光秀。
もともとは足利総理のもとで文科省の事務次官をやってたんですけど、信長さんに強引に引き抜かれてここで研究開発をしています・・・」
「研究・・・?」
「非合法でやばいやつね。でも、そのおかげであなたが今生きている・・・」
植木鉢を持ってくる明智。
「君には見覚えがあるんじゃないかな」
「それって・・・」
「ハイ。望月村の土壌のサンプルです。
正直、ここに運び込まれたときの君の体はむごいの一言でしたよ。
全身黒焦げで目玉なんか取れかかっててね・・・」
「う・・・嘘ですよね・・・??」
「だが、この植物から私が抽出したエキスで君の体組織は再生した・・・右腕を見てごらんなさい」
右腕の傷が全くなくなっている。
「・・・!傷が・・・!!」
「甲賀の奥義を見よう見まねでやってみたんだ。すごいでしょ。すごいよね。」
「これが望月村を狙った織田信長の目的・・・?」
「それだったら平和なんだけどね・・・会長の目的はこちらさ。ついておいで」

電動の扉が空くと、奥に核ミサイルが並んでいる。
「核ミサイルは全部で193本。
旧今川重工さんの施設で世界中の国の数だけご用意しました。」
「!!!」
「自然科学ってのは面白いものでね・・・どんな病気やケガも治癒する薬草を育てる土壌から、プルトニウムを凌ぐ核燃料が取り出せる・・・新世紀のハーバー・ボッシュ法ってところかな」
「なんてことを・・・!」
「核戦力が一部の国に偏っているからよくないって信長さんは思っているみたいで、ここにあるミサイルを一本ずつ世界中の全ての国に試供品として配るんだって。
そしてこの核ミサイルの作り方を全世界にネット上で配信するんだってさ」
「そんなことしたら・・・」
「望月村の所有者は世界の支配者になるでしょうね」
「こんな恐ろしい計画をあなたは黙って進めてるんですか!!?」
「いや~正直怖いよね。怖くてたまらないよ。
でもさ、社会人てのは上司の命令には逆らえないわけでね・・・
信長さんに推薦状に協調性無しって書かれちゃたまんないわけ。」
「なら、私がやる・・・」
「そう言うと思ったよ。だから君を助けたんだ。」



セスナ機で伊賀の国へ向かうカイト。
「人間死ぬ気になれば飛行機も操縦できるんだな・・・」
眼下には火の手が上がっている。
「伊賀エージェンシーが壊滅してる・・・!遅かった・・・!!」
セスナ機を胴体着陸させるカイト。
「車輪出すの忘れた・・・」

伊賀エージェンシーメインゲート――
人が倒れている。
駆け寄るカイト。
「あ、あなたは、クビになった長門の代わりに隊長になったモブの人・・・!」
モブ「不覚であった・・・
こちらの情報は全て織田側に筒抜け・・・間者がいたようだ・・・」
「大丈夫ですか?しっかり・・・!百地さんは!!??」
「うう・・・社長は信長に捕らえられた・・・」
「そんな・・・!」
「織田軍は甲賀に向かった・・・
次は甲賀忍者を滅ぼすつもりだ・・・急げ・・・」
気を失う。
「モブの人・・・!」

無人の社長室へ行くカイト。
ふと、デスクの固定電話に気づく。
最終履歴に発信する。
「はい尾張財団です・・・」
電話を切るカイト。

(伊賀忍者の言うことは絶対信じちゃダメです。)

「・・・・・・。」
社長のデスクの引き出しを開ける。
機密と書かれた分厚いファイルが出てくる。
「コード:REVIVE・・・?」
ファイルを開くと、翼の部屋にあったのと同じ翼と百地の写真が閉じてある。

『風と翼:REVIVE』脚本⑦

47階 滋賀県立南蛮貿易博物館収蔵庫
ところせましと西洋の美術品(高性能火縄銃や地球儀、からくり時計)が並んでいる。
翼「ここを通って上に行くしかないようですね。」
カイト「本当に博物館になってる…」
翼「私が様子を確認します・・・」
カイト「まって翼さん!」
翼「きゃっ!」

翼をつかまえる丹羽。首に万年筆を指す。となりには柴田。後ろには二人の兵たち。
丹羽「ほら言ったでしょ?こいつら仲間だって。」
柴田「おまえやるなあ。」
翼「カイトさんすいません油断しました・・・」
丹羽「滋賀県立南蛮貿易博物館へようこそ。
ここの館長で総務部の丹羽と言います。
こちらは参謀本部長の柴田氏。」
翼「あなた方が有名な信長四天王・・・忍者並に気配を消すとは見事です・・・うう・・・」
柴田「ま、そりゃそうだろ。こいつぱっと見ただのサラリーマンだからな。」
丹羽「まったく武将に見えないってよく言われます。」
カイト「し、四天王!?この人たちが?」
丹羽「スナックで会ったよね。」
翼「う・・・不覚・・・」
カイト「翼さんを離せ!」
丹羽「勝手に不法侵入して、それはないでしょう。おたく。」
柴田「その通りだ。そっちこそ目的を言いな。・・・まあ大体想像はつくがな。
おまえら伊賀が有利になるような情報なんてここにはねえぞ。
こそこそ泥棒みてえなことしてねえで、いっそのこと正々堂々戦ったらどうじゃ。」
カイト「忍者はそれが仕事みたいでね・・・
あんたら軍隊の弱点を調べ上げて、こんなバカな戦中止させたかったんだよ。」
丹羽「言っておくけど戦は中止しませんよ。
どこの世界に100%勝てる戦やめる戦国武将がいるんです?」
カイト「なぜ100%と言いきれる・・・?戦もスポーツも勝敗は水ものだろ。」
丹羽「・・・まあね。
さて、彼女の喉をかっ切られたくなかったら、大人しく武器を捨ててもらいましょうか?」
カイトに詰め寄る兵たち。
翼「カイトさん!!これは私のミスです!私に構わず逃げてください!」
カイト「・・・・・・。」
翼「カイトさん!」
カイト「・・・あんた・・・ここの館長だって言ってたよな・・・例えば…」
展示品の壺を手に取るカイト。
カイト「この博物館の展示品が壊れたら、みんなあんたの責任になるんじゃないのか?」
丹羽「げえええええ!きみやめなさい!
それ会長がお気に入りの李朝の白磁器じゃないか!時価3000万だぞ!そいつを元の場所におけ!さもなくばこいつを殺すぞ!!」
カイト「あんたこそ翼さんを開放しろ!そのお気に入りの壺を割られたくなかったらな!
あああ、重くて手がしびれてきたよ~」
丹羽「まじで止めろ、てめえコラ~!!」
柴田「・・・・・。(・・・馬鹿馬鹿しい。ただの壺じゃねえか。)」
丹羽「わかった、返す!返すからそれよこせ!」
翼をカイトの方へ突きとばす丹羽。
カイト「ようし、ちゃんと受け取れ!」
壺を丹羽の方へ放り投げるカイト。
丹羽「馬鹿やろう!なげるんじゃねえええ!」
猛ダッシュして壺をスライディングキャッチする丹羽。
丹羽「うおおおおお!取ったど~!・・・・・・ん?」
壺の中に手榴弾が入っている。爆発する手榴弾。
丹羽「ぐわ~~~~!!」
部屋中に手榴弾の煙幕が広がる。

翼の手を取るカイト「にげよう!」
丹羽「追え~!ぶっ殺せ!!」
二人を追いかけようとする兵たち。
しかし煙幕で視界が悪く展示品につまずく。
丹羽「馬鹿!展示品に配慮して追うんだよ!」
柴田「いた!あそこだ!階段を上がって動物園に行くつもりだ!」
追手の柴田たちに対し、西洋の鎧などの展示物を倒しながら逃げるカイト。
丹羽「ぎゃああ!やめんか~!!」
兵たちは階段を上ろうとするが巨大な地球儀の球が滑り落ちてくる。
階段を逆走する兵士「うわあああああ!」
地球を受け止めて、階段の外に投げ飛ばす柴田「どっせい!」
階段の下の丹羽に呼びかける柴田「丹羽何やってる!来い!」
丹羽たちは追跡をあきらめ、帳簿をつけている。
丹羽「無理!壊れた収蔵品のリストを今日中に作成しないと…!ええとあと地球儀が1…」
柴田「うぬぬ・・・中間管理職が~・・・!お前らはついてこい!」
柴田の兵「は!」

走るカイトと翼「はあはあ・・・」
「あれも父のメモに書いてあったんですか・・・?」
「いや、アドリブ・・・」

48階 私設動物園
動物園に入るカイトと翼。
キリンに顔をなめられる翼「ひい!」
柴田たちも動物園に入ってくる。
柴田「探せ!」
翼「カイトさん入って来ました・・・!」
博物館からくすねた銃を持つカイト
「もうこうなったらやけくそだ・・・!」
背後にある大きな水槽を銃を撃ってぶち割るカイト。
柴田「銃声?」
二人を見つけ指さす兵士「御大将あそこです!・・・あ、あれは!」
柴田「なんだ!」
檻を開けられた動物たちキリンやダチョウ、シマウマの群れが柴田たちの方へ暴走してくる。
兵士「こっちにくるぞ!逃げろ~!!」
柴田「馬鹿もの逃げるな!うぬらそれでも男か~!」

動物園に入ってくる丹羽
丹羽「リストつけ終わりました…ネズミ退治は終わりました?・・・うお!!」
柴田が大暴れする巨大なワニの頭に乗って必死に顎を抱え込んでいる。
「柴田さん!クロコダイルダンディーにでもなるんですか!?」
柴田「馬鹿やろう!早くガムテープもってこい~!!(食われる!)」

49階への階段を上る柴田と丹羽。
柴田「東インド会社の野郎、あんな怪獣送りつけやがって…」
丹羽「さんざんこけにされましたね・・・ここらで我々の恐ろしさを見せてやりましょう。」

49階 織田軍統合参謀本部
部屋に入り、入り口を閉め、ドアの取っ手にライフルをかけて開かないようにするカイト。
カイト「これで少しは時間が稼げるね。ん?・・・何かおかしい?」
翼「いえ・・・なんか、私なんかよりもどんどん忍者っぽくなっていくなって・・・」
カイト「ははは・・・わりかし野球よりも向いているのかもね・・・」
「私の助けも必要ないみたいですね・・・」
「いやいや・・・」
無人の作戦本部の円卓に広げられた資料に目をやる翼。
翼「み・・・みてください・・・」
カイト「これは・・・」
翼「伊賀の…わたしたちの・・・内部資料がこんなに・・・なんで・・・」
カイト「・・・情報流出だ・・・伊賀の戦法やメンバーの戦力・・・隠し砦の位置まですべてのデータがあるぞ。」
翼「だからさっき100%勝つって…
うすうす感づいてたんだ・・・こんなことになってるんじゃないかって・・・」
ボードにはカイトと翼の人相描きが張りつけられている。
翼「これ・・・私達ですよ・・・」
カイト「そうだね・・・」
ボードの覚え書を読む翼「風間海人・・・百地翼の両名に注意せよ・・・
彼らはトップクラスの忍びである・・・
逆にそれ以外は多勢に無勢で押し切ればたいした脅威ではない・・・」
書類をめくり続ける風間「・・・いったい。」
翼「甲賀忍者に比べ、伊賀忍者の結束はもろい。
社長の丹波は金のことしか見えない強欲経営者。役員たちは足の引っ張り合いで、皆己のことしか考えてないものばかり・・・
風間と翼のいない忍者たちは戦の敵ではない。
これって・・・」
カイト「・・・俺たちははめられた。信長はこの城自体を“囮”にしたんだ・・・!」
翼「じゃあ今頃伊賀の国は・・・!!」

ドアを破って入ってくる柴田と丹羽。
丹羽「お察しの通り。会長はもうこの城にはいませんよ。
今頃全軍を上げて伊賀に攻め込んでいるはずです。
あなた方邪魔ものがいない伊賀をね。」
翼「見上げた悪党ですね…」
柴田「まあ見損なうな。わしはお前らなどそんな小賢しい手を使わなくとも伊賀忍者ごとき叩き潰せると思うがの。」
翼「なら今ここでやってみますか・・・?」
カイト「つ・・・翼さん!?急に何を言って・・・」
柴田「どういう風の吹きまわしだ?さっきまで逃げ回っておったのに。
わしの相手になる気か。」
翼「違います・・・二人まとめてですよ」
柴田「がっはっは!気に言ったぞ!翼とやら!
可愛い女の子に挑発されるとは、信長四天王もなめられたもんだのう丹羽よ!」
丹羽「あれだけの美術品を壊したんだ、なんにせよただで返す気は毛頭ありませんよ。」
翼「カイトさん・・・・・・約束は覚えてますね・・・」
カイト「まさか・・・」
翼「私があの二人をひきつけてる間に逃げてください。
そして一刻も早く伊賀に戻り、ここで見たことを皆に・・・!」
カイト「オレも戦うよ・・・!」
翼「相手は信長四天王です・・・!
たとえ二人で戦っても殺されちゃいます。
ならば、どちらかだけでも逃げ延びれば、それは勝利なんです。」
カイト「そんな・・・」
翼「今日で分かった・・・カイトさん、あなたはもう立派なプロの忍びです・・・
プロの忍びはときに冷静に判断しなければいけない。
だから・・・私の合図で逃げてください・・・
そして・・・お父さんを助けて・・・」
カイト「翼さん・・・」
二人との間合いを詰める四天王。
カイト「絶対助けに戻ってくるからね・・・」
翼「待ってます・・・」
翼「3・・・2・・・1・・・今です!」

柴田と丹羽「!」
書類が巻き上がり、一瞬敵の姿を見失う信長四天王。
丹羽「この葉隠れの術・・・!」
頭上に翼が移動している。
柴田「上か!」
翼「もらった!」
刀で切りつける翼。
柴田の頑丈な肉体には全く効かない。
翼「嘘っ!?」
落下してくる翼に拳を振るう柴田「ぬうん!」
柴田の鉄拳がかする翼「ぐあっ!」
柴田「うむ。よくぞかわした。」
着地する翼「はあはあ・・・かすっただけでこの威力・・・」
間髪入れず万年筆がつきだして来る。
翼「くっ!」
丹羽「敵は他にもいますよ。お忘れなく。」
忍び刀を抜き振るう翼。ぎりぎりでその攻撃を発注書のボードで受け止める丹羽。
丹羽「踏み込みが甘いねえ翼ちゃん。
もっと殺す気で来ないと相手にならんよ!ほらほら」
万年筆をかわすので精一杯の翼。
丹羽「ソードダンサーと呼ばれた二年前なら勝てたかな・・・?」
翼「うう・・・!」
丹羽と戦ってる翼を二人まとめてぶん殴ろうとする柴田。
丹羽はよけるが翼はまともに食らって吹っ飛び壁に叩きつけられる。
翼「ぐあああ!」
柴田「こらあ丹羽!きさま何故わしの戦いに手を出すのじゃ~!」
丹羽「しかたないでしょう。一人逃げちゃったんだから。」
柴田「きさま~!なぜそっちを追わん!」
丹羽「あの男の子逃げ足が早くて、見失っちゃったんですもん・・・!」
ボロボロの翼が笑う。
二人「?」
翼「逃げてくれたんだ・・・ありがとうカイトさん・・・」
丹羽「なんか喜んでいますよ」
柴田「サイテーの彼氏だと思うが・・・」
よろよろと立ちあがる翼。
丹羽「柴田さん、なんか様子が変ですよ。
男に捨てられておかしくなっちゃったんじゃ…」
翼「あの人はそんな人じゃない・・・!
あの人は弱い人の頼みは絶対断れない正義の忍び・・・
人のあるべき姿なんだ・・・!」
ベストから何かを取り出す。
柴田「む!あれは・・・!」
翼「・・・最期に信長四天王の首を取れれば上出来かな。」
丹羽「高性能黒色爆薬だ!やめろ!このフロアには武器庫も・・・!」
翼「さらばです、カイトさん・・・!」

50階 隠し飛行場
格納庫にはヘリやセスナ機が並び、奥には滑走路がある。
カイト「そうか・・・緊急時にはこれがあるから非常階段がなかったんだ・・・
これを使えばここから逃げられる・・・!翼さんを呼んでこよう!」
その瞬間下の階で大爆発が起こる。
カイト「つ・・・」
「翼さ~~~ん!!!」
Calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267