ハリーハウゼン→ティペット→ミューレン

 映画『タイタンの戦い』が3D映画でリメイクされているそうです。「ショウビズカウントダウン」ではナレーションの人に「ヒットはしているものの、本国の批評家に“映像だけはすごいが話はかなり大味”と酷評されています」と紹介されていたので、ちょっと期待はできない?
 しかし最近ギリシャ神話系の話、多いような気がします。進化論音痴のアメリカでこのように文化面から神の存在証明をされてしまうと、まったく科学も打つ手ないぜ~って感じですが、別にそこまで深い意図はないんだろうな。
 ただ今アメリカっていろいろ変革の時期であるような気もするから、超自然的存在に憧れを持ってしまうのだろうか・・・日本も宗教が流行る時って大体社会が混乱してますからね。平安時代にしろ、鎌倉時代にしろ。

 で、昔の『タイタンの戦い』って私小さい頃、怪物の動きのあまりの気持ち悪さにトラウマになった映画なんですが、あの怪物のアニメーションを手掛けたのが、『恐竜データブック』でもその名を輝かせている恐竜映画の大御所レイ・ハリーハウゼンです。
 あの技術はNHK教育テレビの「ニャッキ!」などで用いられている「ストップモーションアニメ」なのですが、これは静止した粘土のキャラクターを少しずつ動かしながら、アニメのようにコマ撮り撮影していく、とんでもなく大変なアニメの手法です(「ニャッキ!」は神業!ただ小学生の頃やってた初期の話の方がブラックで好きだったw)。

 あれから2,30年で、映像はずいぶん進歩したな~って感じですが、なぜハリーハウゼン氏のアニメーションが気持ち悪かったかと言うと、あんな動き実際は存在しないからなんだと思います。
 大学の先輩に頂いた『RIVEN』というゲーム(有名ゲーム『MYST』の続編)があるのですが、このゲームの世界に浸った時も『タイタンの戦い』のトラウマが戻ってきて、とても怖くなりました(ただこのシリーズ結構好きです。『EXILE』のメインテーマとか最高!)。
 つまり『タイタンの戦い』のストップモーションも『RIVEN』も「動きにブレがないんです」!これが気持ち悪い。

 その後フィル・ティペットという大先生が「ゴーモーションアニメ」という技法を確立してくれるのですが、これはあの伝説的映画『ジュラシックパーク』に採用されるはずだった技法で、コンピュータ制御されたラジコンのようなミニチュアをカメラで連続撮影するわけです。
 このティペットが手掛けた「ゴーモーション版ジュラシックパーク」は、最終的にデニス・ミューレンらのCG技術が採用されたためお蔵入りとなりましたが、DVDの特典映像として見ることができます。
 これは、今のCG映像と比べれば見劣りするのは仕方ありませんが、それでも動きの付け方が秀逸で、『ジュラシックパーク』の恐竜の映像にゴーモーションが不採用となり「これで私も恐竜と一緒で絶滅だ」と落胆していたティペットは、結局ゴーモーションで培ったミニチュア模型に動きをつける技術を活かし、CG恐竜の演技を監修してくれました。

 この人の動きの技術がいかに凄かったかは、ティペットがスタッフから降りた続編『ロストワールド ジュラシックパーク』の恐竜の動きが、ちょっと前作と比べるとインパクトがないな、と感じることからも解ります(少なくとも私はそう感じました)。
 そして『ジュラシックパーク』シリーズから決別したティペットは『スターシップ・トゥルーパーズ』でアラクニドバグズを大暴れさせます!

 ・・・で何が言いたいかと言うと、いくら技術が進んでもその裏には職人魂があるというわけで・・・とにかく今回の『タイタンの戦い』には動きの「ブレ」はもちろんあるだろうし、30年で動きの不気味さはかなり無くなったなあ・・・という気持ちです。

パクリ交雑論

 明日から開催の上海万博。公式テーマソングが日本のアーティストの曲とほとんど同じだとか、公式キャラクターのデザインもほとんどガンビーくんとか、連日テレビがネガティブキャンペーンをやってくれちゃっていて、中国の方も「パクリこそ中国の文化だ!」と居直っているらしいですが、私としてはあまり「あれもパクリだ、これもパクリだ」と、類似点を探し出すのも趣味が悪いな、と思うんです。
 そんなことやったらきりがないですからね。

 おそらく全ての創作は、なにかしらの作品から影響、着想を受けて作られているだろうし、それは作品だけに限らず、その当時の歴史、文化、学問全般に及びます。
 しかしその一方「著作権」という概念があって、これは夏目房之介さんが『マンガ学への挑戦』で詳しく論じてくれているので、あまりここでは深く掘り下げませんが、著作権には大きく「作家を守るための著作権」と「そのような作品を共有する社会全般を守るための著作権」という概念があって、日本ではそれは主に前者の意味で使われることが多く、その点においてもこの国が「作家主義的」であると言えます。

 ただ私は「ちょっとここが似ている」とか、いちいち重箱の隅をつつくような状況はあまり好ましくはないと思います。
 私は新たな創作というのは進化と一緒で「交雑」であると考えています。つまり進化が遺伝子プールのシャッフルならば、創作というのは「ミームプール」の掛け合わせであり、それ以上のものではない。
 だから新しさというのは単に交雑の度合いによって決まるのであり、「これはあれとそっくり!」と言われてしまう作品は交雑の度合いがちょっと低いのかもしれません。
 たとえば映画『第九地区』はジェフ・ゴールドブラムの『ザ・フライ』と似ているところがあるのですが、それでもあの映画に新しさを感じるのは『第九地区』が「南アフリカのアパルトヘイト問題」や「CBSドキュメント」と『ザ・フライ』を交雑させたからなのではないか?と思うのです。

 万博のパクリとちょっと違うのが「海賊版」なんですが、中国のように文化として横行すると、作家の収入が減っちゃうかもしれないので(印税とか、著作権料が入らないとか。よく分かりませんけど)、それは最終的に社会に負のフィードバックをもたらすのかもしれませんが、岡田斗司夫さんの言うように「あまりいちいち目くじら立てるな」という人もいます。
 ガンビー君を考えたクリエイタ―にとって、自分の考えたキャラをああいった万博のような場で堂々とパクられ、似たようなキャラクターを作られるのは、モチベーションが下がる嫌なことだと思いますが、ガンビー君をそのまま安く売る分にはあまり腹も立たないのかな?と。
 確かにブックオフなどの中古書店や、ネットのグレーゾーンのファイルの共有などによって困るのはクリエイタ―ではなく出版社などの売り手で、クリエイタ―としては「一人でも多くの人に自分の作品を楽しんでもらいたい!」と言うのが第一なんでしょう。あとはそこそこ食って行けるお金があれば、もう十分だと。
 
 中国の海賊版は中国人のモラルどうこうではなく、貧富の格差が激しい社会の構造が原因のような気もするので(正規品が高すぎて、所得が低い人には手が出ない)、なかなかあれをすぐに撲滅するわけにはいかないのでしょうね。

さまぁ~ずとアントン・イーゴー

 ブログを始めて一回やってみたかったのが、カレンダーを全て記事で埋める「フルコンボ」。四月はいい感じできたので、ここまできたら全部埋めてやれと、どんなしょうもない記事でもとりあえず書き、ついにフルコンボ達成することができました。まあ、もうやることもないでしょうが・・・

 今回掲載した『アリス・イン・ワンダーランド』の脚本。なんだかんだいって私の脚本の中では執筆に三日かかり、難産な方でした。こうしてみると、いかに本家『アリス・イン・ワンダーランド』のスタッフが苦労したかが解ります。
 これは確かにもうバトルアクションファンタジーにするしかないな。と。
 しかし今回は原作の(あげ足取りのような?)会話劇の雰囲気も極力残すように心掛けました。後半はさすがに無理でしたが。

 ちなみに赤の女王の新兵器、飛行船は1850年あたりにフランスで開発はされているのですが、ガソリンエンジンを積んだ立派なものは20世紀まで登場しませんでした。本作は1871年の話なのですが・・・アリスの想像力がジュール・ヴェルヌ並にすごかった(←潜水艦を考えちゃった)ってことで勘弁してください。

 またこういう原作があるものを自分なりに創作する「二次創作」って思えば生まれて初めてかもしれません(同人誌にしようかな)。
 このような機会をくださった映画『アリス・イン・ワンダーランド』・・・そしてなによりルイス・キャロル氏の『不思議の国のアリス』には、感謝してもし足りません。まあ、勝手に書いたんですけどね。

 『レミーのおいしいレストラン』というアニメ映画に「アントン・イーゴー」という辛口料理評論家(グリム・リーパーならぬグリム・イーター)が出てくるのですが、ラストシーンにおいて彼は「例え評論家にこきおろされ三流品と呼ばれたとしても料理自体の方が評論よりも意味がある」という「評論論」を語ります。
 評論するには、それが良作だろうが駄作だろうと、作品がなければできないわけで、評論の対象(ここでは料理)を創作する人間に、まずは敬意を示すべきであるということなのでしょう。

 これと同じことをこの前テレビで、肩の力を抜いた感じのお笑い芸人「さまぁ~ず」も言っていたのが驚いたというか、ちょっと感動しました。
 この人たちが普段決して見せないようにしているであろう、芸への真摯な姿勢が垣間見えたというか・・・さまぁ~ず曰く「お笑いとはまずネタの枠組みを考えた人(ここではつぶやきシロ―氏。つぶさん)が偉いのだ」と言います。
 でもこういう視点って、物を作る人じゃないとなかなか気付けないんですよね・・・・参りました。

『アリス・イン・ワンダーランド』の脚本⑨

「最終章 プロモーション」

赤の女王の玉座にやってくるアリス
赤の女王「これで役者がそろったわね・・・はじめましてアリス・・・あなたの武勇伝はいろいろ聞いているわ・・・」
アリス「すぐに白の王国から出ていきなさい!下ではあなたの軍隊はもうぼろぼろよ!」
赤の女王「いいのよ、兵隊なんてどうなっても・・・このゲームで重要なのは王をとること。そして私は王を取った」
力なく笑う白の女王
アリス「まだ私が残っているわ・・・!」
赤の女王「なんですって?」
玉座に姿を現すチェシャ猫「くっくっく・・・そうだな・・・あんたもこれで女王だなあ・・・」
赤の女王「どういうこと?」
にやつくチェシャ猫「知らないのか?女王の位置にまでたどり着いた歩兵は好きな駒になれるのさ」
アリスの頭上に大きな王冠がかぶさる。
チェシャ猫「これであんたはこの世界の王だ・・・さあどうする!?いっとくがこのゲーム引き分けはないぜ?どっちかを勝たせなければ終らねえ・・・」
アリス「そうなの?」
チェシャ猫「さあ選ぶがいい・・・“停滞”の白か・・・“変革”の赤か・・・それによって世界は変わる・・・」
白の女王「アリス・・・お姉ちゃんはいいのよ。別に自分の人生がどうなっても・・・あなたの好きなように決めなさい・・・結婚だけがすべてじゃないわ・・・」
アリス「え・・・ロリーナ姉さん??」
赤の女王「姉さんったらなにをいっているのかしら?この国は変わりつつあるの。良家の女はロンドンの実業家と結婚するしか生きる道がないんだから・・・そんなこと十分わかっているわよね?アリスお姉ちゃん?」
アリス「イーディス・・・???」
頭を抱えるアリス
チェシャ猫「さあ・・・あんたが決断しないと、戦争は永遠に繰り返されるぜ・・・?」
アリス「うるさい!!・・・キャタピラー先生は言った・・・あたしがこの世界の王になれば・・・この世界を私以外の人にも見せることができると・・・それって一体どういうこと・・・ああああ・・・思いつかないわ」
チェシャ猫「さあ!」
赤の女王「さあ!」
白の女王「さあ!」
白の騎士「アリス・・・!」
アリス「白の騎士さん・・・私にはもう分からない・・!なにを決めればいいの・・・!?なんで私は“それ”を決めなければいけないの??」
白の騎士「考えるんだ・・・!答えがない問いは裏をかえせばどんな答えも正解なんだ!」
アリス「え・・・!?」
兜を脱ぐ白の騎士。白の騎士はレオポルドそっくりだった
白の騎士「きみにはわかっているはずだ・・・!自分が何をすべきかを・・!アリス・・・!」
アリス「・・・そうか・・・解った・・・そうよ・・・この問いの答えは・・・!!」
(アリス・・・アリス・・・!)

レオポルド「アリス!アリス!」
クローゼットの部屋の全身鏡の裏で眠っているアリス
アリス「ん・・・ん~ん・・・」
パパ「よかった!目が覚めたかい?心配したんだよ?」
ホームズ「ん~ふっふ・・・御覧の通りでしょう?」
ママ「どういうことでしょうか?」
ホームズ「簡単なことです。彼女はあなた方家族にないがしろにされていると思った。そこでわざと隠れ姿を消すことによって、自分が家族の中でどれだけ重要視されているかを確認したかったわけです。
つまり彼女は最初から家出などする気はないわけで、いるとしたら屋敷の中になります。この時期日が暮れると冷えますからね。まあ、ずっと隠れ続けることは不可能ですから、お腹が減るのを待っても良かったのですが・・・」
レオポルドを見つめるアリス「白の騎士さん・・・?」
レオポルド「え??」
イーディス「幸せな奴・・・まだ寝ぼけてる。」
ママ「アリス!ごめんなさい・・・あなたの心をどれだけ傷つけているか母さん分からなかった・・・馬鹿だったわ・・・!」
アリス「いいのよ、ママ・・・私も心配させてごめんなさい・・・」
レオポルド「とにかく本当に良かった・・・!」
アリス「レオポルドさん・・・私にも解ったの・・・カラスと書きもの机の似ているところ。」
一同「??」
レオポルド「・・・なんだい?」
アリス「・・・それはどちらも“羽があれば自由になれる”・・・!!
・・・私・・・将来についてなにをすべきかわかったわ・・・」
微笑むレオポルド。

書斎
羽ペンをはしらすアリス。

数年後。リデル邸。黄金の昼下がり。
純白のウェディングドレスに身を包んだ美女が幸せそうにブーケを持っている。
「おめでと~!」
受付「結婚式に参列する方は、こちらに御記帳願います。」
花の入ったかごを持つ少年「兄ちゃん、今日結婚する人って誰だけ?」
少年の兄「お前白ウサギやドードーを知らないのか?あの『不思議の国のアリス』を書いた女流作家・・・アリス・プレザンス・リデルさんだよ!」

『アリス・イン・ワンダーランド』の脚本⑧

「第八章 キャッスリング」

アリスを問い詰める赤の騎士「言え!さもなければ、お前ののどを掻っ切る!」
アリスを見つける白の騎士。交戦中の兵士を倒し、アリスの方に近づいてくる「アリス!」
アリス「来ちゃダメ!!」
赤の騎士「ほ~う・・・あの男のようだな・・・お前ら!ジャバウォックなど相手にするな!あの男を殺せ!八つ裂きにするのだ!!やれ!」
赤の兵士「はは!!」
アリス「やめて~!!」
帽子屋「赤の騎士殿!女王陛下から伝令が届いております!白の女王退位!」
赤の騎士「なに!?」
帽子屋「それと・・・お茶の時間です!」
ポットに入った熱いお茶をかける帽子屋
赤の騎士「ぎゃあああああああ!」
赤の騎士を振りほどき駆けだすアリス「ありがとう!」
帽子屋「いっぺんこいつにやってみたかったんだ。」

白の騎士に集中して向かってくる赤の兵士
ユニコーン「旦那やばいぜ!」
白の騎士「これまでか・・・!」
赤の兵士が白の兵士に吹っ飛ばされる。

マウス「まちやがれ!」
急停止する赤の兵士
振り返ると、不思議の国と白の王国の住人が武装して並んでいる。
アリス「みんな・・・」
マウス「今こそ団結し不思議の国を守る時・・・!!俺たちで俺たちの戦いを終わらせよう!そして・・・勝利するのだ~!!」
赤の兵に突撃してくる動物たちと白の軍団
笑いながら跳ねまわり兵士たちに蹴りを入れる三月ウサギ
足にかみつくマウス
疾走する鳥たちは、兵士たちを踏みつけていく
トランプ兵は槍で赤の兵士をひっくりかえす

二転三転する状況を楽しんでいるチェシャ猫「なるほど・・・」

赤の騎士「く!ひるむな!かえりうちにしろ!」
赤の兵士「しかし、これで敵の数は我々を大きく上回りました!撤退すべきでは!」
赤の騎士「騎士は退かぬ!!みておれ・・・」

白ウサギ「無事でよかった・・・アリス」
アリス「グッドタイミングだったわ・・・ありがとう・・・」
白の騎士「ウサギくん、勲章ものだぞ!」
白ウサギ「ぼくは臆病でひとりでは戦えないけど・・・みんなとなら・・・」
アリス「ええ・・・闘いましょう・・・!」
白の騎士「女王陛下を助けなければ・・・!」
アリス「でもどうやって上に・・・!」
グリフォン「よう、こっちはなんとかなりそうだぜ・・・」
アリス「ねえあなた・・・!飛べる?」

飛行船に連行される白の女王「・・・お久しぶりね・・・」
赤の女王「勝負はついたわ。これで私の勝ち。あなたの国もこれで“豊か”になるわ・・・」
微笑む白の女王「あのすすと埃だらけの汚い都市が豊かなわけね。」
赤の女王「まあそういうこと。変化は避けられないのよ・・・」
白の女王「いいでしょう・・・これも運命です・・・お好きになさい」
赤の女王「その態度が腹立つのよ・・・!なぜお前は感情が無い!?」
白の女王「さあ・・・全てをあきらめ続けてしまったからかしら・・・?あなたは変化を好み、私は変化がない・・・「変化がない」ということはつまりは「何もない」ことと同じだもの。」
赤の女王「我が姉とは言え哀しい女・・・」
微笑む白の女王「ありがとう・・・こんなつまらない人間の相手をしてくれて。」

アリスと白の騎士を乗せて羽ばたくグリフォン「まったくこれでも俺は大卒なんだぜ?」
アリス「あの飛行船に向かって!」
グリフォン「アイアイサー!キャプテン。」
赤の騎士「待て~!!!」
アリス「あいつまだ追ってくるわ!!」
振り返ると赤の騎士がジャブジャブ鳥に乗ってこちらに飛んでくる。
アリス「グリフォンさん急いで!!」
グリフォン「おいおい冗談じゃねえぞ!!これじゃあスピードが落とせねえ!飛行船にできるだけ近づくから飛び移ってくれ!」
アリス「ええええ!?」
アリスのすぐ横を銃弾がかすめる
ジャブジャブ鳥の上の赤の騎士がマケット銃で銃撃している
グリフォン「まじかよ、あいつ!!いかれてるんじゃねえか!」
グリフォンは旋回し銃弾をよける。
銃弾は雲のようにもくもくと立ち上った煙に当たる。
赤の騎士「ちょこまかと・・・!!」

銃撃されるグリフォン「いて!羽根に当たった!」
白の騎士「大丈夫か!!」
グリフォン「あのペリカン野郎・・・ゆるせねえ!」
ジャブジャブ鳥の方に引き返すグリフォン
ジャブジャブ鳥とすれ違う刹那、ジャブジャブ鳥の顔をひっ掻くグリフォン
ジャブジャブ鳥はひるんでコントロールを失う
赤の騎士からヴォーパルの剣を盗むグリフォン「へっへ~いいもん頂き~おっさん銃に頼り過ぎだよ。」
赤の騎士「おのれえええ!!」

飛行船に急接近するグリフォン「いいか!うまい具合に飛んでくれよ!」
アリス「怖いわ・・・」
白の騎士「大丈夫、きみならできる・・・!」
アリス「一緒に飛んでくれないの?」
白の騎士「私はこの怪獣と共に赤の騎士の相手をせねばならん。さあいくんだ!」
飛行船の開きっぱなしの搬入口に近づいた瞬間、飛行船に飛び移るアリス
飛行船の床にぶつかり、転がるがパイプを掴んで、落下を防ぐ

白の騎士「見事!!」
銃に弾を込める赤の騎士「まだ終わってない!」
ヴォ―パルの剣を構える白の騎士「その通りだ!物語はまだ始まったばかりだ!」

飛行船に乗り込むアリス
船員「きさま!どこから入った!!」
アリス「私の名前はアリスよ!女王に会わせなさい!!」
船員「う・・・」
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272