漫画を作る手順

 いやー漫画が大変…全然進まない。全然終わらない。ツイッターでもつぶやいたけど、プロの漫画家ってそれこそ一日中描き通しなんだなってことを肌で実感しました。これ比喩じゃないぞ!

 私もちょっと偉そうに、漫画業界を知った気になっていましたが、想像するのと実行するのは大違いだ。よく漫画家で「締め切り前は修羅場ですよ」とか言う人がいて、漫画家を目指してる人はそう言うセリフに憧れたりするんだけど、やめといたほうがいいよ。あれ冗談じゃなく、本当だから。

 余計なお世話かもしれないけど、漫画家志望の人は俺は“実際に”24時間以上漫画を描き続けられるのだろうか?って考えた方がいいと思う。そこまで漫画を描くの好きじゃねえなって思ったら、少なくとも商業誌で週刊連載をする漫画家は諦めよう。悪いことは言わないw
 あの世界は一冊の雑誌を作るのに、とんでもなくたくさんの人がそれこそ不眠不休働いているから、新人ごときが締め切りを破ったら、大勢の人に迷惑がかかってみんなになぶり殺しにされると思う…

 私は週刊連載なんてやんなくて本当良かったと思っている。これは連載会議で落ちた負け惜しみじゃなくて本当に。
 10代の頃って馬鹿だからそういう仕事の大変さを分かっていなかったんだよね。編集者が「アシスタントは少なくとも3人はつけます」って言った時も「別に一人で描けるよ」とか思ってたもの。

 で、その後、作画クオリティが半端無いプロの漫画家さんの仕事に対して「確かにすごいけど、これたくさんのアシスタントを雇って描いているんだよ」とか言ってたけど、やっぱりアシスタントを7人雇っていようが毎週19枚の原稿をあげるのは超人的。
 仮に私にアシスタントが7人いたとしてもやっぱり7日で19枚は終わらせられないと思う。アシスタントに指示を与えたり、その仕事をチェックしたり、場合によっては修正したりと、気を使う作業はむしろ増える気もするし。

 今回の件を思い返せば、ちょっと作業の見通しが甘かったのかもしれない。私の脳内スケジュールではトーン貼りなんて二日もあれば終わるだろとなめていたのですが、まあ結局終わったんだけど、おかげでまったく寝れなかった。
 こんなに無理したのは教育実習以来だろってほどきつかった。こんなの繰り返してたら本当体壊すよ。
 今後こういう事態に陥らないためにも、この作業は大体これくらいの大変さでこれくらいの時間がかかるから、この日数を割り当てようというように、漫画製作の各作業を見なおしてみようと思う。

 私が漫画を作る時の手順は大体いつもこんな感じ。

①イメージを膨らませる(所要時間:?)
 「考えるな感じろ」が嫌いとか言いながら、一番最初は抽象的な視覚イメージから入ることがほとんど。このシーンかっこいいな、とかビジュアルを大まかに空想していく。
 あとけっこう自分の実体験がものを言ったりする。こんなことあってこういうこと考えたんだよな、それをみんなに伝えたいなあとか。

②シノプシス(所要時間:2時間ほど)
 大体の話の流れを決めて、それに肉付けをしていく。世界観や設定、登場人物の適当なリストを文字に起こす。画は描かない。絵嫌いだから。だから登場人物の顔はまだ決まってない。
 この段階はサラリーマンとかで言うと企画書づくりって感じ。先生だとレジュメって感じ。

③プロット(所要時間:数時間)
 シノプシスのあらすじをもう少し発展させていく。なにせ登場人物がいるわけだから、物語の流れに沿って思考実験ができる。この段階で登場人物に“キャラ”ができてくる。口調やリアクションとか。『80日間宇宙一周』の時はこの段階でミグのキャラクターや立ち位置が若干変わった。
 物語の展開はこの段階でほとんど決定する。細かい伏線もここで決める。伏線がちゃんと回収できるように、伏線シーンのとなりに「このシーンの伏線」って身も蓋もなくメモってあるから、本当ネタばれ文書(笑)。

④取材(所要時間:一か月~長い場合半年)
 取材って言うと大げさだけど、SFや歴史物の場合この段階でたくさんの本を読んだりする。その半分くらいは本編に反映されなかったりするんだけどねw
 大学に通ってた時は大学教授に漫画ということは隠して専門的な質問をしたりした。向こうは「いやー熱心な学生もいるもんだなー」と勘違いし、私は漫画が面白くなってどっちもハッピー。最近はもっぱらツイッターでイラク戦争で使った戦車の種類を聞いたりしています。
 この取材で得た知識が物語に大きく影響を与えることもあるので、その場合はプロットを若干修正する。前のを没にして丸々描き直すこともあります。

⑤脚本(所要時間:早い時は一日、かかると数週間)
 高校生の頃ページ数の決まった短編(『抽選内閣』)を描くようになってからやり出した作業。
 物語に沿って全てのセリフを決定する。ト書き形式。脚本はパッとできる時もあればかなり難産な場合もある。その差が分からないけど…例えば『イッツアドリームワールド』や『ダブルスピーク』は数時間で完成しちゃったけど、『ラストパーティ』とかなんかは結構かかった。
 脚本はオフィスのワードで作っているんだけど、シーンをカットしたり追加したり、シーンの順番とか変えたい場合、ワードはすごい便利。高校の頃はノートに書いてたけど、その時は鉛筆で書いた文章を消したり描き足したり大変だった。
 また私が普通の漫画家のようにネームの段階で話を決めないのは、シーンの変更がネームでは面倒くさいからだ。つーか無理。

脚本.jpg

⑥ネーム(所要時間:一日に10枚前後。場合によっては一日で一話分26枚描けることも)
 漫画の8割はネームで決まるといわれるけど、確かにネームでカメラアングルやコマ割り、漫画の具体的ビジュアルがほとんど決定される。
 漫画家さんによってはネームでプロットや脚本に当たる作業をまとめてやる人もいるから、そうなるとネームの重要度は半端無い。
 別にネームはキャラの絵とか最低「へのへのもへじ」でもいいんだけど、浦沢直樹先生みたいに下書きと言っていいほどかなり絵としてちゃんとしたモノを描く人もいる。
 紙にはルーズリーフを使う人もいるけど、私はこのネームの絵を“下書きの下書き”として使うので大学時代までは原稿用紙大のB4のコピー用紙で描いていた。今はA4サイズのノートに描いている。画が一回り小さくなるけど、こっちの方が友達に読ませる時、本みたくなるので便利。保管もしやすいし。

える下書き.jpg

⑦作画(所要時間:一日3~5枚。)
 ネームの下書きの下書きをトレースする。そこでトレースした絵をさらにトレースして線画を完成させる。ずっとトレース台の光を見ているので目は疲れるし、けっこうめんどうくさい。
 昔はインクでなぞってたんだけど『超音速ソニックブレイド』からはデジタルコミックってことで丁寧に鉛筆でなぞった絵をスキャナーで取り込んで、それを二階調化している。いまいましいペン入れがなくなって本当せいせいしてますw
 ちなみに私は絵を描くよりも話を考える方が好きなタイプなので、作業としては⑤か⑥を終えた時点で飽きていることが多い。

える線画.jpg

⑧エフェクト(所要時間:そんなかからない)
 コマによっては集中線やオノマトペを付け足すことがあるんだけど、いまはデジタル的に合成している。インクの時代は一回描いちゃったら最後変更はきかなかったけど、位置や大きさも変えられて便利なんだ。
 場合によっちゃ別の紙に描いた背景や小物(湯のみとか)もペーストして加えたりする。

⑨スクリーントーン(所要時間:一日4枚)
 デジタル作業になったから、手で貼り付けたころよりもずっと楽になったかと言われれば実はそうでもないかもしれない。気軽に貼れて修正も効く分、際限がなくなって貼る量がずっと増えた気がする。
 なにしろデジタルでは、髪の毛にだって貼れるからね。アナログじゃ普通髪の毛なんかに貼らないよ。前髪のギザギザ部分なんかはカッターさばきが面倒くさいし、はがれるし、欠けちゃうから、ベタで処理していたんだ。
 この作業を先月なめていて偉い目にあったというわけ。寝ずにやったら一日10枚近く貼れるけどお勧めしない!

えるトーン.jpg

⑩写植(所要時間:トーンと合わせて一日4枚ほど)
 吹き出しの中のセリフを手書きの汚い文字からフォントにする。普通漫画家はこの作業はせず、編集者がどの文字をどれほどの大きさで使うか指定し、それをもとに印刷会社の人がフォントにして原版を作ってくれるんだけど、うちのサイトはこの作業も作家持ち。面倒だけど、キャラの台詞にこだわる人はいいんじゃないだろうか。勝手にセリフ変えられる心配もないぜ。

える完成.jpg

 完成。…とこんな感じで作っています。けっこう面倒くさいでしょう??

さらば親知らず

 私のブログにしてはなかなかの日記的記事であるw。とにかく歯磨きがメチャクチャしにくくて虫歯になりもろくなり半分がポロってとれちゃった、はた迷惑な親知らずをついに抜いた。

 私の顎には計四本の親知らずがあって、そのどれもが総合病院の先生曰く「墓場まで持っていけない」ものらしいのだけど、一年ほど前に右の上下の歯は総合病院の口腔外科の大手術で抜いてもらって、左の上の歯を今回抜いてもらったから、残すは左の下だけ。
 私の下の親知らずって顎の中に横倒しに埋まっていて、こいつは本当普通の歯医者じゃ抜けないものだし、こいつを手術で抜くとすごい腫れて顎が開かなくなるんだ。
 確か1,2週間は顎を動かすたびに電撃的痛みが走って何を食べてもおいしくなかった気がする・・・あれは辛かった。食事位しか生甲斐がないのに。

 今回抜いてくれた先生は右の上下の歯を抜く際に総合病院に紹介状を書いてくれた人なんだけど、すっごい丁寧な先生で「今日決心がつくのでしたら抜きますけど・・・」「ぬいて」と即答しちゃった。一カ月以上待たされているからね。これがインフォームドコンセントか!
 しかし虫歯によって欠けに欠けた歯だったから、つまむのに大変そうだった。ネジネジやられてグリグリやられてゴリゴリやられて「この道具じゃダメだわ~あれかして下さい」とかあって三度目のトライで抜けた。神経的には麻酔で何ともないけど、やっぱけっこう物理的に痛いw

 総合病院で上の歯を抜いてもらった時は、まだ原形をとどめていたからか、0.8秒ほどの一瞬でポンと抜けた(下の歯は20分以上かかったのにえらい落差だった)んだけど、あの一瞬の痛みは今のところ人生で味わった痛みの中でもベスト3くらいに痛かったので(ちなみに一位は大腸の内視鏡検査)、それよりも痛くはなくて良かった。あ、でもすごい痛かったけど・・・0.8秒の時と比べれば相対的に痛くないってことね。

 実は二週間ほど前親知らずの虫歯が本当煩わしくなって、たまらず塾が休みの日に自転車で別の歯医者行っちゃったんだけど(一カ月も待ってられなかったw)、その時虫歯にかぶせられた応急処置の薬をその先生が見て「なんかかぶせられているんですけど何かありました?」って聞いてきて、ちょっとあわあわ。
 浮気が発覚したような亭主の心境を味わったけど、ここでウソついてもしょうがないので「すいません浮気しました」って白状した。
 で「これかぶせた人誰だろう?うまいなあ」ってwどっちの歯医者も近所では腕のいい歯医者だったので(だから待たされる)治療の後を見ると相手の実力が分かるもんなんだろうねwそこがちょっと面白かったです。

 まあこれで恐る恐るの歯磨きの日々も終わったってことだ。今日は歯磨きしちゃダメって言われたけどね。「抜いた後の穴にゴミが入ってもそのまま歯茎に埋まったりしません」ってw

『働かないアリに意義がある』

 創刊一周年(歴史がねえw)というメディアファクトリー新書。著者は長谷川英祐さん。日本のエドワード・ウィルソンの如くアリやハチといった真社会性昆虫を、とんでもない忍耐力で観察・研究する社会生物学者だ。
 どんな集団でもその内の2割は怠けてしまうという「パレートの法則」をアリのコロニーで実際に確認した際、どっかの新聞の読者投稿欄に「暇なんですね~」と茶化されたらしいが、冗談じゃない。
 あんなちっこいアリを毎日カウントし行動を常に記録するわけだから、スタッフの一人が赤いおしっこを出したのも頷ける。趣味的かつ地味だがとっても過酷な仕事なのだ。

 さてあとは例によってツイッターのペースト。最近本当に締め切りがやばくて、毎日夜を徹して描いているんだけど、それでもギリギリになりそうなんだ。定期的にブログを見に来てくれる人には本当悪いけど、勘弁な~(c)金八

 『働かないアリに意義がある』読了。ハミルトン則の第3章は分かりやすくて良かったけど、綾波レイが出てきた第4章が急に難しくて謎。引用の仕方も分からないし。説明が難しいからってアニメキャラだしてごまかすなよw

 あと第5章の最後で急に経済のグローバル化の話をしだしてそこがそこらの経済学者よりも話がずっと面白く示唆にあふれていた。この本の白眉だ。
 そーいや東京ドッグさんが教えてくれた「チート」って言葉がこの本でも出てきたwフリーライダー(タダ乗り野郎)のことらしい。

 ひとくちにアリやハチ(真社会性昆虫)といっても、その社会の実態は種によってかなり違う。面白いのはオスと交尾しながらも女王の遺伝子系が結局変わらない奴とか、王も女王も遺伝子系が結局変わらない奴とか(ワーカーの遺伝子系はちゃんと半々で交わる)w
 要はクローン帝国が一番血縁選択的にはいいんだろうけど、そうするとひとつの要因で共倒れの危機が。あと分業が上手くいかない。反応閾値の多様性がなくなるから(小難しい専門用語である「反応閾値」を「仕事をやる際のそいつの腰の重さ」と要約したのはうまい)。
 私が一番気になったのは、どういう了見で単数倍数性(受精卵からメス「2n」が、未受精卵からオス「n」ができる生殖の仕方)が進化で出てきたのかが謎。真社会性昆虫の社会の多様化や葛藤はこの生殖方法がそもそもの原因になっているんだけど。
 
 そうだ、本書のハミルトン則への鋭い指摘もまとめておこう。

 ハミルトン則は「br-c>0」って書くんだけど、つまり自分と血縁度の高い別の個体を助けることで発生する利益(b×r)が自分が利己的に生きた場合のメリット(c)よりも大きいってことなんだけど(これを包括適応度という)、実はこれ実験で確認するのは相当難しいらしい。
 なんでかって言うと、真社会性昆虫において自分の子さえ助かればいいというような利己的シングルマザーがいないからなんだってさ。だから利己的に生きることと利他的に生きることのメリットデメリットの比較ができない。式の不等号の部分が確認できないわけだ。
 
 ひとはつい美しい理論に飛びついて満足しがちなんだけど、その理論が現実の振る舞いと異なるのなら意味がないとも言っている。だからなんとか利己的なコロニーを人工的に作ったりして対照実験をしようとしているんだけど、やっぱハイゼンベルグの不確定性原理に抵触しちゃうんだろうな。

 余談はともあれできないことはできないのでした。人間できないことがわかっていることはやりたくないものです。最初はワーカーの包括適応度を測ることに熱中していた研究者たちの情熱も、ハミルトン則を検証できないことがわかってくると、次第に冷めていきました(95ページ)

 なにしろ相手は生き物だ。授業参観で親がくるとクラスの雰囲気がいつもと変わるのと同じである。まあアリはバカだからちゃんとしたデータを出してくれるかもしれないけど。

 あと血縁選択説派と群選択説派の抗争なんてもんがあるのも初めて知ったwとりあえず筆者は「単数倍数性の真社会性昆虫には群の効果がなくても利他的行動が進化しうる土壌があった」としている。その上で群選択も働いているわけで“どっちが”じゃなくて“どっちも”らしい。なぜ人間はいがみ合うの?

 最後に爆笑したのが、大学で学生に「先生の言ったことは教科書に載っていませんでした」と言われた長谷川さんが「科学者は自分が正しいと思ったことは世界がみんな違うと言っても、こういう理由であなた方は間違っていると言わなければならない存在なんだ」と怒ったって話w
 う~ん、論理をすり替えている気もww純粋にカチンと来たんだろうなwまあある程度定説として確定した、言うならば「旬をすぎた研究」が教科書には載っているわけで、それを覚えるのも大事だけど、科学研究の最先端ではないよね。

確実にやつれている

 さ、さらにヤツレテル…!これは太らないと…これじゃあ冬凌げない気がする…本当に急に寒くなりましたよね…しかし食べてはいるんだよな。食べても運動しなきゃだめなんだろうな。とはいえ、食欲ってがまんする気になれば全然我慢できるもんね。

 つーか作業に没頭しちゃうと文字通り寝食忘れちゃうタイプだから、それがダイエットになっているんだと思う…つまりお絵かきダイエット。太っちょの芸術家ってあんま聞かないし。
 いや私は芸術家ではないけど。だいたい欧米の恐竜ファンの人の絵って本当絵を描くのが嫌になるくらいデッサンからして桁違いに上手いもんね。私本当打ちひしがれたよ…
 でもおかげでふっきれた。私に絵の才能はない!イラストレーター気取りで恐竜描いてきたけど、もうやめだい!(前にも言ってた)もう漫画一筋に生きることにします。多分・・・

 もう10月なんだよね…なんか数か月グダグダしていた気がする。あと最近一週間が三日くらいの間隔ですぎていく。まずい兆候だ。これはつまり生活に変化がないってことだよ。起きて塾行って、ツイッターやって、本読んで寝ちゃう。同じことばかり繰り返しているから、あっという間に過ぎている感じがするんだ。
 何も残せていない。強いて言うならプロフィールと作品概要をちゃちゃっと書いて会社に送り、脚本がちょいと進んだくらい。あとイグアノドン・・・

 早く漫画の原稿を進めないとね。やっぱ完成した原稿が増えていくと時間を有効利用したって感じがする。オレはやるぜい。その決意で鬱陶しい髪を切ったのだ。

『超思考』

 たけしさんは「俺の言っている事はその場の思い付きだから内容がコロコロ変わる」と『超思考』で述べていたけど、まったくぶれない点がある。それが笑いとは本音と建前の落差であるというお笑い哲学だ。これはどの本でもずっと同じ。

 この定義が『超思考』では、より具体的に言語化されていて、「本音」というのは人間の本能(アニマリティ)、「建前」は人間社会が歴史の中で構築した第二の本能(社会的な了解事項)というわけだ。

 そして現代はその落差がなくなったり、落差を落差と感じないような社会になっている。そんなことを嘆いているような気がする。だから笑いが分からない。笑うところで笑えずに逆上したり正論言ってクレーム付けたりする。笑いなのに。

 政界のどたばたもAKB旋風や萌えブームもみんな真剣に考えている。みんな真面目だなあって思う。あんなの笑ったもん勝ちな気がするけど、それを言うと叩かれる。でもアレ以上のギャグはない。

 笑うことも、他の動物を無慈悲に殺して食べることも、ウンコすることも、死ぬことも動物的な本能だったり定めなんじゃないか。現代はそれをタブーにして蓋をしてしまう。だから笑いという落差が構築できない。

 で、そんなことしたって笑いや食欲、死からは逃れられない。絶対に逃れられないならうまく付き合った方がいいに決まってる。見て見ぬふりするより、その事実を受け入れて死んでいった方がいい。

 私は中学時代のあだ名が「バカ田代」だったんだけど、不思議と傷つかなかった。それは「バカ」が軽蔑的に使われていたわけじゃなかったからだったように思える。使いようによってはバカも悪口ではなくなる。愛すべき褒め言葉だ。

 だから私はたけしさんもバカだっていう。あんな歳であんな才能があるのにまだあんなくだらないことやってる。バカだなあって。 バカとハサミは使いようって言うけど、バカという言葉自体も使いようなのかもしれない。

 バカに生まれちゃった以上、バカを受け入れるしかない。ならばむしろそれを逆手に取ってカッコいいバカになればいいんじゃないか。カッコいいバカ・・・なんかかっこいいじゃんwそんなかっこいいバカが今少ないのかもしれない。

 最後に私が気に入った「第六考 夢を売るバカ、探すバカ」「やりがいを感じないのはチャンス 64ページ」から抜粋。

 眠っている才能なんてものはない。才能はあるかないかのどちらかだ。自分が本当にやりたい仕事はなんだろうなんて、考えなきゃいけないってことは、やりたい仕事がないと言うだけのこと。
 探しているのは、自分が本当にやりたい仕事なんかじゃなくて、楽して稼げる仕事なのだ。そんなものがあるわけない。そんなものがあるわけないのに、さもありそうなことを言って、ニートを増やし、若者を安い労働力として使っているのが、今の社会の構造だ。

 (略)

 仕事の本当の面白さとか、やりがいというものは、何年も辛抱して続けて、ようやく見つかるかどうかというものだろう。最初から簡単にできたら、面白くも何ともない。

 (略)

 その仕事のやりがいを、金で買おうとしてはいけない。自分に合った仕事を探すという考え方がそもそもの間違いだ。おなかの中の赤ん坊が「自分に合った世界に生まれたい」なんて考え始めたら、この世に生まれてこられるわけがない。仕事を探すのだって同じ。仕事を自分に合わせるのではなく、自分を仕事に合わせるのだ。

 (略)

 気が進まないくらいの方が、いろんなことがよく見える。どんな仕事だって、誰も気づかない盲点というものがあるのだが、そういうものに気付くのは好きでたまらない人間よりも、むしろちょっと引いたところから眺めている部外者だ。
 もし今の自分の仕事にやりがいを感じないとしたら、それは不幸なことではなくて、むしろチャンスなのだ。自分はこの仕事を冷静に見る目を持っていると思えばいい。冷静に考えれば、どんな仕事であろうとも、今よりは面白くできる。
Calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267