Ustreamやりました

 いや~ヘブンインサイトプログラム記念すべき第1回ナイトミュージアム2勝手にオーディオコメンタリーを生放送しました!

 こんな私的なお喋りが、ボタン一つで全世界に発信されるのかと思うと、メチャクチャ怖かったのですが、視聴してくれた方がツイッターのフォロワーさんだったので、すっごい気が楽になりました。私がどんな奴かももうだいたい知っているでしょうしねw

 あとチャットで積極的にコメントをいただけたのが嬉しくてとっても勇気づけられました。なんだかんだ言って一人喋りになっちゃうんじゃないかって心細かったのでw
 恐竜や武器、美術品やエジプト神話などたくさんのコメントありがとうございました!すっごい勉強になりましたw

 しかし最初の30分録音していなかったのがダメだったなあ。録音ボタン押し忘れるなんて普通ないだろって思ってただけに自分もやっちゃうとは・・・まあどうでもいい恐竜の話だったからいいかw

 とにかく聴取者のみなさん2時間以上にも及ぶ長丁場本当にありがとうございました!めちゃくちゃ楽しかったです。また機会がありましたら是非!

Ustreamはじめました

 岡田斗司夫さんもハマっているニコニコ生放送。つまりは素人の人も気軽に自分の番組を発信できるようになって全国の喋りたがりは今これをやらない手はないぞってことなんですが、ニコニコ生放送って有料会員じゃなきゃ番組放送できないので、とりあえず手始めにustreamのアカウントを取りました。

 ツイッターでもパキPさんがニコニコ動画で建物の石材に含まれる化石の講義をやっていて、ちょっと自分もやりたくなっちゃったんですよね。
 もちろん私にはそういった専門的な知識もないので、手始めに今週金曜日に放送される『ナイトミュージアム2』について金曜ロードショーの放送中に番組を開始し喋り倒そうと思っていますw

 つまり勝手にオーディオコメンタリー(しかも部外者w)ってことなんですが、でもそうなると私はしょっぱなの放送で二時間近く喋ることに・・・まあいいか!
 この映画って私DVDで50回近く観ていてかなり思い入れがあるので、喋りたいことがけっこうあるんですよね。一体何人の人がそれを聞きたいか分からないけど、まあ、へいむさん頼むよw

 しかしアカウントさえ取れば本当に誰でもテレビ番組が作れちゃうなんてすごい時代ですよね。私も時代に取り残されないようにガンガン乗っかっていくぞ。

 え…?漫画の締切?
437467836.jpg
 ところで島本先生は一体どうやってひと月に200ページの原稿を生産しているのだろう。

ピクサー映画の脚本について

 最近ピクサー映画のDVDってブルーレイとセットで3000円くらいで売られているんだけど『トイストーリー3』ってDVDとブルーレイで特典映像の内容が若干違って、DVDではピクサー映画における編集の重要性について解説されているんだけど、なんとブルーレイの方では脚本の作り方についての特典映像がある!(ブルーレイ版も持ってるけどブルーレイプレーヤーがないからツイッターで昨日初めて知ったw)
 しかしひどいよな、パッケージの裏ではDVDとブルーレイの特典映像のおしながきが一緒なんだからさw『カーズ2』なんてDVD版には音声解説がないからね…!ブルーレイで見ないと聞けないんだよ。やだ~

 で、ピクサーって主人公に必ず物語を貫く大きな目標になるような大切なものをあらかじめ与えるんだって。『トイストーリー』のウッディならアンディだし、『ファインディングニモ』のマーリンなら子供のニモというように。

 で、さらにこれらのキャラクターに弱点をつけてやる。まあ漫画の作り方でもキャラクターに弱点があった方が親しみやすいって言うのがあるんだけど、これはドラえもんの弱点がネズミって言うのとはちょっと違う。
 ただ弱点があるんじゃなくて、ピクサーの秀逸なところは弱点の意味付け。つまり、その大切なものに固執し過ぎてそれが弱点になるという。こうすることで物語の展開と上手く絡むからプロットがブレないんだ。

 トイストーリーのウッディならアンディのお気に入りの地位に固執し過ぎるあまり新しいおもちゃのバズをねたんで、バズを窓から落としてしまう。で皆におもちゃ殺しの嫌疑をかけられ今までの地位から転落してしまうというw

 つまり①大切なものがあって、②その大切なものが奪われちゃって、③主人公が屈辱を受け世の中は不公平だっていうのを痛感して、④岐路に立った主人公が分別のない選択肢を選んじゃって、物語の核心に進んでいくという・・・

 ここまでつまびらかにネタばらししちゃっていいんかいって気もするけど、これをふまえてみるとピクサー映画って見事にワンパターン(笑)

①大切なものだったら…
フリック(『バグズライフ』):アリの王国(に発明で貢献したい)
ライトニング・マックイーン(『カーズ』):ダイナコ400での勝利
レミー(『レミーのおいしいレストラン』):自分の料理の才能(を生かしたい)
ウォーリー(『WALL・E』):誰かと手をつなぐこと
イブ(『WALL・E』):宇宙船に地球の植物を届けるという任務
カール・フレドリクセン(『カールじいさんの空飛ぶ家』):家(妻エリーの象徴)

②それが奪われる
フリック:みんなに変わり者扱い。何もするなといわれる
ライトニング:道に迷ってラジエータースプリングス行き
レミー:ネズミだからもともとコックになれない
ウォーリー:イブが宇宙へ行っちゃう
カール:家が立ち退き寸前

③屈辱
フリック:自然界はもともと不公平だから描かなくていい(らしいw)
ライトニング:道路工事をさせられる
レミー:毒見役をさせられる
ウォーリー:彼の性格上おそらくないw
カール:ちびっ子(ラッセル)の相手

④岐路に立った主人公の分別のない選択
フリック:都会へ行って助けを呼ぶ
ライトニング:あせって道をガタガタにする
レミー:グストーのレストランに潜入
ウォーリー:イブを追って宇宙へ
カール:建設会社の人を暴行し、結果家で空を飛ぶ

 で、この大切なものに固執し過ぎることで発生していた弱点を克服し成長していくんだけど、これは映画によって若干違っていて『WALL・E』では実は主人公のウォーリーは最後までイブに一途で、イブの方があれほど大切に思っていた任務よりも自分を大切に持ってくれているウォーリーを選択しようとする(まあウォーリーに止められるけど)。
 でもウォーリーの方はイブを思うあまり宇宙船内で騒動を起こしトリックスター役を引き受けているわけで作劇上の役割を分担しているのが分かる。

 ただ私はある種自業自得的展開のピクサーと違って、主人公が事態に否応なしに巻き込まれちゃうパターンが好きなんだよな・・・ってあれ、そう考えると私の漫画ってほとんどがそのパターンだ!面白い!
 で事件に巻き込まれながら大切なものを“見つけていく”展開が多い。ミグも間流守も本村も最初はなにも持ってないんだよ。
 つまりピクサーで言うところの「世の中の不条理をキャラに痛感させる」って段階から物語を始めているってことか。
 
 で、これはどういうことなんだろうと思ってたんだけど、やっと意味が分かった。私の作劇方法はなんだかんだいって少年漫画なんだよ。
 逆に言うとピクサー映画って少年漫画じゃない。キャラの年齢層がもっと上なんだ。なぜかっていうとピクサー映画って冒頭からすでに大切なものがあるから。それを見つけるんじゃなくて“守る(≒再確認する)ため”の戦いなんだ。
 だからピクサーキャラってデザインが可愛いのに声の出演がみんなおじいちゃんなんだなって今気づいたよww

 面白いのは『モンスターズインク』。この映画のサリーってピクサーの作劇パターンにあまり当てはまらない。サリーはもともと自分から騒動を起こすような奴じゃないし、ウッディやマックイーンのように現在の社会的地位に固執するようなタイプでもない。
 ブーと出会ってからサリーは変わっていくから、実は『モンスターズインク』は大切なもの(ブー)を見つけていく話なのかもしれないね。

新春プラモデルトーク

 明けましておめでとうございます。新年の初夢はおもちゃ屋でウルトラ怪獣のおもちゃを買いあさる夢でした。なんだかんだ言ってこの手の夢が一番好きなんだよな。
 トイザらスでジュラシックパークのアクションフィギュア(しかも日本にあまり輸入されていないトレーラーとかカルノタウルスとか)を見つけて買う夢とかねw

 昨日は、タムチンキの粋な計らいで新年からおもちゃ屋に連れてってもらったんだけど、なんかもうミリタリーなんて興味ないのに教えてもらった兵器のプラモがあるとはしゃいじゃうねw

 『超音速ソニックブレイド』のデススパーク編で出てくる、垂直離陸ができる最新鋭戦闘機F35ライトニングのプラモとかは資料として絶対欲しかったんだけど売ってなかった。
 F15とかF22とかはあって、まあ私から見ればどれも一緒じゃんとか思ったんだけど、私がティラノサウルスとゴルゴサウルスの区別がつくように、詳しい人にしてみれば全然違うだろうから、似たようなの描けばいいやっていうのはできないよねw
 
 とはいえ私は面倒くさがりでプラモデルって自分で組み立てるからあんま嫌なんだ。小学生でも組み立てられるようなゾイドのレベルだって面倒くさいしwウルトラザウルスなんてぼやきながら組み立てていったw

 そういえば、かつて田宮では「恐竜情景セット」っていうのが売ってて、良くできていて箱の絵もうまかったから(プラモの箱の絵って本当どのジャンルも上手いよね)カスモサウルスから小型恐竜パック、高さ30センチ以上あったブラキオサウルス情景セットまで全種類買ったんだけど、もうああいうのって自分で塗装しなきゃいけないじゃん。
 でも爬虫類の皮膚の質感とかどうやって出せばいいか分からず、プラモが好きな弟に「色塗ってくれ」っておいておいて、そのまま弟に放置され、ある時高いところから落ちてみんな粉々になったという苦い過去が私にはあるんだw

 つーか仮にもオモチャのくせに、机から落としたくらいでバラバラになるとかあり得ない。私はやっぱ動かしたり走らせたりと遊んでナンボだと思うし。ジュラシックパークのフィギュアなんかはその点ゴムでできててよかったよ。
 海洋堂なんかの恐竜博限定フィギュアもいつの間にかポリストーン(石)かなんかで作りやがって、スーパーサウルスの骨格なんて買って3日で落として壊したよw
 
 でそんななかハンビーのフィギュアがもう組み立ても塗装もされていて、しかも頑丈そうだったんだけど、なんと価格が中古で1万円で、こんなん買っちゃうと経済的に厳しいから見送った・・・が、あれはいつか欲しい。でかくて置く場がないけれど・・・冬期講習の給料で買っちゃうか。
 いい歳してこういうおもちゃを買っても漫画の資料用という言い訳が立つのがいいよね。まあ・・・実際そうだしw

 でも最近って少子化と子供のおもちゃ離れでトイザらスすらあまりおもちゃを入荷しなくなったよね・・・出産祝いに買うような幼児用おもちゃばっかで、中高生を対象にしたようなおもちゃがない。アメリカのアクションフィギュアもない。
 で、秋葉的な美少女フィギュアとかはこういうところでは売れないから、まあマニアックな模型を売る店と差別化をしているんだろうけど・・・でもこの二極化の状況ってあまり好きじゃない。
 おもちゃ屋には何でも売ってほしいんだけどな・・・
 
 さて、大晦日からお正月にかけて連日リア友と遊んだから心がまだふわふわしていて、部屋にこもって一人で地味に漫画を描くようなモードになれない・・・!私はアシスタントもいないからなあ・・・
 話し相手がいないと漫画が進まないようなタイプなんで皆様今年もバンバンスカイプで音声チャットしましょうw

2011年について

 今年ももう終わりですね・・・2011年は本当あっという間だった印象があります。

 マクロなところではネットで革命がおきたり、震災があったり、輪番停電があったり、ドルやユーロが歴史的暴落をしたり、カダフィ大佐や金正日総書記や立川談志師匠が死んじゃったりと、それこそ激動の一年でしたが、私自身のミクロな世界においてはあまりに変化がなくて、塾行ってあとはひたすら家に引きこもって漫画を描くの繰り返しでした。こうやって生活がパターン化しちゃうと時が過ぎ去るのは早いんですよね。

 まあ素人ながら創作活動をする自分としては多少震災のショックはあったのですが(後述)、それ以上に私が驚いたのは人間の強さ、ずぶとさですね。
 結局、こんなおっかない惑星に生きていて、原発の問題だって本質的にはなんにも解決していないのに、実際に災害の被害にあったり大切な人を失ったりしない限り、ある程度時間がたてば311の恐怖も忘れちゃって呑気にアニメやガキの使いの年末スペシャルを見ている・・・それが情けなくも頼もしい。
 
 1000年に一度のあんな未曾有の災害が起きても、日本人全員が厭世主義に陥って集団自殺なんかはしやしない。衣食住さえちゃんとあれば、結局元どおりの精神状態に戻っちゃうのが人間の動物としての強さなのかなあって思ったり。

 私は「あんな地震が起こったんだ、いい歳して漫画なんてもう読んでいる場合じゃない!」って、みんながサブカルの馬鹿馬鹿しさに気づいちゃって、一億総サブカル卒業をしちゃうんじゃないかって心配していたのですが、かたやツイッターでは金曜ロードショーの『天空の城ラピュタ』に出てくる「バルス」とかいう呪文を、みんながいっせいにツイートして世界記録を作っちゃってるわけで、本当日本人の漫画好きは直径10キロの隕石が落ちてきても治らないんだと安心しましたw

 ということで私にとって2011年は漫画制作に安心して没頭した年でした。YELLから連載の話がきて、やりたくてもなかなか発表の機会がなかった『超音速ソニックブレイド』の制作を開始、さらに脚本も全話完成させ、ついに今月サイトもオープン。
 YELLはまだパソコンで観れないから私の漫画の反響は全くないけれど、そこらへんは来年のお楽しみってところかな。ということでみなさんよいお年を!ではまた!
Calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267