カエルの歯が2億年ぶりに復活

 ナショナルジオグラフィックのサイトにこんなニュースが・・・

進化論揺らぐ? カエルの下の歯が復活

 カエルの下アゴの歯が2億年振りに“復活”したという研究結果が発表された。複数の専門家によると、進化論の土台を揺るがす発見だという。

 合わせて6000種を超えるカエルのうち、大部分は上アゴに小さな歯があるだけだ。一方、南アメリカに生息するフクロアマガエルの1種(学名:Gastrotheca guentheri)だけは上下のアゴに歯が生えている。

 カエルの共通祖先は長く下の歯を保持していたが、系統樹を分析したところ、2億3000万年以上前に失い、共通祖先自体も最終的に絶滅したことがわかった。

 研究論文の著者ジョン・ウィーンズ氏は、このフクロアマガエルの下の歯は初めはなかったが、「500万~1500万年前に突然、生えてきた」と説明する。

 アメリカ、ニューヨーク州にあるストーニーブルック大学で進化生物学を研究するウィーンズ氏によると今回の発見は、進化の過程で失われた身体的な構造は二度と復活しないとする「ドロの法則」(進化非可逆の法則)に反するという。

 実は、この法則に抜け穴があったのかもしれない。「上アゴなど、既にどこかに存在する構造であれば、復活させるのははるかに容易だ」と同氏は説明する。8年ほど前から、動物の高度な構造が復活した証拠が次々と見つかっている。例えば、ナナフシの羽根やトカゲの指などだ。

 ウィーンズ氏は複数の統計的な手法を用い、共通祖先を持つカエル170種の歯の進化をたどった。現生種だけでなく化石種も対象に、DNA配列などのデータを組み合わせた。

 数百種のカエルは下の歯を失ったが、このフクロアマガエルだけは例外だったとも考えられる。だがウィーンズ氏は、「一度失われて復活した可能性の方がはるかに高い」と述べている。

 それにしても歯が復活した理由は定かではない。多くのカエルにとって、歯はそれほど重要ではない。ウィーンズ氏によると、虫を捕まえるときはたいてい舌に頼るという。

 ただし、ツノガエル属に代表される肉食のカエルは獲物を捕らえる際、歯が重要な役割を果たしているとウィーンズ氏は説明する。ツノガエルは上アゴに牙のような歯を持ち、さらに一部の種は下アゴに歯のような構造を発達させている。それでも今回のフクロアマガエルと異なり、下アゴに生えているのは本物の歯ではない。

「本物の歯ではなく歯に似た構造の方が多い事実は、必要に応じて自動的に歯が進化するわけではないことを示している」と、イェール大学の進化生物学者ギュンター・ワグナー氏は今回の研究に対し指摘する。

 この点を考慮すると、自然選択の観点からではフクロアマガエルが下の歯を再獲得した理由を説明できない。自然選択とは、同じ種の中で有益な特質が時とともに広がっていくことだ。

「謎に包まれていることだけは確かだ。非常に興味深い」とワグナー氏は述べている。

 今回の研究論文は、「Evolution」誌オンライン版で1月27日発表された。


 ソース:http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110214001&expand#title

 この記事はとりあえず見出しがスポーツ新聞並に大袈裟で読み手に誤解を与える。進化論揺らぐ?なんて書いちゃうと、進化論をよく知らない人は「ああやっぱり進化論って嘘だったんだ」って思っちゃうだろ。こういうインパクト勝負の見出しは科学の記事においてはかなり問題があると思う。
 本文をよく読めば分かるけど、進化では一度失った器官は別の部分がその役割を代用することがあっても(パンダの指的な部分のように)、その無くなった器官自体は復活しないよと言う法則があって、その法則がもしかしたらこのカエルによって反証されるかもしれないっていうこと。

 この議論の最大のポイントはここだろう。

 数百種のカエルは下の歯を失ったが、このフクロアマガエルだけは例外だったとも考えられる。だがウィーンズ氏は、「一度失われて復活した可能性の方がはるかに高い」と述べている。

 もし前者の意見ならば進化不可逆の法則は反証されない。問題はウィーンズ氏の意見が正しかった場合、進化における発生のメカニズムを再考する必要が出てくる。

 ここからは私の勝手な想像なんだけど、おそらくカエルの歯を発生させるのに必要な遺伝子が複数あって(個々の遺伝子は中立状態)、ほとんどのカエルは遺伝子不足により歯が発生しなくなっちゃったんだけど、このカエルの祖先は歯がないものの、あと一つか二つの遺伝子が組み合わされれば歯が生えるような遺伝子配列になっていたのではないだろうか。
 で、500万年前に偶然遺伝子が奇跡的にロイヤルストレートフラッシュして突然親知らずのように生えてきちゃったと。

 なにしろ上顎の歯を生やす遺伝子は今も現役なわけだから、歯を生やす遺伝子は死んでいたのではなく、眠っていただけなのかもしれない。

写真撮影が苦手なことについて

 この記事カテゴリがわからないな・・・いいや、書き終えてから判断しよう。

 私は写真が苦手です。撮影することじゃなくて、自分がカメラで撮影されることが。記念撮影の場とかでは私も空気を読んで観念して撮影されますが(証明写真も不可抗力)、幕末の「カメラに撮られると魂が抜かれる!」とびびった人の如くカメラを恐れます。

 大学の友だちは学生時代私が散々写真を怖がっていたのを知っているので、やたらめったら「一緒に写真撮ろうよ」なんて言ってきませんが、私に言わせれば女の子のカメラブームというか、なにかにつけてすぐ写真を撮る心理が理解できません。
 というか今の御時世、女の子はみんな携帯などでは満足せずにデジカメ持ってるんですね。中にはデジタル一眼のすっごい高価なものを持っている人もいてびっくり。

 ズームイン朝!のカメラ女子特集は事実だったというのか・・・

 で、この前の結婚式なんかでも、女子が(っていうかウチの学科ほぼ女子なんだけど)私にカメラをどさどさと大量に渡して「私たちを取ってくれ」ってなって、まあ撮るのは別に嫌いじゃないから、撮ったんだけど、いや、でも奇麗に取れないと失礼だから責任重大で大変だった。
 
 で、女性がなんで記念撮影が好きかはいろいろな理由があるんだけど、やっぱり思い出を手軽にとっておきたいのだと思う。
 おもしろいのは、一般的に女性は人生を断続的に、点、もしくは面で捉えていて、男性は連続的な線で捉えているって言われているのに、女性の方が思い出をマテリアル化(具体化)するのが好きっていうこと。
 私なんかはすっごい過去が嫌いで、どうせ未来になるとこんな過去消したい!って恥ずかしくなるから、できればあまり思い出の品を残したくないし(これは自分の作品に対しても言える)、思い出の品があったらあったであの頃はよかった病が嫌だから、写真は本当に怖い。
 
 まあ普通は撮るだけとって、それがのちのち忘れたい過去になっちゃったら、写真でも思い出の品でもなんでも燃やすなり捨てちゃえばいいじゃんって感じなんだろうけどね。でも彼氏の名前のタトゥーを入れちゃう女の子は半分くらいオレの説を受け入れた方がいいと思うよ。
 やっぱりそういう状況になったらなったで切ないし・・・っていうか写真って切ないの!過去が残る。それがいやなの!
 あのCMあるじゃないですか。家族の記念写真が出てきて♪あなた~にあえ~て、ほんと~に、よかった~ってやつ。あの宣伝がもうせつな怖くて胸を締め付けられるんですよ(『カールじいさんの空飛ぶ家』の冒険ブックも勘弁)。
 あ~時の流れとはただひたすら流れ、エントロピーには抗えないんだなあ・・って。いくら思い出や過去が良くても、もう過ぎちゃったものは絶対引き返せないじゃないですか。
 だから記念写真なんか見ても切なくなるだけで、それならそんなに大量に残さなくてもいいやって個人的には思っています。

 もちろん家族写真とか何枚かはあってもいいとは思うんですけど。例えばあまり考えたくないけど、大事な家族が亡くなったら、おそらく顔とか声とかの記憶がどんどんあいまいになって忘れていっちゃう気がする。人間の脳ってそうやって哀しみを和らげるようになっていると思うから。そこで過去へのくさびとして写真やビデオは大切なものにはなるとは思う。
 でもやっぱ過去にばっか縛られちゃだめだよ。それに過去にひきづられる人ってあの時ああしておけばよかった病にもかかっていると思うけど、私なんて仮にタイムスリップしても、バカだから結局全く同じ選択をしたと断言できるので後悔というものがない。人生って実はそんなに選択肢がないんだもん。不可抗力ばっかさ。

 私は基本的にこのようなスタンスで生きるようにしています。

10代・・・教師になりたい。
20代・・・20代までに漫画家になる。
30代・・・30代までに漫画家になる。○○先生もデビューは遅かった!
40代・・・40代までに漫画家になる。遅咲きの漫画家として話題になるぞ。
50代以降・・・死ぬまでに一発当てればいいや。
死にそう・・・死んだあと評価されればいいや。ゴッホがそうだった!

 このように生きればとりあえずライフワークとして漫画は描き続けられる。モチベーションが維持できるしね。あとよく若いうちから「死んだあと評価されればいい」って言う人がいるけど、それはもったいないよ。せっかくまだまだたくさん生きれるんだから、生きれるうちにみんなに評価された方がいいに決まってるじゃん。

 あ・・・そうだ!ブログのプロフィール写真は証明写真です。

ツイッター公開対話残念!

 あの岡田斗司夫さんが『ソーシャル・ネットワーク』を語る!

 一体どんなことを話すんだろう?と、一週間すっごい楽しみにしていたのですが・・・なんか、あの映画の話と言うよりは「頭がいいということは、果たしてその人を幸せにするのか?」という議題でみんなにいろいろつぶやかせて、それに突っ込みを入れていただけだった・・・まさかのリスクの少ない素人いじり芸とは・・・

 モテは大事?
 産まれるとなぜいいの?
 「勝ち」って何?


 って人の言葉尻を弄んでリツイートしているだけ。

 せっかく『ソーシャル・ネットワーク』的な大仕事を学生時代に成し遂げたすごい人なんだから、自分の体験に基づいて独自の考察をしてほしかったなあ。大まかなプロットが『市民ケーン』と似てるとかはけっこう皆指摘していることだし。

 確かに抽象的であいまいな議題って、みんながそれぞれ好きなように受け取っていろんな意見が出るから、頭のいい人岡田さんはあえてそういう議題に話を持っていったんだろうけど、「頭がいいとは何か?」と「幸せとはどういう状態のことか?」と言う二つの定義がないがしろにされた問いだったから、「もっと具体例を挙げてくれ」って言ったってどう回答していいか分からないよっていう人結構いたはず。

 ・・・で岡田さんの出した結論。

 「頭がいいというのは、排気量の大きい車と同じだ」 エンジンパワーがあると、静かに動ける。挙動に無理がない。坂道を登る時にアクセル踏みつける必要がない
でも、エンジンパワーのある車は、仲間とのツーリングには向いていない。他の車にあわせてた ら、エンジンパワーが無駄になる。排気ガスが大きいだけのお荷物だ。クーラーが効くから女の子は喜んでくれるかも、と思ったら、赤ちゃんを乗せられた
 でかい車は場所もとる、金もかかる。頭がいいと趣味に金がかかるのと同じだ


 この比喩もどうなんだろう?しかも幸せの問題についてはまさかのスルー・・・頭がいいと趣味に金がかかるのw?
 私この不毛なやりとり聞いてて思ったんだけど、頭がいいということを気にする人って頭の良し悪しにコンプレックスがある人で、幸せかどうかを気にする人も幸せに対してコンプレックスがある人だと思った。普通こんな事(自分は頭がいいか、自分は今幸せか)で苦悩したりしないもんw。

 それは「結論」が欲しいからだよ。対話には結論はない。「宿題」があるだけw

 対話に結論どころか、この世に結論や真理なんてないけど、この公開対話をエンターテイメントとしてすっごい楽しみにしていただけに、ちょっと想像したものと違ってがっかり。

 岡田さんてやっぱりオタク的などうでもいいバカ話が一番面白いと思う。ちょっと真面目な社会科学的な話をしても、そういう専門外のことはプロの学者には敵わないんだから、無理してその土俵で戦わなくったっていいじゃんって思う。
 でもマイケル・サンデル教授や、勝間和代さんを見て「メソッドは売れるぞ!」って思っちゃって、自分も真似してみたくなっちゃったんだろうなあ・・・行動力はすごいから。

 あとリチャード・ドーキンスの「ミーム」を、さも自分の考えた概念のようにサイトで宣伝して本も出しちゃうのは、印税0としてもいかがなものかと思う。
 あとドーキンスのミームとは無関係ですとはっきりコメントした方がいいとも思う。もう岡田さんのミームは別物になっちゃっているから。おそらく語感のかっこよさで拝借しちゃったんだろうな・・・と言うかドーキンスの本ちゃんと読んだのかな?
 読書は文章を正確になぞることじゃなくて妄想だ!って言ってたけど、あれ文学や漫画じゃなくて科学本なのに・・・

 最後に今回の対話の問いについての私の答え。頭がいいかどうかと幸せかどうかは因果関係はない。幸せな奴って言うように、実際頭がよくなくても「自分は天才だ!」って自己暗示できる奴が強いて言うなら幸せ。そしてそんな気持のいいバカが最近減っている気がする。

静電気について

 本当に高校の勉強ってマニアックすぎますよね。知識を詰め込むだけ詰め込む主知主義の王道って感じで。特にひどいのが物理のテキスト。なんでもいいからこの公式を鵜呑みにしましょうって言うのばっかりで、なんでそうなるかの説明が一切書いてない。おそらくテキストを書いている奴も詳しくは知らないのだと思われる。ちゃんと説明しろ。

 さてひさびさに宿題コーナー。今日は高校の物理の静電気について。
 静電気って言うのは、プラスチック下敷きと髪の毛をこすり合わせると髪の毛が下敷きに引っ張られて持ち上がるような、異なる物質を摩擦させることによって起きる電気。これは自由電子の移動によるもの。なんで摩擦によって電子が移動するかはいまだよく分かっていないらしい。

 自由電子が奪われた物質はプラスの電気を帯電し、自由電子を奪った物質はマイナスの電気を帯電する(電子過剰)。この奪う奪われるの関係は相対的で相手の物質によって異なる。

 電子が奪われやすい(プラスの電気を帯びやすい)・・・毛皮<ガラス<絹<金属<エボナイト(黒くて硬いゴム)<ポリスチレン・・・電子を奪いやすい(マイナスの電気を帯びやすい)
 
 だからプラスチックストローVS毛皮だと毛皮の電子がストローに奪われ、毛皮はプラス、ストローはマイナスになる。また中学で習うようにプラスとマイナスの電気はひきよせあい(引力)、マイナスとマイナス、プラスとプラスの電気は退け合う(斥力せきりょく)。
 
 次に大事な静電誘導について。
 導体に電気を帯電している棒を近づけると、棒の電気とは反対の電気が棒に引き寄せられて、棒から遠い部分では棒と同じ電気が取り残される。
 たとえばプラスの電気を帯びた棒を「はく検電器」の金属板に近づけると、金属板にはマイナスの電気が集まり、はくの部分にはプラスの電気だけが取り残されます。すると同じ電気では退け合う力が発生するので、はくは開くのです。
 もちろんマイナスの電気の棒では、金属板にプラスの電気が引き寄せられ、マイナスの電気同士のせきりょくではくは開くことになります。
 ちなみにプラスの棒で金属板をマイナスに帯電させたのち、アースを使ってはくのプラスの電気を逃がし(金属板のマイナスの電気はプラスの棒に引っ張られているので移動しない)、その後プラスの棒を離してやると、金属板に集まったマイナスの電気がはく検電器全体に行きわたり、マイナスの斥力ではくは開きます・・・ってこんな問題が出たんだよ。

 最後に静電遮蔽について。はく検電器の周りを接地(ここ重要)した金網で覆い、電気を帯びた棒を近づけると外側の金網の自由電子が誘導されちゃうので、金網の内部に置かれたはく検電器の電子の誘導は起きない。トンネルの中で電波が届かないのはこのためらしい。なるほど。
 電気の影響を受けると困る装置はこのようにアースされた導体で囲むとセーフらしい。まさに電磁バリヤー。

中学チャート式の登場人物紹介欄がやばい

 チャート式って知ってますか?数研出版が出している参考書なんですけど、これの中学版を理科の授業で使っていて、何気に最初のほうをパラパラと見ていたらとんでもないページを発見。
 それが「このシリーズに出てくるキャラクター紹介」というもの。これが不覚にも私の笑いのツボにはまってしまい、授業中笑いをこらえるのに必死でした・・・
 あまりに面白いので、記事で引用させていただきます(強調は引用者)。

ハカセ
葉加瀬 勉 はかせつとむ(中学生)
「ナルホド」が口癖。成績優秀で,常に学年で上位5番以内をキープ。わからないことを質問すると,ていねいに教えてくれる気さくなタイプ。特に得意なのは数学。大の映画好きで,休日には,いやがるチャッ太をさそってマニアックな映画によく行く。卓球部の主将。人当たりがソフト。

ヒカル
丸出 ヒカル まるでひかる(中学生)
勉強はイマイチ。体育の成績はよく元気で,典型的なスポーツ少女タイプ。小柄ながら,バレー部のセッターとして活躍中。授業中はうるさい。先生によく注意される。前向きな頑張り屋で,成績も少しずつ向上中。誰からも好かれる人気者。明るく活発で正義感が強く,大ざっぱなところも。

ケンサク先生
範田 健作 のりたけんさく(28歳)
今年6年目の若手教員。熱血漢だけど,基本的に真面目。流行や芸能話にも敏感で,生徒たちに人気。大のサッカー好きで,大学時代はサッカー部に所属。Jリーグの某チームの熱狂的サポーター。授業もテンションが高く,サポーターのノリで展開。オーバーアクションが特徴。

サキちゃん
咲取 みどり さきどりみどり(高校生)
中学時代の成績はそこそこ。受験勉強を要領よくこなし,進学校に入学。愛想がよく,先輩のウケがよい。先輩からの情報でかなりの情報通。家が隣同士のため,ヒカルに中学時代に仕入れた情報を伝授している。野球部のマネジャー。チープなお洒落にハマッている。凝り性。

チャッ太
ちゃった(?歳)
常に忙しく走り回っていることに喜びを感じている雄ネコ。面倒見がよく,他人の世話を焼くのが何より好き。結構ドジ。お茶に凝っていてリラックスタイムの一杯にかなりのこだわりをもっている。人にお茶を勧めるのが好き。お洒落にもこだわりがあり,アメカジが好き。よく気がつき,大の流行物好き。

 ・・・とまあこんな感じで無駄に細かい。ちなみにこのキャラ設定は参考書本編に一切関係がない。作り手の意地を感じますね!

 詳しくはこちらで。
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275