メリダとおそろしの森

 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」

 伝説は教訓よ。真実に満ちている。

 おそらくピクサー初のフェアリーテイルもの。ピクサーってマンネリが嫌いなのか、毎回いろいろ新しい方向性を打ち出してくるけれど、今回はその中でもかなり異色なイメージ。
 なんというかいつものピクサーっぽくないというか、じゃあいつものピクサーっぽさってなんだって言ったら、なかなか難しいんだけど、自分の好みで考えるならば、それはウェルメイドなプロットだけでなく、そこに案外シビアな社会風刺やひねりを毎回加えていた点のような気がする。あとギャグ。

 でも今回のメリダはまったくひねりなし。こんな直球投げてきたのは『WALL・E』以来かもしれぬ。
 トラディショナルなおとぎ話の構造をしっかり踏襲していて、その点ではディズニープリンセスアニメぽくあり(『プリンセスと魔法のキス』とか『塔の上のラプンツェル』とか)、森の不思議な人魂「鬼火」やエキセントリックなババアが出てくる点では、宮崎アニメぽくもあり、マッチョな体育会系の困ったオヤジが出てくる点では、ライバルのドリームワークスぽくもある(つーか『ヒックとドラゴン』にかなり似てる)。
 つまりピクサー以外のアニメにいろいろ似ている部分があったから、これピクサーアニメなの?って感じてしまったのかもしれない。

 でもピクサーぽさどうこうじゃなくて、なんか今回のはイマイチ心に引っかからなかったんだよなあ。それは結局感情移入っていうのが、結局その人の経験や思い出に左右されるもので、自分は女の子に生まれてこなかったし、王女でもないから、メリダの気持ちにあまり入っていけなかった。案外愛子様あたりが一番感動する映画だったりして・・・
 
 いやまあ、私だって理屈ではわかるんだけど、心が持ってかれなかったというか。思春期によくある母親と子供のすれ違いだよなあ、と。
 で、この手の親子の絆の話って(おそらくどんな人も多かれ少なかれ経験していることだから)映画の世界ではすっごいやられていて、名作もたくさんあるから、幸か不幸かか相対化できちゃう。
 何より親子がテーマといえばピクサーにも『ファインディング・ニモ』があるし、だいたい主人公のメリダよりもクマになった(※された)お母様のほうがキャラが濃いってそりゃないよw
 なんにせよ、このお話はまずフェアリーテイルとしての完成度を優先させたのだろうか、キャラやドラマはちょっと薄いイメージ。

 あとは舞台設定なのかな。中世のイギリスとかそこらへんが舞台だったっぽいんだけれど(スコットランドらしい。確かにケルト系w)、その時代の生活や文化ってなかなか現代と違うから価値観が共有しにくいんだよな。
 ファンタジーってその世界に行ってみたいって思わせたら勝ちっていうのがあって、『ヒックとドラゴン』の世界なんかはけこう魅力的だったんだけど、メリダの世界はその点、中世の閉塞感をかなり実際の歴史通りにやっていて、こんな時代はいやだなあ、とw
 中世ヨーロッパにとって森は現実問題として恐怖そのもので、妖精や魔法使いが本当にいるって信じられていたそうな。人間が立ち入るべきではない場所。それが森。

 だから「おそろしの森」なんだろうけど、原題は『Brave(勇気)』なんだよね。勇気・・・う~ん・・・この映画のテーマにそこまで勇気を感じられなかったなあ。
 勇気を出すってけっこう怖くてそれこそ勇気のいることだから、もっとためらったり悩んでも良かったんじゃないのかなあって思うけど、そこらへんメリダはお父様に似て行動が早いからなあw案外勇気を出したのは娘を守るためにお上品を捨てて巨大グマと戦ったお母様だったのかもw

 そういえば、このメリダ、今日が公開初日だったんですが私を入れてたった5人しか見てなかった。カップル、カップル、私。興行収入大丈夫なのかなあ・・・13作目って不吉だからなあ・・・

長ぐつをはいたネコ

 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆☆」

 ネコは必ず足から着地できるってホントかい?(なぜか山形弁)

 ちがう!それはイヌが流したデマだ!


 シュレックシリーズのスピンオフ映画。ネコ好きにはたまらない内容の映画って聞いていたのですが、鑑賞して確かに納得w
 ただ私は萌え美少女と一緒で、ネコってまあ可愛いとは思うけど、そんなに好き~!って感じではないので、ひたすらネコ押しのシーンはそこまで感情移入できなかったのが残念。
 でもなんなんだろう、本当ネコが好きで好きでたまらない人っているじゃないですか(爆笑問題の田中さんとか)。あの萌えというか情熱はちょっと感覚的にわからない。自分はそこまでなにかに萌えたことがあるのかなあって、なんか寂しくなります。
 私冗談じゃなく先週まで萌えがわからなくてノイローゼでしたからね。

 とはいえ、ドラマはすっごいしっかり作ってあって、シュレックシリーズよりも正直好きかもしれないw
 シュレックシリーズっていくらなんでもパロディやりすぎだろって感じでちょっと話の筋に入りきれないところがあるのですが、この作品はけっこう物語の構成がシンプルかつ巧み。
 長ぐつをはいたネコ誕生秘話とか、ハンプティダンプティ(勝俣)との因縁とかベタっちゃベタだけど、ちょっと感動しちゃうんだからしょうがないw
 こういうのウェルメイドって言うんですよね。MIB3の時にも思ったけどやっぱ王道はバカにできないですよ。大切なのはシーンやセリフの順序とバランスだなあ。

 映像的な面で私が特にすごいなって勉強になったのは、ジャックの豆の木で天空の城に潜入して巨大な怪物に襲われるシーン。
 ちょうど漫画でこんなようなところを描いているから、怪物の巨大感の出し方とかについ目がいってしまいます。
 なにがすごいってこのシーン、怪獣の姿を一切見せずにその恐怖感や巨大感を表現していること。スピルバーグ監督も『ジュラシック・パーク』で茂みを揺らして恐竜そのものを見せずに、その怖さを表現していましたが、それの疾走感があるタイプだと思います。
 そしてどんな化け物なんだろう?ってドキドキしてたら、「見ると石になるぞ!」と怪獣の正体を本当に見ずに天空の城から帰ってきてしまうネコ一行w
 この展開は予想できませんでした。で、怪獣の正体なんて分からなくても充分怖いシーンだったから、これはこれで海外ドラマ『LOST』みたくてアリかな?と思っていたら、最後の最後でこの怪獣の衝撃の正体が明らかになるのでお見逃しなく!!

 ちなみにDVD版には『長ぐつをはいたネコ 悪の三銃士』って短編がおまけで収録されているんですが、これは本編よりもさらにネコ萌え度がアップしていて、かつ大爆笑できるのでネコ好きの方はぜひぜひ!
 なんだろう、あの世界でマタタビは覚せい剤的なあれなんかね?『シュレック2』でも騎士団に差し押さえられてたしw

 それでは最後にご唱和ください!

 (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!(すでに懐かしさすら覚えるネットスラング)

トイ・ストーリー・マニア!

 今月東京ディズニーシーに新しくオープンした新アトラクション、トイ・ストーリー・マニア!オープン初日はなんと400分待ち!
 ゲーム自体は10分ないのですが、400分ってトイストーリー全シリーズはおろか1クールのアニメをぶっ続けで見ても余る程の時間。なにしろ6時間以上ってことだから・・・

 私はそこまでトイストーリーマニアじゃないので行きませんが、ちょっと気になっていたのがゲーム内容と日本語吹替版の声優。てことでブログに覚え書きをしておきます。

 まずゲーム内容ですが、移動式遊園地にあるような射撃ゲーム全5ステージ(だからアメリカではToy Story MIDWAY MANIA!というアトラクション名。トイストーリーマニアじゃなかった!)を決まった順序でプレイしていきます。
 ステージ構成と担当キャラは以下の通り。

①農場卵ぶつけゲーム:ハムとレックス
②牧場風船割りゲーム:ボーピープとウィージー
③戦場皿割りゲーム:グリーンアーミーメン
④宇宙輪投げゲーム:バズとエイリアン
⑤金鉱射撃ゲーム:ウッディとジェシーとプロスペクター

 で、東京ディズニーシーではステージ構成が若干変更されていて

①農場卵ぶつけゲーム:ハムとバターカップ
②中生代風船割りゲーム:レックスとトリクシー
③戦場皿割りゲーム:グリーンアーミーメン
④宇宙輪投げゲーム:バズとエイリアン
⑤金鉱射撃ゲーム:ウッディとジェシーとプロスペクター

 ステージ1のゲームはキャラが、ステージ2は背景も全く違うものになってます。風船割るのは一緒だけどwステゴサウルスの背中の板が風船になっていたりステージ2は全編恐竜で統一されてます。
 これトイストーリー3が公開されたから、3の新キャラに変えたんだろうけど、ボーピープがいなくなっちゃったのはちょっとさみしい・・・
 言うまでもなくボーピープってウッディの彼女的なキャラだったけど、今はそのポジションにドーリーがいるような気がする。
 いやこれ私のただの妄想なんですが、トイストーリーマニア!って最後に得点の集計画面があって、そこにドーリーが登場するんですよ。
 で、そのドーリーがちょっと転ぶのね。声や性格は大人っぽいけど、フェルトで出来たようなスーパーフラットなぬいぐるみだからw
 で、その転びかけたドーリーをウッディがさりげなく起こすのが、なかなかいい感じだなあって勝手に萌えてますwあのキャラにボニー・ハントと田中敦子を当てた人はすごいよ。

 さて声優といえば、もうひとつの気になっていた点、日本語吹き替えの方ですが、残念というか案の定、主演の二人、唐沢寿明さんと所さんは吹替えせず。いつもの代役の声優さんが吹き替えてます。
 唐沢さんも所さんもどっちもハマり役なだけにちょっと期待したんですが、テレビCMのウッディの声が唐沢さんじゃなかったし、東京ディズニーランドのトゥモローランドの方にあるバズのアトラクションでも所さんが吹き替えをやってなかったから、まあ予想はしていたんですけどね。
 でもやっぱ所さんって代役の人よりもティム・アレンの声に似ていると思う。演技力は劣るかもわからないけど(汗)所さんの声質が本家に似てるからなあ。当初は玄田哲章さんだったらしいんだけどね。

 あとレックスやハム、軍曹、そしてゲームとゲームの間トラムが停止するときに「ちょっと待ってろみんな、もうすぐ動くから」って(だけ)言うポテトヘッドさんの声はいつものメンバー。
 でもバターカップの声はおそらく違うような・・・シーのほうが若干声が高い気がする。あとプロスペクターが最後に登場するのはなかなかマニアックでいいねw

 とりあえず軍曹の「私が全責任を負う!直ちに皿割れ!」は爆笑。

オフ会初体験

 古生物ファンのオフ会なるものにお誘いを頂いたので、急遽上野へ行ってきました。私はなんだかんだ言ってネットデビューが遅かったので、この手のオフ会って一度も参加したことなく今回が初体験。
 実は以前もお誘いをいただいたんですが、その時は塾があって参加できなかったので今回こそは行こうかな、と。
 でも正直どういうノリの会かがわからなくて、会話が高度すぎてついていけなかったらどうしようと不安でしたwこいつネットでは偉そうだけど大したことないじゃんとかw

 とりあえず開催日前日の夜東京へ行って、友人と落ち合う予定だったんですが、私が電車に乗り遅れ、descf氏とは会えなくなっちゃって、タムさんとふたりで巣鴨の美味しい串カツ屋に。
 で、深夜に串カツなんか食ったから、翌日お腹の調子が最悪で、しかも天気も蒸し暑い&大雨でコンディションは最悪に。オフ会も博物館に行き違いになっちゃってすいませんでした。

 結局「博物館行ってなにするんだ?」というタムさんを半ば強引に上野に連れてって、ふたりで国立科学博物館を小一時間ほど見てたんですが、あそこは本当に入場料が安い。昔はもっと安かった気がするし・・・いや学生はタダで入れたんだっけ?
 で地球館地下三階から地下一階まで回ってきました。とりあえずウンウンオクチニウムの名前の由来がウンコオクチに入れるとかじゃなくて、単なる数字「118」に由来していることが分かりました。・・・それだけかい!

 タムと別れたあとついにオフ会に合流。二次会がカラオケボックスで、もうみなさん午前中から話し尽くして歌でも歌ってんのかな?と思ったら、なんとカラオケマシンをプロジェクターがわりにパワーポイントで講義してました。
 カラオケボックスにそういう利用法があるなんて想像だにしてなかったから、もう最初から圧倒されっぱなし、狼狽してましたw
 とにかくすごいのは皆さん研究者気質で、未知の領域に足を踏み入れて人類の理解の範囲を広げていこうというフロンティア精神にあふれているということ。

 ファンやオタクっていうのは誰かが見つけた情報を収集するのは得意ですが、新しいものを生み出すという上ではやっぱり科学の最先端にいる学者さんにはかないませんからね。
 たまにマニアが収集したデータが研究者の役に立つこともあったりするらしく(節足動物の研究などでは多いらしい)、となればマニア気質の研究者は最強ってことなんでしょうが。恐竜の研究って他の理学的研究よかは、結構趣味的な面が強い印象もありますしね。

 さらに昨今では恐竜の研究のアプローチの仕方も多様化していて、地学鉱物学の一部というよりは総合科学的な様相を呈してきたのも興味深いです。もともと博物学者が研究していたようなところがありますし。
 恐竜の分類でもキュヴィエ男爵から続く比較解剖学的な手法だけではなく(とはいえこれが基本形)、CTスキャンなどの医学的な手法、進化生物学的な手法、発生学的な手法など様々な手段があって、恐竜研究も変わったなあと。

 あとはさまざまな学術領域の研究者が学会の垣根を越えて意見交換できるような総合的なプラットフォームがあるとNBIC構想なんかも案外実現に近づくのかもしれませんね。
 いや学者って個性の強いのが多いからわからないけど、何十年かあとになるとデジタルネイティブ世代が人口のほとんどを占めるから、学者の気質も変わりそうな気もする。

 このオフ会で勉強になったこと。動物の後肢は魚の腹ビレに由来。竜脚類の椎骨の合計数はディプロドクスもマメンチサウルスも大体一緒。植物が茎だけでも蒸散するのは毛細管現象によるもので茎に気孔があるわけではない。
 
 ということで、古生物オフ会の皆様お世話になりました。さらにacomiのみなさん結局秋葉原に行けなくてごめんなさい!なんかここんところ体調がすぐれなくて今度は万全な状態で参加したいなあ。

ツイッターの輪廻解脱!

 ついに最大の誘惑ツイッターもやめることにしました!

 これって孤独な作業をひたすら続ける漫画家とかはハマりがちなSNSらしく、案の定私もハマってしまったんですが、いつの間にかフォロワー数が200を超え、かと言ってその200人の方全員のつぶやきを読むのはなかなか大変だし、中にはすごいプライベートな内容をつぶやく人(例えばそれが若い女の子の発言だと自分が盗撮魔みたくて結構辛い)、ネガティブ発言(リアクションに困る死にたい系の発言)、愚痴(ツイート内容がこればっかりだときつい)、本来公的な場で見せちゃいけないドロドロしたものが渦巻いていて、本当はフォローし返すのがマナーなんでしょうがタイムラインがカオスになるのが怖くてためらっていました。すいません。

 でも1000人とか10000人とかフォローしている人,
絶対タイムライン読んでないよ。そんな心が丈夫な人絶対いないって。いじめ税の放送の時にも言ったけどダメージ1でも10000人集まれば9999だからね!
 なんだろうツイッターが難しいのは匿名、実名のアカウントの差もあるけれど、人によって使い方がけっこう異なるから、ルールとかマナーが完全には共有されてなくて、それぞれが空気を読んでやっていくことしかできないってこと。

 だからこそいろんな人がいるんだなあって人間観察の勉強にはなるんですけど、例えば前述のネガティブツイートも狭く深くツイッターをやってると「こんな人にこんな一面がorz」とか結構凹むんだけど、何千人もフォローしていると分母の数が多くなる分、個々のツイートの濃さは薄まって案外こたえなかったりもする。

 でもこれだと人対人というよりか、どっちかというと「愚かな人間ども~」的にタイムラインが見えたりするので、本当使い方によってすっごい印象が変わるのが興味深い。
 おそらく某評論家なんかはそんな感じにツイッターをやっていて人間に絶望してしまったのかもしれないが、それはバベル問題であって、ミクロとマクロでは様相が違うってことだ。
 
 さてツイッターをやめたとはいえ、もうひとつの公式アカウントはこれまでどおり私が描いている漫画の情報を度々つぶやく予定です(やめてないじゃん)。こちらはできる限りフォロワーさんをフォローしたいと思っています。
 よってこれからネット上のアクセスはそちらか、サイトやブログ、フェイスブックにお願いします。なによりYELLに私はいるので本当『超音速ソニックブレイド』応援よろしくお願いしますね!

 あと最近は脚本のコンペ用にいくつか脚本を作ろうかなと思っています。とりあえず映画やドラマの脚本コンクールは結構あるのですが、20年以上漫画のお話を書いてきた私にとっては実写ドラマはなかなかのハードル。なんだかんだいって文脈がかなり違う(青い髪の女とか出ないし)ということでアニメの脚本あたりから挑戦してみようと。
 なんか京都アニメーションなどがアニメの脚本を募集していて、その量がすっごい即戦的というか、250枚~500枚ってどう考えてもアニメワンクール分の脚本の量なんだけど、この賞第2回以降受賞者がいないんだよ。多忙な審査員が500枚も脚本を読んでくれるかも怪しいし、取れる賞なのかはわからないのだけど、とりあえず漫画制作の息抜きに脚本を書いてみるのもいいかな、と。

 脚本といえば三谷幸喜さんが今朝テレビ朝日の番組でインタビューに答えていたんですが、あの人バラエティ番組は沢山見るけれど、他人の作ったドラマは録画はするけど見ないらしい。なんでも「つまらなかったら腹が立つし、面白かったら悔しいから」ということらしいw
 私も人の作品を読んでいる場合じゃないのかもなあ・・・頑張ろう!
Calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267