北海道への旅(3日目)

 名所の多い札幌へ。
 
EC3EQlHU0AIUAul.jpg
 まずは朝一でホテルから近いすすきのの天然温泉へ。入浴料はちと高いが、スーパー銭湯的で8つくらい湯船があり、特に露天風呂が最高でした。北海道は朝は涼しいからね。しかし、なんでみんなチンコ丸出しで堂々としているんだろう。
 それはどうでもいいけど、なんと生産中止になったと聞いたあいつが売っていた!

EC3QT7aU4AEAv3c.jpg
 かの有名な二条市場。表現がアレだけど、けっこうなバラック。

EC3QSoiUUAArEUs.jpg
 でも、店員さんがすごい親切で、もう観光客の対応に慣れているというか、商談がすごいスムーズ。客商売で久々に感動した。プロだ。これはタラバガニだったかな。ヤドカリの仲間でハサミが左右で違うとか言ってたような。

EC3Qxj7UEAAU6Nl.jpg
 テレビ塔。東西南北の4面すべてにデジタル時計がついていてすごい便利。

EC3b1KEU8AEQcWO.jpg
 周囲を高層ビルに囲まれて非常に気の毒な札幌時計台。札幌の人口が3000人くらいしかいなかったかつては周囲で最も高い建物だったのだろうが、今や注意深く捜索しないと通りすぎるくらいに相対的に低くなってしまった。時を知らせるという地位もテレビ塔に奪われたしな。

EC3b42rUcAA5oE-.jpg
 パンフレットの写真はこうやってビルが写らないように撮影していると思われる。

EC3cOYzUYAAY5mB.jpg
 このイラストだけで時計台の仕組みがわかる人はもともと工学に素養がある人だけだろう。動力は吊るした重りで、これを落下させることにより歯車が回り、それと同時に振り子の周期によって、各歯車の回転速度を振り子に接続されたアンクルという部品で調整しているらしい。
 つまり、重りが最後まで落下したら、再び巻き上げないといけないわけで、その場合、別の時計でタイム計ってないと時間ずれちゃうよな。昔の人は大変だ。

EDGhSLNUwAEe171.jpg
 赤レンガ庁舎。付近がロンドン的な公園になっていてすごい綺麗。さらに付近にご当地グルメの屋台が出ていてエゾジカの串焼きとザンギを食べました。北海道ではジビエ料理を制覇するという目的があるのだ。

EC35gMLVUAAtmOT.jpg
 午後は札幌円山動物園へ。旭山動物園にお株を奪われた感じだが、全然巨大で綺麗な動物園。上野動物園や東武動物公園より一回り小さいくらいで見応え充分。
 なんと、園内にセブンイレブンが入っている。こういうズーは初めて見た。

EC35ljPUEAAUAr7.jpg
 博物館も入っている。

EC4CC1eUYAIROgT.jpg
 ギンガーンもある。しかしプラネットラッシュの仕組みってどういうんだろうな。風だけであのボール吹っ飛ぶのかな。たくさんあるけど。

EC4CoJxU0AADRXc.jpg
 某萌えアニメで一世を風靡したサーバルキャット。ブームが収束したのか誰も観察してなかった。オタクってやつはそういうものよ。それとも北海道では流行らなかったのか。

EC4Qm5AUcAEZ8-x.jpg
 エゾシリーズ第一弾エゾリス。すごい至近距離で観察できた。

EC4QlrnU8AEy6qb.jpg
 エゾシリーズ第二弾エゾウサギ。カイウサギよりもスマートでアスリート体型。可愛さは劣る。まあ、可愛くても食われちゃしゃあないしな。この筋肉ならイヌとか蹴散らせそうだ。

EC4K7SzUcAADxS-.jpg
 エゾシリーズ第三弾エゾヒグマ。本州でイキっているツキノワグマの2倍はでかい。絶対強い。グレイシーより強い。

EC4QnWWU0AApA8E.jpg
 ラストは地球最大の陸上肉食獣のホッキョクグマ。ヒグマに比べて怖さを感じさせないのが、わりと最強感がある。

 このあと、小樽とか行く予定だったのですが、諸般の事情になり見送りました。で、この世の全風俗があるという夜のすすきのに繰り出し・・・

EDGiaeJU0AMNoO0.jpg
 レジェンドモード獲得。しかし札幌は物価が高いのかメダルが地元の2倍くらいしました。1000円で180枚くらいだったかな。しかも内部渋いし。課金×2、天然×1の計3回レジェンドモード出したけど全部500枚以下で終了した気がする。夜のすすきのおそるべし。

北海道への旅(2日目)

 予定を変更してこの日もだらだら函館にいました。

ECyR5qjU0AATema.jpg
 午前中からちょっと南下して湯の川温泉へ。まさかの貸し切り!お湯はかなり熱い。チャーハン同様、家庭用じゃ出せない火力。かけ流しのところの岩石が鍾乳石みたいに溶けていたので酸性なのかなと思ったんだけど、ナトリウム塩化物らしい。確かにしょっぱかった。

ECyyP-MVUAADqJ5.jpg
 函館港へ。当然朝市は終わり、さらにここらへん私有地らしく、これ以上の接近は不可能だった。

ECym9LhVAAYUx88.jpg
 函館山。あの山頂からの夜景が美しいらしい・・・が・・・
 
ECywnb8U0AABewr.jpg
 赤レンガ倉庫前の回転寿司屋さん。早い、安い、味はそこそこな回転寿司のイメージを覆す、港直送の本格派で、日替わりネタのレパートリーが多く、幻の高級魚ノドグロとかいろいろ頼んだら、7000円くらいになったが悔いはない。というか、函館はどこもマグロがうまいよね。

ECyyP-KUwAIkhQR.jpg
 隣接するお土産屋さんの謎のゆるキャラ。ご当地なのかなと思ったらまさかのレオ・レオーニ!こんな作風も行けるのか、この人。

ECy2JETUUAAipZx.jpg
 赤レンガ倉庫。レトロだが、内部は完全に改装されており、ほぼ東京ソラマチ。若者が多かったかな。

ECy-chwU0AAK1fl.jpg
 函館山を目指して坂を登り出したら、すぐにばてたので喫茶店にエスケープ。店主が美人だった。というか、北海道は色白二重の美人が多い。そして驚異のミニスカート率。

ECzP_s_UYAACIzQ.jpg
 ビザンツ様式の教会。北海道はどこかしこにスラブ民族の影響があるよな、と思ってたら・・・

ECzP4aDUwAA9QgV.jpg
 函館ロープウェーの直前にこんなお店があったので・・・

ECzSTBFVUAAKtKK.jpg
 人生初ボルシチ。すごい色しているが、トマトではなくビーツというカブみたいなやつの色らしい。テイストは豆のせいかもわからないけど、中南米の料理っぽかったです。
 で、ここのお店の人たち教養が高く、アイヌ民族の話とかラテン語とかしてて、だらだら落ち着いちゃったら、すっかり日が暮れて・・・

ECzrT3xU8AItBSZ.jpg
 暮れすぎて、最後の特急に待ち合わないということで、ここまで来てロープウェー断念!!

ECz0WSnVAAAamKi.jpg
 なんとか乗れた。やばかった・・・ロシア料理屋にいすぎた。そして衝撃の事実。同じ北海道なのに札幌まで特急で4時間弱。ここまで来るのよりも時間がかかるという。
 『ハンチョウ』の宮本さん(※函館出身)がそんなこと言ってたわ。確かに同じ県とは思えない距離。
 札幌についたのは日付が変わるギリギリだったそうな。

北海道への旅(1日目)

 陸路で行ってきました(飛行機は落下が怖い)。

ECsqJY_UUAAhfD4.jpg
 経由地の仙台。バレットトレインを使えば2時間弱で着いてしまう。これなら、こしさんが東北大学いた時遊びに行けばよかったなあ。

ECs-MpvU8AExjR9.jpg
 青森。植生が変化。針葉樹が優勢になり心躍る。

ECtPemIUwAAhQWm.jpg
 青函トンネルを抜けて北海道上陸!植生はパッと見変化がないけど、海(ブラキストン線)を越えているわけで生物の分布は異なるはず。

ECtPp9eVAAAc1D9.jpg
 新函館北斗。なんと新幹線はここで終点。しかし、想像と違って暑い!焼け付くような日差し。湿度がないのがありがたいが、暑いことには変わりがない。早々にタクシーを使用。

ECtRnPNUUAIx9-x.jpg
 ソフトクリームが絶品の鈴木牧場。本当に感動するくらいうまいが、交通のアクセスが結構大変。

ECtWm7uU4AA1TiX.jpg
 なんと路線バスが1日2本しか来ない!蛭子さんの番組だったらロケが中止されてるレベルだが、強運でその1本に乗れました。運賃はタクシーの11分の1。ついてる。

ECtgBJfUUAE6keX (1).jpg
 函館市内へ。路面電車というレトロなアクティビティが存在する。かなり本数が多く、停留所も細かくあるので市民の足になってます。
 つーか、これは札幌の時も感じたけど、北海道の人って交通マナーが非常にいい。どんなドライバーも横断歩道の歩行者をちゃんと優先させてくれる。現地の人によれば北海道の道路ではタクシーが最弱らしい。ちょっとパリピみたいなヤンキーぽいドライバーでも頭下げたりしてくれる。北関東ではありえない。この感覚で歩行者が渡っていたら大惨事は免れない。
 なんか大都市でも東京みたいに人々がせかせかしてないんだよね。

ECuMn1TUUAA3Bv_.jpg
 北海道で優勢な本州で見たことがないコンビニ。ブランキストン線でコンビニの分布も変化していた。店内調理のカツ丼をプッシュしてました。

ECuFAdrU4AIvosQ.jpg
 函館塩ラーメンを食べに、石破茂も立ち寄った老舗の名店へ。塩ラーメンはスープを作るのが濃厚なやつと違ってかなり難しく、店の実力が出やすいらしい。濃厚なやつ色々入れてごまかせそうだしな。漫画やアニメでも線が少なくてデッサン取れてるのが一番うまいしな。
 写真がシューマイなのは、ラーメンも当然美味しかったが、店の名物がシューマイで1個がでかいのに何個も行ける謎の美味しさがあったので。ウスターソースが合います。

ECuf9aBVUAUJicb.jpg
 五稜郭。ここで榎本武揚とかは独立国家作るために篭城戦をやったわけで、めちゃくちゃすごい巨大要塞のイメージがあったんだけど、敷地面積は感覚的に浅草寺くらいしかなくて、前哨基地みたいな用途だったのかなと思った。

ECurF-eUcAIqtVU.jpg
 五稜郭といったら五角形の面白い形だけど、こういう形態の要塞は世界中にあって、期限は16世紀のヨーロッパまで遡るらしい。
 銃の射程の死角がないようにこういう形になったと歴史の本に書いてあったけど、だったら円形が最強じゃんと突っ込まれ、たしかにそうだよなと思ったので、もう少し詳しいサイトで調べたら、塀を乗り越えようとする敵兵を直線的に横からまとめて倒せるかららしい。ちょっと1角がスペード型になっているのは銃手を目立たなくするためとか。なるほど。

ECutuBsU4AI1Kg4.jpg
 夜は、やはりイカソーメンを食べに行きました。イカの運命はいかに・・・!?

ECuu46pUcAEp_Gl.jpg
 成れの果て。ゲソはまだ口の中で吸盤で抵抗してくる元気があった。クチバシも出てきたけど、あんな固くて鋭いやつを飲み込む勇気がなかった。

ECuzB2lVAAA06lH.jpg
 どんこという謎の深海魚。エゾアイナメの通称らしく、ドンコという魚とは別らしい。ホトケノザくらいややこしい!柔らかい白身。

ECu1OSHU0AAghmG.jpg
 函館ジュースという、現地で優勢なドリンク。デカビタCとかそういう系の味。栄養価は知らない。

ECu2ECkUwAE9XIx.jpg
 信じられないくらい美味しい大トロが600~700円くらいで食べれてしまう。目的のイカソーメンが吹き飛ぶくらいの破壊力。このレベルはちょっと地元では食べれないし、仮に食べれてもいくら取られるか恐ろしい。

メダルゲームについて2019サマー

 最近はトリニティの他、いろいろなゲーセンで何かよく知らない機種をやっています。このゲーセンしか見たことねえよ、みたいな古いやつは面白いよね。

フォーチュントリニティ3課金ルーレット
なんかレジェンドモードは天然物に限るとかぬかしていた気がするけれど、フォーチュントリニティの課金ルーレットって、メダル貸出かボーナスルーレットのどっちかを選んでね!みたいなのじゃなくて、メダルが設定分払い出されたあとボーナスルーレットがおまけとして回せる仕組みなので、課金時のメダル貸出量が125枚以上ならば、むしろ普通にメダルを借りるより、断然お得であることに気づいた。店によっちゃ、500円で200枚って設定のところもあるし、それでレジェンドモードなんて付いてきた日にゃ爆増ですよ。
しかも、この課金ルーレット、天然物のレジェンドモードを見限るくらいレジェンドモードがわりとよく当たる。黄色に入りがちなステーションでやれば感覚的に3~5回に1回は必ず出る感じ。
場合によっちゃ2連チャンでレジェンド突入したりする。もはやここまで頻繁だと伝説の名がすたる気もするけど、メダルが増えりゃいいんじゃ。
課金ルーレット.jpg
で、そのレジェンドモード、冷静に考えると別にそこまで有利なモードでもない。まず、トリニティルーレットでジャックポットチャンスに行く確率が1/6になるんだけど、これって通常のルーレットで1マスジャックポットチャンスにレベルアップさせれば2/10=1/5になるので、そこまで高確率じゃない。
そしてジャックポットチャンスになかなか行かないということは、終了がリセットされないということなので、レジェンドモードのメダル獲得枚数は今年の西暦くらい行けばいいかな、くらいになりつつある。で、だいたい幕末(6ラウンド)くらいで終了する。

話は変わるけど、最近はオーシャンジャックポットの当たる時っていうのがなんとなく分かってきて、あれってわりとどの穴にもタイミング的に入れない無限ループになることが多くて、ほいで、15周くらいすると、ジャックポットの近くで減速するんだよ。で、入っちゃうという。つまり、抽選が長引くとオーシャンは熱い。

あと、ステーション選びのポイントは、最近はフィールドの転がっているオーブの数と位置しか見ないようにしている。トリニティルーレット(通称ピザ)のJPCマスの数もあまり当てにならないというか、JPCがすごい多いってことはそれだけ内部が厳しくて、当たらないタイミングでオーブ送っているわけで、各色JPC2つくらいずつが望ましいと思う。

グランドクロスレジェンド
言わずと知れたコナミの最新作。最近はかなり空いていてやれるようになった。美しいグラフィックに音楽、世界感は抜群だが・・・率直に言ってあまり面白くない。
なんか・・・当たる気がしねえんだよ。内部がいつも辛すぎるというか。ジャックポットチャンスのマスがアイスゾーンとかになると増えるんだけど、10個中6個くらいがジャックポットチャンスになっても外すっていう。
感覚的に『ヴィーナスファウンテン』並みに予告演出がぬか喜び。もうやらないと思う。中毒性は良くも悪くもなしです。
EJzjlLqU4AEeIZH.jpg
※その後ウィンドゾーンでジャックポット取れたんだけど、1575枚のジャックポットで500枚くらいしか落ない。きびい。

ファンタジックフィーバー3
コナミフィーバーシリーズの中でも大型で、かつ、わりと古いやつで、近所のやつもeパスが読めないくらい古い。でも、古き良きメダルゲームって感じで、落ちがよくちびちび長く遊べる。
感覚的に『ラッキマリンシアター』くらいメダル持ちがいい。
ただし、オーブを3球落とすとできるジャックポットチャンスに至るまでの予選がレッツシーサー並みにむずく、行ける気がしない。
ECgAOVVU8AENWiI.jpg
※こいつ。

このゲームで特筆すべきはキャラクター。最近はCGキャラが多いが、このゲームのシンボルキャラはプレステ1くらいの解像度のイラストで、これがどれも結構可愛い。
特に4。
ECgAOVXUIAUngzx.jpg
自分ってあまり二次元に萌えないんだけど、これはかなり好き。アイマスの三浦あずさ以来の逸材。
なんか服装がスキューバーダイビングのウェットスーツみたいな模様で、アイディアが面白い。
人魚姫②.jpg
人魚姫③.jpg
萌える。
で、絵柄のキャラ(長ぐつをはいたネコや三匹の子豚など)ってそれぞれリーチ演出があるんだけど、なぜか4の人魚姫だけはいつまでたっても出現しなくて、ネットで調べたら、なんと女神リーチに次ぐレア演出らしい(なんでそんなレジェンド的なキャラが確変絵柄じゃないんだろう…)。
メダル持ちはいいので、時間があるとき人魚ちゃんリーチが出るまで粘ってみます(キモい)。

シャドウプリンセス
影の世界に囚われたお姫様を救出するという『オシャレ魔女♥ラブandベリー』みたいな女児向けのぬるいゲームの体裁だが、とんでもないハイリスクハイリターンのハードコアメダルマシーンがこれ。
なかなか稼働しているゲーセンがないんだけど、数多あるメダルゲームの中でも『バベルのメダルタワー』並に異質なシステムが搭載されている。
まず、数字メダルを落として液晶のビンゴを1ラインでもつなげば、自分のタイミングでいつでもジャックポットチャンスに出撃できるという『デザーテッドアイランド』のいつでも帰国可能以来の自己責任ルールが採用されており、ジャックポットチャンスでは、ビンゴのライン数×600がジャックポットの獲得枚数になり、さらにジャックポットの払い出しはまさかのダイレクト。
普通プッシャーのジャックポットって半分は横穴に飲まれちゃうから、実質ジャックポット枚数はその2倍。つまり、最大10(マックス)ラインビンゴの状態まで頑張って、ジャックポットを取ると12000枚の伝説的ジャックポットということになる。
当然、ジャックポットチャレンジ(○○ラインプリンセスジャックポットチャレンジ)の確率は悪名高いオーシャンジャックポットチャンスよりもシビアで、まず外周ルーレット(確率は3/12でBGMは白鳥の湖)でINに入らないとジャックポットがある内周ルーレット(確率は1/8でBGMはショパンのエチュード)に行かない。そんなのどっかでみたことあるぞ、『海物語IN沖縄』じゃねーか!
ECiiafwUwAA6ppw.jpg
ちなみに、777で行けるロイヤルモードというレジェンドモード的な時に流れる曲がいい(洋楽の『have you never been mellow』っぽい)のと、「私たちの挑戦よ~」「見て~なんて素敵なんでしょ~」「次の挑戦に行ったわ~ん」など、裏声でモノマネしたくなるような名台詞が多い。

オーシャンモンスター
海の怪物をメダルで倒すシューティングゲーム。ユーチューブで見て面白そうだったのでやりたくなったのだが、近くに置いてある店がなく、わざわざ遠い町まで行ってやってきたやつ。
初見だったのでルールがいまいち分からずわずか10分で2000円分のメダルが消滅という新記録を作った。ベット系ゲームの恐ろしさを垣間見た瞬間であった。
ECjJH32UEAAXuMa.jpg
わりとちびっこ向けのゲームなのか、自分以外のステーションがみんな子どもでやってて恥ずかしかった(恐竜キングブーム以来の恥ずかしさ)。
そしてとなりの中学生の先輩がめちゃくちゃうまく荒稼ぎしてた。なんかコツがあるっぽいけど、いかんせん近くにない。

恐竜博2019

ECGFkJIU8AAJbhi.jpg
むかわ竜原画.jpg
 むかわちゃん。

 今年も行ってきました。というか90年のマイアサウラの恐竜展から図録をずっと買ってて、そのバックナンバーを見ていると、なんかすごい遠いところまで来ちまったな、と。時の流れの残酷さを感じるよ。つーか、ここ10年くらいは恐竜ブーム関係なく夏の恒例行事としてやってるよな。
 さて、今回はデイノニクスのタイプ標本とか来てたんだけど、とにかくデイノケイルスが見れて満足。あれ怪獣だろ。絶対にタルボサウルス勝てないわ。

ECGFWUeUcAEPSvW-(2).jpg
 想像以上のバケモノでした。

デイノケイルス.jpg
 ちなみにこれは、2013年に全身が見つかったというニュースが出て、情報があまりないときに描いたデイノケイルス。情報が不足している中、なかなか健闘していると思う。
 もう6年も経つんだな。そして、まさか全身骨格が組まれるとは思ってもなかったよ。

 まあ、ここ数年の恐竜博はずっと、こしさんと見に行ってるんだけど、最近はめっきり学術的な話ってする機会がなくて(大学も辞めちゃったし)。
 だから、こしさんとのトークが唯一のアカデミックなモノに触れるきっかけになりつつあるよ。なんか、思考を深化させるとか、そういった機会って本当になくなりつつあるからね。
 感受性が鈍ってきている気がするよ。まあ、鈍ったほうが社会で図太く生きる分にはいいのかもしれないけれど。でも、知性はなくなるよな。
 で、恐竜という分野がはたして知的なのかってことになるけど、結局、最終的には恐竜の話してないんだよね(^_^;)生物学に移行して・・・芸術とか哲学とか、政治・経済とか、そんな話してるわ。
 感心するのは、こしさんは思考を研ぎ澄ませることにすごい貪欲で、やっぱそういう仕事で食ってるからなんだろうけど、ああいう姿勢は見習っていかなきゃいけないなって思う。
 当たり前だけど、やっぱ学者ってすごいたくさん本読むんだな~とか。オレなんか、書を捨てメダルを入れてるからな。
 逆に若い頃ってなんであんなに狂ったように本読んでたんだろうな。読書依存症だったんだな。なんか、うんちくとかひけらかしたかったんだろうな。ネットとかなかったしな。

ECbQ1K8UEAA-9ZG.jpg
 ウケ狙いな感じのメニューが多いが、ところがどっこいお値打ち価格でかなり美味しいかはくのミュージアムレストラン、ムセイオン!

 追記:1回500円の課金ガシャポン、主にモササウルスしか出なかったからメルカリで買っちゃいました。
ECQZ8cPUYAIHSdH.jpg
Calendar
<< December 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277