ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆ ババア☆☆☆☆☆」

 あのババアだ!この人殺しのオニババアめ!どうだババア!ほらババア!待てこのクソババア!まだやられたいかこのババアが!
 あ、ババア!
 捕まえたぞババア!往生際の悪いババアだ!


 ミスタービーンでおなじみローワン・アトキンソンさんがスパイに扮した『ジョニー・イングリッシュ』のまさかの続編・・・ってローワン・アトキンソンさんなにロマンスグレーのカッコいいおじさまになってるんすか!!

 さて前作はジョニー・イングリッシュの声をDonDokoDon山口智充さんが吹き替えをしていて、それはなんでかっていうと、この人ミスタービーンの真似して卑猥なことをするっていう持ちネタがあるからなんだけど、ぐっさんって『カーズ2』でスパイをすることになっちゃったメーターの声もやってたから、おバカスパイの二冠を達成したってことなんだよね。名誉でもなんでもないか。

 とはいえ前作『ジョニー・イングリッシュ』って、ミスタービーンシリーズに比べるとアトキンソンさんが中途半端に喋っちゃってて、しかもぐっさんの吹き替えもなんかイマイチであまりノレなかったのが正直なところ(イングリッシュが間違って美人秘書の人を撃ち殺しちゃうギャグとかブラックで好きだったけどね)。

 いやローワン・アトキンソンさんって実は早口で毒舌をまくし立てる芸もあって、それこそぐっさんのネタがかすむほどの下ネタもあるんだけど(おフェラがどうとか)、前作のイングリッシュはそこまでお喋りなキャラでもなくなんというか掴みどころがなかった。
 結果的に「ミスタービーンがスパイをやっている映画」っていうのが一番近いんだけど、だったらもっと精神年齢9歳のおじさんを貫いて欲しかったな、と。

 そんなわけで続編ではぐっさんに代わって『ナイトミュージアム』シリーズでセオドア・ルーズベルト大統領を担当した岩崎ひろしさんがジョニー・イングリッシュの声をやってるんだけど、これがもう、最高にいい!
 岩崎さんって『ナイトミュージアム2』では大統領の他にロダンがあの世で泣くであろうほど馬鹿な「考える人」を演じていて、おバカなセリフを言わせたらなかなか決まるw

 で、今回もちょこちょこ喋るイングリッシュのセリフを岩崎流の解釈で演じていて抱腹絶倒。!ここで作中の笑えるセリフをテキストで載せてもいいんだけど、残念ながらその面白さは伝えられない。セリフ自体は結構普通で、つまり岩崎さんの喋り方が面白いんだよw

 だから私、この映画を字幕と吹き替えで交互に見たけど意外や意外、吹き替えのほうが面白いんだ。
 冒頭で載せた至言「あ、ババア!」のセリフも実はオリジナル版ではアトキンソンさんあのシーンで何も言ってない。つまりこれ吹き替えでもなんでもない。付け足してるんだ(笑)日本語吹き替えを担当した人グッジョブ!

 なんかいつの間にか声優岩崎ひろしさんの記事になっちゃっている気がするから映画の話に戻すけど、この映画って単なるおバカコメディと思いきや、『カーズ2』と一緒でスパイアクション大作としてもかなりちゃんと作ってて(何気に物語の伏線やアクションシーケンスがすごい)、主演をローワン・アトキンソンからトム・クルーズに変えちゃえばそのまま『ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル』になるくらいの出来。

 ・・・いや、ならないんだけどつまりそれくらいローワン・アトキンソンの言動がトム・クルーズのそれとかけ離れているってことで、もうDVDのパッケージからして大爆笑w
 ミスタービーンが二丁拳銃持って爆風をバックにかっこ良く飛翔しているだけであの破壊力。まったくすさまじいぜ!

 動きといえばトム・クルーズさんの方も走り方とかが特徴的でなかなか興味深い。実は『ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル』の方もこの映画と同時に借りて見比べたんだけど(なぜだ)こっちのほうがやっぱり好きかな。

 リチャード・シフ兄貴も出るしね!(ババアにすぐ殺されちゃったけど)

『最強チンコ伝説ニョーン』制作裏話

 これってあまりに内容がバカバカしい作品なのでサイトでも作品解説しなかった短編漫画なんですが、同時期の『スクールオブジェイル』といいなんか講談社受けを狙って描いた漫画ってあまり思い入れがないのかなあって思ったり・・・
 とはいえギャグ作家を志す者として思いつく限りバカバカしいことを一度やってみようということで、こんなおぞましい漫画が生まれてしまい、講談社から電話がかかってくるきっかけとなったんですよね。

 で、こんな下品で低俗な漫画、本当は私の漫画歴からなかったことにしたかったのですが、なんだか知らないけどこんな作品に限って親切丁寧に全ページペン入れがしてあって完成原稿になっていたので、サイト開設時にラインナップに加えちゃったという・・・

 当時どんな心理状態でこんなもん描いたのか記憶がないのですが、絵って不思議なものでペンの筆致とか見るとクマタニ様やハトモエに異常な思い入れがあったことがよ~くわかるw
 そういえばこの漫画を描く際にデブの体つきがわからなくて、ハードコアなエロサイトで太っているおじさんの全裸の写真を見ながら一生懸命研究したんだよな・・・すっごい気色悪かったけれど、モノホンの脂肪のつき方とか観察して「本当だ!めちゃくちゃデブだと全裸でもチンコが見えない!」っていう大発見をしたのは、ちょっと今思い出しました。思い出したくなかったけど。

 でもさ、ちょっとエッチでBLでバトルもので、ギャグと人情噺でしょ?ツイッターで大口さんがおっしゃっていたけどこれ漫画の全てが詰まっている作品なんだよね。
 最初はバトル漫画やエロ漫画のバカバカしさを徹底的に皮肉ってやろうと思って描いたんだろうけど、描いているうちにどんどん熱が入っていっちゃって、クマタニ様のバトルに作り手の私も引き込まれちゃったんだよね。つまり理屈ぬきにこういう人間の原始的な感情を掴む物っていうのは強いんだなあ、と。

 だって愛した男のチンコをつけて、その男になろうとする女なんてよくよく考えれば純愛の究極の形だと思いませんか。行き過ぎたジェンダーフリーで性別の境界がおかしくなってしまった世界に翻弄された男女の物語としてみれば、この漫画って結構真面目なつくりをしていると思いませんか・・・。

 でもやっぱりこんなゴミ漫画都条例に引っかかって規制されてもしょうがないと思うし、こんな低俗な漫画描いておいて「表現の自由の侵害だ!」とか真顔で屁理屈こねるのもおかしいと思うんだよね。そんなに自分は崇高なものを描いているって自覚があるのかよって。
 漫画ってやっぱり良くも悪くもこの程度のものだと思うし、低俗だからこそのパワーがあるっていうことなんだろうね・・・

 なんか『最強チンコ伝説』でまさかこんな話すると思わなかったけど。

『アオイホノオ』第8巻と才能について

 「仕方の無いことなんだよ・・・面白いウソをつくのが漫画家の仕事なんだから!恐竜より怪獣だ!ティラノサウルスよりゼットンなんだよ!」津田さん「ごめんちょっとわからへん」

 現在唯一単行本を集めてて続きが気になる漫画!で、昨日発売日だったのでさっそくその日に買ってきました!一件目の本屋ではそもそも置いてなくてちょっとせつなかったけど、歯医者の帰りに遠回りして別の本屋に寄ったらちゃんと置いてあってよかった・・・

 しかし相変わらず帯が面白い。なぜ島本先生はこんなワナビーの本質を付いたセリフが思いつくのだろうかw

俺の漫画家としてのオリジナリティーなのさ。作家性……とでも言うかな。

「学校を描かずに学園ラブコメを描く」奇跡の発想とは……!?

 とか書いてあって、なにずるいこと考えてるんだホノオさんって気もするけれど、本編の冒頭を読んでくれればわかるけれど、学校の教室を描くのってとにかくしんどい。
 
 「学園ものを始めるにはまず学校が出てくるんだよ!こういうイスや机が40個も並んでいるのを描かないと始まらないんだ!素人にはわからないよ、この…教室の恐ろしさは…机やイスなんてひとつ描くだけでどれだけ大変か!」

 机が単なる箱ならそんなに大変じゃないんだけど、パイプが複雑に曲がっていて、しかもそこに椅子が入る。また放課後のシーンでもない限り、席に生徒をつかせなくてはいけないから、要求されるデッサン力は計り知れない。
 もし金八先生の「ガラッ(扉を開ける音)」「お~席つけ~席ついた~」みたいなカット割り(教室をやや俯瞰で撮影)を学園漫画で毎回やるのだとしたら、私はおそらく精神を病むか過労で寝込むと思うw

 で、ホノオくんも極力学校の教室を描かないように、転校生が教室に入る前に(なぜか)バトル漫画が始まる…というとんでもないアイディアを実行するんだけど・・・あれだね。やっぱり淘汰圧がかかると進化ってするんだね。
 私も『クオリア』で似たようなことやってたから笑えないんだけど、確かにアングルを工夫してさりげなく手を抜くっていうのは、作画時間の短縮にもなるし、プロの必須技術なのかもしれない。

 この前、浦沢直樹先生の『MASTERキートンReマスター』を読んでても思ったんだけど、最近の浦沢先生って人物描写とかがけっこう雑になっていて、それでも全然雑に見えないとことがすごいなあって。
 でもあれは巨匠の境地であって新人が数年でつかめるようなテクニックでは勿論ない。最初は地道にやっていくしかないし、自分より絵の才能のある人が自分の何倍も原稿を仕上げているんだから、敵うわけはない。

 ということで、ここからは才能マップの話。

 岡田斗司夫さん(←アオイホノオ最新刊で家を増築&両親登場!)が昨日の午後に大学の講義を生中継していてさ、「みんな最初にプロの仕事をやろうとしてオレには才能がないって諦めちゃう。自分が興味があるってだけでそれは才能だ」みたいなこと言ってて、まあ確かにそうなんだけど、そう考えるとオレ達がやるべきことは、自分の興味の幅をより広げて才能の質より量で戦うことなのかもしれない。
 
 今のオタクって自分の好きなもの――特定のすっごい狭い範囲のことしか興味が無くて、それ以外は文字通り“眼中にない”。
 例えばツイッターでよく特定のクラスターの人が「○○は××を下に見ている」ってちょっと被害妄想的に言うんだけど、あれもちょっと違うよね。
 もう上下や優劣関係にすらなってなくて、ひたすら水平方向に趣味がブロック化しちゃってるんだよ。だから自分の興味のあるものしか見えないし、物事の全体像を俯瞰で考えられない。

 他の分野に対して「劣っている」とか「これじゃよくない」とか価値判断すら付けないんだ。興味がないんだから。そもそも認識してないんだよ。
 だから漫画が規制されるとかなった時に、いきなり狼狽しちゃってどうしていいかわからない。とりあえず文句だけ言ってるって感じで。
 消費者として生きるならそれでいいけれど、クリエイターではそれじゃ不幸なんだよね。「わからない」に意識的じゃないとどんどん視野や守備範囲が狭くなる、と。

 で、その講義で岡田さんは学生に「才能マップ」ってのを書かせたんだ。これはA4用紙に自分が「わかるもの」と「分からないもの」を列挙するってだけなんだけど、これがなかなか書けそうで書けない。講義受けた大阪芸大の学生さん達は、岡田さんが周到に用意した教室の前にあるお菓子に釣られて書いてたけど。どんな大学なんだ(笑)

 自分が何に興味があるのか、何が「わかるもの」かは、まあ書けるかもしれない。でも「わからないもの」って分からない。本当にわからないものは自分の意識に登ってないから。
 岡田さんのうまいところは、それでも「わからない」って欄にかけるものは、実は「わかるもの」と相等なわけで(わからないって“わかる”から)、その人がどんな仕事ができるのか、その可能性を分析する判断材料になりうるって考えている点だ。

 そうなると、結局この才能マップって、「わかるもの」と「わからないもの」から共通項みたいなのを見つけられる分析力や頭の良さが必要になってくる。
 つまり才能マップを書いただけじゃダメで、かと言って分析力の才能がある岡田さんにいちいちプリント持って行って考えてもらうのもダメ。
 やっぱり最終的には“才能”で決まっちゃうのかって・・・才能ってなんだ!(戻ってきた)

ゴールデンウィークで五月病

 いや~ゴールデンウィークは本当どこも行かずだらだらしてました。もう部屋に引きこもって漫画も描かず、金八先生を連続視聴して気持ち悪くなったりしてたんですが、もういい加減休日気分はやめて作業再開しないとな。三日間本当ドラマしか見てなかったんだよw

 で、今日は中学時代の友達が遊びに来てくれたんだけど、なんかドラマ視聴疲れで頭がぼーっとしててなんかもったいなかった・・・
 かはくの「大哺乳類展」の本読んで(読ませて)、「金八先生ファイナル」見て(見させて)、あとはもうグダグダで・・・なにをやっとるんだオレは!(c)金八ファイナル
 特にタムチンキに自衛隊のDVD見させたのは本当自分でも行動が不可解。ネット上でマニアックな人と関わってると、そのノリでリア友にぶつかってっちゃって悪いことしたなあって反省したけど、思い返せば中学校からそんな感じだったw
 まあ中学時代頻繁に会っていた時のようにグダグダするのが逆にいいのかもしれないけどね。子供の頃も特に何することでも無く集まっていたもんな。

 んで最終的に漫画の話をしていたんだけど、なんか私も五月病というか、ちょっとばかし愚痴っぽくてね。
 面白い漫画ってわかんないとかうじうじ言ってたんだけど(午前中のツイッターのやり取りが尾を引いたと思われる)、実は正確には「何が世間に受けるかはオレにはわからない」ってことなんだよね。
 実は私の中では面白い基準ってかなりクリアになってて、そう言う意味じゃ自分の描いているものは少なくとも書き手の私自身は面白いと思っているんだけど、それが世間に受けるかどうかは正直自信がないしすっごい怖い。

 でも漫画好きなK氏に「俺たち読み手は演出とかそんなことまで考えて漫画読んでないよ」とかはっきり言われてひとつ分かったのは、読み手は面白いつまらないの判断はするけどその基準や根拠に対しては自覚的じゃないってことだ。
 そして私には少なくともそれがある。だから自分が思う面白さを信じて突き進むしかない。というかそれしかできないんだもの。やるぞ!

 しかし漫画オタクだと思ってたK氏がそこまで深く漫画を読んでなかったとは意外だ。お話に関しては相当しっかり読んでくれる人だったからメタ的にも読んでいるのかなってずっと思ってたんだよ。で、それをやっているのはやっぱコーくんなんだなw

GWは美少女三時間スペシャル!?(未定)

 この前の放送中に何気なくつぶやいた次は美少女について喋ろうかな…発言が意外にも反響が大きかったので、これはもう漫画を描くものとして一度美少女についてしっかり語っておこうと思いました(どういう論理だ)。
 でもこういう好きな人の人口が超多いものを一般的に語るのってすっごい難しくて、なにしろその人その人のアイデンティティやフェチの問題に重なっているから、下手なこと言うと「あいつは萌えを分かっていない」とか「大して詳しくないくせに分かった口を聞くな」とかいろいろ叩かれちゃう、いわば地雷なんだw
 でもさ、地雷っていうのは構造上一度踏むと絶対爆発するのよ。で私はもうその地雷に片足置いちゃっている状態なわけで、どのみち爆破させなきゃいけないという・・・

 というわけでおジャ魔女どれみドッカ~ンじゃ~!!(やけくそ)

 5月5日(土)午後9時からはGW3時間スペシャル究極美少女開発プロジェクト!
 満を持してサブカルの本丸「美少女」に自爆覚悟で攻め入ります!なぜ私たち日本人は二次元の美少女を愛でるのか…その理由は島国の安全性とジャパニーズおもてなしの心にあった?そして究極の美少女を追求した時、ぼくらはとんでもない真理に行き着いた…!

主な内容:「個人的に納得がいかない最近の美少女の描き方」
「嘔吐!美少女はスラウェシメガネザルだった」
「ゴスロリの人は別にアリスを読んでない」
「なぜ日本人は人型ロボットにこだわるのか」
「ドジをするロボットをわざわざ作る江戸文化」
「初音ミクの秘密」
「美術鑑賞における主体客体問題」
「日本のサービスは世界一?受け手側を完全な受け手にした究極のおもてなし精神」
「ケインズ流美人コンテストと美少女コンテストの違い」
「ツンデレはキャラなのか」
「キャラとはなにか」
「シュテルンの輻輳説」
「気質と役割――キャラが動く基準とは」
「美少女キャラの気質類型」
「美少女キャラの役割類型」
「峰不二子が描けない」
「処女信仰には生物学的な理由がある」
「安全で豊かになると人はどうなるのか」
「東洋と西洋の子ども観の違い」
「女の子は言質を取られるのを嫌う」
「ゼロ年代を象徴するアニメは二つあった」
「美少女礼賛国家日本」
「なぜ今の女子はオタク的美少女アニメに抵抗がないのか」
「提言!究極美少女はこれだ多分!」

 ラインナップすごいでしょ?ここまで美少女論で言い切るって相当バカにならなきゃ出来ないんだけど、もう地雷を踏んだ以上爆発させます。

 で、一応先行研究として、ネットを使って美少女論や、美少女について書かれた書籍の書評とか読んだんだけど、なんかいまいち納得ができなかったんですよね。
 それは美少女が私のアイデンティティの問題になっているとかでは決してなくて(ロリコンじゃないしな)なんか説得力がイマイチというか、論理的にストンと納得しない。いやそれ以上に面白みがないのだと思う。

 戦闘美少女は男性器の象徴である!とか言われても「う、う~ん」って感じで、フロイト的に(強引に)分析すればそうなんだろうけど、なんで日本人が二次元美少女をこんなに愛でて、そしてピクシブとかでみんな描いているかの説明にならないんですよね・・・
 だから専門家でも評論家でも知識人でもない私が自分なりのつじつまを合わせてみたのが今回の放送になるわけです。

 で、この放送トークの量的に2時間でも足りないから3時間を予定していて、かつ私って別にアニメオタクじゃないからサブカル美少女の個別具体的な話にはめちゃくちゃ弱い。だから放送中視聴者のみなさんにいろんな具体例を提示してもらいたいわけです。あずにゃんとか。
 そのためには一定数の視聴数がどうしても必要なので、参加予定者が10人にいかない場合は放送を見送ります!

 え、じゃあ地雷はどうなるの?ってことなんだけど、大丈夫。6月に放送日をスライドさせるだけだから(笑)で6月になっても参加数が10人いかなかったら、7月に・・・
Calendar
<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277