セックスとジェンダー

 「セックス・レス」という考え方があるそうです。これは、夫婦仲が冷え込んでいるという意味ではなくて、男女の性別(セックス)による個人の自由意思への抑圧を否定し、性別から自由になろうという考え方なのですが、セックスを「生物学的性差」と定義するならば、セックスレスなんてあり得るはずはありません。
 おそらく『進化論の挑戦』の著者佐倉統さんにしてみれば、鼻で笑ってしまうトンデモな理論でしょう。
 『進化論の挑戦』の文庫版129ページで佐倉さんは「性差は、ある」と断言(あたりまえですが)。オスとメスの境界はグラデーションのようにつながっていても、それが性差の区別がつけられない理由にはならない、それは本州と北海道だって海底では地続きだけれども区別は出来ることと同じだ、と論じています。
 また生物学的な実験によって男女の脳の構造に差が発見されたとしても、それがすぐさま差別につながるわけではない、とも付け加えています。

 よって「セックスレス」などは不可能な空論であって、考えなければならないのは「ジェンダーレス」なのではないでしょうか?
 ジェンダーレスならば納得できます。この考え方はかつて与謝野晶子さんらが唱えた「女権主義」とほとんど同じだと思います。
 つまり社会進出において、男女の概念を積極的に取っ払ってしまおう、という考え方です(個人的には全肯定はできませんが)。この考え方に基づけば、キャビンアテンダントや看護婦を男性がやってもいいし、最前線で戦う軍人や相撲取りを女性がやってもいいわけです。
 ここで問題なのは、「生物学的性差=セックスが、どこまで男女の社会的振る舞いに影響を与えているか」です。

 豊泉周治先生によれば「ジェンダーフリーはセックスを否定するものではない。むしろジェンダーの過剰こそがセックスに基づいた関係のゆがみを大きくし、セックスレス化の傾向を生んでいる」とのことです。
 ここでいう「ジェンダーフリー」とはでは一体どういうことなのでしょうか?
 それは「それぞれの個人的な関係の中で、自分の性(セックス)を肯定し、別の性を持つ他者(目の前の誰か)との間で支配関係を伴わない非権力的な関係作りを追求すること」だと豊泉先生は言います。

 つまり男女問題でややこしい用語を整理するならば・・・

「セックス」・・・生物学的性差

「ジェンダー(生物学用語)」・・・性的意味を伴わない、先天的な雄、雌のこと。エッチな意味のセックスと区別。つまり生物学的性差という意味の「セックス」と同じ。

「ジェンダー(社会学用語)」・・・社会や文化における性別の意識、通念の在り方。あくまでも性別における考え方の“枠組み”であって、性差ではない。

「セックスレス」・・・生物学的性差を否定しようとするラディカルな思想。不可能。

「ジェンダーレス」・・・社会におけるジェンダーを否定する思想。
 女権主義とほぼ同じと思われる。「社会の上では男も女もない!」という、考えようによっては個人主義に基づいた考え方。
 ラディカルな例で言えばレディースデーや少年、少女漫画、女性専用車両、トイレや温泉における男女のセパレートを批判する。

「ジェンダーフリ-」・・・ジェンダーによって形成される非対称的な支配構造(男が偉くて、女はサポート)を是正する動きである点は、ジェンダーレスと似るが、ジェンダーレスと大きく異なる点は、「ジェンダーフリーは、ジェンダーを全否定はしていない」ということである。
 女権主義も、「女性の女らしい生き方も社会は平等に認めてよ」という女性主義も内包するがイコールでは決してない。
 ジェンダーフリーはより大きな概念であり、ジェンダーに基づく前提を疑い続け、男女の在り方を個人が自由に選択できるような、柔軟な社会を目指す動きのようである。

 つまりジェンダーフリーとは男女の性別だけに基づく、大した根拠もない支配構造や不自由(ただ性別のみによって選べる職業が制限されるようなことなど)さえなくなれば、あとは個人が自由に考えていい、という考え方のようです。
 よってジェンダーフリーの社会では、昔の家長制度やりたい夫婦はやってもいいし、夫婦別姓やりたきゃやってもいいし、自分は男だから男らしく生きようと思えば、それもそれで別にいいんじゃない、ということなんだと思います。

 メイド喫茶なんて私から見れば「なんて男尊女卑な思想に基づく文化なんだ」と思うのですけど、あそこで働いているメイドさんは、自分がああいうサブカルチャーが好きで、自分でメイドという職業を選択して働いているので、ジェンダーフリー的には「OK」ってことなのでしょうね。
 ヴィクトリア朝では、男女差別どころか身分の低い人を、どれだけ召使として雇っているかで金持ちとしてのステータスが決まったと言いますからね。
 だから特に意味なくメイドに階段を掃除させて、お客さんに自分のセレブ度をアピールしたりしてたらしいです。
 またメイドを雇うのが流行ったのは、オタク的な発想ではなくて、単純に政府が召使いを雇った場合にかかる税金を女性にはかけなかったので、本当は力仕事のできる男を雇いたかったんだけど、安いし女でいいかってことらしいですね。
 あ、なんか話それてますね。

ジェンダーと功利主義

 こういった男女問題についての議論の際に、よく出てくる言葉が「セックス」と「ジェンダー」なのですが、「セックスは生物的な性差、ジェンダーは社会的性差」と一般的に定義されます。実際この問題の専門家でも、この定義に従っている事が多いようです。
 しかしややこしいのが「ジェンダー」の語源で、これはそもそも遺伝子をあらわす英語である「ジーン(gene)」と同じく、「先天的な、生まれ持った性別」という意味でもともと使われていました。生物学用語です。
 というか英語圏では、今なおそのように普通に使われています。このようなジェンダ-とセックスの言葉の定義については、森田成也著『資本主義と性差別』に解りやすくまとめられています。
 つまり「ジェンダー」という言葉は、日本ではやや誤解されて一般的に広まっていて、日本で使われるような「社会的な性別や性差」を表す言葉ではなく、「社会や文化における性別の意識、通念の在り方」を表す言葉と考えることが正しいようです。
 よって「ジェンダーという言葉は、生物学的には“性別”を表し、社会学的には“性別に対する社会の考え方”であって、社会によって二次的に形成される性別ではない」ということに留意しなければなりません。

 そもそも社会は人と人との関係性であり、落ち着いて考えれば、そこから性別が生まれるわけはないのです。
 生まれるのは「性別に基づく区別や差別」といった、個別事例を無視した理不尽で全体主義的な乱暴な関係性です。
 私も含めて、人は自身のちっぽけな経験から、つい大雑把に物事を考えがちで「女は~」「学生は~」「団塊ジュニア世代は~」とひとくくりに批判をしてしまいます。いちいち全ての個別事例を確認することは面倒なうえ、不可能だからです。

 言うまでもなく社会制度や法律を考える上で、少数派を切り捨ててしまう考え方は、基本的人権の尊重に反します。しかし議会制民主主義の日本では、多数決によって物事を決定してしまいます。つまり少数意見の切り捨てです。

 そもそも、このような社会の考え方は、ジェレミー・ベンサムの「功利主義」に基づくものですが、これは「最大多数の最大幸福の為に、一部の少数派が犠牲になってもいい」という極めて軍人的な考えに陥る可能性もあります。
 誰か一部の人を不幸にすることによって、大多数の人が救われるのならば、何をしてもいいのかって言う話だと思います。
 例えば「犯罪をすることでしか幸せになれない」という、社会からして見てばとんでもなくおっかない人がいたとして、社会はその人に刑罰を科して刑務所に閉じ込めてしまうでしょう。
 また、恐ろしい病気が流行った時、それに感染した人は隔離されてしまいます。これも大多数の人を救うために、その人の身体の自由をあえて奪っているわけです。

 かなり極端な例をあげましたが、個人の利益と社会の利益は=ではありません。ジェンダーにしろ、法律にしろ、社会について考える時にぶち当たる大きな壁が、功利主義の矛盾だと思いますが、大切なのは功利主義を全否定するのではなく、功利主義の危険性を常に忘れずに、法的な微調整を絶えず繰り返すことなのではないでしょうか?

ヒートアイランド現象について

 よく大都市は、その周辺よりも相対的に暖かいと言われます。これが「ヒートアイランド現象」というものですけど、これは二酸化炭素の増加や、それに伴う地球温暖化とはあまり関係がありません。
 例えば、「都市部では人口が多いので、みんながいっぱい呼吸や自動車で二酸化炭素を出していて、それが都市部の温暖化を促している」という考え方もありますが(20年前に流行っていた説)、これは先生に言わせれば、都市気候を作るのには量が少なすぎる上、二酸化炭素は風で流されてしまうので、都市部だけ暖かいという原因にはこれはならないそうです。

 ではヒートアイランド現象の原因はなんだ?ということですけど、これは大きく三つの要因が考えられるそうです。
1.赤外線
2.人工排熱
3.地表の熱収支

 まず赤外線なんですけど、これは都市部にたくさんビルが建っている事に関係があります。これは物理的な話で、人間がいるかいないかは関係がありません。
 入居者が入る前の集合団地は、その周辺よりも気温が高くなった、という実験から分かるのですけど、背の高い建物、ビルとビルの間において、赤外線のやり取りが交わされる(多重反射)ことで暖かくなるというわけです。
 またコンクリートでできたビルやアスファルトは、赤外線を昼間よく吸収し、夜になってもその熱で暖かいらしいです。夏のビルの表面は70℃にもなるとか。

 次に人工排熱。これはイメージしやすいと思うんですけど、やはり都市部は人口が多いので、じゃんじゃん電気、ガス、石油、ガソリンを使っています。それによる熱の発生で暖かいというわけです。
 新宿の高層ビル街は、全国平均の138倍もの熱を発生させているそうです。ちなみに「新宿区」では43倍です。

 最後に地表の熱収支ですが、これは水が水蒸気になる時に熱を奪う現象、「気化熱」が関係しています。
 1gの水が1gの水蒸気に気化する際に590カロリーの熱を奪います(潜熱)。1カロリーとは1gの水の温度を1℃あげる熱量です。
 よって590カロリーとは約6gの水を100℃にしてしまう熱だと考えることができます。つまり水が水蒸気になる時はそれだけ熱が奪われるということです。
 ちなみに氷が水に状態変化する場合は1g辺り80カロリーの熱を奪います。

 つまり都市部は地面がアスファルトでたくさん舗装されているので、雨が降った時地面に水が吸収できません。すると雨がやんで晴れた時に水が気化する量が、郊外や農村部に比べて少なくなるので、熱が減らないということです。
 あと気化熱に関して言えば、農村部に比べて緑地面積が少ないと、植物の「蒸散(=気孔から気化した水蒸気を排出する現象)」も減るから、それも関係していると思います。

 こう考えると要はアスファルトの舗装が元凶って気がしますよね。熱を奪ってくれる水は吸収しないわ、昼間はバシバシ赤外線貯め込んじゃうわ・・・
 ヒートアイランド現象で、ここまでアスファルトが関係しているとは思いませんでした。

気温の鉛直分布について

 地上から空に向かって真っすぐ観測ロケットを打ち上げて、高度によって気温がどのように広がっているかを調べたものを「気温の鉛直分布」と言うそうです。

 大気は今まで一層のモデルとして考えてきましたが、地層のように何枚かに分けることができます。でもやりすぎると複雑になっちゃうので、ここでは雲が出来る場所「対流圏(地面から上空13kmくらいまで)」とその上にある「成層圏」に分けて考えてきます。

 観測データによると対流圏では、上に1km上がるごとに気温が6℃ずつ下がっていきます。富士山の上の方に雪があるのを考えれば、「高いところは寒い」って言うのはイメージしやすいと思います。
 上空に行けばいくほど気圧が低くなるので、体積が膨張、熱エネルギーが分散します。これを「断熱膨張」と言います。
 つまり東京ディズニーランドのような混雑している場所では暑苦しいけど、広い割に人が少ない、平日の葛西臨海公園ではそうでもないって感じだと思います(この例え葛西臨海公園に失礼ですね…)。
 とにかく気圧の低下によって地面では23℃の気温が、対流圏のおわり「圏界面」ではマイナス6℃くらいまで下がっちゃいます。

 しかし成層圏に突入すると、成層圏のはじめ~上空20kmまでは気温の変化がほとんどなくて等温で、20kmを超えると、逆に徐々に気温が高くなるのです。
 これは一体どういうことか?ってことなんですけど、成層圏を暖めているのは、あの有名な「オゾン層(上空20km~50kmに存在)」だと考えられています。
 オゾンというのは酸素原子が三つで出来ている気体で、紫外線をシャットアウトしてくれますが、猛烈に反応性が高く、極めて不安定な気体であると言えます。
 だからオゾン層が壊れても、「よし、じゃあ直すべ」と、人間が実験室で手っ取り早く作るのは不可能で、光合成を行なうストロマトライトなどの生物の、何億年にも及ぶ地道な酸素の蓄積で形成されたとされています。
 
 オゾンの材料は言うまでもなく気体の酸素ですが、酸素は、酸素原子二つが共有結合と言うくっつき方をして、一つの「分子」として存在しています。
 この酸素分子に135㎚~240㎚の短い波長の紫外線がぶつかると、酸素の共有結合が外れて二つの酸素原子になります。
 酸素原子というのは、「オレは誰ともつるまねえ」と単体でやっていける金属原子のような一匹オオカミではなく、とにかく一人ぼっちが嫌な現代っ子で、すぐに分子を作りたがります。

 そこで寂しい酸素原子は、他の酸素分子と強引に合体、酸素原子三つのチームであるオゾンを作ります。しかし強引にできたチームオゾンの結束力は低く(=反応するエネルギーが高い)、すぐに元の酸素原子一つと酸素分子一つに戻ってしまいます。
 しかしこの酸素原子と酸素分子の合併に、成層圏の上部において窒素のような第3者(第3体と言います)が絡むと、その合併はいくぶん強固なものになります。
 オゾンの持つエネルギーを、第3体がうまく回収してくれるのでオゾンは安定して存在するのです。そのエネルギーの熱量は、オゾン一分子あたり24キロカロリーと言います。

 しかし上手いこと合併したオゾンも、成層圏の下の方で320㎚以上の波長が相対的に長い紫外線が当たると、酸素原子と酸素分子に戻ってしまいます。
 そこで出来た酸素原子は、今度はオゾンと反応、酸素原子は計4つになり、二つの酸素分子となります。ここで94キロカロリーの熱が発生します。

 ここまでの話を整理すると・・・

1.成層圏の上部では、短い波長の紫外線によって酸素分子からオゾンが作られる。またその過程で24キロカロリーの熱が発生する。

2.成層圏の下部では、長い波長の紫外線によってオゾンが酸素分子に戻る。その時94キロカロリーの熱が発生する。

となります。こういったプロセスを「チャップマン機構」と言います。
 つまりオゾン層において、プロセス1と2を繰り返していることで、合計118キロカロリーの熱が生み出されていて、それが成層圏を暖めている事になります。

国会中継について

 政治と金の問題も重要かもしれませんけど、この問題に関してはきりがないし、撲滅できない気がするんですよ。小沢さんが不起訴で、これからもいる限り。小沢さんのバックに相当法律に強いスタッフがいるのか、それとも自身が検察の捜査方法に精通しているのか・・・国家権力を黙らすほどの悪党ぶり!
 そもそも「政治資金規正法」って細川内閣の時、小沢さんが複雑にしちゃったんじゃないでしたっけ?複雑にしちゃえば、ちょろまかせるって思ったのかな?

 だからそれよりも他の政策の議論をした方が・・・と、ニュースの影響で考えていたんですけど、これはこれでおもしろいですね。
 前にも書きましたが、自民党がまだ与党ボケというか野党慣れしてなくて、史上最高にのどかな国会かな~と。
 特に人情派で知られる、自民党丸山和也弁護士の質問。めちゃくちゃ民主党政権励ましてて、笑った笑った。最後は鳩山総理の隣の亀井静香さんに「亀井さんはどう思う?」と質問を無茶ブリ。
 自民党が野党って、民主党が野党より全然いいな。罵詈雑言の国会って見ていてもあまり気持ちのいいものじゃないですし。罵り合いじゃなくて、建設的な議論をしてほしいんです。
 まあ政治と金の話は、自民党自身の大きな問題でもあるから及び腰なんでしょうね。「お前自分の党に言えよ!」ってなっちゃいますから。
Calendar
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267