原稿用紙31枚で何が描ける?

 T君から連絡が入り、下書きが完了したそうです。仕事が早いなあ。今回の共同作品は三月末の手塚賞かなんかに投稿しようと思ってたんですが、手塚賞の上限が31ページで「ちょっと入りそうにない」とのこと。
 昔は手塚賞は45枚が上限だったと思うんですけど(赤塚賞は31枚)、なんで45枚枠なくしちゃったんだろう?45枚やってもグダグダした作品ばかりで、おそらく新人賞で最も投稿数が多いだろうから、長いのは嫌んなっちゃったのかな?テンポよく速く読める作品を求めているのでしょう。

 しかしストーリー物で31ページにまとめるは結構きついです。初対面の人と会った途端に意気投合できないように、漫画のキャラクターだって読者の人と作中で打ち解ける(=感情移入)には、ある程度の時間が必要です。だから長編作品は愛着が湧くんですけど、31枚だと知りあってちょっと相手が分かってきた途端にお別れって感じで、なんとも消化不良。
 逆に31ページに、物語の王道的展開である「起承転結」を無理やり入れてしまうと、なんと言えばいいか、妙にこじんまりとした作品になっちゃって、奇麗にはまとまっているんですけど、いま一つってものになりがちです。淡々と進んじゃって、読者が熱くなれないというか。
 「それをどうにかするのが作家だろ!」ってことなんでしょうけど、31ページじゃ「ん?なにこの漫画?」って、読者にちょっと違和感みたいなものを残せれば上出来だと思います。気になる存在をアピールするしかない。
 
 今回の作品は45枚には入るようなので、別の賞を狙ってみることになるかもしれません。コマを多く入れてもそこまで読みづらくなく、シーンを大幅カットしてもそこまで面白さや感動がスポイルされないようならば、31枚に再編成するかもしれませんが、それもこれもT君の下書きが郵送されるのを待つしかありませんね。

不確定性原理と調査捕鯨

 今日とうとう海で活動する環境保護団体シーシェパードに、オーストラリアの現地警察の捜査が入り、パソコンなどが押収されたそうです。しかしシーシェパードの代表は、「今回の反捕鯨活動は大成功」であるとし、「次はクロマグロだ!」と全国大会に向けて決意を新たにするバスケ部のようにいきまいていました。
 これを受けて、オーストラリアの現地の人は「捕鯨はいけないけれど、シーシェパードのやり方はダメ」と冷静な反応なのが印象的でした。

 日本では「日本が行なっている捕鯨活動はあくまでも、科学的な調査捕鯨であって、商業的な捕鯨ではない。絶滅の恐れのないクジラをつかまえているから大丈夫」という主張なのですが、この日本の捕鯨に対する立場もなかなか厳しいものがあります。

 それは「科学的な調査は自然を変えてしまう」という「ハイゼンベルグ不確定性原理」が働くからです。この説はそもそも物理、量子力学の話で、量子の運動量と位置は同時には測定できない。測定に使う光の波長によって一方を調べると、もう一方の状態を調査に使う光が変えてしまう。という科学の客観的調査の限界を示した、重要な事例です。

 経済活動であろうが、科学的調査であろうが、良くも悪くも自然環境を変えてしまう。これは人類だって地球の一員である以上仕方がなく、こうなると何もできない、いや人類が絶滅するしか道はなくなるのですが、クジラを最終的に守るための調査捕鯨をやり過ぎて、たくさんのクジラを殺し(生物濃縮の度合い、その個体の年齢などといった詳細な調査はクジラを殺す必要があります)結局クジラがいなくなっちゃったら笑えません。

 捕鯨の問題は国際的な政治の話(そう言う科学者もいます。うちの大学の先生もそう言ってました)だけではなく、科学的な調査についてかなり考えさせるものがあります。
 調査の精度を上げるには、たくさんの標本を採取する必要がありますが、集め過ぎると環境を守るために行った科学的調査が、環境を変えてしまう。でも環境にほとんど影響を与えないように、ほんの僅かしか標本を採取しなければ、環境の全貌が分からない・・・
 主観や想像でなく、具体的で客観的なデータを重視する科学において、この本質的矛盾はたいへん重要だと思います。(さらに複雑系では、ほんの僅かな振る舞いが環境に大きな影響を与えることもあるそうで・・・もう何も出来ない!)

 日本の調査捕鯨の正当性の根拠となっているのが、国際捕鯨取締条約の第8条らしくて、これは国際捕鯨委員会の加入国は、自分たちの国が妥当とする調査捕鯨を行なう事が出来る、という内容なんですけど、日本はこの第8条の下、オーストラリアの方に行ってオーストラリアの経済水域内のクジラを捕獲、調査の後は食料などの資源に「ジャパニーズもったいない」の精神で利用しているので、オーストラリアにしてみれば「なんだこの国」という気持ちもわかります。
 
 いくら調査とは言え、あちらさんのクジラをつかまえるのですから、オーストラリアがダメと言ったら、交渉によって捕獲数を大幅に下げるか、中止するかすべきなんじゃないか、と思います(ただし南極の海はオーストラリアの経済水域ではないからOKという議論もあり、領土問題も絡んで入り組んでいるようです。南極条約です)。
 なぜか捕鯨問題に関しては、日本って強気で二国間のコンセンサスの下に妥協するっていう発想がないような気もするのですが、それは捕鯨を伝統文化と考えているからなのかな?
 日本の排他的経済水域内のクジラだったら、別にいいんだろうけれど・・・科学は国境を超えるって言っても、それで国際摩擦が発生してギスギスするのはなんか違うと思います。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

場合の数について

 今日中学二年生の勉強ができる人に、数学の「場合の数」を教えたのですが、これは中学校では一般的に公式をつかわずに樹形図を書いて数えるんですけど、「六人の中から三人を選んで委員会を作る場合できるパターンは?」という問題が何気に面倒で「なんでこうなるの?」と聞かれたんですが、上手く答えられませんでした。
 あれは「6C3」をやって「6×5×4(6から一つずつ数を減らして三回かける)/3×2×1(3から一つずつ数を減らして三回かける)」で20通りが答えなんですが、どういう発想で、この法則(コンビネーション)に至るのかが解りません。考えた人すごすぎると思います。あとこの解き方の説明ってどうすればいいんだろう?「mCnは、分数を作って、分子にm×m-1×m-2・・・って感じで、掛け算をn回繰り返した数、分母はn×n-1×n-2・・・と掛け算をn回繰り返した数を入れて、分数を約分すればいい」って言えばいいのかな?

 また今日は受験生にとって最後の塾で、お世話になってる自分と同じ高校を志望している人が、高校で生物を取りたいと言うので、「じゃあこのサイトのバイオロジーも少しは需要あるのかな?」とちょっと嬉しくなりました。まだ受験には関係のないことばっか書いていますが、いずれクレブス回路とか、電子伝達系とか、カルビン=ベンソン回路とか、組み換え価、呼吸商などもちゃんと取り上げる予定です。

 追記:コンビネーションの概念をdario氏に解説して頂きました。ありがとうございました。

K-T境界絶滅について

 人間による絶滅は、過去の大量絶滅にも匹敵するという説は、私はあまり信じていません。過去の大量絶滅でもっとも大きなものはペルム紀のもので地球上の生物の95%が絶滅したと言われています。恐竜の絶滅は大量絶滅では五番目で、一番新しいものです。
 大量絶滅には周期性が確実に見られ、その際、定期的に大規模な地殻変動及び火山活動が起きている事が解ります。これは大気や地中の二酸化炭素の増減に大きな影響をもたらしています。

 恐竜の絶滅は、メキシコのユカタン半島に巨大な隕石が落ちたことが原因であるという説があります。「これだけでは絶滅の理由としては不十分だ」という人もいますが、この説はドラマチックで、多くの人が惹きつけられたと思います。※もちろん恐竜時代の最後である白亜紀末にも、地殻変動の痕跡は見られると言います。

 白亜紀の頭文字のCと、その次の時代である第三紀の頭文字Tをとって、白亜紀と第三紀の境界にある厚さ1センチの地層を「K-T境界層」といいます。CをKにしているのはカンブリア紀の頭文字と混同しないためです。
 イタリア、デンマーク、ニュージーランドなどの地層には、従来の100倍の「イリジウム」という比重の高い金属が含まれています。イリジウムは、地殻にはあまり含まれない金属で(諸説あります)その為、このイリジウムは宇宙からやってきたのではないか?と考えられるようになりました。しかし超新星爆発でこのイリジウムが飛んできたとすると、イリジウム以外の星雲物質(プルトニウム)なども地層に含まれるはずですが、それが見られませんでした。よってこのイリジウムは隕石が持ってきたのではないか?そう結論付けられました。
 
 そして1990年白亜紀の隕石衝突を示す具体的な証拠が発見されます。それがユカタン半島に見つかった直径170キロの巨大なクレーターの跡で、これにより白亜紀の地球に、直径10キロの巨大隕石が、秒速20キロという猛スピードでぶつかったという衝撃的な仮説が立てられました。
 これだけでもその威力は人間に及ばない、恐ろしいものであることが解りますが、その被害を具体的にまとめると・・・

①衝突の際の爆発はTNT火薬一億メガトン分。
②マグニチュード8の1000倍の地震が発生。
③冷戦状態のアメリカとソ連が全面核戦争を起こしたとして、その20000倍のエネルギー。
④これは広島の原子爆弾の70億(!)個分。
⑤衝突時に舞い上がったちりは地上40キロに達し、成層圏を突破。
⑥火炎は宇宙にまで到達したらしい。

 現在恐竜の絶滅の原因は、様々な要因が複合的に起こったという説が主流ですが、隕石の衝突だけでも、この想像を絶する大惨事。とても人間が引き起こせるものではありません。
 そしてこの隕石は恐竜が誕生する以前から、すでに地球へ接近していたのだと言います。つまり恐竜が繁栄する前から、彼らの運命は決まっていたことになります。
 果たして人類はどうなるのでしょうか。

生物の種の数はどうやって数えているのか

 この前、バンクーバーオリンピックがやってましたが、なかなかマイナーと言うか私が知らない種目もあって、「この競技人口って一体どれくらいなんだろ?」とか思ったんですが、科学の世界でも、やはり人気のある研究分野とそうでない分野があって、研究者の数にバラつきがあるそうです。

 たとえば古生物学では、やはり有名で人気があるのは恐竜の研究らしいのですが、みんながみんな恐竜を研究できないので(日本で恐竜を学べる機関はほとんどなく、その道に行きたいのならやはりアメリカなどに留学するのが未だに一般的なようです)、大学の授業でお世話になった学芸員さんは古微生物学を専攻していました。
 これは古い岩石にどのような微生物(放散虫など)がどれくらいいるかをカウントしたりする学問なのですが、やはり古生物学で注目されるのは恐竜などのデカブツで、この研究は考えてみれば生物多様性の理解に大変重要であるのにもかかわらず、注目度は低いことは否めないようです。

 これとよく似た話で、こんなのがあります。生物種の数を数える時や絶滅を考える時、やはり人間はグロテスクな節足動物や、小さすぎて地味な微生物などよりも、大きな哺乳類や鳥類を研究する人が多いし、一般の人の関心も高いので、生物のカテゴリーによってデータの精度のばらつきがあるというのです。
 地球上の生物種の半分以上を占めるといわれる虫や微生物、未知の領域である大気や深海の生物多様性研究など、地球における生物多様性の全体像は、はっきり言ってまだ謎に包まれています。

 この謎に挑むのはフィールド研究者の「カウント」なのですが、これが地道な上にとても大変。先生に聞いたところによれば、1平方メートルだったら1平方メートルと区画を決めて、その区画内にいる生物の数をしらみつぶしにカウント。
 その後、その区画の生物種がそのように増減しているかを再びカウントして、絶滅速度の基準などに使うのだといいます。

 この方法には問題もあって、例えば微生物の場合、缶の中に土のサンプルを入れてどれだけの種類がいるか、研究所の顕微鏡で数えるんですけど、同じ熱帯雨林でも、どの区画の土を取るかによって、同じ日のサンプルでも生物種の総数は大きく異なると言います。
 まさかダンプカー用意して、付近一帯のたくさんの土をラボに持っていくわけにもいかず(それこそ環境破壊?)生物の種の多様性研究は、推測に頼る部分が多いと言えます。
 誤解が無いように言いますが、私はこのような研究を批判しているわけでは決してありません!

 フィールドにおいて生物種のカウントをする学者さんの地道な努力によって、少しずつ地球の生物分布の事実が明らかになってきてはいます。
 ただし現状では、その種の数はあくまでも「推定」であることは言うまでもありません。地球は静止し閉ざされた系ではなく、ダイナミックに躍動しています。よって地球の生物種の正確な数は複雑系の観点から言えば決して分からないでしょう。
 そして太古の生物の種の多様性は、古微生物学がマイナーな研究である限り、それ以上に解らないでしょう。
Calendar
<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 恐竜へ カウンター
admin
  • 管理者ページ
  • 記事を書く
  • ログアウト

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277